人間ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

人間ドック(にんげんドック)は、日本独自の発想で予防医学の観点から自覚症状の有無に関係なく定期的に病院診療所に赴き、身体各部位の精密検査を受けて、普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康度などをチェックする健康診断の一種。「ドック」は船渠(船を修理・点検するための設備)を意味する英語dockに由来するため、「人間ドッグ」は誤表記である[1]

特徴[編集]

データを元に医師問診診察を受け、生活習慣病の予防や治療、その他の健康問題について助言、指導を受ける。概ね、人間ドックの専門病院、専門診療所で受けるのが通例である。検査の一部には、前日の夕食時あたりから絶飲食など事前の準備が必要なものもあり、確認が必要である。結果はその日のうちには判明しないものもある。

オプションで追加した検査項目により、検査時間も増加する。半日の日帰りで済むものから1日、もしくは2日というコースが一般的である。2日間の場合は、2日続きで通うというわけではなく、病院側で宿泊も手配する。なかには5日、1週間というコースを設けている診療機関もある。

人間ドックで異常が見つかりやすい項目は、肝機能障害、高コレステロール肥満膀胱疾患、高中性脂肪などである。

脳の認知機能やホルモンバランスなど加齢に伴い衰弱する傾向にある項目を重点的に検査する人間ドックのことを特にアンチエイジング・ドック(抗加齢ドック)と呼ぶこともある。

日本では、人間ドックは医療保険の対象ではないが、加入している健康保険組合によっては年齢などの条件(35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助が出る。人間ドックは労働基準法労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれる。

「人間ドック」に相当する英語はcomplete physical examination、general checkup、health screening等にあたる。

歴史[編集]

日本で本格的に「病人ではなく健康に関心のある人」を対象とした検診の仕組みが始まったのは1954年(昭和29年)春で、国立東京第一病院が始めた6日間の入院による全診療科的内容を網羅した「短期入院総合精密身体検査」である[2]。なお、世界的に見ると1900年代の初め頃にはアメリカ合衆国の保険会社が行っていたとされている[2]。1954年9月には、聖路加国際病院でも1泊2日の入院検査が開始された[3]。初めは「短期入院精密身体検査」と堅苦しく称されていた人間ドックだが[3]この検査について報道した読売新聞の記事において「人間ドック」という巧みなネーミングがされた[要出典]ことから、やがてこの呼び方が定着し1950年代半ばには医療学会の論文にも登場するようになった[4][5](なお、初登場年代は不明)。

翌年1955年には愛知県中央健康相談所で5日間の外来形式が行われた。現在の形式に近い内科的検査は、1958年に聖路加国際病で考案され急速に全国に広まった[2]。その後、1泊2日の形式を参考により簡便な1日と2日の外来形式や充実ほを図った2泊3日の仕組みが考案された[6]

この検診の普及と共に「老人病」や「成人病」なる言葉が生まれ注目されるようになった[5]。検診方法と検査項目は技術の進歩と共に日々改良が加えられ多様化し[7]発展している。

検査項目例[編集]

異常なしの割合・統計[編集]

2009年人間ドックを受けた人の中で全ての項目で「異常なし」及び「軽度異常だが心配なし」であった人は約9.5%と10人に1人を下回ることが日本人間ドック学会の調査で判った。異常項目では高コレステロールが26.5%で最多であり、ついで肥満(26.3%)や肝機能異常(25.8%)であった。男女別では、男性は肝機能障害(31.4%) と肥満(30.9%)の割合が多く、女性では高コレステロール(26.2%)と肥満(19.1%)がその上位を占めた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 人間ドック? 人間ドッグ? | ことば(放送用語) - 最近気になる放送用語 NHK放送文化研究所
  2. ^ a b c 岩塚徹、「総合健診の沿革」 日本総合健診医学会誌 Vol.20 (1993) No.Suppl P 9-14, doi:10.7143/jhep1985.20.Suppl_9
  3. ^ a b 日野原重明、「人間ドックの刷新を目指しての提言」健康医学 Vol.3 (1988-1989) No.2 p. 5-10, doi:10.11320/ningendock1986.3.2_5
  4. ^ 日野原重明 ほか、「聖ルカ国際病院に於ける「人間ドック」の検査成績」 臨床病理 3(4), 1955-12, NAID 40018627364
  5. ^ a b 大和田国夫、「成人病と公衆衛生」 生活衛生 Vol.3 (1959) No.4 P.154-162, doi:10.11468/seikatsueisei1957.3.154
  6. ^ 日野原重明、「人間ドック」 日本内科学会雑誌 Vol.91 (2002) No.11 P.3147-3149, doi:10.2169/naika.91.3147
  7. ^ 多様化する人間ドック -メンタルヘルス,スポーツ等を中心に-」 健康医学 Vol.5 (1990-1991) No.2 p.27, doi:10.11320/ningendock1986.5.2_27
  8. ^ [1][リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]