うしろの正面だあれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うしろの正面だあれ』(うしろのしょうめんだあれ)は海老名香葉子著の児童文学作品。

太平洋戦争中の著者自身の体験を小説化したものである。1985年に金の星社から刊行された。

1991年3月、同名の劇場版アニメーション映画が公開された。

あらすじ[ソースを編集]

時は昭和15年

今の東京墨田区に住んでいた 少女かよ子 かよ子は家族の中でも一番の末っ子。

泣き虫でちょっと恋しい少女である。 そんな彼は家族の(父ちゃん)( 母ちゃん) (おばあちゃん)

喜兄ちゃん 竹兄ちゃん こうちゃん( 後で登場)たちと平和な生活を送っていくが、

この時代で有名であった戦争の大空襲により、 かよ子は疎開で家族や友達と離れることになり。

そして彼の生活地はどんどん危機に侵されて行くことになる。

主な登場人物[ソースを編集]

「声」はアニメ劇場版の声優。

中根かよ子
- 三輪勝恵
本作の主人公。ちょっと泣き虫で恋しい少女だが根はおとなしい。この時代の東京大空襲によって家族を失い、その後は兄の喜三郎とともに生活していくことになる。
中根音吉
声 - 若本規夫
父ちゃん。和竿職人、三代目竿忠。
中根よし
声 - 池田昌子
母ちゃん。
中根忠吉
声 - 海老名泰孝(現・林家正蔵)
かよ子の長兄。後からチフスという病気にかかり入院していたが無事退院した。東京大空襲の時は逃げ切ることができず命を落とした。
中根竹次郎
声 - 佐々木望
次兄。
中根喜三郎
声 - 野沢雅子
三兄。なかなかの根性の持ち主でかよ子をいじめた、いじめっ子を1人足りとも逃さない。それがきっかけでかよ子のいじめっ子たちに危害を加えてしまう。 東京大空襲の時は彼1人だけ生き残る。だが、なぜ自分は死ねなかったという悲しみを出し。東京に帰ってしまう。その後はかよ子と共に生活していくことになる。
中根孝之輔
声 - 柳沢三千代
物語の中盤で登場。かよ子の弟で明るい性格
おばあちゃん
声 - 沼波輝枝

かよ子の母ちゃんの母。根は優しいが冷たいところもあり、怒ると厳しくなる。 かよ子に三味線のおけいこをやらせようとするが彼がいかないのに対し、激怒する。

劇場版[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

主題歌[ソースを編集]

「愛はいつも」
歌 - 白鳥英美子
作詞 - 海老名泰助
補作 - 白鳥英美子
作曲 - 小六禮次郎

劇場版での描写と原作との違い[ソースを編集]

劇場版での描写と原作との間には、下記をはじめとしていくつか異なる点がある。原作では33話にわたる話を、劇場版では約90分間(活字化された書籍[1]では9話)に短縮したため、原作上のいくつかの話を接合して編集した描写も存在する。

題材 劇場版での描写 原作
かよ子のオネショ 小学生になってからも時々オネショをしていることになっている。 原作ではアイスキャンデーを食べてオネショをしたという描写があるが、むしろ他人よりも早くオムツがとれたことなど、オネショはほとんどしていない。
疎開先の叔母(音吉の妹)の名 正江。なお、続編の『あした元気にな~れ! 半分のさつまいも』では、原作通り静江となっている。 静江
疎開時の帰京 1945年3月下旬の春休みに帰京する予定であったが、東京大空襲があったため、中止。 1944年年末~1945年年始に帰京した。
終戦後の実家の焼け跡訪問 焼け跡となった実家に絶望してかよ子が泣き崩れている時に、「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえ、目を開けると家族の幻影が現れた。 泣き崩れて目を閉じている時に「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえてくるものの、目を開けた際には何もなかった。

影響[ソースを編集]

旧虫プロダクションに所属していたマッドハウス社長の丸山正雄は、本作品を鑑賞して片渕須直の才能を見出し、以後自社作品で片渕を起用している[2]。テレビアニメ『BLACK LAGOON』で評価を受けた片渕は、丸山から本当にやりたい作品は何かと問われ本作品のような作品と述べ、『マイマイ新子と千年の魔法』の制作へとつながった[2]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『うしろの正面だあれ―アニメ版』金の星社、1991年
  2. ^ a b 吉田豪インタビュー 巨匠ハンター 9回戦 丸山正雄」『キャラクターランドSPECIAL ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』 徳間書店〈HYPER MOOK〉、2017年2月5日、pp.93-97。ISBN 978-4-19-730144-7