ガッチャマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガッチャマン
GATCHAMAN
監督 佐藤東弥
脚本 渡辺雄介
出演者 松坂桃李
綾野剛
剛力彩芽
濱田龍臣
鈴木亮平
音楽 ニマ・ファクララ英語版
主題歌 BUMP OF CHICKEN虹を待つ人
配給 東宝
公開 2013年8月24日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4億8000万円
テンプレートを表示

ガッチャマン』 (GATCHAMAN) は、2013年8月24日[1]に公開された日本映画。制作は日活、配給は東宝が担当した。同時上映は『劇場版 おはよう忍者隊ガッチャマン[2]

キャッチコピーは「その力は、正義か、破壊か―」。

作品解説[編集]

タツノコプロ原作のアニメ作品『科学忍者隊ガッチャマン』の実写版映画作品である。2007年4月10日に同じくタツノコプロ原作のアニメ作品『ヤッターマン』と共に実写版映画の制作が発表され[3]、まずは2009年3月7日に、『ヤッターマン』が公開された。2012年10月12日には本作の概要が明らかになり[4][5][6]、日本テレビ放送網開局60周年、日活の100周年ならびにタツノコプロの50周年記念作品として制作されることも発表された[7]。また、アクションシーンは最新のVFX技術を駆使して描かれる。

タツノコプロのアニメ作品としては、『新造人間キャシャーン』(『CASSHERN』)、『マッハGoGoGo』(『スピード・レーサー』)、『ヤッターマン』に続いての実写映画化となる。

2013年4月11日に主人公5名のコスチュームのビジュアルおよび作品設定の一部が公開された。日刊スポーツは本作品をダークヒーローと報道した[8][9]

撮影は2012年10月15日にクランクイン、12月27日にクランクアップ。ロケセットは、つくば市高萩市に造られた[10][11]

ストーリー[編集]

21世紀初頭、突如現れた謎の組織「ギャラクター」は全世界に宣戦布告を行い、わずか17日で地球の半分を占領した。ギャラクターを守る赤い「シールド」に既存兵器は全く通用せず、侵攻は一方的だった。国際科学技術庁(ISO)の南部博士は18世紀に発見された不思議な結晶体「」と石の能力を引き出せる800万人に1人の「適合者」のみが、ギャラクターのシールドを破り、対抗できることを発見、適合者で構成された対ギャラクター部隊「ISOエージェント」の設立・育成を始めた。13年後、日本のISOエージェントジュン甚平4人は初実戦に遭遇する。

登場人物[編集]

ガッチャマン[編集]

国際科学技術庁(以下:ISO)に所属する適合者で構成されるエージェントの通称。「Gチーム」とも呼ばれる。日本チームは以下の5名。各自石を内蔵したブレスレットを装着している。

鷲尾健(わしお けん)
本作の主人公。日本チームのリーダーで、ナンバーは0071。石の「適合者」として高い能力を持つ。武器は鳥型のブーメラン「バードラン」。責任感が強く任務完遂を至上課題とする。
ジョージ浅倉 / ジョー(じょーじ あさくら)
ISOヨーロッパ支部から移籍してきたエージェント。ナンバーは0062。武器は「羽根手裏剣」。健やナオミの幼馴染。プロポーズした直後にナオミを失っており、ギャラクターを強く憎んでいる。ベルクカッツェとなって蘇ったナオミに、ウィルス-Xを感染させられる。
大月ジュン(おおつき じゅん)
ナンバーは0283。石との適合率は健より高いが情緒が不安定。武器は電磁ヨーヨー。9歳の頃に両親がギャラクターの捕虜となった過去を持つ。健に恋心を寄せアタックし続ける。
大月甚平(おおつき じんぺい)
ジュンの実弟。ナンバーは0284。ハッキングなどの情報処理技量が高い。アメリカンクラッカー型の武器を操る。大人びているが、場の雰囲気を和ませるために子供っぽさを演じる。
中西竜(なかにし りゅう)
ナンバーは0135。怪力を活かした戦闘が得意でガッチャマン専用機「ゴッドフェニックス」の操縦担当。15歳まではストリートチルドレンだったが、石の「適合者」だったためISOへ強制連行され訓練を受けた。鹿児島弁が特徴で心優しい性格。

