小林太三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 太三(こばやし たぞう、1936年5月27日[1] - )は、日本モデルガンデザイナートイガンデザイナー)。タニオ・コバ社長[2]

実銃を再現することよりもトイガンとして実際に動かして遊べること重視して作られた作品がファンに評価されている[3][4]

モデルガン独自アクションとして開発した指アクション(スライドアクションとも称す)は通称タニオアクションと命名され、もっともポピュラーな名称となった。徹底的に作動に拘り、実銃のメカニズムをデフォルメする作品は時に『小林メカ』と呼ばれ、リアルさと引き換えに高い作動性を持つのが特徴である。

来歴[編集]

奈良県にある代々続く饅頭屋の息子として生まれる(本人曰く、13代目当主に当たるらしいが後を継がなかったので饅頭屋は廃業している)。 商業デザイナーとして大阪で就職。趣味で演劇などの小道具用の銃器を製作していたところ、MGC創設者に見出されヘッドハンティングされる。

MGC製モデルガン設計開発の後、タニオ・コバ設立。フリーのモデルガンデザイナーとなる。

年表[編集]

  • 1936年 - 奈良県奈良市に生まれる。
  • 19??年 - 大阪のデザイン会社に入社。
  • 1961年 - 上京し、MGC入社。
  • 1991年 - MGCから独立。タニオ・コバ設立。

著作[編集]

  • ビジェール(MGC)

脚注[編集]

外部リンク[編集]