浜村美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
浜村 美智子
生誕 (1937-10-03) 1937年10月3日(80歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
ジャンル ポップス歌謡ラテンシャンソン
職業 歌手
活動期間 1957年 - 現在
レーベル ビクターエンタテインメント
事務所 ミュージック・オフィス合田
公式サイト jvcmusic.co.jp

浜村 美智子(はまむら みちこ 1937年10月3日[1] - )は日本歌手鹿児島市出身[1]

来歴・人物[編集]

高校生モデルとして活動していた時、ビクターエンタテインメントハリー・ベラフォンテの楽曲『バナナ・ボート』をカバーさせるタレント「カリプソの娘」として抜擢される。浜村は歌手経験はなかったが「雰囲気が楽曲にあう」という理由で選ばれ、いわゆるキャンペーンガールのはしりであった。1957年、同曲でレコードデビュー。同曲は江利チエミらも競作として発売していたが、浜村盤は大きくリードする形で発売1ヶ月余りで18万枚を売り上げ、最終的に30万枚、現在までのトータルセールスではミリオンセラーを記録したとされる[2]

ヒットに伴い浜村はメディアに引っ張りだこになるが、インタビューで「カリプソはあまり好きでなく、自分はジャズが好みだ」などと放言を連発、浜村の傍若無人、逸脱的なキャラクターがさらけ出される。しかし、カリプソはカリブ諸国の民謡であったことから、浜村の「いいかげんさ」が逆にマッチしていると解釈され、結果的に江利らを抑えてヒットしたと思われる[3][注釈 1]。同年の第8回NHK紅白歌合戦にも出場している。

その後も『バナナ・ボート』に続き『カリプソ娘』などを発表した。また、当時としては異例だったアメリカでの録音も行っていた。1960年7月10日に、ハリー・ベラフォンテがアジアツアーの一環で初来日した際、空港には多くのメディアと共に浜村も駆けつけた。

デビュー直後はあまりの人気ぶりに、美空ひばり江利チエミ雪村いづみの三人娘の後継と評されていたが、あまりにもキャラクターと楽曲の印象が強すぎたため、カリプソブームが去ると浜村の人気も途絶えてしまった[4]

1963年プロボクシング東洋ライト級チャンピオンだった小坂照男との結婚をきっかけに引退したが、1965年にTVドラマ『忍者部隊月光』(フジテレビ系)に悪の組織の女幹部役で出演し、女優活動を再開する。1972年NHKの『思い出のメロディー』で歌手として復帰[5]。それがきっかけで出した『黄色いシャツ』が久しぶりに注目を集め、オリコンシングルチャートにも登場し、ヒットした。この歌は韓国人歌手の孫夕友の歌のカヴァーだったことから、韓国大韓放送協会に招かれ、同国で初めて生放送番組に出演した外国人となった[5]

現在もラテン・シャンソンを中心にダンスパーティー、ディナーショー等のステージに出演している。

音楽[編集]

シングル[編集]

  • バナナ・ボート(作詞:L.Burgess・W,Attaway・井田誠一、作曲:L.Burgess・W,Attaway)
  • 監獄ロック
  • ダーク・ムーン/カリプソ娘
  • ママはブーブー/島の女
  • ジングル・ベル
  • 黄色いシャツ/スキャンダル(1972)
  • 男のためなら/たいくつなのさ(1972)
  • バナナ・ボート/酒(1973、再録音)

ほか

アルバム[編集]

  • カリプソ娘

ほか

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『監獄ロック[注釈 2]
    • 浜村の歌のラジオ中継の音声と歌唱中の写真[6]が現存する。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

歌番組[編集]

ドラマ[編集]

バラエティー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 中村とうようが音楽評論家に転職するきっかけが、浜村のキャラクターに依拠した日本のカリプソ解釈であった。中村は『ミュージック・ライフ』1957年5月号で論壇デビューしている。
  2. ^ 『バナナ・ボート』には全体的に男性コーラスが使われており、当時はコーラスも含めて男女が厳格に分けられていたため披露できず、エルヴィス・プレスリーのカバーを披露した。

出典[編集]

  1. ^ a b 浜村美智子ミュージック・オフィス合田
  2. ^ 輪島, pp. 98-99.
  3. ^ 輪島, pp. 100-103.
  4. ^ 輪島, pp. 100,103.
  5. ^ a b クール&ビューティーな魅力で日本人歌手の海外進出のパイオニアとなった元祖「カリプソ娘」浜村美智子。大人のミュージックカレンダー
  6. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年) ※写真のみ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]