佐藤東弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 東弥(さとう とうや、1959年4月11日 - )は、日本の映画監督

有名な親族として父は映画監督の佐藤純彌。祖父は日本刀学者佐藤貫一。伯父に言語学者東京大学名誉教授佐藤純一がいる。

人物[編集]

東京都北多摩郡田無町(現・西東京市)出身。早稲田大学第一文学部卒業後、1983年日本テレビ入社。入社以来、テレビドラマの演出を担当。主な代表作は、『金田一少年の事件簿』、『ごくせん』、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』、『14才の母』、『ハケンの品格』、『家政婦のミタ』『神はサイコロを振らない』など。2004年編成局CD、ドラマ局EDを経て制作局ドラマセンターED。2012年6月1日付で日本テレビ制作局専門局長兼ドラマ担当エグゼクティブディレクター(ED)。2017年6月1日付で制作局ドラマ担当ゼネラルディレクター(GD)[1]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]