RIZIN FIGHTING FEDERATION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RIZIN FIGHTING FEDERATION
設立 2015年
主催 RIZIN FF事務局
株式会社ドリームファクトリーワールドワイド
本部 日本の旗 日本
東京都港区六本木2-1-13 六本木MYビル4階
代表者 榊原信行
サイト RIZIN FIGHTING FEDERATION
テンプレートを表示
RIZIN FIGHTING FEDERATION
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年10月2日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 113万人
総再生回数 8億7711万9952回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年4月10日時点。
テンプレートを表示

RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション、略称:RIZINRIZIN FF)は、日本総合格闘技団体

概要[編集]

かつて世界一の規模を誇る総合格闘技団体だった「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表の榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている[1]。これにより「PRIDE」は「RIZIN」の前身といわれることもある[2]

総合格闘技(MMA)ルールが主体の大会ではあるが、キックボクシングルール、キックボクシングルールとMMAルールを交互に行うミックスルール、グラップリングルールなど様々なルールの試合も行い、PRIDEには無かった女子格闘技も実施している[3]

団体名の「RIZIN」は、日本発の格闘技として「ライジング・サン」と「雷神」をミックスしたもの[4]

歴史[編集]

設立会見[編集]

2015年10月8日に六本木ミッドタウンで設立会見が行われ、12月29日と31日に大会を開催し、フジテレビ系列での地上波放送とスカパー!でのペイ・パー・ビュー放送を行うこと、PRIDEのエースだったエメリヤーエンコ・ヒョードル桜庭和志ら参戦選手と高田延彦の統括本部長就任が発表された[5][6]。また、元検事の弁護士2名と元警視庁刑事部理事官がコンプライアンス担当に就任[7]日本レスリング協会がRIZINに協力する意向を表明した[5]

2015年[編集]

旗揚げ興行として、2015年12月29日から31日までの3日間に「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」を開催。この大会の様子は29日と31日両日にフジテレビ系列の地上波で録画中継され、スカパー!ではペイ・パー・ビュー生中継された[5]。また、アメリカでも現地時間の12月31日の朝10時からSpike TVにて全米に録画中継された[8]。29日の初回イベントは、オープニングにはPRIDEのテーマ曲、試合に使われるオープンフィンガーグローブもPRIDEを想起させる青いグローブが使われ、高田延彦の太鼓佐藤大輔の製作による試合前の煽りVTR、立木文彦による煽りVTRのナレーション[注 1]レニー・ハートによる入場コール、テレビ中継の出演者が小池栄子関根勤とPRIDE色が残る形でスタートした。一方、31日のイベントでは新しいイベントの色を出し、オープンフィンガーグローブの色も緑に変え、リングデザインやオープニングセレモニーの曲なども一新した。この12月29日と31日の2大会では「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」が開催され、ワンマッチに、PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル、PRIDEレジェンドの桜庭和志、元DREAM王者で元世界ランク2位の青木真也、のちにBellatorヘビー級暫定王者となるワレンティン・モルダフスキー、21勝2敗の強豪アナトリー・トコフ、19連勝中のシュートボクシング世界王者のRENA、K-1王者の武尊などが参戦。元K-1王者アンディ・サワーの総合格闘技デビュー戦も行われた。また主要企画として、のちにUFC王者・Bellator王者・PFL王者となるイリー・プロハースカワジム・ネムコフ、ブルーノ・カッペローザなどの世界トップ選手、オリンピック金メダリスト・予選を勝ち抜いた世界中の総合格闘技団体の王者を集めたヘビー級トーナメントが開かれ、準決勝ではイリープロハースカ vs. ワジム・ネムコフという5年後には世界の頂上決戦となるカードも組まれた。大晦日大会で行われたGP決勝戦では、元戦極王者・元Strikeforce王者のキング・モーがGCF王者のイリー・プロハースカをKOして優勝。モーはこの2日間で3試合分のファイトマネー(当時のモーはRIZIN3試合で4000万円前後)と高額ファイトボーナス・副賞及びに優勝賞金4000万円など、合計1億円近い金額を手に入れた[9][10]

2016年[編集]

