世界名作童話 白鳥の王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東映まんがまつり > 世界名作童話 白鳥の王子
野の白鳥 > 世界名作童話 白鳥の王子
世界名作童話
白鳥の王子
The Wild Swans[1]
監督 西沢信孝(「演出」名義)
脚本 隆巴
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン(『野の白鳥』)
製作 今田智憲
有賀健籏野義文[注 1](企画)
出演者 増山江威子
岩崎加根子
小宮山清
つかせのりこ
神谷明
古谷徹
宮崎恭子ほか
音楽 小森昭宏
主題歌 「白鳥の王子」(増山江威子、ザ・チャープス
撮影 細田民男、平尾三喜
編集 井関保雄
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1977年3月19日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 長靴をはいた猫 80日間世界一周1976年
次作 世界名作童話 おやゆび姫1978年
テンプレートを表示

世界名作童話 白鳥の王子』(せかいめいさくどうわ はくちょうのおうじ 英文:The Wild Swan[1])は、1977年3月19日公開の『東映まんがまつり』内で上映された、東映動画製作の劇場用アニメ映画。カラー。62分。

概要[編集]

一般的には『白鳥の王子』として知られている、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の『野の白鳥』をアニメ化した作品。また初めて『世界名作童話』という冠が付いた東映アニメ映画でもある。

テレビシリーズの名作物に押されがちな東映動画のイメージを払拭するべく、スタッフが取り組んだ力作ではあり、脚本には当時仲代達矢夫人だった女優・宮崎恭子が「隆巴」名義で起用するなどの意欲作ではあったが、企画準備期間の短さなどが災いし、特徴の少ない凡庸な印象作となった[2]

演出は西沢信孝が担当。西沢は1974年7月25日公開の『マジンガーZ対暗黒大将軍』(上映時間43分)に次ぐアニメ映画担当で、「名作物」・「1時間超え作品」は初となる。

主人公エリザ役には増山江威子を起用。増山は『魔法使いチャッピー』や『キューティーハニー』といった、東映動画TVシリーズ作品での主演は有るが、劇場用作品はこれが唯一となった。また脚本担当の宮崎も出演している。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「白鳥の王子」

挿入歌「なみだとねんね」

  • 作詞:隆巴/作編曲:小森昭宏/歌:大杉久美子、ザ・チャープス

推薦[編集]

  • 文部省特選
  • 東京都知事推奨
  • 優秀映画鑑賞会推薦
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦
  • 日本PTA全国協議会推薦
  • 全日本教育父母会議推薦
  • 日本児童文芸家協会推薦
  • 映倫青少年映画審議会推薦
  • 東京都地域婦人団体連盟推薦[1]

映像ソフト[編集]

  • 東映ビデオからビデオソフト(VHS)は発売されたが、既に絶版。現在はLDは元より、DVD化はされてない(単独または『復刻!東映まんがまつり』版でも)。

同時上映[編集]

タイトル 原作 (声の)出演 備考
超電磁ロボ コン・バトラーV 八手三郎 三ツ矢雄二山田俊司たてかべ和也上田みゆき千々松幸子
一休さん ちえくらべ (なし) 藤田淑子宮内幸平桂令子、山田俊司
ドカベン 水島新司 田中秀幸松島みのり玄田哲章肝付兼太
大鉄人17 石森章太郎 神谷政浩中丸忠雄竹井みどり原口剛大月ウルフ [注 2]
ジャイアンツのこども野球教室 (なし) 読売ジャイアンツ選手 劇場用新作

1973年春興行以来上映していた『マジンガーシリーズ』が遂に無くなり、また1975年夏興行以来上映していた『秘密戦隊ゴレンジャー』も無くなった。その一方で、『長浜ロマンロボシリーズ』初作品で有る『コンV』が上映、また『東映まんがまつり』では初のスポーツ映画『こども野球教室』が上映されている。

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b OPクレジットは「旗野義文」。
  2. ^ 第1話と第2話の再編集ブロウアップ作品ではあるが、第2話はTV本編(1977年3月25日放送)よりも早いため、当時のポスターでは「新作」とされていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)179頁 1978年
  2. ^ a b c 「劇場アニメ70年史」(徳間書店)69頁 1989年

参考文献[編集]

  • 「劇場アニメ70年史」(徳間書店)

関連項目[編集]