この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

滝口順平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たきぐち じゅんぺい
滝口 順平
プロフィール
本名 滝口 幸平(たきぐち こうへい)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本千葉県船橋市
生年月日 (1931-04-17) 1931年4月17日
没年月日 (2011-08-29) 2011年8月29日(満80歳没)
血液型 O型
職業 声優俳優ナレーター
配偶者 あり
活動
活動期間 1950年代 - 2011年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

滝口 順平(たきぐち じゅんぺい、1931年4月17日[1] - 2011年8月29日)は、日本声優俳優ナレーター。本名および旧芸名、滝口 幸平(たきぐち こうへい)[2]

千葉県船橋市出身。ナレーションを多数手がける。日本初の吹き替え放送を担った人物で、民間放送初の声優でもある。血液型はO型。

来歴・人物

千葉県立市川工業高等学校卒業。戦後に発足したラジオ東京(現在、法人としては東京放送ホールディングス、ラジオ局としてはTBSラジオ&コミュニケーションズ)放送劇団(第1期)を経て、その後はフリー

アニメ声優としては、『ヤッターマン』でのドクロベエ役をはじめとした「タイムボカンシリーズ」が代表作に挙げられることが多く、「おしおきだべ」の台詞が知られている。また、『ルパン三世』ではミスターX役で最多出演している。テレビコマーシャルにも多数出演している。ハンナ・バーベラ作品(外国アニメ)の吹き替え出演も多い。

80歳近くになっても、アニメではリメイク版『ヤッターマン』(読売テレビ)や『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ)などに出演し、『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日)の企画「芸能人しんどい指令」や、『スキバラ・雨上がり決死隊の決死隊 トッターマンDS』(テレビ東京)などで、ドクロベエ風の声でのバラエティ系番組のナレーターも多く務めた。また、滝口の死去後、クリスマススペシャルに登場する『それいけ!アンパンマン』のサンタクロース役は2011年と2012年の放送では登場したが台詞はなかった。

若い頃、海に向かって毎日大声で叫んで喉を鍛えたそうで、喉の丈夫さには自信を持っているとコメントしている。また、独特な声のために、1日にうがいを50回するほど喉を大事にしていた。しかし、晩年まで酒とたばこはやめなかった。台本に書いたアドリブなどは盗まれないように消しゴムで全部消していく[3]

「声優は声から視聴者に抱かれるイメージが大事であり、そのイメージを壊したくない」との理由で、テレビ番組に出演しても、顔が放送されないように番組側に依頼していたという(2007年9月30日放送、日本テレビ『行列のできる法律相談所』内での本人談)。しかし、自身がナレーターを務めた『ぶらり途中下車の旅』では、1996年 - 2002年にかけて数回、ロケの一場面で顔出し出演をしており、そのたびに旅人を驚かせていた。また2007年の春頃に、一度だけ『ザ・ワイド』(日本テレビ・読売テレビ)の1コーナーにおいてナレーションをした際、「私、滝口順平がお送り致します」というナレーションと共に、数秒間だけナレーション中の滝口が顔出しを行ったり、2007年11月12日の深夜にテレビ朝日で放送された『快感MAP』においても、『YATTERMAN〜ヤッターマン〜』のドクロベエ役として素顔とともに出演したりした。『快感MAP』に出演した理由は、滝口が調査員役のにしおかすみこのファンでもあったため。また、2007年11月16日にテレビ朝日で放送された『報道ステーション』内の団塊の世代向けの「懐かしのアメリカ映画」のコーナーで、初めて吹き替えをした人物として、素顔とともに紹介された。

2007年11月26日に日本テレビで放送された『NNN Newsリアルタイム』のコーナー「リアルエンタメ」で、実写版『YATTERMAN〜ヤッターマン〜』の主人公ガンちゃんこと高田ガン役にのメンバー櫻井翔が決まったことについてのインタビューに応じた。

また、松村邦洋ホリコージー冨田カール北川山口智充林家たい平大泉洋タモリなどに物真似をされる。2011年6月4日放送「ぶらり途中下車の旅」では、旅人で出演した青木隆治が滝口のナレーションつきで物真似をしている。

2011年8月29日午前7時33分、胃がんのため死去[4]。80歳没。

なお生前に収録したNTTファシリティーズのエコロじいの声は、死去後も2012年3月までCMやNTTファシリティーズ公式サイトで聞くことができた(2012年4月より別の声になっており、公式サイトも別の声に差し替えられている)。「CRヤッターマン 天才ドロンボー只今参上」やパチスロ「新・ドロンジョにおまかせ」にも生前に収録したドクロベエの声として出演している。また同じく代表作である「浜乙女」の語り部の声は2016年8月現在も聞くことができる。 

2012年、第六回声優アワード「特別功労賞」を受賞[5]

エピソード

1956年、日本初の吹き替え外国テレビドラマ『カウボーイGメン』では、滝口一人で女性役も含め全ての登場人物の声を生放送で同時にあてて放送された。生放送だったため、そのフィルムは存在していない。

