正解するカド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正解するカド
ジャンル SF
アニメ
原作 東映アニメーション
総監督 村田和也
シリーズディレクター 渡辺正樹
シリーズ構成 野崎まど
キャラクターデザイン 有坂あこ(原案)、真庭秀明
音楽 岩代太郎
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 東映アニメーション
木下グループ東映
放送局 TOKYO MXMBSBSフジAT-X
放送期間 2017年4月 -
漫画
作者 奥橋睦
出版社 講談社
掲載誌 モーニング・ツー
発表号 2017年5号 -
発表期間 2017年3月22日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

正解するカド』(せいかいするかど、KADO: The Right Answer)は、東映アニメーション制作の日本テレビアニメ作品。2017年4月より放送中。前日譚となる第0話はAmazonプライム・ビデオにて独占配信された。

概要[編集]

東映アニメーションが手がけるオリジナルCGアニメーションプロジェクトとして2015年11月2日に第2四半期決算のプレゼンテーション資料で発表された[1]。また、東映アニメーションとしては初めてTVシリーズでセル調のフルCGキャラクター表現に挑むプロジェクトでもある[2]。各話の冒頭のナレーションは俳優の上川隆也が担当する[3]

あらすじ[編集]

羽田空港の滑走路に突如として謎の1辺が2kmを超す超巨大な正立方体が出現し、出現場所に居合わせた旅客機256便(ボーイング777型)が、乗員乗客もろとも立方体に飲み込まれた。政府が関係各省と連携を取り合い、この立方体の調査と飲み込まれた乗員乗客の救命に奔走する中、立方体上部にヤハクィザシュニナと名乗る人物と、偶然256便に乗り合わせていた凄腕の交渉官真道 幸路朗が現れる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

真道 幸路朗(しんどう こうじろう)
声 - 三浦祥朗
総務省 情報通信国際戦略局 交渉官(半年間出向)→外務省 総合外交政策局 国連政策課 首席事務官。外務省が誇る交渉の切り札、国内最高のタフネゴシエーター。国際会議へ海外主張する為に乗った飛行機が立方体に飲み込まれる。ただの簡単な零細企業の土地買収事案を、自身の持つ経験とコネクションを活かして革新的なメッキ技術を生み出す功績へと大発展させた経歴を持つ。折り紙が趣味。カド側の代表交渉官として立つことになる。
ヤハクィザシュニナ
声 - 寺島拓篤
カドから出現した謎の人物。
徭 沙羅花(つかい さらか)
声 - M・A・O
外務省 国際交渉官。日本国代表として交渉役となる。
花森 瞬(はなもり しゅん)
声 - 斉藤壮馬
総務省 情報通信国際戦略局 国際機関係(半年間出向)→外務省 総合外交政策局 国連政策課 事務官。
真道の同僚。真道と同じく立方体に飲み込まれた。日本国 異方担当特使に任命される。

日本国政府[編集]

浅野 修平(あさの しゅうへい)
声 - 赤羽根健治
警察庁長官官房 国家公安委員会 会務官補佐官。
夏目 律(なつめ りつ)
声 - 伊藤静
内閣官房 国家安全保障局 情報班。
犬束 構造(いぬづか こうぞう)
声 - 中博史
内閣総理大臣
羽深 清鷹(うぶか きよたか)
声 - 斎藤志郎
内閣官房長官
笹内 直己
声 - 菊池正美
外務審議官 政務担当。
五十嵐 英治
声 - 村治学
内閣府事務次官。

自衛官[編集]

阿方 篤彦(あがた あつひこ)
声 - 小山剛志
陸上自衛隊自衛官 二等陸曹。

旅客機乗員[編集]

飛高 幸雄
声 - 星野充昭
日本エアライン(NAL)256便 機長。
篠原 秀彦
声 - 利根健太朗
日本エアライン 256便 副機長。

日本学術会議[編集]

御船 哲人(みふね てつと)
声 - 後藤哲夫
日本学術会議会員 物理学者。統合科学研究所所属。助手の品輪を総理官邸に入れた人物。
品輪 彼方(しなわ かなた)
声 - 釘宮理恵
御船の助手で理論物理学者。科学者として立方体の解明の指揮を取る。確かな知識と解析能力を持つ一方、幼児向けお絵かきボードを常に小脇に抱えており、年齢不相応で節操のない言動が目立つ。

報道関係者[編集]

