プロップガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロップガンとは映画、テレビ等で俳優、タレントが小道具として使用する銃砲類を指す。

日本の法規上、実銃を使用することは原則禁止されているため、発砲機能を一切持たないトイガンを使用するのが一般的である。多くのプロップガンは微量の火薬(玩具煙火)の撃発により火、煙、音を発して発砲を表現する。このアクションを発火と呼ぶ。銃口から噴く火花をマズルフラッシュ英語版といい、視聴者、観客に発砲表現を分かりやすくするために大げさに明るくする事が多い。

プロップガンを用いて銃を使用した表現(操作、発砲、着弾など)をガンエフェクトと呼ぶ。

呼称[編集]

元来、映画業界では小道具銃をステージガンという呼称が一般的であったが、1980年代後半よりプロップガンという呼称が用いられるようになり、現在ではプロップガンという呼称の方が一般的である。

これは『Gun』誌の記事においててっぽう屋(現ビッグショット)代表の納富喜久男が「海外ではステージガンと言っても通じない」と語ったことが影響している。

ただしそれ以前にも、『Gun』1980年4月号において、トビー門口が「ステージ・ガン(この言葉がよく分からないんだけど、アメリカでいうのか、ステージで使うからいうのか、自分が知っているのは、ハリウッドでよく使われる名前で、プロップ・ガンとかブランク・ピストルなんだけどネー)」という記述をしている。

種類[編集]

劇中に登場する小道具銃であればどんな種類であってもプロップガンと呼んでも差し支えないが、一般的には以下の種類が存在する。

空砲
実銃に空包を装填して発砲を表現する方式でハリウッドを始め、多くの映画で使用されている方式。しかし、日本では使用できない。実銃と同じメカニズムで動作するため、非常にリアルに再現される。外力を用いずに作動する自動銃の場合、単に空包を装填して撃発するだけでは動作不良が起こるため、空包発射用に改造して使用される。これら火薬式のプロップガンを正面から見ると、銃腔の中に発射薬の燃焼ガスを調節するためのレギュレーターが見える場合がある。そのため実弾は発射できず、誤発射の危険性はほとんどない。しかし実弾を誤って装填して撃発すると銃の破損につながり、また空砲の燃焼ガスは近距離では人間を殺傷し得る威力を持つため、このプロップを扱う俳優やスタッフは専門家から安全な取り扱いについて指導を受ける場合が多い。
電気着火式
電気スイッチにより火薬を発火させる機能のみを有したプロップガン。通称電着銃という。
トリガーに連動するスイッチと電池、火薬ソケットがあれば作動するシンプルな構造なため作動不良が少なく、小道具起因による失敗を極力防ぐ事ができる。

銃としての機能が一切存在しない電気回路のみであるため、構造上カートリッジマガジンを必要としない。

つまり銃の形をした電気回路にしか過ぎず、殺傷能力は完全に存在せず違法改造の心配がない。
ただしリボルバーではシリンダーが回転しない、オートマチックではスライドが動かない、排莢ブローバック)しないなど銃本来のリアルなアクションを表現できない欠点がある。
カートリッジ
市販モデルガンをベースとしてカートリッジと玩具煙火を使用し、発砲を表現する。
モデルガンは発砲機能を持っていないが、動作や操作方法は実銃に非常に近いため、リアルな表現ができる。
ただし銃種によって構造が違うため、整備性や確実性の面で電気着火式に大きく劣る。
ダミー銃
銃の形状を模したゴム(ラバーガン)やプラスチック製のプロップ。その構造上、一切の発火メカニズムは持っていない。銃が目立たないシーン、銃で殴るシーン、放り投げるシーンなどで使用される安全なプロップ。

ガンエフェクトプロフェッショナル[編集]

プロップガンの製作、調整、使用等には専門的知識を必要とするため、映画界でも専門のプロフェッショナルに委託することが多い。

  • トビー門口 - ガンエフェクトの先駆け。
  • ブロンコ - ウェスタンショーを得意とする。
  • ビッグショット - 日本映画界の多くのガンエフェクトを手がける。旧てっぽう屋。
  • 戸井田工業 - 電着銃を始め、現代劇、時代劇の美術大道具、小道具を手がける。昭和10年創業。
  • パイロテック - 高い技術力で高い評価。小道具製作から特殊効果、VFXまで幅広く手がける。
  • 旭工房 - プロップガン製作。
  • 武器屋 - 幕末や第二次世界大戦中の銃を主に供給。発火用よりもアップ用が多い。
  • エスカプロダクト - プロップガン製作・販売。ガンエフェクト。

玩具銃メーカーとの関わり[編集]

作品によっては時に玩具銃メーカーの協力によりプロップガンを調達する事がある。

大量の銃器類を使用するシーンにて市販品のトイガンを使用する場合やオリジナルプロップガンの製作をする場合等々、作品によって関わる内容は様々である。

調達する小道具についても銃器類本体に限らずホルスタースリング等の銃関連品までメーカーから提供を受ける場合もある。

近年では作品とタイアップし、作中使用のプロップガンと同型式の製品を発売する場合もあり、広告宣伝として無償提供することも多い。

古くはMGCが映画用に指アクションによる排莢機能を持ったM16アサルトライフルを製作したことがある。『西部警察』で使用されたMGC M31RS2をベースとしたショットガンのプロップガンもMGCの小林太三の製作である。

広告戦略としてテレビコマーシャルを放映していたMGCや国際産業は積極的にテレビや映画作品にプロップガン提供を行っていた時期があり、エンドロール上にメーカー名が記されている作品も多い。

自衛隊、機動隊、特殊部隊等が登場する作品には銃器類装備が必須であり、近年では東京マルイが協力している作品が多い。

プロップガンの例[編集]

  • MGCハイウェイパトロールマン41 3.5in -MGC製。昭和40年代後半から50年代前半に活躍。モデルガンと電気式有り。
  • MGC 旧(ニュー)ローマンMkⅢ - MGC製。刑事用拳銃として現在まで広く活躍。実際の日本警察では採用されていない。モデルガンと電気式有り。
  • MGC ガバメントGM5・GM2 - MGC製。警察用から犯人用まで幅広く活躍。モデルガンと電気式有り。
  • MGC SW/59 - MGC製。『太陽にほえろ!』『西部警察』で使用されたプロップガン。モデルガンと電気式有り。
  • MGC M31RS2 - MGC製。『西部警察』で大門団長(渡哲也)が使用したショットガン型プロップガン。MGC M31RS1ベースのプロップガンも存在する。電気式のみ。
  • ニューナンブM60 - 日本警察の制式けん銃として有名だが、近年まで該当のトイガンが存在しなかったため、電着銃からCMC M36の外観をカスタムしたプロップガンまで様々な仕様が存在する。
  • SKB光線銃 - 銃犯罪シーンで比較的需要の高い上下二連ショットガンはゲームセンターの散弾銃型コントローラーやビームライフルをベースとした電着銃が存在する。中でも昭和50年代にゲームセンターに設置された射撃ゲームのコントローラーが実銃メーカーのSKB製だったために、廃棄されたコントローラーがプロップガンのベースとして重宝された。木製ストック側面にダイヤ型のマークがあるので容易に認識できる。電気式のみ。

参考文献[編集]