大河原邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおかわら くにお
大河原 邦男
大河原 邦男
生年月日 1947年12月26日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都稲城市
職業 メカニックデザイナー
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビアニメ

大河原 邦男(おおかわら くにお、1947年12月26日(68歳) - )はアニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイナー。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。東京都稲城市出身[1]。息子はアニメーターの大河原烈[要出典]

苗字はよく「おおわら」と発音や表記をされることがあるが、自筆イラストに入れられるサインは「K.Okawara」である[2]

略歴[編集]

実家が機械を扱う仕事を代々営んでいたことから建設機械等を多々見る環境に育ち[3]、家の倉庫にある機械部品を遊び道具代わりに工作に励む少年時代を過ごした[4]

東京都立町田高等学校卒業後、東京造形大学グラフィックデザイン科に入学。1年後にテキスタイルデザイン科に転科し、機織や染め物などを学ぶ。卒業後、オンワード樫山でテキスタイルデザイナーを経験後、転職しておとぎの国に企画担当として入社。東京支店の企画部廃止で専門店向け営業職を経験。

その後、タツノコプロに入社。当初はアルバイト同然の低待遇だったが、配属された美術部で背景を描いていたところ、美術部長の中村光毅の提案で『科学忍者隊ガッチャマン』からは敵メカなどを担当し、高い評価を得る。以後、メカデザイン専門になる。

デザイン時には木型で玩具を試作し、造形や変形・合体の各種機構の立体での検証を自ら行った[5]

『破裏拳ポリマー』『宇宙の騎士テッカマン』を担当した後、タツノコプロを退社し、中村光毅と「デザインオフィス・メカマン」を設立。『ゴワッパー5ゴーダム』で初のメインメカのデザインを担当。『タイムボカンシリーズ[7]、『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』、『合身戦隊メカンダーロボ』、『無敵超人ザンボット3』を経て、1978年にデザインオフィス・メカマンを退社してフリーに。

以降、『無敵鋼人ダイターン3』からサンライズ作品を手掛けるようになり、『機動戦士ガンダム』でモビルスーツのデザインを担当、作品の人気とメカニックのプラモデルの大ブームによりその名を広め、「メカニックデザイナー」という職種を認知させた。また、版権イラストを手掛ける際にモビルスーツの機体に実在の兵器同様のマーキングやウェザリングを入れる手法を編み出し、いわゆる「リアルタイプ」として人気を博した。ガンダム以降もサンライズ制作の『勇者シリーズ』をはじめとするロボットアニメのメカデザインを手掛けた。

1981年にはNHKの子供向け情報番組『600こちら情報部』のアニメメカデザイン特集に出演。「ガンダムの初期案には口があった」との裏話や、他局で放送開始前の『ダグラム』のデザイン解説などを行った。

2009年、東京都八王子市八王子市夢美術館において回顧展「大河原邦男のメカデザイン ガンダム、ボトムズ、ダグラム」を開催。

2012年、東京都稲城市の稲城市立iプラザにて大河原邦男作品展(サイン会、上映会、講演会、大河原メカ バトルトーナメント)を開催。

2013年、兵庫県神戸市兵庫県立美術館にて「超・大河原邦男展―レジェンド・オブ・メカデザイン―」を開催。

2015年、東京都台東区上野の森美術館にて、メカニックデザイナー 大河原邦男展を開催。

2016年、滋賀県守山市佐川美術館にて、メカニックデザイナー 大河原邦男展を開催。

発言[編集]

日経MJ紙のインタビューにて、「どんな作品でも、悪役のメカへの思い入れが強い」「もともとアニメは全然好きではなかった」「機械は子供のころから大好きだった」などと語っている。また、同紙には「大河原氏が好きなメカ ベスト3」が列記されており、『機動戦士ガンダム』からはザクハロムサイを、同作以外には、『装甲騎兵ボトムズ』に登場するAT(アーマードトルーパー)、『銀河漂流バイファム』に登場するバイファム、『蒼き流星SPTレイズナー』に登場するレイズナーを挙げている。[8]

MSVについて[編集]

プラモデルに同梱されているパンフレット[9]によると「ガンダムMSVシリーズはアニメーションでは作画上の制約から採用されないようなデザインを模したものです。いわゆる、デザインの遊びだったのですが、プラモデル化されたことにより多くのファンの方に親しまれているのは光栄です。」と述べているが1991年に刊行された『機動戦士ガンダム大全集』では「遊びすぎた」とこぼしている。

作品年譜[編集]

著書[編集]

  • 『太陽の牙ダグラムメカニカルアート集 大河原邦男の世界』講談社 1983
  • 『大河原邦男アイアンワークス』バンダイ 1989
  • 『大河原邦男画集』ムービック, 1998.9
  • 『大河原邦男画集2』ムービック, 1998.12
  • 『大河原邦男Gundam design works』ムービック, 1999
  • 『大河原邦男Dougram & Votoms design works』ムービック 2000.4
  • 『大河原邦男real robot design works』ムービック, 2000.5
  • 『大河原邦男brave series design works』ムービック, 2000.8
  • 『機動戦士ガンダム原典継承 ― 大河原邦男画集』角川書店 2009.3
  • 『大河原邦男Walker [メカニックデザインの鉄人]』KADOKAWA, 2015
  • 『メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人』光文社新書 2015

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渋谷アニメランド”. NHK. 2012年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月13日閲覧。
  2. ^ 大河原邦男先生の特製サイン入り色紙公開!”. 織田廣喜美術館. 2016年6月9日閲覧。
  3. ^ School TV DREAM TRAIN J-WAVE 2015年8月31日
  4. ^ メカニックデザイナー 大河原邦男展 ガイドコメント 2015年
  5. ^ 荻原博之、2010年、「大河原邦男 メカニックデザイナー 自己満足ではいけない」、『日経ものづくり』2010年10月号(673)、日経BP、ISSN 13492772 pp. pp.6-8
  6. ^ a b タイムボカン:新作アニメは10月からであらすじも公開 メカデザインは大河原邦男! - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  7. ^ 第1作『タイムボカン』ではヤゴマリンを担当しただけであり、本格的に担当したのは第2作『ヤッターマン』の途中からであるが、第1作のリメイク作品『タイムボカン24』では本格的に担当するため、一応はシリーズ全作品に関わったことになる[6]
  8. ^ 2012年5月18日付 日経MJ紙 16面 『「ガンダム」のデザイナー 大河原邦男氏に聞く』より
  9. ^ バイファム、ダンバインなどの初版にのみ付属。正確な名称は『HYPER MECHANICAL ANIMATION WORLD』
  10. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  11. ^ 名鉄創業120周年記念乗車券「The second」を発売します。 - 名鉄のオススメ”. 名古屋鉄道. 2014年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  12. ^ 該当形式は名電1号3400系7000系2000系

外部リンク[編集]

メールマガジン