その他[編集]

南部博士
ISOの科学者で、ガッチャマンの生みの親。
カークランド博士
ISOの科学者で、石の力を使った衛星兵器「モスコーン」を開発した。
ナオミ / ベルクカッツェ
健、ジョーの幼馴染で「適合者」の一人。本編時間の5年前の作戦中にジョーからプロポーズを受け了承するが、イリヤ率いるギャラクターの襲撃を受け、以後生死不明となった。3代目「ベルクカッツェ」となりギャラクターを率いる。
イリヤ
ギャラクターの幹部、ベルクカッツェとの覇権争いに敗北し、情報提供を条件にISOへの亡命を希望する。

設定[編集]

1718年にアフリカ奥地の遺跡で発見された28個の結晶体。適合者は石から力を引き出して飛行その他の超能力を使うことができる。
適合者
石との親和力を持ち力を引き出せる人間。800万人に1人の確率で存在する。
ウィルス-X
ギャラクターを特徴づけているウィルス。人間の遺伝子の1パーセントを変異させ、シールドその他の超能力を持たせる。
G粒子
石から引き出される、ウィルス-Xおよび変異遺伝子を破壊できる粒子。
モスコーン
カークランド博士の開発したG粒子砲を備える衛星兵器。適合者の生体部品が使われている。
ゴッドフェニックス
ISOエージェントの飛行機、本編では試験中でテスト飛行が完了していない。
キャタローラー
ギャラクターの車輪状の機動兵器
タートルキング
直径約4kmのギャラクターの移動要塞

キャスト[編集]

制作スタッフ[編集]

評価[編集]

TOHOシネマズ日劇他全国307スクリーンで公開され、2013年8月24日、25日の初日2日間で興収1億1,569万7,600円 動員9万318人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第6位となった[13]。しかし興行成績は不振を極め、わずか3週間で打ち切りとなった[14]。2014年に発表された最終興行収入は4億8000万円だった[15]。米Box Officeの調査では日本国内興行収入は3,944,512米ドル=公開最終日の円ドルレート100.02円換算で394,530,090円。

映画専門紙の文化通信のアンケート調査によると、観客層も中高年中心で若年層は少ないことが判明した。

映画評論家の安保有希子も本作について「原作にあった鳥の設定が無くなり、男女の三角関係が持ち込まれたこと」「世界が壊滅的状況にありながら東京は無傷など、設定と映像が乖離していること」「アクション映画でありながら、誰一人肉体的訓練をしているように見えないこと」などの問題点を挙げ、往年のファンも新規ファンも取り込めない作品になったと評している[16]。同様の批判は同じく映画評論家の柳下毅一郎からも出ており、「地球の半分がギャラクターに制圧されたのに、それまでの日常と変わらず全く緊迫感のない東京の光景に、17年間もギャラクターは何をしていたのか?」という旨でその矛盾を指摘している。また、劇中で作戦遂行中に痴話喧嘩を始めてしまうなど、TPOをわきまえない恋愛描写について、「アマチュア臭く、観客を呆れさせてしまう」と苦言を呈している[17]

映画評論家の前田有一も本作を「主人公らが語る青臭い中二病的理屈と、剛力彩芽が演じるジュンのケンへの横恋慕で作品のほとんどが構成され、原作に対するリスペクトが全く無い」と批判し、100点満点中4点という厳しい評価を下している[18][19]

劇場へ足を運んだ観客の反応も芳しくなかった。映像や音楽、アクションを評価する声も一部にはあるものの、脚本や構成に対する批判が多く原作へのリスペクトが存在しないことも批判の要因となっている。こうした状況について宣伝と実際の内容とのかい離や中途半端な世界観がファンの怒りを買った、と指摘する映画サイト編集者もいる[20]

