半保護されたページ

平野正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひらの まさと
平野 正人
プロフィール
本名 平野 正人[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本岩手県岩手郡田頭村(現:八幡平市田頭)[2][3]
生年月日 (1955-11-16) 1955年11月16日(65歳)
血液型 B型[4]
身長 181 cm[4]
職業 声優俳優ナレーター[5]
事務所 青二プロダクション[6]
公式サイト 平野 正人|株式会社青二プロダクション
声優活動
活動期間 1980年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1979年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

平野 正人(ひらの まさと、1955年[7]11月16日[4] - )は、日本声優俳優ナレーター[5]演出家岩手県岩手郡田頭村(現:八幡平市田頭)出身[2][3]青二プロダクション所属[6]

経歴

大阪芸術大学講師(放送学科声優コース)[8]

高校時代、県民会館で長岡輝子演出を務めた文学座舞台を見て役者を志す[3]。幼少期より極度の恥ずかしがり屋であり、自己主張ができない性格を何とか打破したいという一念から演劇、芝居の世界に入ることを選ぶ[2]岩手県立平舘高等学校卒業後、岩手から上京して多摩芸術学園演劇学科[4]に進学[2]。同学園で長岡が講師をしており、それ以来、師事し、宮沢賢治作品の朗読も習い、同学園卒業後[3]文学座付属演劇研究所[9]を経て、劇団文学座[4]に入団し、舞台俳優としての活動を経る[2]。同期に田中裕子がいる[10]。その後、考えるところもあり、30歳を前に声優に転向し、青二プロダクションに所属する[2]

人物

10代後半で療養で一時帰郷しており、ラジオで聞いていた『遠野物語』の語り部に所属していた鈴木サツの語りに魅せられて[3]、遠野倶楽部メンバーとして、20歳頃から『遠野物語』の研究を始める[10]

事務所の公式プロフィールでは、特技の1つとして南部弁を挙げており、サンプルボイスでも東北弁を披露している。趣味はテニス[4]

八幡平市ふるさと大使[6]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2013年
2014年
2016年
2017年

劇場アニメ

1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1997年
2002年
2007年
2008年

OVA

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1996年
1997年
1998年
2004年

Webアニメ

ゲーム

1989年
1990年
1991年
1992年
1995年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2019年

ドラマCD

吹き替え

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

CD(歌)

  • See See シーコンズ

ラジオドラマ

  • SHIBAHAMA(食堂の客)
  • 青山二丁目劇場
    • 上司のセクハラ(2007年) - 上司
    • 宇宙人vs内閣総理大臣(2009年) - 浅倉総理
    • 回転木馬(2010年) - 純一の父
    • あじさいの唄より「硯箱」(2012年) - ガラクタ屋
    • 私立探偵ファニーさん(2012年) - 刑事
    • 南瓜屋(2014年) - おやじ
    • 私の独立記念日(2014年) - エザキ
    • 愛と鉄板のバラード(2014年) - 真一
    • 殺人犯志願者(2016年) - 森田
    • 坂の途中(2016年) - オーナー
    • 頭痛の種(2016年) - 杉本
  • 劇ラヂ!ライブ2014「親愛ならざる人へ」(2014年、NHK東京

特撮

2002年
2005年
2006年
2007年
2008年

テレビドラマ

パチンコ・パチスロ

ナレーション

ボイスオーバー

CM

舞台

その他コンテンツ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』(2011年)、『アルティメットミッション』(2013年)、『アルティメットミッション2』(2014年)、『スーパードラゴンボールヒーローズ』(2016年)、『アルティメットミッションX』(2017年)

出典

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、245頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c d e f 会報 八幡平 東京 (PDF)”. 八幡平ふるさと会. 八幡平. p. 2 (2010年4月). 2020年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「東京発再会いわて 賢治や民話の語り部」『岩手日報』岩手日報社、2008年8月20日、夕刊、8面。
  4. ^ a b c d e f 青二プロダクション公表プロフィール (PDF)”. 2016年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。
  5. ^ a b “[平野 正人 https://www.talent-databank.co.jp/search/t2000046173]”. タレントデータバンク. 2020年6月2日閲覧。
  6. ^ a b c 平野 正人|株式会社青二プロダクション”. 2020年3月5日閲覧。
  7. ^ 「アテルイ」主な登場人物紹介”. 長編アニメーション映画「アテルイ」. シネマとうほく. 2019年7月27日閲覧。
  8. ^ 教員紹介 | 放送学科 | 学科案内 | 大阪芸術大学 2016年10月2日閲覧
  9. ^ 青二プロダクション 平野正人(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2019年11月4日閲覧。
  10. ^ a b 平野正人”. 遠野倶楽部. 2019年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月5日閲覧。
  11. ^ 銀牙 流れ星 銀”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  12. ^ 魁!!男塾”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  13. ^ 悪魔くん”. 東映アニメーション. 2018年4月25日閲覧。
  14. ^ 「究極対至高 長寿料理対決!!」(1992年)、「日米コメ戦争」(1993年)
  15. ^ 中山基編「『キン肉マン』ヒストリー」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、33頁。
  16. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2010年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  17. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  19. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. http://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  20. ^ ほえろブンブン”. マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。
  21. ^ 銀河英雄伝説 わが征くは星の大海”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。
  22. ^ 「アテルイ」主な登場人物紹介”. シネマとうほく. 2016年6月21日閲覧。
  23. ^ 第5弾 田沢が語る!男塾の素晴らしさ紹介PV”. 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜. 2014年2月21日閲覧。
  24. ^ CHARACTER”. 英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution. 2015年5月22日閲覧。

外部リンク