忍者部隊月光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
忍者部隊月光
ジャンル アクション
漫画:少年忍者部隊月光
作者 吉田竜夫
出版社 少年画報社
掲載誌 週刊少年キング
レーベル マンガショップシリーズ(現行の単行本)
発売日 2006年12月6日
巻数 全4巻
その他 現在はマンガショップから発売
テレビドラマ:忍者部隊月光
原作 吉田竜夫
監督 土屋啓之助
吉野安雄
仲木睦
福原博
高橋繁男
山田健
石川義寛
制作 国際放映
放送局 フジテレビ
放送期間 1964年1月3日 - 1966年10月2日
話数 全130話
その他 第118話より『新忍者部隊月光』に改題
映画:忍者部隊月光
監督 土屋啓之助
制作 東映
封切日 1964年7月28日
上映時間 74分
テンプレート - ノート

忍者部隊月光』(にんじゃぶたい げっこう)は、1964年(昭和39年)1月3日から1966年(昭和41年)10月2日まで[注 1]フジテレビ系で全130話が放送された、国際放映製作の特撮番組。モノクロ作品。吉田竜夫の漫画『少年忍者部隊月光』を原作として、時代を第二次世界大戦中から現代に、主人公たちの年齢を少年から青年に置きかえている[1][2]。 118話より『新忍者部隊月光』(しんにんじゃぶたいげっこう)と改題[1][2]

放送時間は104話まで金曜19:00 - 19:30、105話から117話まで木曜19:00 - 19:30、118話以降は日曜18:00 - 18:30[1][2]

内容[編集]

正義と世界平和を守ることを目的とする「あけぼの機関」に所属する、伊賀流甲賀流忍者の末裔で編成される「忍者部隊」が忍術などの能力を駆使して悪事と戦う物語。「月光」は部隊長のコードネーム。

企画当初は原作同様、時代設定は戦時中で、忍者部隊は陸軍参謀本部直属の秘密潜入部隊とされていたが、シリーズ構成上の問題から、現代に修正された[3]

忍者部隊は、ネットを掛けたヘルメット[注 2]と革ジャンパーを着用、背中に日本刀を背負った独特のコスチュームで任務を遂行する。初期は迷彩色のコスチュームが中心で、緑色のジャンパーをその上に羽織っていたこともあった。季節や、任務によってコスチュームを変更[注 3]するのは他の同様な番組にはない本作の特徴となっている[4]拳銃も装備として持ってはいるが、使わずに忍術のみで戦うのが基本。初期のオープニング冒頭では、三日月(女性隊員)がダムの向こうにいる敵を拳銃で撃ち、月光が「拳銃は最後の武器だ」と一喝する場面がある。

主な敵対組織は、忍者部隊と同様に忍術を駆使する「ブラック団」、科学技術を悪用する秘密結社「マキューラ」、妖術を操る「まぼろし同盟」。

基本的には子供向けの痛快活劇として作られており、手裏剣投げのポーズが当時大流行した[5][6]。当初は、要人を誘拐するなどのハードなエピソードや忍者部隊の中に志半ばで戦死してしまう者が出るなど忍者部隊の任務の過酷さも強調され、シリアスな作風だった[1][2]がシリーズが進むにつれ、その傾向は薄れていった。メイン監督の土屋啓之助は海外ドラマ『コンバット!』の日本版を目指していたという[7]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

※テレビサイズは、フルサイズに準じたバージョンと、テンポを上げて再録音されたバージョン(第56話 - )の2種類が使用されている。

  • 「忍者部隊のマーチ」
    • 作詞:滝田順、作曲:渡辺宙明、歌:ヴォーカル・ショップ

キャスト[編集]