2016年になり、重量級選手の試合を主軸に据えながら開催された記念すべきナンバーシリーズ第1回目のRIZIN.1では、将来を期待され『RIZIN三銃士』と名付けられた3人のライトヘビー級の若手選手、ワジム・ネムコフテオドラス・オークストリスイリー・プロハースカが揃い踏みし、セミメインで、のちにBellatorのトップ選手を全員倒してBellator王者となるRIZIN選手ワジム・ネムコフがRIZINの新鋭カール・アルブレックソンに僅差の判定で敗れる波乱が起こったが、RIZIN WGP 2015 準優勝のイリー・プロハースカがメインを務めて1R KO勝利でこの初回大会を締めた。9月のRIZIN.2では、この年の目玉企画としてRIZIN無差別級トーナメントの開幕戦が開幕。重量級の契約選手がさらに増え、シード枠でベスト8から参戦となる元UFCヘビー級王者シェイン・カーウィンとPRIDEミドル級王者のヴァンダレイ・シウバを除く、12人のヘビー級ファイター達がベスト8の枠を競い合った。一方でこの大会で組まれたRENA vs. 山本美憂の1戦を契機として、RENAを中心に女子選手の試合も多く組まれるようになった。その他のワンマッチでは、チャールズ・クレイジーホース・ベネットが木村"フィリップ"ミノルを僅か7秒でKOしてRIZIN最短KO記録を樹立し、メインではヒクソン・グレイシーの息子であるクロン・グレイシーが所英男を破り頭角を現した。12月のRIZIN.3になると、キック界日本No.1選手の那須川天心が18歳でRIZINと契約。5億円規模の長期大型契約を結んだ。那須川は12月29日のRIZIN.3でRIZINデビュー戦・総合格闘技デビュー戦を行い、パウンドでKO勝ち。続く31日のRIZIN.4にも本人の希望により参戦するとニンジャチョークで一本勝ちして中1日の2連戦をやり遂げ鮮烈なRIZINデビューを飾った。また、メイン企画の無差別級GPは、1回戦を突破したRIZIN主力選手のイリー・プロハースカが練習中の膝の靭帯断裂により準々決勝に出場出来なくなり把瑠都に勝利して準決勝に勝ち上がった場合に行われる予定だったミルコ・クロコップとの対戦が実現せず、元UFCヘビー王者のシェイン・カーウィンと元PRIDEミドル級王者のヴァンダレイ・シウバも怪我などでトーナメントに参加できなくなるトラブルもあったが、RIZIN.3のメインでは、日本格闘技を支えてきた2人の重量級選手、元PRIDE GP王者ミルコ・クロコップとRIZIN WGP2015優勝・元戦極・Strikeforce王者のキング・モーがトーナメント準々決勝で激突し、ミルコがモーをKOしたシーンでは会場が総立ちとなる盛り上がりを見せた。大晦日のRIZIN.4では、将来UFCフライ級2位となりUFC王座戦も行うカイ・カラ=フランスが出場したが、和田のカーフキックで何度もダウンして完敗しRIZIN継続参戦とならなかった。無差別級GP決勝戦は、ミルコ・クロコップがアミール・アリアックバリをKOして優勝。ミルコはこの2日間でファイトマネー3試合分(当時のミルコはRIZIN3試合で1億円前後)とファイトボーナス・副賞(数百万円の特注ダイヤモンドG-SHOCK、RIZINスポンサーCygames制作の世界最高額の特注ベルト&トロフィー、地中海旅行、他)及びに優勝賞金3500万円など、合計1億円以上を手に入れた[11]

2017年[編集]