本作について「集客力がありそうなタレントにガッチャマンの扮装をさせるだけでヒットする」と作り手が安易に考えていたことや、地球を救うという原作本来のテーマを余所に「ガッチャマン内恋愛」を延々と描いた脚本が、観客から不評を買ったと指摘する映画関係者もいる[21]

雑誌『映画芸術』による2013年日本映画ベストテン&ワーストテンでは、ワースト10位[22]、雑誌『映画秘宝』が発表した2013年度の映画に対するワーストランキング「HIHOはくさいアワード」では6位と評価された[23]

Blu-ray/DVD[編集]

2014年3月5日発売。発売・販売元はバップ。

  • ガッチャマン(品番:VPBT-13870(2枚組DVD)、VPXT-71293(Blu-ray+DVD))

脚注[編集]

  1. ^ 東宝、2013年もアニメ満載 ジブリ2本にレギュラー作品のラインナップ発表”. アニメ!アニメ! (2012年12月14日). 2013年9月1日閲覧。
  2. ^ 『おはよう忍者隊ガッチャマン』が映画化! 実写版と同時上映”. ぴあ映画生活 (2013年8月13日). 2013年8月13日閲覧。
  3. ^ (ニュースリリース)『ヤッターマン』と『科学忍者隊ガッチャマン』の実写映画化決定”. インデックス・ホールディングス日活 (2007年4月10日). 2013年3月20日閲覧。
  4. ^ 「ガッチャマン」実写映画化決定!主演は松坂桃李 映画.com 2012年10月12日
  5. ^ 「ガッチャマン」初実写映画化!松坂桃李主演 SANSPO.com 2012年10月12日
  6. ^ 松坂桃李主演で『ガッチャマン』実写化 ヒロインは剛力彩芽 ORICON STYLE 2012年10月12日
  7. ^ 100周年記念映画『ガッチャマン』2013年夏公開決定 !”. 日活 (2012年10月12日). 2013年3月20日閲覧。
  8. ^ ガッチャマン実写映画はダークヒーロー日刊スポーツ 2013年4月11日
  9. ^ 映画「ガッチャマン」 総額2000万円、5人のGスーツ公開 最先端のデザインに注目アニメ!アニメ! 2013年4月11日
  10. ^ つくばフィルムコミッション
  11. ^ 高萩フィルムコミッション
  12. ^ BUMP OF CHICKEN新曲が映画「ガッチャマン」主題歌にナタリー 2013年6月21日
  13. ^ 『風立ちぬ』6週連続1位!動員600万人&興収80億円を突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年8月27日
  14. ^ Gatchaman”. Box Office Mojo. 2014年9月1日閲覧。
  15. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社2014年、 201頁。
  16. ^ 『実写版「ガッチャマン」火の鳥ならぬ火の車! 中途半端な原作要素にファン怒り』zakzak 2013年9月2日
  17. ^ 『『殺しの映画レビュー ガッチャマン』「これぞ科学忍法火の鳥だね!」・・・頭を空っぽにして見に行ってみるが、やっぱりあんたらただのバカ』(柳下毅一郎の皆殺し映画通信 2013年9月12日)
  18. ^ 『「剛力ジュンが、原作ファンを過激に挑発」超映画批評で『ガッチャマン』4点(100点満点中)』ガジェット通信 2013年8月22日
  19. ^ 超映画批評「ガッチャマン」4点(100点満点中)
  20. ^ 『「もはやガッチャマンではない、別の何か」実写版『ガッチャマン』興収1億1,570万円で大コケ確定か』 日刊サイゾー 2013年08月28日
  21. ^ 『「ガッチャマン」と「宮崎駿引退」にみる日本映画の終焉』アサ芸プラス 2013年9月5日
  22. ^ 「映画芸術」2013年日本映画ベストテン&ワーストテン決定!!(2014年1月17日)、映画芸術、2014年1月28日閲覧。
  23. ^ 『映画秘宝』2014年3月号、および2013年最もガッカリしたトホホなダメ映画が決定!映画秘宝はくさいアワード発表!(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]