レニー・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レニー・ハート
Lenne Hardt
生誕 5月10日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ナレーター

レニー・ハートLenne Hardt5月10日(生年非公表)- )は、アメリカ女優ナレーター声優)。主に日本で活動している。青二プロダクション所属。

プロフィール[編集]

17歳で初来日。ワシントン州立大学ニューヨーク大学卒業後の1988年に再来日し、1990年代初頭には日本のFM局などでディスクジョッキーとして活躍し、以後日本で声の仕事を続けている。日本語は堪能で、日常会話にはほとんどハンディキャップはない。兄が日本で家庭を築いており、レニーも東京で出会ったニュージーランド人と結婚した。

テレビアニメ風まかせ月影蘭』では声優に挑戦。また、2004年5月にはシアターサンモールでショーを演出、東京都内でサンドイッチ店のオーナー(調理は夫)として経営に携わるなど活動は多岐にわたる。

生年は非公表だが、『虎の門』(テレビ朝日系列)出演時には、「永遠の30代」と紹介された。

入場コール[編集]

特筆すべきは、総合格闘技PRIDEの選手入場コール。独特の抑揚と巻き舌を交えた印象的なものである。

  • (例)青コーナーから入場するミルコ・クロコップを紹介する際
    インザ、ブルゥゥゥゥゥゥーコーナァァァァァ! フロォム、クロエイティア―、ミールコォォォォォ、クロ、カァァァァァパァ!!In the blue corner! From Croatia, Mirko Cro Cop!)」

PRIDEは2007年をもって終了したが、2008年にK-1を主催するFEGと、元PRIDEスタッフが運営する総合格闘技イベント、DREAMの入場コールを担当。2015年からは、PRIDEの代表だった榊原信行が設立した、総合格闘技イベントRIZINの入場コールを担当している。

「虎の門」では、好きな五十音を巻き舌にしやすいという理由で「ラ行」、嫌いな五十音を巻き舌にし難いという理由で「サ行」と答えていた。最初は真面目でシリアスな感じの入場コールをしていたが、これでいいのかと迷った末に、試しに今のスタイルにしてみたところ予想に反して観客の反応が良かったため現在まで続けているという[1]。緊張感やライブ感を残すため、リハーサルはほとんどしないと語っている[1]

フジテレビの『トリビアの泉』のコーナー「トリビアの種:世界最強のカブトムシは何か」という相撲勝負企画では場を盛り上げるため本家の彼女を起用しており、昆虫を「コォォカサスオォォカブトォ!」等の例の声で紹介した。2006年現在では貴重な映像といえる。

2005年夏の「第19回・FNS25時間テレビ」では上記(PRIDE)の事が買われて土曜日は『戦後60周年平和祈念 自衛隊・米軍大運動会』、日曜日はFNSあっついテレビ局決定戦の準決勝&決勝戦のリングアナを担当した。

この他、2006年は横浜スタジアムなどでの横浜ベイスターズ主催試合での「クアトロK」(木塚敦志川村丈夫加藤武治マーク・クルーン)及び土肥義弘(登場曲がPRIDEのテーマだから)投手の登場時のコール(録音)も担当している。 また、年末には人志松本のすべらない話年末拡大スペシャルでも芸人たちの登場時のコールを担当した。

2008年にはエンタの神様において陣内智則のネタの一部に入場コールが使用された(入場コール風にヒツジの数を数えるという内容)。

主な出演番組&イベント[編集]

出演作品[編集]

ラジオ[編集]

外部リンク[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2008年9月21日放送「イブニング・ニュースより
  2. ^ 機動戦士ガンダムUC”. メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。