  • 月光(月田光一):水木襄
  • 月輪(月岡輪次):石川竜二
  • 名月(山名月之助):山口暁
  • 月影(月野影也):渚健二(第1 - 18話)
  • 三日月(月上三日子):森槙子(第1 - 33話)
  • 新月:浅沼創一(第19 - 51話)
  • 半月:小島康則(第23 - 104話)
  • 半月の声:朝井ゆかり[注 4](第23 - 101話)
  • 銀月:加川淳子(第33 - 104、118、126 - 130話)
  • 満月:山本磯六(第111 - 130話)
  • 流月:手塚しげお(第109、110、114 - 117、119 - 122話)
  • 夕月:吉田亜矢(第119 - 124話)
  • 月明:広川太一郎(第1、2話)
  • 初代夕月:園浦ナミ(第3、4話)
  • 望月(マキューラのスパイ):広川太一郎(第80、81話)
  • あけぼの機関長:中山昭二(第1話)
  • あけぼの機関員・長尾:金沢重勝(第1話ほか)
  • あけぼの機関員・矢野:国方伝(第1話ほか)
  • ブラック団総統:A・ヤクベンコ(第33話)、エド・キーン(第35、36話)、ピーター・ウィリアムス(第48、51話)
  • ブラック団総統の声:若山弦蔵(第25、26話)、今西正男(第33、35、36話)
  • マキューラ首領・M〇号:友田輝(第98 - 104話)
  • マキューラ幹部・M一号:仙波一之(第52 - 55話)
  • マキューラ幹部・M二号:三鬼濁(第56 - 104話)
  • マキューラ幹部・M三号:浜村美智子(第56 - 104話)
  • マキューラ工作員・十八号:大塚孝(第68 - 104話)
  • まぼろし同盟初代首領・幻仮面:松原光二(第106 - 117話)
  • まぼろし同盟二代目首領・幻影仮面:友田輝(第118 - 130話)
  • まぼろし同盟幹部・幻1号:大塚孝(第118 - 130話)
  • まぼろし同盟幹部・幻2号:樋口功(第118 - 130話)
  • まぼろし同盟員・幻22号(幻仮面の妹):菊容子(第125、126話)

放送リスト[編集]

