聖闘士星矢 冥王ハーデス編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖闘士星矢 > 聖闘士星矢 冥王ハーデス編
聖闘士星矢 冥王ハーデス編
十二宮編(全13話)
冥界編 前章(全6話)
冥界編 後章(全6話)
エリシオン編(全6話)
ジャンル ファンタジー
OVA
監督 山内重保(十二宮編)
勝間田具治(冥界編以降)
シリーズ構成 横手美智子(十二宮編)
黒田洋介(冥界編以降)
キャラクターデザイン 荒木伸吾姫野美智
アニメーション制作 東映アニメーション
話数 全31話
テンプレート - ノート 

聖闘士星矢 冥王ハーデス編』(セイントセイヤ めいおうハーデスへん)は、車田正美の漫画作品『聖闘士星矢』の最終エピソード「冥王ハーデス編」を題材としたOVA作品。

本項では以下の作品群について解説する。また、その関連作品についても併せて扱う。

  • 聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』(-じゅうにきゅうへん)
  • 聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 前章』(-めいかいへん ぜんしょう)
  • 聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章』(-めいかいへん こうしょう)
  • 聖闘士星矢 冥王ハーデスエリシオン編』(-エリシオンへん)

概要[編集]

原作は車田正美の漫画作品『聖闘士星矢』。1986年から放送された同作のテレビアニメでは原作の展開にそいつつも、オリジナル要素も盛り込み「海皇ポセイドン編」まで展開したが、原作最終章である「冥王ハーデス編」が残され終了した。そのために、連載終了直後から冥王ハーデス編のオリジナルビデオアニメーション(OVA)化計画が始動し、『聖闘士星矢 完結編』が掲載された1990年の「Vジャンプ」創刊号でOVA化が発表された。しかし、同年末にはイメージアルバム(後述)が先行発売するものの、OVA化計画は一時頓挫する。当時はOVA市場が低迷していたことなどが理由であったが、以後も依然として関係者間でアニメ化を希望する声が根強く、21世紀に入った後『聖闘士星矢』と同じ車田作品である『リングにかけろ2』のヒットや、「聖闘士星矢大全」などの関連書籍の発行が好評を得たことが追い風となって計画が再始動し、2003年よりOVA化が実現することとなった[1]

OVAシリーズ第1作「十二宮編」では、DVD発売に先駆けてスカイパーフェクTV!で先行放映され、以降のシリーズ展開でもDVDとペイ・パー・ビューでの両面展開が基本となった[1][2]

作品コンセプトは、「海皇ポセイドン編」で完結したテレビシリーズの続編ではなく、原作の「冥王ハーデス編」をアニメ化した新シリーズとなった。ストーリー展開も基本的には原作に準じているが、テレビシリーズの設定も極力尊重し、先行放映直前にはテレビシリーズのファンへの配慮として、テレビシリーズの総集編が放映された。この総集編は、DVDでは「十二宮編」第1巻に特典映像として収録されている[1][3]

長年にわたり『聖闘士星矢』の劇伴音楽を手掛けてきた横山菁児は今作を最後に同作の劇伴音楽から退いた。なお、本作の音楽には、テレビシリーズや、1990年発売のイメージアルバム収録のBGMも使用されている。

各編解説[編集]

※各編のあらすじは、聖闘士星矢#冥王ハーデスの章を参照。

十二宮編[編集]

冥王ハーデス編序盤のエピソードを「十二宮編」としてOVA化。全13話。2002年11月9日からスカイパーフェクTV!で先行放映が行なわれた。翌年の2003年にDVDが発売され、第1巻の初回分のみで3万枚以上を出荷するヒット作となる[1]。DVD全7巻の発売後、総集編として十二宮編のメインキャラクターである黄金聖闘士たちの活躍場面を再編集したDVD『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編 よみがえりし黄金聖闘士たちの神話』前編、後編が発売された。

原作との最大の違いは、星矢たちが絡むオリジナルのエピソードが多数用意されたことである。これは原作どおりのストーリーだと主人公の星矢たちがほとんど絡まないため、主人公陣の見せ場も欲しいとの意向によるもの[1]。また、原作で白銀聖闘士がハーデス軍の刺客として登場する構想があったことをもとに、オリジナルエピソードでの星矢たちの戦闘場面の相手として白銀聖闘士が登場する場面も盛り込まれた[4]。作品の舞台となる聖域の十二宮は、テレビシリーズよりも原作に近いイメージに設定が改められた[5]

