榊原信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榊原 信行(さかきばら のぶゆき、1963年11月18日 - )は、日本実業家愛知県半田市出身。元ドリームステージエンターテインメント (DSE) 代表取締役で、株式会社うぼん、株式会社沖縄ドリームファクトリー代表取締役。

来歴[編集]

1987年愛知大学を卒業し、東海テレビ放送の子会社でイベント事業を行う東海テレビ事業株式会社へ入社。東海テレビ事業では「美浜海遊祭」を立ち上げ、「K-1名古屋大会」、「UWFインターナショナル名古屋大会」などをプロデュース・主催する。これがきっかけとなり、高田延彦と知り合い、ヒクソン・グレイシー戦の実現に奔走。1997年10月、格闘技イベントとしては初の東京ドームでの大会となる「PRIDE.1」開催に携わる。

2003年、DSEの代表取締役社長であった森下直人氏の死去を受け、DSEの代表取締役に就任。「PRIDE GRANDPRIX」、「PRIDE男祭り」などのヒット興行を立て続けに放ち、一大ムーブメントを起こす。

2004年には映像事業を行うドリームステージピクチャーズを設立し、社長を兼務。同社の映画製作にも、製作総指揮として直接関わり、カーリングを題材にした映画「シムソンズ」を手がける。また、この年、プロレスイベント「ハッスル」を立ち上げる。 2006年10月、アメリカネバダ州ラスベガスで「PRIDE.32 "THE REAL DEAL"」を開催。日本の企業としては初主催となるラスベガスでの格闘技イベントを成功させた。

2007年3月27日、UFCを主催するズッファのオーナーであるロレンゾ・フェティータにPRIDEの経営権を売却[1]

2007年12月19日には、新たに設立した株式会社沖縄ドリームファクトリーを通じて、日本フットボールリーグ(JFL)所属の沖縄のプロサッカークラブ、「FC琉球」の運営に参画。また、榊原のサッカーや沖縄に対する理念に理解・共感した元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエが、FC琉球の総監督に就任し、2008年より共にJリーグを目指すこととなった[2]

2009年12月、FC琉球の営業権が株式会社沖縄ドリームファクトリーに移管、球団代表に就任。

2009年から2013年までJFL(日本フットボールリーグ)の理事として参加し、JFLの発展に貢献した。

2014年シーズンからのJ3リーグ設立に伴い、2013年9月1日、FC琉球の運営を株式会社沖縄ドリームファクトリーから、サッカー事業に特化した琉球フットボールクラブ株式会社に移管させ、球団代表を退く。その後、2013年9月17日、FC琉球が悲願のJリーグ準加盟承認。沖縄初のJリーグクラブ創設の礎を築いた。

2015年10月に格闘技イベント「RIZIN」を立ち上げ、実行委員長に就任[3][4]

株式会社うぼんにてGACKT市川海老蔵といったアーティストのコンサート、舞台のイベント企画やテレビ番組の企画等に携わり、プロデューサーとしての手腕を発揮している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]