狼少年ケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
狼少年ケン
Nerima Oizumi-animegate Chronological table Ookami Shounen Ken 1.jpg
大泉アニメゲートに設置されている「ねりまアニメ年表」の一コマ。
アニメ
原作 大野寛夫(月岡貞夫
キャラクターデザイン 月岡貞夫
音楽 小林亜星
アニメーション制作 東映動画
放送局 NETテレビ
放送期間 1963年11月25日 - 1965年8月16日
話数 全86話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

狼少年ケン』(おおかみしょうねんケン)は、NETテレビ(現:テレビ朝日)ほかで放送されていた東映動画(現:東映アニメーション)制作のテレビアニメである。モノクロ作品。全86話。NETテレビでは1963年11月25日から1965年8月16日まで、毎週月曜 18:15 - 18:45 (日本標準時)に放送。

NETテレビ初の国産アニメ放映作であり、また東映動画が初制作したテレビアニメでもある。

ストーリー[編集]

ヒマラヤ山脈を望むドカール地方のジャングル[1]の中でに育てられた少年・ケンが、双子の子供狼・チッチとポッポや仲間たちとともにジャングルの平和を守る。主な脇役は、老齢で頑固だが仲間を大切にするボス狼、二枚目役の片目のジャック、ユーモラスで少しずる賢いところもあるブラック(以上狼たち)、ケンに襲いかかっては返り討ちに遭って崖から落ちたり木に衝突したりするドジな熊、仲間の虎(以上悪役)などである。

しかしケンがなぜ狼に育てられ、どのように成長してきたのかは物語中では明らかにされず、第1回でボス狼がケンを仲間たちに紹介するところから始まっている(その前に巨大な彗星が地球に接近して天変地異が起きる場面があるが、物語の展開との関係は不明)。

その後、ケンはチッチやポッポ、あるいは他の狼たちとともに、猿の軍団やジャングルの動物たちを奴隷にしようとする凶悪な原住民と戦ったり、狼の仲間なのに「牙」が無いと言われて海の彼方に住む白銀のライオンから牙代わりの短剣を貰ったり、墜落した飛行機から生き残った姫を救出したり、動物たちに恐れられる「悪魔の森」を探検したり、自分とそっくりな某国の王子と出会って一騒動を起こしたり、父親のために湖の底に眠るウラニウムを持ち帰ろうとして恐竜に襲われた少年を助けたりと大活躍する。

制作の経緯[編集]

1963年元日に放送開始した虫プロダクションの『鉄腕アトム』により、日本に本格的なテレビアニメの時代が到来した。3コマ撮りや止め絵・バンクシステムの多用などでテレビ向けの省力化を徹底していた『アトム』に対する東映動画関係者の評価は当初は低いものであったが[2]、同作品が高い視聴率を獲得するとその存在を無視できなくなった[3]。東映動画内部でテレビアニメの検討が開始されると、元手塚治虫のアシスタントで若手の俊英アニメーターでもあった月岡貞夫は自らテレビアニメの企画を提出した[4]

月岡は自ら演出や原画を引き受けたが、毎週1本のペースで放送されるテレビアニメは、「天才」の異名を取った月岡といえどその全話を担当することは不可能であり、1話ごとに担当チームが組まれて制作に当たった[5]。しかし、当時は作品全体を統括する作画監督が置かれなかったこともあり、月岡はスタッフによる作品の不統一に耐えきれなかった[5]。結局月岡は放映中の1964年2月初めに東映動画を退社した[5]

登場人物[編集]

ケン
- 西本雄司青木勇嗣東映児童劇団
ポッポ
声 - 水垣洋子
チッチ
声 - 田上和枝
ボス
声 - 八奈見乗児
ジャック
声 - 内海賢二
キラー
声 - 内海賢二
ブラック/山猫
声 - 大竹宏
ゴリラ
声 - 神山卓三
大熊
声 - 増岡弘
ドロシー
声 - 桂玲子
ウォーリー
声 - ?→山本圭子