2017年はRIZIN WORLD GPとトーナメントを3つの階級に渡り開催。4月のRIZIN.5から、UFCフライ級世界3位の実績を持つ元修斗王者の堀口恭司がRIZINと契約し参戦。7月のRIZIN.6になると、この年の目玉企画の1つである16人制のバンタム級トーナメントが開催され、トーナメントには元UFCトップランカーで元フライ級世界ランキング2位のイアン・マッコール、2団体王者のマネル・ケイプ、ロシアの強豪アクメド・ムサカエフ、元UFCのアンソニー・バーチャック、ドイツ2団体王者のカリッド・タハ、10勝無敗で3団体王者のガブリエル・オリベイラ、朝倉海に勝利しているムン・ジェフン、北米で評価の高いSuperior Challenge王者のケビン・ペッシ、PANCRASE王者の石渡伸太郎などの強豪が参戦。さらに10月のRIZIN.7からはRIZIN初の女子トーナメントとなる女子スーパーアトム級トーナメントが開催され、シュートボクシング・総合格闘技含めて23連勝中のRENA、世界6位のトップランカーであるマリア・オリベイラ、世界9位のアリーシャ・ガルシア、ポーランドの女子アトム級ランキング1位の若手シルビア・ユスケビッチ、レスリング全日本8度優勝・世界選手権3度優勝の山本美憂、DEEPで行われた予選から勝ち上がった浅倉カンナなどが参戦した。12月29日のRIZIN.8では朝倉海がRIZIN初登場。RIZINデビュー戦をKO勝利で飾った。そのRIZIN.8と大晦日のRIZIN.9では、それぞれのトーナメントの準々決勝~決勝戦が行われ、バンタム級トーナメントは、堀口恭司が1回戦から決勝まで全試合KO・一本による完全決着で優勝を飾り、女子トーナメントは決勝戦で浅倉カンナRENAに一本勝ちして優勝を果たした。また、この年3つ目のトーナメントとなる「RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」も開催され、那須川天心が2試合連続KO勝利で優勝を果たした。

2018年[編集]

2018年1月、USEN株式会社とYahoo!株式会社が運営する大手動画配信サイト『GYAO!』のライブ配信部門で、RIZINのPPV放送がGYAO!のすべてのコンテンツの中で年間総売上高1位を記録したことで表彰された[12]。また、この年から開催される大会がナンバーシリーズ化された。5月に行われたRIZIN.10のワンマッチでは、将来UFCヘビー級2位となるジョルジーニョ・ホーゼンストライクが初参戦したがアンドレイ・コヴァレフを前にインパクトを残せなかった。また、ミルコの弟子で5年後にはPFLヘビー級王者となるアンテ・デリアもRIZINデビューを果たした。メインでは元フライ級世界ランキング2位で元UFCトップランカーのイアン・マッコールを堀口恭司が僅か9秒でKOした。7月に行われたRIZIN.11では、体重超過の元UFCファイター、メルヴィン・ギラードを元PRIDEライト級王者の五味隆典がKOして会場を総立ちにさせると勝利者マイクで「真夏に判定?駄目だよ、KOじゃなきゃ!!」と絶叫した。またこの大会では数年後には『UFC王者&RIZIN王者 vs. PFL王者』の構図となるイリー・プロハースカ vs. ブルーノ・カッペローザの1戦も行われ、プロハースカがカッペローザを激しい打ち合いの末にKOした。さらにキックで65kg日本No.1選手のSB王者 海人も参戦し、海人は1ヶ月後のRIZIN.12にも連続参戦した。メインカードでは浅倉カンナRENAと再戦して浅倉が再びRENAを退けた。8月のRIZIN.12では、矢地祐介が初のメインイベントを務めるも、負傷選手の代役でRIZIN出場チャンスを掴んだルイス・グスタボにKOで敗れた。勝利してRIZINデビューを飾ったグスタボはこれを期にRIZINの人気海外選手の1人となった。また、この大会から朝倉未来がRIZINと契約。元修斗・戦極王者の日沖発からKO勝利してRIZINデビュー戦を白星で飾った。9月30日に行われたRIZIN.13では、総合格闘技とキックボクシング、それぞれの競技のスーパースターであり、共にRIZINを代表するスター選手の那須川天心堀口恭司がキックボクシングルールで対戦するというドリームマッチが実現。この大会は、当日の会場さいたまスーパーアリーナに台風第24号が直撃し、交通機関が麻痺して電車も運休する中での開催となったにもかかわらず、当時過去最高の来場者数27,208人を記録して大きな盛り上がりを見せた。大晦日のRIZIN.14では、ボクシング5階級制覇の世界No.1選手フロイド・メイウェザー・ジュニアが電撃参戦し、那須川天心と階級を超えたエキシビションマッチで対戦。同大会ではワンマッチでイリー・プロハースカが元Bellatorミドル級王者のブランドン・ホールジーにKO勝利。また、元UFCフライ級9位のジャスティン・スコッギンス、RIZINの人気選手となるトフィック・ムサエフジョニー・ケースが初登場した。同大会では、RIZINバンタム級と女子スーパーアトム級の初代王座決定戦も行われ、バンタム級はRIZIN代表の堀口恭司とBellatorバンタム級の現役王者ダリオン・コールドウェルが、RIZINのベルトと団体の威信をかけて戦うビッグマッチが実現し、堀口恭司がBellator王者から一本勝ちで勝利して初代RIZINバンタム級王者となった。女子スーパーアトム級は浜崎朱加がRIZIN WGP 女子スーパーアトム級GP 2017 優勝者の浅倉カンナに勝利して初代RIZIN女子スーパーアトム級王者となった。この大晦日大会はチケットの一般販売開始と同時にチケットが即完売して29,105人の動員を記録した。