忍者部隊月光[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1964年
1月3日
潜行救出作戦(前) 西田一夫 土屋啓之助
2 1月10日 潜行救出作戦(後)
3 1月17日 疾風山岳作戦(前) 田村多津夫 吉野安雄
4 1月24日 疾風山岳作戦(後)
5 1月31日 隠密誘拐作戦(前) 高久進 土屋啓之助
6 2月7日 隠密誘拐作戦(後)
7 2月14日 三日月作戦(前) 佐々木亮 吉野安雄
8 2月21日 三日月作戦(後)
9 2月28日 海ねこ作戦(前) 西田一夫 土屋啓之助
10 3月6日 海ねこ作戦(後)
11 3月13日 まぼろし作戦(前) 吉野安雄
12 3月20日 まぼろし作戦(後)
13 3月27日 電撃はやぶさ作戦(前) 織田清司 土屋啓之助
14 4月3日 電撃はやぶさ作戦(後)
15 4月10日 かげろう作戦(前) 西田一夫 仲木睦
16 4月17日 かげろう作戦(後)
17 4月24日 こうもり作戦(前) 土屋啓之助
18 5月1日 こうもり作戦(後)
19 5月8日 はげたかイ号作戦(前) 織田清司
20 5月15日 はげたかイ号作戦(後)
21 5月22日 諜報尾行作戦(前)
22 5月29日 諜報尾行作戦(後)
23 6月5日 かぶと虫作戦(前) 西田一夫
24 6月12日 かぶと虫作戦(後)
25 6月19日 黒豹作戦(前) 田村多津夫
26 6月26日 黒豹作戦(後)
27 7月3日 鉄血まだら作戦(前) 西田一夫 福原博
28 7月10日 鉄血まだら作戦(後)
29 7月17日 変幻水月作戦(前)
30 7月24日 変幻水月作戦(後)
31 7月31日 どんぐり作戦(前) 織田清司
32 8月7日 どんぐり作戦(後)
33 8月14日 入道雲作戦(前) 西田一夫
34 8月21日 入道雲作戦(後)
35 8月28日 黒とかげ作戦(前) 高橋繁男
36 9月4日 黒とかげ作戦(後)
37 9月11日 香港一号作戦(前) 土屋啓之助
38 9月18日 香港一号作戦(後)
39 9月25日 香港二号作戦(前)
40 10月2日 香港二号作戦(後)
41 10月9日 海底作戦(前) 織田清司 福原博
42 10月16日 海底作戦(後)
43 10月30日 地獄鍋作戦(前) 西田一夫 土屋啓之助
44 11月6日 地獄鍋作戦(後)
45 11月13日 黒獅子作戦(前) 福原博
46 11月20日 黒獅子作戦(後)
47 11月27日 恐怖兵器作戦(前) 高久進 山田健
48 12月4日 恐怖兵器作戦(後)
49 12月11日 不知火(しらぬひ)作戦(前) 西田一夫 土屋啓之助
50 12月18日 不知火作戦(中)
51 12月25日 不知火作戦(後)
52 1965年
1月1日
Mショット作戦(前)
53 1月8日 Mショット作戦(後)
54 1月15日 デッド音波作戦(前) 福原博
55 1月22日 デッド音波作戦(後)
56 1月29日 ゴールド・ガン作戦(前)
57 2月5日 ゴールド・ガン作戦(後)
58 2月12日 ホワイト・デビル(白魔)作戦(前) 田村多津夫
山田健
山田健
59 2月19日 ホワイト・デビル作戦(後)
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
60 1965年
2月26日
ダウト・ダイヤ作戦(前) 西田一夫 土屋啓之助
61 3月5日 ダウト・ダイヤ作戦(後)
62 3月12日 ミリオン・キー(100万ドルの鍵)作戦(前) 巻本公三 福原博
63 3月19日 ミリオン・キー作戦(後)
64 3月26日 ロケットダッシュ作戦(前) 西田一夫 山田健
65 4月2日 ロケットダッシュ作戦(後)
66 4月9日 アース・クェイク作戦(前) 吉田喜昭 福原博
67 4月16日 アース・クェイク作戦(後)
68 4月23日 ゴールド・コイン(黄金の小判)作戦(前) 高久進 土屋啓之助
69 4月30日 ゴールド・コイン作戦(後)
70 5月7日 ロープ・アミーバ作戦(前) 西田一夫 山田健
71 5月14日 ロープ・アミーバ作戦(後)
72 5月21日 マカオ・ルート作戦(前) 福原博
73 5月28日 マカオ・ルート作戦(後)
74 6月4日 マイティ・ロボット作戦(前) 山田健
75 6月11日 マイティ・ロボット作戦(後)
76 6月18日 ブルー・サファイア作戦(前) 吉田喜昭 福原博
77 6月25日 ブルー・サファイア作戦(後)
78 7月2日 エア・ガン作戦(前) 西田一夫 石川義寛
79 7月9日 エア・ガン作戦(後)
80 7月16日 コマンドS作戦(前) 吉田喜昭 山田健
81 7月23日 コマンドS作戦(後)
82 7月30日 ブラックストン作戦(前) 巻本公三 福原博
83 8月6日 ブラックストン作戦(後)
84 8月13日 マジックドラゴン作戦(前) 西田一夫 石川義寛
85 8月20日 マジックドラゴン作戦(後)
86 8月27日 ダイヤモンド作戦(前) 高久進 山田健
87 9月3日 ダイヤモンド作戦(後)
88 9月10日 ハイド・スコープ作戦(前) 西田一夫 石川義寛
89 9月17日 ハイド・スコープ作戦(後)
90 9月24日 ブラック・ファイヤー(黒い火)作戦(前) 吉田喜昭 福原博
91 10月1日 ブラック・ファイヤー作戦(後)
92 10月8日 キッドナップ(誘拐)作戦(前) 西田一夫
93 10月15日 キッドナップ作戦(後)
94 10月22日 ゴースト作戦(前) 吉田喜昭 山田健
95 10月29日 ゴースト作戦(後)
96 11月5日 ブラッド・プラン作戦(前) 石川義寛
97 11月12日 ブラッド・プラン作戦(後)
98 11月19日 M0号作戦(前) 水木襄 山田健
99 11月26日 M0号作戦(後)
100 12月3日 シャドウ(影)作戦(前) 西田一夫 福原博
101 12月10日 シャドウ作戦(後)
102 12月17日 大島ライン作戦(前) 山浦弘靖 石川義寛
103 12月24日 大島ライン作戦(後)
104 12月31日 特別指令 マキューラ潰滅作戦 吉田喜昭
105 1966年
1月6日
まぼろし仮面作戦(前) 土屋啓之助
106 1月13日 まぼろし仮面作戦(後)
107 1月20日 リンカーン切手作戦(前) 藤川桂介 山田健
108 1月27日 リンカーン切手作戦(後)
109 2月3日 ビー玉作戦(前) 吉田喜昭 福原博
110 2月10日 ビー玉作戦(後)
111 2月17日 マジック時計作戦(前) 山浦弘靖 土屋啓之助
112 2月24日 マジック時計作戦(後)
113 3月3日 黄金狂作戦(前) 吉田喜昭 山田健
114 3月10日 黄金狂作戦(後)
115 3月17日 鏡の家作戦(前) 藤川桂介 福原博
116 3月24日 鏡の家作戦(後)
117 3月31日 まぼろし対決作戦 吉田喜昭 土屋啓之助