ぶらり途中下車の旅』などのナレーターを務める番組で、出演者が食事をするシーンが多くあることから、滝口自身も旅人と一緒に旅をして食べ物を口にしていると視聴者に誤解され、滝口本人は「俺は食べてないのに」とラジオ番組で愚痴をこぼしていた。ただし、『ぶらり途中下車の旅』については、滝口自身がロケに参加した回が存在する。

かつて、ゴキブリ捕獲器のCMにおいてゴキブリのキャラクターに扮した際、「ワシのマークの大正の」という独特のナレーションを行った。キャッチコピーの「バカとれ」という言葉は、当時の流行語にもなった。

卓越したアドリブ技術で知られるが、同業者にアドリブ案を書いた台本を見られると、即座にその書き込みを消してしまうという、厳しい一面も持つ。晩年はその口調そのものが、独立したキャラクターとなり、よみうりテレビの『なるトモ!』での三浦隆志アナウンサーなど、滝口の物真似と思しきナレーションをする、ナレーターも多数存在した。上記した以外では、九州朝日放送が九州のANN系列局にネットして放送している『アサデス。九州 山口』の「話題ハンティング 奥様ランチ会」というコーナーのナレーションが同じ口調である。

2008年5月と2011年8月、一時休養をとった[6]。その間『ぶらり途中下車の旅』のナレーションはえなりかずき近石真介神谷明増岡弘が代役を務めた後、2011年10月1日放送分からは藤村俊二が滝口の後任ナレーターに就任した。
死去直後である2011年9月3日放送の『ぶらり途中下車の旅』では「さようなら滝口順平さん」という副題の追悼番組が放送され、次週の沿線場所予告含めナレーションの大部分は滝口のものを使用し、最後に本人の顔写真が起用された。一部は増岡弘が新録で担当。そして番組の最後に阿藤快舞の海太川陽介が画面に登場して追悼の言葉を述べたあと、「滝口さん 天国でもいい旅を続けてくださいね」という追悼テロップが挿入された。

後任

滝口の死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演作品

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1963年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

  • 宝島(トレローニ[14]
  • ルパン三世 (TV第2シリーズ)(ヘス、ファントマ・マークIII、ミスターX)

1979年

1980年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA

1979年

1986年

1987年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

2002年

劇場アニメ

1962年

1970年

1971年

1974年

1976年

1980年

1982年

1983年

1985年

1986年

1987年

1991年

1992年

1993年

1998年

2001年

2006年

2008年

2009年

ゲーム

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

吹き替え

俳優

洋画・海外ドラマ

海外アニメ

テレビドラマ

ナレーション

映画

特撮

人形劇

ラジオ

CM

歌曲・レコード・CD・LPドラマ

その他

脚注

注釈

  1. ^ 以前は『ボカンと一発!ドロンボー』で一時的にドクロベエの代役をしていた。
  2. ^ 滝口の死去直後の2011年から2013年までは代役を立てず台詞無しでの登場となり、2014年から森が演じることになった。

出典

  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』vol.1、小学館2004年3月、 67頁、 ISBN 978-4-09-526301-4
  2. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年7月、510頁。ISBN 978-4-41-500878-3
  3. ^ 神谷明「八奈見乗児」『みんな声優になりたかった 神谷明と25人の声優たち』主婦の友社、1994年1月6日、ISBN 4-07-214333-2、282頁。
  4. ^ 【訃報】ドクロベエの声、滝口順平さん死去 日テレNEWS24 2011年8月29日閲覧
  5. ^ 『第六回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2012年2月22日閲覧。
  6. ^ ぶらり途中下車の旅! (神谷明オフィシャルブログ 2011年8月15日付)によると、滝口の夏休みとしている。滝口が死去したのは、この2週間後のことであった。
  7. ^ “どろろ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/37.html 2016年5月6日閲覧。 
  8. ^ ドロロンえん魔くん”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  9. ^ 小さなバイキングビッケ”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  10. ^ 宇宙の騎士テッカマン”. メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。
  11. ^ タイムボカン”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。
  12. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  13. ^ 恐竜大戦争アイゼンボーグ”. メディア芸術データベース. 2016年12月3日閲覧。
  14. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  15. ^ フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  16. ^ “ドン・ドラキュラ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/45.html 2016年5月6日閲覧。 
  17. ^ “ルパン三世 燃えよ斬鉄剣”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=460 2016年5月2日閲覧。 
  18. ^ ごぞんじ!月光仮面くん”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  19. ^ a b タイムボカン2000 怪盗きらめきマン”. タツノコプロ. 2016年6月11日閲覧。
  20. ^ ルパン三世 アルカトラズコネクション”. メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。
  21. ^ D.Gray-man”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月14日閲覧。
  22. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  23. ^ “スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. https://www.bandaivisual.co.jp/metropolis/staff.html 2016年5月5日閲覧。 

外部リンク