言野 匠(ごんの たくみ)
声 - 桐本拓哉
NNK報道部 ディレクター
画美(えみ)
声 - 菅沼久義
NNK報道部 カメラマン。

刑部鍍金[編集]

刑部 一徳
声 - 龍田直樹
刑部鍍金 社長。かつては政府と協力しあって新技術の開発をしていたが、今は時代に置いて行かれた自分の会社の用地買収を迫られる。
野村 三彦
声 - 村田太志
刑部鍍金 従業員。

その他[編集]

歌丸
声 - 阪口大助
大石 哲男
声 - 半田裕典
深水 ソフィー
声 - 甲斐田裕子
由利 縞子
声 - 白石涼子
アメリカ大使
声 - 魚建
常任理事国 国連大使
ロシア大使
声 - 青山穣
常任理事国 国連大使。

用語[編集]

カド
羽田空港に出現した四方2kmに及ぶ正六面体の境界体。その表面は徹甲弾さえ通さない。品輪は「フレゴニクス」と名付けている。境界体であると同時に異方とこの宇宙を繋ぐ変換機構でもある。
異方(いほう)
ヤハクィザシュニナが来た、この宇宙の外の存在。真道は判りやすい解釈として「高次元世界」と答えるが適切な表現ではない。
ユノクル
地球上で適切な表現が存在しないが、共感や共有に近い表現。
ワム
異方から電力を無限に取り出す球体状の装置。

スタッフ[編集]

  • 原作・アニメーション制作 - 東映アニメーション
  • 総監督 - 村田和也
  • シリーズディレクター - 渡辺正樹
  • シリーズ構成 - 野﨑まど
  • キャラクター原案 - 有坂あこ
  • キャラクターデザイン - 真庭秀明
  • メカ作画監督 - 丸尾一
  • CGディレクター - カトウヤスヒロ
  • リードキャラクターモデラー - 岩本千尋
  • リードアニメーター - 安田祐也、牧野快
  • 美術監督 - 佐藤豪志
  • 美術設定 - 田村正平
  • 色彩設計 - 岩沢れい子
  • 撮影監督 - 石塚恵子
  • 編集 - 福光伸一
  • 音響監督 - 長崎行男
  • 音響効果 - 今野康之
  • 音楽 - 岩代太郎
  • プロデューサー - 野口光一
  • アニメーションプロデューサー - 小倉裕太
  • 製作 - 東映アニメーション、木下グループ東映

主題歌[編集]

サウンドプロデュースは、UQIYO-A Movement。

オープニングテーマ「旅詩」
作曲 - 岩代太郎 / 歌 - 徭沙羅花 starring M・A・O
第0話はオフボーカル。
エンディングテーマ「永遠のこたえ」
作詞 - 空谷泉身 / 作曲 - 岩代太郎 / 歌 - HARUCA[4]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第0話 ニノヴォ 野﨑まど 原田征爾 湯本雅子 真庭秀明
第1話 ヤハクィザシュニナ 野﨑まど 渡辺正樹 真庭秀明 -
真道幸路朗花森瞬は国際会議出席のため羽田空港から旅客機に搭乗する。しかし離陸直前、上空に巨大な立方体があらわれ、旅客機は消息を絶つ。物理学者の品輪彼方は残された映像から乗客は生きている可能性があると推測。対策本部は「フレゴニクス」と仮名をつけた立方体に様々な方法で接触・破壊を試みるが、全く効果がなく完全に隔絶されている状態だった。乗客の一刻も早い救助のため、ついに自衛隊の戦車による徹甲弾が撃ち込まれるがこれも押し返されてしまう。その時、フレゴニクスの上部が変化し内部から階段が出現、そこから真道と謎の男が出てきた。男はヤハクィザシュニナと名乗る。
第2話 ノヴォ 野﨑まど 渡辺正樹 りょーちも 真庭秀明 -
真道は、立方体の名が「カド」でヤハクィザシュニナの所有物であること、彼が日本政府との直接交信を3時間後に求めていること、旅客機の乗客は全員無事であると伝え、カドの中に消える。日本政府は「カド対策本部」を設置、交渉官に徭沙羅花が指名される。28時間前、旅客機から脱出を試みた真道は、周囲の奇妙な物体の中から出てきたヤハクィザシュニナから協力を求められる。真道は乗客を外に出すよう交渉するが、ザシュニナは29日かかると答え、乗客には食料を供給する。ザシュニナは真道や機長たちに、境界体カドとそれらの源流「ノヴォ」について語る。約束の時間、徭たちの前に、カドの側面からザシュニナと真道があらわれる。ザシュニナは敵か味方かを判断する思考を続けることが世界における唯一の正解と語る。
第3話 ワム 野﨑まど 齋藤昭裕 真庭秀明 -
徭の前に降り立った真道はザシュニナが公開の場での会談を望んでいると伝える。滑走路上に会談のテーブルが設置され、多くの報道陣が見守る中、7月26日午後9時、政府代表団とザシュニナ、真道の会談が始まる。ザシュニナは意思の齟齬があることを気にしながら、自分が宇宙の外から来た存在であること、異方「ノヴォ」境界体「カド」について説明。異方から電力を無限に取り出す「ワム」を大量に出現させ、「どうか正解されたい」と迫る。
第4話 ロトワ 野﨑まど 上村泰 田辺泰裕 真庭秀明 -

