小坂照男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小坂 照男
基本情報
本名 小坂 照男
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1940-11-18) 1940年11月18日(78歳)
出身地 千葉県君津郡富津町(現・富津市
スタイルファイター
プロボクシング戦績
総試合数 77[1]
勝ち 63
KO勝ち 26
敗け 9
引き分け 2
無効試合 3EX
テンプレートを表示

小坂 照男(こさか てるお、1940年11月18日 - )は、日本の元プロボクサー千葉県君津郡富津町(現・富津市)出身。元日本ライト級OBF東洋ライト級王者。現役時代は帝拳ボクシングジム所属。引退後の一時期は北海道ボクシングジムのマネージャーも務めた。

人物[編集]

16歳の頃、帝拳名誉師範荻野貞行葉山の自宅へクリーニング店の配達に出向いていたところ、その筋力と面構えが荻野の目に留まり、帝拳に紹介されて心技両面から指導を受けるようになった[1][2]

カウンターパンチャーが多い中、強烈な左右フックを武器にフルラウンドにわたって打ち続けることのできるファイターだった[2]

来歴[編集]

1957年3月30日、プロデビュー戦では4R判定勝利を収めた。同年12月15日、第14回東日本フェザー級新人王トーナメント決勝戦で6R判定負けを喫した。

1960年12月14日、石川圭一に判定勝利を収め、日本ライト級王座を獲得した。1958年後半から1引分を挟んで27連勝を収めながら日本王座を1度防衛後の1961年9月2日、メトロ・マニラにて、すでに現役世界王者でもあったフラッシュ・エロルデが同時に保持するOBF東洋ライト級王座に挑戦し、判定負けを喫した。

日本王座を2度防衛後の1962年4月30日、エロルデへの再挑戦に判定勝利を収め、OBF東洋ライト級王座を獲得したが、同年8月4日、セブ州でエロルデに判定負けを喫し、同王座を失った。

同1962年12月3日、カルロス・オルチスの持つ世界ライト級王座に挑戦したが、5RKO負けを喫した。

日本王座は4度防衛後の1963年9月15日に返上し、1964年7月27日、蔵前国技館で、エロルデの持つ世界ジュニアライト級王座に挑戦。強打のサウスポー同士の4度目の対戦は凄まじい打ち合いとなり、前半は優勢に試合を運んだものの徐々に挽回され、12Rに連打を受けてレフェリーが試合を止めると会場は騒然となったが、12RTKO負けに終わった[3][2]

1965年6月5日、メトロ・マニラのアラネタ・コロシアムでエロルデの持つ同王座に再挑戦。通算3度目の世界挑戦は15RKO負けとなり、同年9月6日、シュガー・ケン・カレオン(フィリピン)に10R判定で引き分けた試合を最後に現役を引退した。

戦績[編集]

プロボクシング:74戦63勝(24KO)9敗2分4EX

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
38 1960年12月14日 勝利 10R 判定 石川圭一 (新和) 日本の旗 日本 日本ライト級タイトルマッチ
40 1961年3月27日 勝利 10R 判定 石川圭一 (新和) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
44 1961年9月2日 敗北 12R 判定 フラッシュ・エロルデ フィリピンの旗 フィリピン OBF東洋ライト級タイトルマッチ
50 1962年3月12日 勝利 10R 判定 島村謙三 (笹崎) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
51 1962年4月30日 勝利 12R 判定 フラッシュ・エロルデ フィリピンの旗 フィリピン OBF東洋ライト級タイトルマッチ
53 1962年8月4日 敗北 12R 判定 フラッシュ・エロルデ フィリピンの旗 フィリピン OBF陥落
55 1962年12月3日 敗北 5R KO カルロス・オルチス プエルトリコの旗 プエルトリコ 世界ライト級タイトルマッチ
58 1963年4月22日 勝利 10R 判定 渡辺治 (興伸) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
61 1963年8月5日 勝利 6R KO 宮本常富 (オギクボ) 日本の旗 日本 日本王座防衛4/返上
69 1964年7月27日 敗北 12R TKO フラッシュ・エロルデ フィリピンの旗 フィリピン 世界ジュニアライト級タイトルマッチ
73 1965年6月5日 敗北 15R KO フラッシュ・エロルデ フィリピンの旗 フィリピン 世界ジュニアライト級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第12代日本ライト級王座(防衛4)
  • 第12代OBF東洋ライト級王座(防衛0)
受賞歴
  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 1959年度プロ部門新鋭賞
    • 1960年度プロ部門殊勲賞
    • 1961年度プロ部門敢闘賞
    • 1962年度プロ部門敢闘賞
    • 1964年度プロ部門技能賞

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、115頁。
  2. ^ a b c 吉田友美 「エロルデに泣いた男 小坂照男」『ワールド・ボクシング』7月号増刊、日本スポーツ出版社、1993年7月31日発行 共通雑誌コードT1009804071109 雑誌09804-7、119頁。
  3. ^ ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年5月31日 ISBN 4-583-03695-7、210頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
石川圭一
第12代日本ライト級王者

1960年12月14日 - 1963年9月15日(返上)

空位
次タイトル獲得者
豊島紀芳
前王者
フラッシュ・エロルデ
第12代OBF東洋ライト級王者

1962年4月30日 - 1962年8月4日

次王者
フラッシュ・エロルデ