2019年[編集]

4月21日に横浜で開催されたRIZIN.15ではライトヘビー級初代王座決定戦が行われ、キング・モーにTKO勝利でリベンジを達成したイリー・プロハースカが初代RIZINライトヘビー級王座を獲得した。この大会のワンマッチでは、柔術で世界最高クラスの実績を持つホベルト・サトシ・ソウザがRIZINと契約し、元DEEP王者の北岡悟を柔術ではなく打撃でKOした。6月19日のRIZIN.16では、前座のキックマッチに中村寛がRIZIN初参戦。セミメインのRIZINスーパーアトム級タイトルマッチでは王者浜崎朱加が、世界最大の女子挌闘技団体Invictaの現役王者ジン・ユ・フレイに勝利してタイトルを防衛。メインでは那須川天心のISKAタイトルマッチが行われ那須川がKO勝利した。しかし、フジテレビのRIZIN地上波生放送では、2Rに那須川の対戦相手のマーティン・ブランコがドクターチェック中にフジテレビが独断でCMを入れた際、そのCM中に試合は再開されており、CM明けにブランコがダウンする最中からいきなり放送が再開される放送事故が起こった。それを見た視聴者からフジテレビに批判が殺到し、フジテレビの社長が謝罪することとなった[13]。7月28日のRIZIN.17では、お互いを挑発し続けた朝倉未来矢地祐介が激突して大会終了後まで大きな注目を集め続けた。8月18日に愛知で開催されたRIZIN.18では、ストロー級世界ランキング1位のジャレット・ブルックスと世界2位の越智晴雄がストロー級世界No.1決定戦を行うも、ブルックスの偶発性のバッティングによりノーコンテストとなった。(両者は12月大会で再戦し、ブルックスが判定勝利した。)メインのワンマッチでは朝倉海が現王者の堀口恭司をKOで破る大番狂わせを起こした。10月19日のRIZIN.19では、2年ぶりのグランプリとなる「RIZIN FIGHTING WORLD GP ライト級トーナメント 2019」の開幕戦が行われ、トフィック・ムサエフジョニー・ケースルイス・グスタボパトリッキー・ピットブル・フレイレの4人が準決勝に進出した。12月29日にはRIZINと友好関係にあるBellator MMAの日本初進出大会BELLATOR JAPANが開催され、RIZINは会場や機材・演出チーム・所属選手を貸し出し、さらに大会の半数以上の試合をRIZINが提供するなど、開催を大きくバックアップ。エメリヤーエンコ・ヒョードルの日本最終戦が行われ、Bellatorのスター選手、マイケル・ペイジマイケル・チャンドラーが出場した。また、大晦日のRIZIN.20と併せて『RIZIN vs. Bellator』の5対5による対抗戦が行われ、Bellator代表選手が5人中2人も1.34kg~1.67kgと大幅に計量オーバーして失格となる問題を起こしたが、契約体重を守り行われた3試合ではRIZINの2勝1敗となった。大晦日のRIZIN.20では、堀口の長期の負傷欠場とそれに伴うバンタム級王座返上により空位となっていたバンタム級王座決定戦が行われ、RIZIN WGP 2017ベスト4選手のマネル・ケイプ朝倉海に勝利し、第2代バンタム級王者となった。ライトヘビー級タイトルマッチでは王者イリー・プロハースカがCB・ダラウェイをKOしてタイトルを防衛。女子スーパーアトム級タイトルマッチでは挑戦者のハム・ソヒが王者・浜崎朱加とハイレベルな戦いを繰り広げ、互角の展開の末に僅差の判定勝利をして第2代女子スーパーアトム級王者に輝いた。また、ライト級GPの準決勝と決勝戦が行われ、決勝戦ではトフィック・ムサエフがパトリッキー・ピットブル・フレイレからダウンを奪い、壮絶な試合の末に勝利。GP優勝を果たしたムサエフは勝利者マイクで「RIZIN FeferationがNo.1だ!」と叫んだ。この決勝戦は2020年時点で『RIZINファンが選ぶRIZINベストバウト投票』の1位に輝いた。この2大会は合計で約44,475人の動員を記録した。

