左のオクロック!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左のオクロック ! !
ジャンル バイクツーリングドラマ
漫画
作者 新谷かおる
出版社 徳間書店
掲載誌 月刊少年キャプテン
レーベル 少年キャプテンコミックス
発表期間 1988年1月号 - 1988年12月号
巻数 全2巻
MFコミックス版は全1巻
話数 全12話
テンプレート - ノート

左のオクロック!!』(ひだりのオクロック)は、新谷かおるによる日本漫画、およびそれを原作としたOVA作品である。

概要[編集]

本作は、『月刊少年キャプテン』(徳間書店)で1988年に連載された。単行本は全2巻、MFコミックス版は全1巻が刊行されている。平穏な日常生活に疑問を感じる1人の高校生が、自分探しを目的にバイクに乗って旅に出るツーリング作品で、旅先で出会う様々な人々の情や恩、そして帰る場所で待ち続ける人の思いがバイクを通じて主人公を成長させていく日々を描く内容である。本作は『ふたり鷹』と同じくバイクを主題にしているが作品の方向性は全く異なっており、バイク初心者向けのツーリングドラマとしてまとめられている。

あらすじ[編集]

主人公・篠崎由宇は高校2年生の優等生。しかし、最近の彼自身は何かが行き詰っていた。自分が何をしたいのか? 自分が何者なのか? 反抗期にも似た、しかしそんな疑問もバカバカしくも感じる達観した自分。やがて彼は部屋に引きこもるようになり、久しぶりに登校したかと思いきや、試験の答案を全教科白紙で提出してしまう。彼の通う校舎のてっぺんには大きな素通しの時計がある。その時計が影を落とし、生徒達はその影で時刻を知り、その時刻に従って行動をする。

「何かが嫌だ… みんなと同じ右回りの時計は嫌だ…」

由宇はこの単調な生活から抜け出すために、突然思いつきで買い与えられて放置されたままになっていたバイク、ヤマハ・セロー225に乗って旅に出る。この時初めて、彼は左回りの行動をしてみたのだった。

登場人物[編集]

声優は後述するOVA版のものである。

篠崎 由宇(しのざき ゆう)
声:佐々木望
本作の主人公。愛車はオフロードタイプのヤマハ・セロー225。自分の進むべき道を見失った結果、高校を休学してツーリングを開始するが、エンジンがかからず立ち往生しているところを姉の先輩の鉄雄に助けられ、バイク乗りとしての啓蒙を受ける(エンジン不動の原因はバッテリーのキルスイッチを切ったままだった)。
父親が弁護士のため、法律やトラブルの対応・警察内の隠語などに詳しい。大人の嘘や偏見には敏感で、上から目線で押さえ込もうとする大人に噛みつく一面もある(吾一いわく、「頭が良すぎる」)。
自身の知らない事柄に関してはイージー・ミスを起こすことも多いが、短期逗留したアルバイト先で紹介状を書いてもらい次の短期逗留先での短期アルバイト契約を成立させやすくしたり、バイト先の女性従業員と(弟分的な立場として)仲良くなったりと世渡り上手な一面も見せる。
尾形 吾一(おがた ごいち)
声:松本保典
北海道で由宇と出会い、共にツーリングするバイク乗り。中学卒業後に板前の仕事へ就職したが退職し、日本一周ツーリングを始めた。愛車はスズキ・RG250Γ(ガンマ) 初代。能天気で悩まない性格だが、要領は悪く由宇と出会う前は8割がた野宿していた。
葵(あおい)
声:荘真由美
由宇の通う高校の風紀委員で幼馴染のしっかり者。後に由宇のツーリング中に交通事故に遭い、輸血のため由宇が一時帰郷する事態となった。
篠崎 萌(しのざき もえ)
声:鶴ひろみ
由宇の姉で大学生。自分の進むべき道を見失っている由宇を見かね、鉄雄に依頼して由宇をツーリングに出るように仕向けた。キツい性格ながらも、由宇の成長を暖かく見守る。
神田 鉄雄(かんだ てつお)
声:広中雅志
萌の先輩。大学生だが2年留年している。萌にストリート・レースを仕掛けて講義のノートをせびっているが、萌の想いに対しては鈍感で気付いていない。由宇の旅のきっかけを作った人物でもある。新谷の作画担当作品『ファントム無頼』からのスター・システムによる登場キャラである。
真紀(まき)
声:林原めぐみ
ボーイッシュな容姿と性格の少女で、由宇にツーリングのいろはを教えた。実はまだ15歳で無免許である。
真紀の祖父
声:槐柳二
東北地方の温泉のある土地の地主。独自に温泉を採掘調査していた。
教務主任
声:平野正人
須藤(すどう)
声:飯塚昭三
真紀の祖父と交渉していた温泉業者。乱暴な手口を使う。
麻美(まみ)
声:富沢美智恵
地上げに狙われている長崎の割烹料理屋「小菊」の娘。父親が入院中で母と二人、店を切り盛りしていた。店先で熱を出した由宇を助けたことが縁で、吾一が板前として協力することになった(ただしOVAには長崎編は無いのでこの人物は出て来ない)。
由宇たちの協力で地上げ屋に狙われた商店街を丸ごと商業ビルにすることで切り抜けたが、父親が病み上がりで本調子ではないことを手紙で知らされた結果、吾一は高知で由宇と別れて長崎に戻る。
由宇の父
声:田中和実
職業は企業専門の弁護士で、家庭では典型的な亭主関白である。原作ではその後、渡米している。
由宇の母
声:高木早苗
専業主婦。気が弱く涙脆い性格で、家庭内でのトラブルに関しては娘の萌に頼りがちである。
ばあや
声:大野由佳
運転手
声:郷里大輔
先生
声:阿部道子