このほか、江美京子石井祥子野沢雅子はせさんじ野沢那智永井一郎松尾佳子近石真介島田彰今西正男小林修小林清志村瀬正彦南谷智晴麻生みつ子柴田秀勝坂井寿美江飯塚昭三俳協の関係者などが登場人物たちの声を当てている。

スタッフ[編集]

  • 企画 - NET宮崎慎一)、東映動画籏野義文、有賀健)
  • 原作 - 大野寛夫(月岡貞夫
  • 音楽 - 小林亜星
  • 演奏 - アンサンブル・ヒポ
  • 美術 - 児玉喬夫、浦田又治、横井三郎、沼井肇、千葉秀雄
  • 撮影 - 菅原英明、岩崎惇、平尾三喜 ほか
  • 編集 - 千蔵豊、田中修、稲葉郁三 ほか
  • 録音 - 小西進、石井幸夫 ほか
  • 効果 - 音響研究所
  • 記録 - 関口泰子 ほか
  • 仕上 - 宮沢あき子 ほか
  • 進行 - 三沢徹夫 ほか
  • キャラクター設計 - 月岡貞夫
  • 作画監督 - 喜多真佐武、彦根範夫、古沢日出夫、小田部玲子吉田茂承林静一、平川謹之介
  • 漫画 - 伊東章夫講談社ぼくら」連載)
  • 制作 - 東映動画

主題歌[編集]

日本ビクター(現:JVCケンウッド)の音楽レコード事業部(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)のビクターレコードから発売された。

  • 「狼少年ケン」オープニングテーマ
作詞 - 大野寛夫 / 作曲 - 小林亜星
伴奏 - アンサンブル・ビボ
歌 - ビクター少年合唱団[6]

ソノシート版では西六郷少年少女合唱団[7]の記載がある。
テーマ曲自体にはタイトルがないため、後にテーマ集などで取り上げられる際に「狼少年ケンのテーマ」、「狼少年ケンの歌」などと表記には揺れがある。
この歌はタイトルや歌手を変えて数社から発売されており、それぞれに表記上の違いがある。また、テレビサイズでお馴染みの「ワーオ、ワーオ、ワオー、ボバンババンボン…」というイントロも、レコード会社によって入っていたりいなかったりする。
朝日ソノラマ主題歌コレクション1』のライナーノーツによると、どの社の音源が正規版なのか長い間議論されてきたが、同盤収録のモノラル版ワーオ入りヴァージョンが正規版だとほぼ断言している。『小林亜星 アニメ・トラック・アンソロジー』にはステレオ版ワーオ入りヴァージョンが収録されているが、朝日ソノラマ版とは前奏や歌い方が微妙に異なる。
ロッテチューインガムFit's」のCMでは、この曲の替え歌を使っている。

  • 「狼少年ケン」エンディングテーマ
作詞 - 大野寛夫 / 作曲 - 小林亜星
伴奏 - アンサンブル・ビボ
歌 - ビクター少年合唱団[6](前期)、西六郷少年少女合唱団[7](後期)

放映リスト[編集]