2020年[編集]

2月22日に静岡で開催されたRIZIN.21では、DEEPバンタム級王者のビクター・ヘンリーや7年間無敗のヴガール・ケラモフがRIZIN初登場。メインで朝倉未来がUFCのTUFラテンアメリカ出場者 ダニエル・サラスにKO勝利。4月にはRIZIN.22とした横浜大会で王者マネル・ケイプの試合やトフィック・ムサエフvs.ルイス・グスタボなどが予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大による、日本政府の大規模イベント自粛要請により大会が中止となった。その後もコロナの影響でイベントの開催はできず、榊原信行CEO曰く3大会が中止となったことでゲート収入だけで7~8億円の売上が失われ、夏に予定していたメガイベントも客入れが不可であることから開催出来ず、先が見えないまま政府の自粛要請解除を待ち続ける流れとなった。また、日本政府の発令したコロナウイルス蔓延防止対策の渡航禁止例で、海外選手が日本に入国できなくなったことで2代目バンタム級王者のマネル・ケイプがバンタム級王座を返上。他にも契約下にいた複数の強豪海外選手達が他団体に流出することとなった。その後、政府の緊急事態宣言の終了に伴い、大規模イベントの開催制限が緩和されたことで入場者5000人までという日本政府の発表した入場規制を厳守したうえで、8月9日と10日にRIZIN.22RIZIN.23を同じ会場で2日連続開催。この2大会に際しては、クラウドファンディングで大会開催資金を募り、海外選手は日本政府の出したコロナウイルスによる渡航禁止令によりまだ呼べないことから、日本在住選手中心のカード編成となった。また、2019年から肩書がない状態で携わっていた高田延彦が、RIZIN.22より「キャプテン」に就任[14][15][16]。8月9日のRIZIN.22では、ムエタイ界の世界No.1選手である19歳の吉成名高がRIZINと契約。吉成は無傷でKO勝利し、その後のRIZINの大会でも6連続KO勝利してRIZINスター選手の1人となった。また、この大会には当時プロ3戦目でまだ無名だった萩原恭平もRIZIN初出場。白川陸斗にKO勝利して、この試合をきっかけに一気にRIZINの人気選手へと駆け上がった。RIZIN.23ではバンタム級王座決定戦が行われ、朝倉海扇久保博正に勝利して第3代バンタム級王者となった。9月27日のRIZIN.24では、K-1を離脱した皇治が初参戦するも那須川天心に敗れた。11月21日のRIZIN.25では、朝倉未来斎藤裕によるフェザー級初代王座決定戦が行われ、斎藤が朝倉にRIZIN初黒星を付けて初代RIZINフェザー級王者となった。大晦日のRIZIN.26では、ハム・ソヒの参戦不可により空位になっていた女子スーパーアトム級王座決定戦が行われ、浜崎朱加山本美憂に一本勝ち、バンタム級タイトルマッチでは怪我から復帰した堀口恭司が現王者の朝倉海にKO勝利し、それぞれ王者に返り咲いた。この大会のワンマッチでは、試合前の激しい煽り合いの果てに萩原恭平平本蓮をKOした試合が大きな反響を呼び、レスリング リオ五輪銀メダリストの太田忍クレベル・コイケのRIZINデビュー戦、元格闘家の有名YouTuberシバターの初参戦、那須川天心の試合前にK-1三階級制覇王者武尊の登場、堀口恭司が朝倉海に放った『カーフキック』などが、SNSですべてトレンド入りするなど、多くの話題を振り撒いた。

2021年[編集]

