九里一平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九里 一平(くり いっぺい、1940年1月1日 - )は、日本漫画家、アニメーション制作会社タツノコプロ第3代社長。本名は吉田豊治(よしだ とよはる)。

来歴・人物[編集]

京都府京都市出身。タツノコプロ創業経営者一族の「吉田三兄弟」の三男で、長兄は漫画家・アニメ原作者・タツノコプロ初代社長の吉田竜夫、次兄はアニメプロデューサー・タツノコプロ第2代社長・初代会長の吉田健二

ペンネームの由来は「お前は目がクリクリしているから」と言われ「クリ=九里」とし、さらに「一平」をつけたことによる。

挿絵画家・漫画家として活躍していた竜夫の後を追い上京。当初は挿絵画家志望だったが、竜夫の影響で漫画家を志し、竜夫のアシスタントとして活動した後、赤本の描き下ろし単行本『あばれ天狗』でデビュー。『マッハ三四郎』などの作品で人気を博す。タツノコプロ設立後は、多くのタツノコアニメでプロデューサー・企画・監督などの重責を約40年間にわたって担い続けた。

幼少の頃に進駐軍を見て「日本人でいたくない」という願望を持つ。進駐軍払い下げのアメコミを読み『スーパーマン』に憧れる(九里によると漫画デビュー作は「『スーパーマン』を子供にしたような漫画」である)。こうした原体験からその画風はアメコミ調である。さらに『マッハGoGoGo』など、手がけたアニメの世界観もアメリカ的である[1]

経歴[編集]

  • 1940年、京都市に生まれる。
  • 1958年、京都市立洛陽高等学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)を中退。挿絵画家を志し、次兄・吉田健二とともに上京。
  • 1959年、赤本の描き下ろし漫画単行本『あばれ天狗』を経て、集英社の「日の丸」に『Zボーイ』を連載し、中央の出版社でデビュー。
  • 1962年、吉田竜夫、吉田健二と3人でアニメーション制作会社「竜の子プロダクション」(タツノコプロ)を設立。
  • 1977年、タツノコプロの子会社・アニメフレンド1990年解散)が設立され、同社の代表取締役に就任。
  • 1987年、吉田健二の社長退任に伴い、タツノコプロの第3代社長に就任。
  • 2005年
7月1日、大手玩具メーカータカラによるタツノコプロ子会社化を受けて社長を退任。この時、吉田健二会長も同時に退任、吉田三兄弟がタツノコの経営から離れた。
10月、第10回アニメーション神戸賞(神戸市主催)特別賞受賞。

主な作品[編集]

漫画[編集]

  • マッハ三四郎(原作:久米みのる、構成:吉田竜夫)
  • 大空のちかい
  • 紅三四郎
  • ファイター健
  • 弾丸児
  • アラーの誓い
  • 海底人8823
  • 海洋少年隊
  • アラーの使者(同名特撮番組のコミカライズ)
  • 暗闇同心 鍔鳴剣屍郎 怨霊斬り

アニメ[編集]

これらはごく一部で、殆ど全てのタツノコアニメに重要な役割で携わっている。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『動画王』vol.7 キネマ旬報社、1998年、76-94頁
  2. ^ 京都美術工芸大学教員紹介
  3. ^ ただし、「イタダキマン」は原作のみに格下げられた。

関連記事[編集]

  • 岩切徹 「漫画家九里一平 アニメ界のモックは何処へ」 『AERA』、朝日新聞社、2005年10月17日号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 一平舎 - 九里一平のオフィシャルサイト
先代:
吉田健二
タツノコプロ社長
第3代:1987年 - 2005年
次代:
成嶋弘毅