うしろの正面だあれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うしろの正面だあれ』(うしろのしょうめんだあれ)は海老名香葉子著の児童文学作品。

太平洋戦争中の著者自身の体験を小説化したものである。1985年に金の星社から刊行された。

1991年3月、同名の劇場版アニメーション映画が公開された。

あらすじ[編集]

主な登場人物[編集]

「声」はアニメ劇場版の声優。

中根かよ子
- 三輪勝恵
本作の主人公。
中根音吉
声 - 若本規夫
父ちゃん。和竿職人、三代目竿忠。
中根よし
声 - 池田昌子
母ちゃん。
中根忠吉
声 - 海老名泰孝(現・林家正蔵)
長兄。
中根竹次郎
声 - 佐々木望
次兄。
中根喜三郎
声 - 野沢雅子
三兄。戦後、和竿職人として、五世四代目竿忠を襲名。
中根孝之輔
声 - 柳沢三千代
弟。
おばあちゃん
声 - 沼波輝枝

劇場版[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「愛はいつも」
歌 - 白鳥英美子
作詞 - 海老名泰助
補作 - 白鳥英美子
作曲 - 小六禮次郎

劇場版での描写と原作との違い[編集]

劇場版での描写と原作との間には、下記をはじめとしていくつか異なる点がある。原作では33話にわたる話を、劇場版では約90分間(活字化された書籍[1]では9話)に短縮したため、原作上のいくつかの話を接合して編集した描写も存在する。

題材 劇場版での描写 原作
かよ子のオネショ 小学生になってからも時々オネショをしていることになっている。 原作ではアイスキャンデーを食べてオネショをしたという描写があるが、むしろ他人よりも早くオムツがとれたことなど、オネショはほとんどしていない。
疎開先の叔母(音吉の妹)の名 正江。なお、続編の『あした元気にな~れ! 半分のさつまいも』では、原作通り静江となっている。 静江
疎開時の帰京 1945年3月下旬の春休みに帰京する予定であったが、東京大空襲があったため、中止。 1944年年末~1945年年始に帰京した。
終戦後の実家の焼け跡訪問 焼け跡となった実家に絶望してかよ子が泣き崩れている時に、「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえ、目を開けると家族の幻影が現れた。 泣き崩れて目を閉じている時に「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえてくるものの、目を開けた際には何もなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『うしろの正面だあれ―アニメ版』金の星社、1991年