3月21日のRIZIN.27では、女子スーパーアトム級タイトルマッチで浜崎朱加浅倉カンナに後半追い上げられるも勝利して王座防衛。ワンマッチの武田光司vs.久米鷹介は壮絶な1戦となった。6月13日(緊急事態宣言により5月23日から延期)にはRIZIN初の東京ドーム大会となったRIZIN.28ではトフィック・ムサエフホベルト・サトシ・ソウザによるライト級初代王座決定戦が行われ、サトシが下馬評を覆してムサエフから一本勝ち。初代RIZINライト級王者に輝き、勝利者マイクで亡き父に、「お父さん、見ててくれたかい?長い時間がかかったから今日は一緒にいないけど、私の人生は変わったよ。達成できたよ。」と、会場の天井を見上げて涙を流しながら語りかけた。メインではクレベル・コイケ朝倉未来を絞め落として一本勝ちし、その様子はフジテレビの地上波で生放送され、連日続報が大きな話題となった。6月27日に大阪で開催されたRIZIN.29では、4年ぶりとなる4人制の「RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」が行われ、偶発性のバッティングによるアクシデントで決勝に進んだ皇治からダウンを奪って白鳥大珠が優勝した。8月21日には国内最大手の配信会社U-NEXTとRIZINがパートナー契約を結び、U-NEXT独占配信でPPV有料配信に特化したRIZINの新しい大会『RIZIN LANDMARK』シリーズの開始を発表。コロナ対策で観客数をファンクラブ抽選の約100人に絞り、会場非公開で10月に第1回大会が開催されることとなった[注 2]。9月19日のRIZIN.30では、キック王者になり本業の総合格闘技に戻ってきたRIZINアマチュアMMA 2016優勝者の鈴木千裕がRIZIN初参戦。さらに女子キック界の新星 ぱんちゃん璃奈、元K-1王者で総合格闘家に転向した久保優太などの新しい選手達も初参戦した。10月2日には、U-NEXTと共同運営の新シリーズの第1回大会であるRIZIN LANDMARK vol.1が開催され、試合数は4試合のみで、メインイベントに朝倉未来vs.萩原京平という人気選手同士の話題性の高いカードが組まれ、朝倉が判定勝ちを収めた。しかし、この大会を独占配信したU-NEXTのホームページにRIZINのPPV購入申し込み者とこの大会のための新規会員登録者が殺到したことで、過去最高のアクセス数により200万人以上会員のいるU-NEXTのサーバーがダウンして復旧不能になるという配信トラブルが発生。のちに『U-NEXTサーバー落ち事件』として語り継がれる問題となり、この騒ぎによって大会開始が1時間以上遅延したことがYahoo!ニュースなどで大々的に取り上げられて世間で大きな話題となった。さらに過去のデータや推移から15万件以上は売れると事前に見込まれていたこの大会のPPVが、U-NEXTのサーバー落ちで購入不可能となり、事前売上と試合結果が出た後の追加購入の合計で約9万件程度で止まり、RIZIN側に推定億単位の売上損失が出たことや当日に視聴できない購入者が続出したことでU-NEXTが謝罪することとなった。ただし、大会直前にPPVが一切購入出来ない状態だったにも関わらず事前申込数だけで、5週連続配信のB'zやサザンオールスターズの持っていたU-NEXTのライブ配信PPV購入件数の過去最高記録を一夜で大きく更新し、U-NEXTの歴代最高購入数の新記録を打ち立てる結果となった[17][18]。10月24日に開催されたRIZIN.31では、フェザー級タイトルマッチで挑戦者の牛久絢太郎が王者斎藤裕を飛び膝蹴りで流血カットによるドクターストップで破り、斎藤裕が「まだ出来る!」と叫ぶ中で牛久が第2代フェザー級王者に輝いた。11月20日にはRIZIN.32が沖縄で初開催され、メインでRENAが劣勢な展開から山本美憂のタックルに膝蹴りを合わせて逆転KO勝利。11月28日にはRIZIN単独大会としては初のケージ使用となり新しい選手の発掘も兼ねた新シリーズのRIZIN TRIGGER 1stが開催されると、鈴木千裕vs.山本空良という、共にRIZINアマチュア大会出身者で優勝者同士の若手対決が行われ、メインでは萩原京平昇侍にKO勝利した。大晦日のRIZIN.33では、ライト級タイトルマッチで王者ホベルト・サトシ・ソウザが挑戦者の矢地祐介に勝利し初防衛に成功。朝倉未来斎藤裕が405日ぶりに再戦して朝倉が判定勝利でリベンジを果たした。この大会では日本人総合格闘家のトップ選手と日本団体の王者達を一同に集めた16人制の日本グランプリ「RIZIN FIGHTING JAPAN GP 2021 バンタム級トーナメント」の準決勝・決勝戦も行われ、優勝候補であった井上直樹朝倉海を下した元修斗王者の扇久保博正が優勝を果たした。また、エキシビションマッチのシバター対久保優太戦では、炎上系YouTuberでもあるシバターが動画のネタとして仮病・怪我を装って試合のキャンセルをちらつかせながら行った陽動作戦に久保が引っかかり、2人の間で「シバターの怪我を考慮して1R目は蹴りのみで戦い、2R目からは全力で戦う」という試合展開の申し合わせが行われていたことが発覚。また、試合ではシバター本人がその申し合わせを一切行わず、普通に試合をして1Rで久保に勝利したことが大きな話題となった。久保優太とシバターはこの件でのちに謝罪することとなった。

