活性化部分トロンボプラスチン時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

活性化部分トロンボプラスチン時間(かっせいか・ぶぶん・トロンボプラスチン・じかん)とは、血液凝固能検査のひとつ。APTT(activated partial thromboplastin time)とも略される。内因系及び共通系の凝固異常を判定する検査として用いられる。

検査法[編集]

まず、被検者の静脈血を採取する。このうち血漿に部分トロンボプラスチン、カルシウムの他、カオリンセライトまたはエラジン酸などの接触因子活性化物質を添加し、凝固時間を測定する。PTT(部分トロンボプラスチン時間)に比べ、より安定した結果を得られる。[1]

PTTは部分トロンボプラスチン(脳抽出粗製セファリン=血小板第3因子作用物質)と適量のカルシウムを添加し、凝固時間を測定するもの。

正常ではAPTT (試薬がリン脂質+カルシウム+エラジン酸) 30-45秒。

一般に正常対照(ネガティブ・コントロール)と共に測定する。

活性化部分トロンボプラスチン時間の意義[編集]

APTTに関与する因子は、プレカリクレイン・HMW-キニノゲン・第XII因子・第XI因子・第IX因子・第VIII因子・第V因子・第II因子およびフィブリノーゲンである。

その他[編集]

血友病は内因系の第VIII因子や第IX因子に異常がある。そのためAPTTは延長するものの、プロトロンビン時間(PT)は延長しない。
同様に第Ⅷ因子に異常があるヴォン・ヴィレブランド病もAPTT延長・PT正常を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野村武夫ほか、血小板-止血・凝固・線溶-,中外医学社, 1994年, p100-101

関連項目[編集]

参考文献[編集]