グラビアアイドルの佐藤江梨子、以前より車田と親交のあったプロレスラーの高山善廣が声優を担当したことも話題を呼んだ[1]

冥界編 前章・後章[編集]

「十二宮編」の続編シリーズ第2弾・第3弾、『聖闘士星矢』生誕20周年記念作品でもある[2]。冥王ハーデス編のエピソードのうち、中盤に当たる冥界突入から嘆きの壁破壊までを「冥界編」としてOVA化。一輝が冥界に降り立つまでの「前章」、それ以降の「後章」から構成される。今作より、主役陣6人を含む多くのキャラクターの担当声優が一新されたことも話題となった(後述)。アニマックスPPVプレミアパーフェクト・チョイスで「前章」が2005年12月17日から、「後章」が翌年の2006年12月15日から先行放送され、各章とも先行放映翌年からDVDが発売された。クライマックスの黄金聖闘士12人全員集結の場面では、アイオロス役の屋良有作が19年ぶりに『聖闘士星矢』への参加となった[2]

シリーズ構成を担当した黒田洋介は冥界編について、冥界に堕ちた罪深い人間たちのや、罪人たちが責苦を受ける地獄の恐ろしさを聖闘士たちの目を通して描くことと、そうした人間たちの弱さを知りつつ強敵に立ち向かっていく星矢たちの活躍を描くことが基本テーマと語っている[6]

エリシオン編[編集]

シリーズ第4弾完結編として、冥王ハーデス編の最終エピソードを「エリシオン編」としてOVA化。かねてより要望のあった『聖闘士星矢』の原作全編アニメ化を補完する形で、2008年に全6話で発売された。第2話序盤までは、嘆きの壁の撃破直後からパンドラの真実の告白までにかけてのエピソードであり、最終決戦地エリシオンでのエピソードは第2話の中盤以降となる。

発売前には、2008年3月7日からパーフェクト・チョイスで先行放送され、『スーパージャンプ』誌上でも冒頭部分が袋とじのフィルムコミックスとして掲載された。前作「冥界編」に引き続き、星矢達主要キャラクターの声優は二代目の森田成一らが務め物語を完結させた。

声優交代の波紋[編集]

冥界編制作時に星矢役を古谷徹から森田成一へ変更するなど、主役陣6人を含んだ多くのキャラクターの声優が、若手・中堅声優(主に1970年代生まれが中心)へ変更された。

前作「十二宮編」および劇場版『聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜』において、長いブランクによるオリジナルキャストの声質の変化を感じた原作者の車田は、星矢役の古谷徹を残して、それ以外の声の変化が著しい出演者数名の交代を求めた。しかし、古谷が長年のチームワークを優先し自分だけ残ることを善しとせず拒んだためにやむなく全員交代になったという[7]

2005年8月10日発売の『スーパージャンプ』誌において新声優が発表になる旨が記載され、その後9月19日に東映公式サイトで声優の交代が正式に発表。しかし、古谷のサイトには、原作者へ向けて誹謗中傷なども多数集まり、ファンとの交流のために定期的に行っていたチャットが中止になるアクシデントも生じた。ファンの間では声優変更撤回の署名運動も起き、この影響は海外にまでおよんだ[7]。こうした抗議の声の高まりに対して、10月23日に原作者側(車田プロ)は変更の理由を公式サイトで告知文を発表するに至っている(マネージャーの実名入り。1ヶ月程度の期間限定での公開)。

その後のゲームなどのメディア展開では、基本的に変更後の声優が起用されている。2012年から放送されている『聖闘士星矢Ω』では、古谷を含む一部のオリジナルキャストの復帰の他、一部はOVA版とも異なる声優が起用されるなど、同作独自のキャスティングがされている。

声の出演[編集]