2022年[編集]

2月26日に静岡で開催されたRIZIN TRIGGER 2ndでは、RIZINと再契約をしたクレベル・コイケ佐々木憂流迦にダウンを奪われながらも逆転一本勝ち。3月6日のRIZIN LANDMARK vol.2では世間に話題を振りまく平本蓮が約1年3ヶ月ぶりに試合を行い成長した姿を見せるはずだったが、鈴木千裕にフラッシュダウンを奪われるなど完敗してデビュー戦から2連敗を喫した。3月20日のRIZIN.34では元DEEP王者の弥益ドミネーター聡志が地元大阪府出身の萩原京平に一本勝ちを収めた。4月16日と17日には、同会場かつ2日間連続で大会が開催され、新型コロナウイルス対策の規制緩和により約1年4ヶ月ぶりに多くの海外選手が参戦。その4月16日のRIZIN TRIGGER 3rdでは、ルイス・グスタボ矢地祐介と約4年ぶりに再戦して、前回同様にグスタボがKO勝利した。グスタボはコロナで渡航禁止令中も他の海外団体からのオファーを断り続けて試合をせず、再びRIZINで戦うことを2年4ヶ月間も待ち続けていた。4月17日のRIZIN.35ではタイトルマッチ3試合が同時に行われ、女子スーパーアトム級タイトルマッチで挑戦者伊澤星花が王者浜崎朱加を判定で破り第4代女子スーパーアトム級王者となり、セミファイナルのフェザー級タイトルマッチで王者牛久絢太郎が初代王者で挑戦者の斎藤裕からハイキックでダウンを奪い初防衛。メインイベントのライト級タイトルマッチでは王者ホベルト・サトシ・ソウザが挑戦者のジョニー・ケースから一本勝ちして王座防衛に成功し、RIZIN王者史上初となる2度目の王座防衛に成功した。5月5日のRIZIN LANDMARK vol.3ではクレベル・コイケ萩原京平の攻撃で流血しながら一本勝ちを収めた。6月17日には、定額制動画配信サービス『RIZIN 100 CLUB』がサービス開始[19]。月額880円で過去のRIZINの過去全試合が見放題となり、高画質映像・会見の別アングル・選手の独占インタビュー・ここでしか見れない企画動画などが配信されるサブスクサービスがスタートした。6月19日には那須川天心のキックボクシング引退試合となる那須川天心 対 武尊戦をメインとするRIZIN・K-1・RISEによる中立のメガイベント『THE MATCH 2022』がRIZIN運営により企画・運営されて開催。那須川がK-1王者の武尊からダウンを奪い判定で完勝した。この大会は東京ドームで56,399人の観衆を集め、ゲート収入20億円、PPV売上は50万件以上(約27億5000万円以上)、スポンサー費5億円以上という、1夜にして50億円以上の売上を記録したことがこの大会を放送したAbemaの親会社サイバーエージェントから発表された。これにより過去のPPV売上の日本記録を大きく更新して塗り替えた。2度目の沖縄開催となった7月2日のRIZIN.36では、当初メインを務める予定であった朝倉海が直前で欠場したことで急遽、RIZIN公式サブスク RIZIN 100 CLUB加入者のうち先着5万人までPPV料金(合計、約2億7500万円相当)が無料となる異例の措置が取られ、朝倉海の代わりにメインを務めた平本蓮が総合格闘技 初勝利を収めた。9月25日には、超RIZINRIZIN.38が同日2部構成で開催され、超RIZIN(スーパーライジン)パートではボクシング5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー・ジュニアが3年9ヶ月ぶり2度目の参戦。メインで朝倉未来と対戦し大きな反響を呼んだ。この大会の最前列のチケットは4枚がFanplusのオークションにかけられ、4枚全てに数百万円の値段が付き、最高額チケットは420万円で落札された。また、この大会は試合開始直前に花束贈呈者であるごぼうの党代表・奥野卓志が、メイウェザーへの個人的な不満から、メイウェザーに渡すはずだった花束をメイウェザーの目の前でリング内マットに投げ捨てたことが大きな話題となり、榊原CEOがすぐさま大会中にマイクを持つと、観客の前で「品性下劣な男をリングに上げてしまった」と奥野の行為を猛批判し、視聴者や観客に謝罪した。後日会見でも改めてプロモーターとして世界に向けて土下座して謝罪し、囲み取材では奥野に対して法的処置を検討している事も話した。同日のRIZIN.38パートでは、メインを務めた堀口恭司が約1年9ヶ月ぶりに参戦して金太郎から一本勝ち。この超RIZIN/RIZIN.38のPPV売上は好調で、THE MATCHの50万件には僅かに届かなかったが、海外売上の数字を合わせた世界合計でTHE MATCHに近いPPV件数を売り上げ、当時のRIZIN歴代1位のPPV売上を記録した[20]。10月23日のRIZIN.39では、メインのフェザー級タイトルマッチで挑戦者クレベル・コイケが王者牛久絢太郎から一本勝ちして第3代フェザー級王者に輝いた。11月6日のRIZIN LANDMARK 4では、メインで平本蓮弥益ドミネーター聡志を打撃で圧倒して判定勝ち。12月31日のRIZIN.40では、2019年以来となる『RIZIN×Bellator』の5対5による全面対抗戦が行われ、5試合中4試合がほぼ互角の白熱した展開となった。また、RIZIN.37からRIZIN.40にかけて、5年ぶりとなる女子MMAトーナメント「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2022 女子スーパーアトム級トーナメント」が開催され、大晦日の決勝戦で、女子アトム級世界ランキング1位の伊澤星花が世界ランク2位のパク・シウを下し優勝を果たした。