サブタイトル 脚本 演出 放映日
1 二本足の狼 飯島敬 月岡貞夫 1963年
11月25日
2 白銀のライオン 芹川有吾
飯島敬
12月2日
3 魔法使いタマタン 大野寛夫 12月9日
4 怪獣ブロントサウルス 芹川有吾 12月16日
5 アラビアの怪人 12月23日
6 くたばれ! まだら族 神波史男 高畑勲 12月30日
7 一本足の男 飯島敬 矢吹公郎 1964年
1月6日
8 魔の岩の決闘 芹川有吾 1月13日
9 トーテムポールの魔人 押川国秋 池田宏 1月20日
10 月世界の男 飯島敬 白川大作 1月27日
11 女王クレオバトラ 月岡貞夫 2月3日
12 おばけ嫌い 飯島敬 黒田昌郎 2月10日
13 ピストル騒動 押川国秋 矢吹公郎 2月17日
14 ジャングル最大の作戦 飯島敬 高畑勲 2月24日
15 放浪の白狼 中沢彰 藪下泰司 3月2日
16 月夜の出来事 芹川有吾 池田宏 3月9日
17 チッチ・ポッポの冒険旅行 山田吉郎 3月16日
18 ジャングル間違いつづき 矢吹公郎 3月23日
19 毒薬騒動 高畑勲 3月30日
20 ジャングルの陰謀 中沢彰 溝口悟嗣 4月6日
21 吹矢の秘密 押川国秋 池田宏 4月13日
22 帰って来たあいつ 飯島敬 田宮武 4月20日
23 サーカスから来た仲間 山本寛己 4月27日
24 象牙の湖 白川大作 高畑勲 5月4日
25 天国はどこに 結城三郎 勝田稔男 5月11日
26 ジャングル同盟 酒井幹雄 池田宏 5月18日
27 咆えろジャングル 結城三郎 溝口悟嗣 5月25日
28 ぬすまれた王国 酒井幹雄 勝間田具治 6月1日
29 幻の狼 深町秀煕 山本寛已 6月8日
30 ワーニィの神 山田章 大工原章
松下秀民
6月15日
31 ジャングルの虹 小沢洋 真野好央 6月22日
32 アマゾンから来たコンドル 土井信 高畑勲 6月29日
33 悪魔の森 浜田稔 勝田稔男 7月6日
34 嵐のおくりもの 池田宏 7月13日
35 ゴリラのふくしゅう 吉野次郎 田中亮三 7月20日
36 疑われた狼たち 松原佳成 山本寛已 7月27日
37 謎の泉 久岡敬史 8月3日
38 ねらわれた親子鹿 小沢洋 高畑勲 8月10日
39 ジャングルの太陽 明比正行 8月17日
40 ポッポの子守歌 小沢洋 勝田稔男 8月24日
41 つながれた狼 松原佳成
池田宏
池田宏 8月31日
42 黒熊族との対決 征矢茂 田中亮三 9月7日
43 ケンとチノ 小沢洋 山本寛已 9月14日
44 狼のおきて 浜田稔 久岡敬史 9月21日
45 人間と狼たち 吉野次郎 高畑勲 9月28日
46 ジャングルの友情 浜田稔 明比正行 10月5日
47 三つの勇気 金子隆夫 山田一 10月12日
48 ジャングルに来たわんぱく坊や 吉野次郎 池田宏 10月19日
49 ライオンの女王 浜田稔 松下秀民 10月26日
50 ワニ河の死闘 久岡敬史 11月2日
51 混血のジミー 押川国秋 高畑勲 11月9日
52 ジャングルの現代っ子 小沢洋 明比正行 11月16日
53 ジャングルの無法者 浜田稔 田中亮三 11月23日
54 狼族の危機 池田宏 11月30日
55 のろまな英雄 小沢洋 勝田稔男 12月7日
56 おく病なライオン 浜田稔 芹川有吾 12月14日
57 放浪児バリー 小沢洋 久岡敬史 12月21日
58 奇妙な逃亡者 高畑勲
奥西武
12月28日
59 魔法使いの弟子 吉野次郎 松下秀民 1965年
1月4日
60 とび出した狼 池田宏 1月11日
61 メロンの秘密 小沢洋 勝田稔男 1月18日
62 魔王の約束 月岡貞夫 月岡貞夫
溝口悟嗣
1月25日
63 われらのボス 浜田稔 芹川有吾 2月1日
64 急げ! マウントジャイアントへ 鈴木アヤ 久岡敬史 2月8日
65 迷い子の五匹 小沢洋 松下秀民 2月15日
66 北の国から来た狼 吉野次郎 高畑勲 2月22日
67 ○×騒動 小沢洋 池田宏 3月1日
68 ジャングルの勇者 茂木たかし 勝田稔男 3月8日
69 おかしなおかしなチンパンジー 押川国秋 明比正行 3月15日
70 ジャングルの星は消えず 浜田稔 芹川有吾 3月22日
71 まだら族の王冠 小沢洋 松下秀民 3月29日
72 誇りたかきゴリラ 中村一郎 高畑勲 4月5日
73 チッチとポッポとチッポーと 明比正行 4月12日
74 ケンとおてんば娘 浜田稔 芹川有吾 4月19日
75 ジャングルパトロール 月田券吉 勝田稔男 4月26日
76 ケンと王子とお姫様 浜田稔 宮崎一哉 5月3日
77 ジャングル裁判 鈴木アヤ 池田宏 5月10日
78 生きていた英雄 新田義方 5月17日
79 孤独なライオン 押川国秋 久岡敬史 5月24日
80 とんでもない奴 吉田進 高畑勲 5月31日
81 ブラックの魔術師 久岡敬史 6月7日
82 砂漠のならず者 明比正行 6月21日
83 地底の女王 浜田稔 芹川有吾 7月5日
84 ユニコーンはどこに 吉田進 宮崎一哉 7月19日
85 チビッコ旋風 勝田稔男 8月2日
86 わんぱく作戦 池田宏 8月16日