新忍者部隊月光[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
118 1966年
7月3日
ロケット大作戦 吉田喜昭 土屋啓之助
119 7月10日 第二の仮面作戦(前)
120 7月17日 第二の仮面作戦(後)
121 7月24日 動物村作戦(前) 山浦弘靖 山田健
122 8月7日 動物村作戦(後)
123 8月14日 3ドラム作戦(前) 吉田喜昭 福原博
124 8月21日 3ドラム作戦(後)
125 8月28日 ミルク博士作戦(前) 山浦弘靖 土屋啓之助
126 9月4日 ミルク博士作戦(後)
127 9月11日 サイボーグ作戦(前) 吉田喜昭 山田健
128 9月18日 サイボーグ作戦(後)
129 9月25日 新兵器作戦(前) 藤川桂介 福原博
130 10月2日 新兵器作戦(後)

映画版[編集]

テレビ版の大ヒットを受けて、これに着目した東映によって劇場版が製作された[注 5]。1964年7月28日に東映系の「まんが大行進」内の一本として、それまで上映された『少年忍者風のフジ丸』に代わって公開された。モノクロ作品。テレビ版と同じレギュラーキャスト、脚本、監督、音楽を起用している[注 6]。映画版での新メンバーとして月風、流月、月蝕の三人が登場する[5]。コスチュームは本作用に新調された[3]。同時上映は『狼少年ケン』・『エイトマン』・『鉄人28号』(第1作)の計3本。

スタッフ[編集]

  • 製作:東映
  • 企画:俊藤浩滋、原伸光
  • 原作:吉田竜夫
  • 脚本:高久進
  • 撮影:栗原孝次郎
  • 録音:岸勇
  • 照明:銀屋謙蔵
  • 美術:中村修一郎
  • 編集:祖田冨美夫
  • 助監督:田口勝彦
  • 進行主任:伊藤源郎
  • 現像:東映化学工業株式会社
  • 音楽:渡辺宙明
  • 監督:土屋啓之助

キャスト[編集]

  • 月光:水木襄
  • 新月:浅沼創一
  • 月輪:石川竜二
  • 名月:山口暁
  • 三日月:森槙子
  • 半月:小島康則 
  • 月蝕:小川守
  • 月風:若宮五郎
  • 流月:波木井健二
  • ベルドリック:ハロルド・S・コンウェイ
  • ローゼンハイマー:ポール・シューマン
  • 藤波博士:明石潮
  • あけぼの機関長・南郷:中山昭二
  • ブラック総督:エド・キーン
  • 竜虎:関山耕司
  • バラモン:八名信夫
  • ジャッカル:片山滉
  • シュナイダー:小林稔侍
  • ブラック総督の声:寺島幹夫

ほか

備考[編集]

  • 忍者部隊のヘルメットには、クノー工業の製品が使用されている[9]
  • プロップガンにはタイアップによりモデルガンメーカーMGCの製品が使用されている[6][10]
  • スポンサーは田辺製薬(現・田辺三菱製薬)1社提供だった。
  • 水木襄の証言によれば、開業前の東名高速道路で撮影を行っている[11]
  • 香港の各作戦では、月光と銀月が、今は香港にはないフォーチュナ・ホテルに滞在している。空港も昔の国際空港の啓徳空港が出てくる。
  • 主演の水木襄は、第98、99話「M0号作戦」の脚本を執筆している。
  • 月影の殉職について水木襄は、男女問題による降板であったことをほのめかす証言をしている[11]
  • 1970年代にキャストを一新したリメイクが企画されていたが実現していない[12]
  • 本作は、『Phantom Agents』のタイトルでアメリカオーストラリアなどに輸出され人気を博した[13]。オーストラリアでは、1966年から1967年にかけて放映されていた[14]。また、水木襄は海外から取材団が来日した際、「目の前で消えてほしいと注文を受けて驚いた」と後年のインタビューで語っている[11]
  • 「忍者部隊のマーチ」は、のちに広島東洋カープ正田耕三の応援歌として使用された。