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [6] 備考
2017年4月7日 - 金曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX1 東京都
2017年4月12日 - 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) BSフジ 日本全域 BS放送 / 『アニメギルド』枠
水曜 3:00 ‐ 3:30(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメ特区』第2部
2017年4月14日 - 金曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[5]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2017年4月6日 - 金曜 23:00 更新 Amazonプライム・ビデオ 第0話・第1話のみ木曜に更新
2017年4月11日 - 火曜 0:00 更新 GYAO!ストア[7]東映アニメBBプレミアム
2017年4月13日 - 木曜 0:00 更新 ビデオマーケット[8]
木曜 10:00 更新 DMM.com[9] (配信元:東映アニメBBプレミアム)
木曜 12:00 更新
2017年4月14日 - 金曜 12:00 更新? Happy動画[14]

BD / DVD[編集]

発売日[15] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2017年7月26日予定 第0話 - 第6話 ANZX-12331〜4 ANZB-12331〜4

漫画[編集]

本放送開始に先駆けて、奥橋睦によるコミカライズ版が月刊モーニングtwo講談社)2017年5号より連載されている[16]

出典[編集]

  1. ^ 「正解するカド」 東映アニメーションのオリジナルCGプロジェクト企画が進行中”. アニメ!アニメ!ビズ (2015年11月7日). 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ 謎に満ちたアニメCGプロジェクト『正解するカド』(総監督:村田和也)に迫る 〜 mystery 01:3Dフラクタル 〜”. CGWORLD.jP (2016年2月22日). 2016年6月27日閲覧。
  3. ^ “上川隆也:テレビアニメ「正解するカド」のナレーション担当 「何かが動くような予感」”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2017年3月10日). http://mantan-web.jp/2017/03/10/20170310dog00m200006000c.html 2017年3月22日閲覧。 
  4. ^ 「正解するカド」エンディングテーマ決定!”. キノミュージック (2017年1月24日). 2017年4月21日閲覧。
  5. ^ a b BROADCAST”. 正解するカド KADO: The Right Answer - テレビアニメ公式サイト. 2017年3月28日閲覧。
  6. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  7. ^ 正解するカド”. 2017春(4月~6月期)アニメ配信タイトル特集. GYAO! (2017年4月11日). 2017年4月26日閲覧。
  8. ^ 見逃し配信”. ビデオマーケット (2017年4月13日). 2017年4月26日閲覧。
  9. ^ 正解するカド”. DMM.com (2017年4月13日). 2017年4月26日閲覧。
  10. ^ 正解するカド - ニコニコチャンネル
  11. ^ 正解するカド”. U-NEXT (2017年4月13日). 2017年4月26日閲覧。
  12. ^ 新作アニメ特集”. バンダイナムコライツマーケティング (2017年4月13日). 2017年4月26日閲覧。
  13. ^ 正解するカド”. 楽天ショウタイム. 楽天 (2017年4月13日). 2017年4月26日閲覧。
  14. ^ デジマースの配信サイト。 HAPPY!動画”. デジマース. 2017年4月26日閲覧。
  15. ^ BD/DVD”. 正解するカド KADO: The Right Answer. 2017年4月21日閲覧。
  16. ^ “4月アニメ「正解するカド」のマンガ版がモーツーで開幕、水上悟志の読切も”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年3月22日). http://natalie.mu/comic/news/225502 2017年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]