参考:松野本和弘『ワールドムック795 東映動画アーカイブス にっぽんアニメの原点』ワールドフォトプレス、2010年。

放送局[編集]

キャラクター商品[編集]

本作放送当時、スポンサーの森永製菓による関連商品が発売されていた。

  • まず「まんがココア」が発売された。これにはオマケとしてキャラクターシールが封入されていた。
  • 後に夏向けの商品として、「まんがジュース」という名の粉末ジュースが発売された。こちらにもキャラクターシールが封入されていたが、絵柄は圧倒的に狼一族のものが多く、人間キャラクターのシールは主人公のケンを除くと少ない。
  • さらにその後、「ケンキャラメル」という名のキャラメルが発売された(味はバナナ味)。オマケとしてキャラクターの起き上がり小法師が付いていた。

関連商品は好調な販売を記録し、東映アニメーションは社史において「当社の版権許諾業務における最初期の成果となった」と記している[10]

劇場版[編集]

  • 1963年12月21日、東京地区のみで第2話「白銀のライオン」と第3話「魔法使いタマタン」をブローアップ再編集したものを上映。併映作は『わんわん忠臣蔵』と『柳生武芸帳 片目の忍者』。初のテレビアニメブローアップ上映作でテストケースとなった作品。これが好評となり、以後テレビアニメやテレビ特撮が劇場で公開されるようになる。
  • 1964年3月22日、第8話「魔の岩の決闘」と第5話「アラビアの怪人」を再編集したものを上映。初の全国上映作である。併映作は『西遊記』(リバイバル)。なお同年3月28日からは、東京地区のみ前述の2本に代わり、第9話「トーテムポールの魔人」と第13話「ピストル騒動」が再編集上映された。
  • 1964年5月3日、第12話「おばけ嫌い」と第14話「ジャングル最大の作戦」を再編集したものを上映。併映作は『少年猿飛佐助』(リバイバル)。
  • 1964年6月14日、「月夜の出来事」を上映。併映作は『路傍の石』と『おふくろ』。一般映画との併映が行われた珍しいケースの作品である。
  • 1964年7月21日、『まんが大行進』の1本として第23話「サーカスから来た仲間」を上映。併映作は『少年忍者風のフジ丸』(1週間で『忍者部隊月光』と交代)、『エイトマン』、『鉄人28号』(第1作)。
  • 1965年3月20日、第56話「おく病なライオン」を上映。併映作は『ガリバーの宇宙旅行』と『少年忍者風のフジ丸』。
  • 1965年7月24日、「まんが大行進」の1本として第72話「誇り高きゴリラ」を上映。併映作は『少年忍者 風のフジ丸』、『宇宙パトロールホッパ』、『スーパージェッター』、『宇宙少年ソラン』。
  • 1965年12月25日、「まんが大行進」の1本として第83話「地底の女王」と第86話(最終回)「わんぱく作戦」を再編集したものを上映。併映作は『わんわん忠臣蔵』(リバイバル)と『オバケのQ太郎』。劇場上映最後の作品。これにより、本作は限定上映も含めて延べ9回上映されたことになる。これはブローアップ上映作品の中では最多記録である。