他の作品への影響[編集]

  • 吉田の弟でタツノコプロ3代目社長の九里一平は、「タツノコプロが『科学忍者隊ガッチャマン』を企画した際、この作品をベースにした」と証言している。だが、『ガッチャマン』を企画した1人である脚本家の鳥海尽三は、「少年たちのヒーローが悪と戦うという設定以外はこの作品を特に意識したわけではない」と、ややニュアンスの異なる証言をしている。[要出典]
  • 円谷プロの特撮テレビドラマ『戦え! マイティジャック』には、本作と同じ局プロデューサーの新藤善之が参加しており、新藤の人脈で山口暁、渚健二の出演が決まった[15]。また、監督に土屋啓之助、福原博が参加しているなどの共通点も雑誌の特集で指摘されている[16]

映像ソフト化[編集]

  • 1980年代にビデオソフトが1巻発売。第1・2・7・8話を収録。
  • 1985年に東映ビデオより劇場版のビデオソフトが発売。
  • 1993年に日本ソフトシステムからLDが発売。
  • 2000年7月25日に発売げんごろう・販売セブンエイトよりVHSが発売された[17]。第1、2、129、130話を収録[17]
  • 2001年6月21日から9月21日にかけて日本コロムビアよりDVD-BOXが発売された[18]。全2巻[18]
  • 2004年(平成16年)9月29日に放送40周年を記念し全130話の中から厳選された33話が収録。
  • 2010年(平成22年)7月5日に初の完全版DVD - BOXがリリース開始。全3BOX。BOX1は、第1 - 51話を収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1966年4月 - 6月は中断。
  2. ^ 網目の粗いものと細かいもの、ネットそのものがない迷彩仕様のものが存在。
  3. ^ 初期のみ、夜間任務用の黒装束スタイルなども存在した。
  4. ^ 劇場版の声は担当していない。
  5. ^ 東映はこれ以前にも『月光仮面』など、他社制作の人気テレビ作品を映画化した実績があった。
  6. ^ 当時は映画化すると、制作会社やスタッフ、キャストが変更になることが珍しくなく、ラジオ時代から続く放送ドラマの映画化の歴史の中でも、この年(1964年)まで実現していなかった。[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、68頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  2. ^ a b c d 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、54頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ a b 『宇宙船』 Vol.12、朝日ソノラマ、1982年、58頁。
  4. ^ 『宇宙船』 VOI.12、53頁。
  5. ^ a b 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、156頁。ISBN 4766927060 
  6. ^ a b 『宇宙船』 VOI.12、52頁。
  7. ^ 石橋春海 2013, p. 81.
  8. ^ 『劇場版 忍者部隊月光オリジナルサウンドトラック』(サウンドトラックラボラトリー・2014年7月)解説書より
  9. ^ [1]
  10. ^ 石橋春海 2013, p. 82.
  11. ^ a b c 石橋春海 2013, pp. 84-85, 水木襄 再録インタビューとその後(ミリオン出版「ズームイン」1985年4月号より再録)
  12. ^ 石橋春海 2013, p. 83.
  13. ^ CD『忍者部隊月光 音楽作戦Vol.1』(サウンドトラックラボラトリー・2014年5月)解説書より。
  14. ^ PHANTOM AGENTS 1960年代の日本のアニメ、特撮番組を紹介するオーストラリアのウェブサイト内のページ。当時の視聴者から感想や思い出などのコメントが寄せられている。
  15. ^ 『別冊映画秘宝 ウルトラセブン研究読本』(洋泉社・2012年)168頁
  16. ^ 『宇宙船』 VOI.12、59頁。
  17. ^ a b 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、66頁。雑誌コード:01844-04。
  18. ^ a b 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 169頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

フジテレビ 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
宇宙船XL-5

谷啓の宇宙冒険(改題)
忍者部隊月光
遊星少年パピイ
(→枠交換)
フジテレビ系 木曜19:00枠
遊星少年パピイ
(→枠交換)
忍者部隊月光
宇宙エース
※土曜18:15より移動
したが1ヶ月で終了

ハリスの旋風
フジテレビ系 日曜18時台前半枠
新忍者部隊月光
歌であてまショー
(17:00 - 18:30)
フジテレビ系 田辺製薬一社提供
宇宙船XL-5

谷啓の宇宙冒険
忍者部隊月光

新忍者部隊月光
終了