ゆうぽうと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆうぽうと

ゆうぽうとは、東京都品川区西五反田にあった、日本郵政株式会社が土地・建物を保有する複合施設である。ホテル結婚式場フィットネスジムなどが運営されていた。また、多目的ホール「ゆうぽうとホール」を併設していた。

1982年4月1日に開館し、2015年9月30日に閉館した[1]

概要[編集]

もともとはかつての日本郵政公社簡易生命保険法第101条に基づき、観光地等に設けられたかんぽの宿などとともに設置・運営していた簡易保険加入者福祉施設の一つである「東京簡易保険会館」で、「ゆうぽうと」は愛称だった。旧郵政省時代の1982年に開業し、日本郵政公社設立の際に旧簡易保険局から切り離されて、日本郵政公社直営となった。2007年10月の郵政民営化に際し、かんぽの宿と共に日本郵政が運営する一般のホテルとして営業を開始、愛称であった「ゆうぽうと」が正式名称となった。

民営化後、地上のホテル部分が西洋フード・コンパスグループに、地下のフィットネスジム部分がセントラルスポーツ(セントラルフィットネスクラブ五反田)に業務委託され、日本郵政の職員8人と共に施設運営に携わっていたが、2008年12月1日より日本郵政から両社に運営が完全移管された。

老朽化と赤字のため[2][3]2015年9月30日をもって、「ゆうぽうとホール」も合わせて一切の営業を終了し、閉館した。ゆうぽうとホールの最終公演は『ウエスタンカーニバル』だった[1]

施設[編集]

フロア構成(2015年8月)

宿泊施設のほか、会議室結婚式場レストランカルチャースクール、フィットネスジムなどの施設を備えていた。

ゆうぽうとホールでは、2009年大晦日より行われている『年忘れ にっぽんの歌』(テレビ東京主催)を始め、1987年から2014年まで全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会(日本童謡協会テレビ朝日系列24社主催)等、各種の音楽イベントやコンサートが催されていた。楽屋の数や舞台の使い勝手の良さから、年間約150回のバレエ公演が行われていた[2][3]

当初は検診センターも併設しており人間ドックの受診が可能だったが、民営化を控えた経営の見直しにより、2007年2月に営業を終了した。

利用方法[編集]

郵政民営化前は通常の宿泊施設とは異なり、簡易保険の加入者(契約者、被保険者、受取人)の利用が優先された。簡易保険加入者として宿泊する時には、簡易保険加入者であることの証明(かんぽの宿メンバーズカード、簡易保険の保険証書のコピーなど)が必要だった。簡易保険非加入者でも申し込み可能だったが、利用時には加算料金(宿泊の場合は1人1泊あたり2,310円)が上乗せされた。郵政省・郵政事業庁時代は郵便局で予約をすることも可能だった。

郵政民営化後は通常のホテルとなったため、簡易保険の加入の証明などは不要になった。宿泊料金は従来の加入者料金のレベルを維持していた。

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平尾昌晃、「ゆうぽうと」閉館にしみじみ「お客さんも悲しそうな顔」”. ORICON STYLE (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  2. ^ a b 藤崎昭子 (2012年6月15日). “バレエ劇場が消える東京 ゆうぽうと・青山劇場…次々閉館”. 朝日新聞DIGITAL. 2015年8月16日閲覧。
  3. ^ a b 青山劇場、日本青年館…消えるバレエの拠点 老朽化で相次ぎ閉館”. 産経ニュース (2012年1月18日). 2015年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分20.9秒 東経139度43分18.9秒