メインテーマ曲の主な扱い[編集]

  • エンディングのアニメーションは2種類あり、前期では止め絵で、後期ではケンや狼一族が走り回る動画だった。また主題歌も、前期の方がテンポが早かった。後期の方は後年の主題歌集ビデオ(東映ビデオ)には収録されておらず、意外に知られなかった[誰によって?]
  • 1986年、TBSのテレビドラマ『お坊っチャマにはわかるまい!』において、「狼少年ケンのテーマ」が第11話の挿入歌に使われた。
  • 2004年、毎日放送のクイズ番組『クイズ!家族でGO!!』で、「狼少年ケンのテーマ」のイントロとコーダが「パパキャッチャー」の開始音楽に使われた。
  • 2004年から流れたサントリーフーズBOSSレインボーマウンテンブレンド」のCMに、「狼少年ケンのテーマ」が使われていた。このCMにはSMAP草彅剛が出演していた[11]
  • 2009年から流されているロッテのガム「Fit's」のCMでは、以下の「狼少年ケンのテーマ」の替え歌が使われている。
    • たむらぱんによる「狼少年ケンのテーマ」の替え歌「噛むとフニャン」[12]。(レコチョクでは「オオカミ少年ケンのテーマ(ロッテ「Fit's」CMソング)」と表記)。なお、「Fit'sダンスコンテスト」の応募用サンプルにおける歌声は、たむらぱんとは違う声のようである[独自研究?]
    • 佐々木希Astroによる「噛むとフニャン feat.Astro」(ソニー・ミュージックディストリビューション、2010年7月21日発売)。
  • ひらけ!ポンキッキ』などの子供番組でも、「狼少年ケンのテーマ」がBGMに使われることがあった。
  • 元プロ野球選手・平野謙中日ドラゴンズ在籍当時の応援歌は、平野の名前にちなんで「狼少年ケンのテーマ」を元にした曲調になっていた。
  • 2012年公開の三池崇史監督の映画『愛と誠』挿入歌として座王権太役の伊原剛志が歌ったものが座王の登場シーンで使われた。2012年6月6日にフォーライフミュージックエンタテインメントから発売された『映画 愛と誠 オリジナル・サウンドトラック』に「オオカミ少年ケンのテーマ」の曲名で収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/ken/ のTOEI ANIMATIONの説明による。ドカールという地名は確認出来ず、架空の地名だと思われる。しかしオープニング画像ではキリンやアフリカ象が登場し、それでいて虎も出て来る。インドのジャングルというのは、キプリングジャングル・ブックの設定を借りたのではないかと思われる。
  2. ^ 大塚、2013年、p.140
  3. ^ 大塚、2013年、pp.142 - 143
  4. ^ 大塚、2013年、p.151
  5. ^ a b c 大塚、2013年、p.156
  6. ^ a b ビクター少年合唱隊の誤表記
  7. ^ a b または西六郷少年合唱団
  8. ^ 北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1965年(昭和40年)8月 テレビ欄
  9. ^ 富山新聞 1964年11月8日付朝刊テレビ欄より。
  10. ^ 東映アニメーション、2006年、p.30
  11. ^ サントリー「BOSS レインボーマウンテン」のCMに使用されている曲は?CDJournal 2004/10/05掲載
  12. ^ Music Forest

参考文献[編集]

  • 大塚康生『作画汗まみれ 改訂最新版』文藝春秋文春文庫〉、2013年。ISBN 978-4-16-812200-2
  • 東映アニメーション50周年実行委員会/50周年事務局/50年史編纂チーム(編)『東映アニメーション50年史 1956-2006 走り出す夢の先に』東映アニメーション、2006年。

外部リンク[編集]


NETテレビ 月曜18:15枠
前番組 番組名 次番組
狼少年ケン
(1963年11月25日 - 1965年8月16日)

狼少年ケン 再放送
(1965年8月23日 - 1966年9月26日)
ゆかいなエドくん
(1966年10月3日 - )