キャラクターの詳細は各リンク先を参照。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 車田正美
  • 企画 - 櫻田博之(冥界編まで)、鷲田正一(冥界編)、小原康平(エリシオン編)
  • 企画協力 - 岡田忠博(エリシオン編)、森下誠(エリシオン編)
  • シリーズ構成 - 横手美智子(十二宮編)、黒田洋介(冥界編以降)
  • 音楽 - 横山菁児
  • 製作担当 - 清水洋一(十二宮編)、松坂一光(冥界編以降)
  • CGディレクター - 川瀬康大
  • デジタル撮影 - 福田岳志
  • 美術デザイン - 飯島由樹子(十二宮編)、行信三(冥界編まで)、秋山健太郎(エリシオン編)
  • 色彩設計 - 辻田邦夫
  • キャラクターデザイン - 荒木伸吾姫野美智
  • 総作画監督 - 荒木伸吾、姫野美智(冥界編以降)
  • シリーズディレクター - 山内重保(十二宮編)、勝間田具治(冥界編以降)
  • 制作 - 東映アニメーション

主題歌[編集]

オープニングテーマ  
地球ぎ」(十二宮編)
作詞 - 松澤由美 / 作曲 - 松澤由美、高井麗 / 編曲 - Yumimania、西田マサラ / 歌 - まつざわゆみ
「女神の戦士 〜Pegasus Forever〜」(冥界編以降)
作詞 - 車田正美、松尾康冶 / 作曲 - Kacky / 編曲 - Kacky、大石憲一郎 / 歌 - Marina del ray
エンディングテーマ
君と同じ青空」(十二宮編)
作詞 - 松澤由美 / 作曲 - 松澤由美、高井麗 / 編曲 - Yumimania、西田マサラ / 歌 - まつざわゆみ
託す者へ〜My Dear〜」(冥界編)
作詞 - 車田正美、松尾康冶 / 作曲 - Kacky / 編曲 - 大石憲一郎&Kacky / 歌 - まつざわゆみ
「神の園 〜Del regno〜」(エリシオン編)
作詞 - 車田正美、松尾康冶 / 作曲 - 車田正美、Kacky / 編曲 - 大石憲一郎、Kacky / 歌 - 石橋優子

各話リスト[編集]

十二宮編
話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 総作画監督補 美術監督
(レイアウト)
1 新たなる聖戦のはじまり 横手美智子 山内重保 荒木伸吾
姫野美智
- -
2 慟哭の三人 伊藤尚往 井上栄作 茅野京子
3 蠢く者の影 長峯達也 千葉道徳 飯島由樹子
4 半神の贖罪 藤井文弥 志水淳児 石川晋吾 飯島弘也
茅野京子
5 かりそめの再会 横手美智子 佐々木憲世 井上栄作 飯島弘也
6 古の闘士 藤井文弥 細田雅弘 羽山淳一 茅野京子
7 黒き衣の群れ 横手美智子 伊藤尚往 飯島弘也 - 飯島由樹子
(荒木伸吾)
8 逡巡の刻 藤井文弥 長峯達也 本橋秀之 茅野京子 飯島由樹子
9 矜持の果て 山内重保 井上栄作 飯島弘也
10 金色の激突 細田雅弘 羽山淳一 茅野京子
11 震撼の聖域 横手美智子 長峯達也 千葉道徳
12 女神の聖衣 藤井文弥 佐々木憲世
山内重保
茅野京子 飯島弘也 飯島由樹子
(荒木伸吾)
13 決意の朝 横手美智子 山内重保 姫野美智 -
冥界編 前章
話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督
(作画監督補)
美術監督 レイアウト
1 渡れ! アケローンの河 黒田洋介 勝間田具治 茅野京子 須和田真 荒木伸吾
2 静かなる法廷 佐々木憲世 市川慶一 吉田智子 荒木伸吾
市川慶一
增田信博
3 伝説の聖闘士オルフェ 勝間田具治 茅野京子 須和田真 荒木伸吾
4 オルフェ 悲しき鎮魂歌 信田ユウ 市川慶一 渡辺佳人 荒木伸吾
市川慶一
增田信博
茅野京子
川村敦子
5 ハーデス! 驚愕の憑依 勝間田具治 茅野京子 荒木伸吾
6 激闘! ジュデッカへの道 千葉道徳
(姬野美智)
(茅野京子)
冥界編 後章
話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術監督 レイアウト
1 神罰! グレイテスト・エクリップス 黒田洋介 勝間田具治 姫野美智 秋山健太郎 荒木伸吾
2 一輝! 慟哭の拳 茅野京子 保坂有美
3 女神! その命をかけて 西沢信孝 市川慶一 秋山健太郎 -
4 絶望! 嘆きの壁 佐々木憲世 姫野美智 荒木伸吾
5 集結! 黄金聖衣 勝間田具治 茅野京子
6 さらば! 黄金の聖闘士 西沢信孝 姫野美智
エリシオン編
話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術監督
(レイアウト)
1 エリシオンへの死闘 黒田洋介 勝間田具治 姫野美智 秋山健太郎
(荒木伸吾)
2 死と眠りの神々 茅野京子
3 黄金の援軍 西沢信孝 市川慶一 秋山健太郎
4 伝説の神聖衣 勝間田具治 茅野京子
姫野美智
5 神話よりの覚醒 西沢信孝 市川慶一
6 光あふれる世界へ 勝間田具治 茅野京子
姫野美智