OVA版[編集]

全2巻のOVAが1989年に徳間ジャパンから発売された。

サブタイトル[編集]

  • Vol.1「旅立ち」、「ビギナーズ・ラック」
  • Vol.2「V(ピース)記念日」、「Γ(ガンマ)・エキスプレス」

スタッフ[編集]

  • 監督:マップ1:井上脩、マップ2:桜井弘明
  • 製作:山下辰巳
  • 企画:和田豊、尾形英夫
  • プロデューサー:吉田祥三、関正博
  • 脚本・監修:芹川有吾
  • 音楽:渡辺博也
  • キャラクターデザイン:上條修
  • 作画監督:マップ1:須田正己、マップ2:上條修
  • 美術監督:渋谷幸弘
  • 撮影監督:渡辺英俊
  • 音楽ディレクター:神井裕行
  • アシスタントプロデューサー:菊川幸夫、大串京子
  • 制作担当:平賀豊彦
  • 原画:
マップ1:内田広之、別所誠人、長谷川直、伊藤良明、日野隆文
マップ2:飯野利明、長谷川浩司、白川宏、梅津行則、大原和男
  • 動画:大熊裕美、鈴木利正、滝田明美、吉田啓子、中田正彦
  • 背景:
マップ1:石垣プロダクション、光元博行、高島健一、大槻恭子、桑原悟
マップ2:片野坂悟一、木原祐爾、下元智子、村上律子、井芹達朗
  • 仕上:長谷川悦子、坂本正美、鮫島信子、森山政子、望月涼子
  • 特殊効果:前川孝
  • 色指定:三橋曜子
  • タイトルデザイン:クリエイティブサノ・ジャパン
  • 撮影:ティ・ニシムラ、斉藤聡司、伊藤誠、山佐聡、眞木朱深
  • 編集:谷口肇、瀬山武司
  • オーディオディレクター:田中英行
  • 録音:阿部幸男
  • 音響効果:今野康之
  • 制作デスク:長牛豊
  • 制作進行:相馬学 松井仁之
  • 録音スタジオ:アバコクリエイティブスタジオ
  • 編集:東映化学
  • 協力:徳間書店『少年キャプテン』編集部、青二プロダクション
  • 制作:東映動画徳間ジャパン

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Ride On Heart」
作詞:渡辺なつみ / 作曲:KIM / 編曲:渡辺博也 / 歌:山中のりまさ
エンディングテーマ「Good Luck & See You Again」
作詞:渡辺なつみ / 作曲:KIM / 編曲:渡辺博也 / 歌:山中のりまさ