ゲーム[編集]

聖闘士星矢
冥王ハーデス十二宮編
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 プレイステーション2
開発元 ディンプス
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1〜2人
発売日 日本の旗2007年2月1日
対象年齢 CERO:A(全年齢)
テンプレートを表示

プレイステーション2ゲームソフトとして、OVAの冥王ハーデス十二宮編を基にした対戦格闘アクションが2007年2月1日バンダイナムコゲームスから発売された。星矢らのメインキャストは、冥界編のキャストに準じるものとなっている。

前作『聖闘士星矢 聖域十二宮編』のゲームシステムを基にした対戦格闘アクションだが、通常の移動が走りに変更されたり、聖闘士スマッシュによる追撃などといった新要素を追加することで、プレイヤーがスピーディーなバトルを楽しめるように配慮されている。

各モードは以下のとおり。

冥王ハーデス十二宮
OVAシリーズ冥王ハーデス十二宮編の物語を体験できるストーリーモードだが、静止画と3Dグラフィックでストーリーが語られ、重要な部分にはムービーが挿入されるなど、前作とは異なった展開が楽しめるように変更された。
千日戦争
前作と同じく、友達やCOM(コンピュータ)の対戦ができる。
聖闘士神話
次々と現れる強敵を倒していくアーケードモード。また、ノーコンティニューで12人目を倒すとライブラ紫龍とアクエリアス氷河が現れる。
永遠の戦場
体力が無くなるまで連続で戦うサバイバルモード。
光速の死闘
12人の敵を倒す時間を競うタイムアタックモード。
星矢の休日
前作と異なりキャラクターに3Dモデリングが閲覧できるようになった。

イメージアルバム[編集]

OVAの(当初の)製作発表があったばかりの1990年12月21日、音楽、ミニ・ドラマ、原作者からのメッセージなどを含む『聖闘士星矢 〜冥王ハーデス篇』[注 1](COCC-7089)というCDが先行発売された。ミニ・ドラマの声優はテレビアニメ版と同じで、イメージソングの作曲も松澤浩明、BGMの作・編曲も横山菁児と、テレビアニメ版のスタッフが担当した。また、同アルバム収録のBGMは、本作OVAでも使用されている。

以下は、同アルバムに収録されたイメージソングである。

イメージソング
「Dead or Dead 〜愛さえも棄て〜」
作詞 - そのべかずのり / 作曲 - 松澤浩明 / 編曲 - つのごうじ / 歌 - 影山ヒロノブ
「Shine on 〜永遠の夢〜」
作詞 - そのべかずのり / 作曲・編曲 - つのごうじ / 歌 - 堀江美都子

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「篇」表記は同アルバムによる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 鈴木編 2003, pp. 14-19
  2. ^ a b c 田口 2008, p. 117
  3. ^ DVD『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』 第1巻ブックレットより。
  4. ^ DVD『聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』 第2巻ブックレットより。
  5. ^ 車田正美 『聖闘士星矢 聖域十二宮編』5、集英社〈集英社ジャンプリミックス〉、2002年、185頁。ISBN 978-4-08-106297-3
  6. ^ DVD『聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 前章』第3巻特典映像「スペシャルインタビュー」より。
  7. ^ a b 古谷 2009, pp. 90-95

参考文献[編集]

外部リンク[編集]