2023年[編集]

4月1日のRIZIN.41では、K-1を離脱した芦澤竜誠がRIZINに初参戦し因縁のある皇治と対戦。芦澤が2-1で判定勝ちを収めた。芦澤と皇治はこの試合を最後にキックボクシングを引退。両者が総合格闘家に転向することを発表した。4月29日のRIZIN LANDMARK 5ではRIZIN初のダブルメインイベントとして牛久絢太郎がMMA復帰戦となる朝倉未来と対戦、斎藤裕平本蓮と対戦し、朝倉と斎藤がそれぞれ判定勝ちを収めた。5月6日に有明アリーナで初の総合格闘技イベントとして行われたRIZIN.42では、堀口恭司のフライ級転向に伴うバンタム級王座返上を受けて、第5代バンタム級王座決定戦進出を賭けた2試合がダブルメインで行われ、怪我から約1年半ぶりの復帰戦となる朝倉海元谷友貴と、井上直樹フアン・アーチュレッタとそれぞれ対戦し、壮絶な試合に競り勝ったアーチュレッタと元谷からKO勝利した朝倉が7月30日のバンタム級王座決定戦に駒を進めた。また、この大会の最中にRIZIN公式YouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破。この数字はこの時点でスポーツ公式チャンネルとしてはプロ野球のパ・リーグch(当時112万人)に次ぐ日本2位の記録となっており、RIZIN公式チャンネルの1動画辺りの平均再生数はこの時点で約22万回で、パ・リーグch(約14万回)の約1.6倍となっている。(参考:この時点のJリーグ公式chは登録者71万人、平均動画再生数は2万2000回)。6月24日にRIZIN初の北海道大会として開催されたRIZIN.43では、会場付近に熊の出没情報が出て榊原CEOが地元のニュース番組に出演する中、王者クレベル・コイケと挑戦者鈴木千裕によるフェザー級タイトルマッチが行われる予定だったが、前日計量でクレベルが汗が一切出なくなるトラブルから規定体重を400g超過したためRIZIN王者として初めて王座を剥奪された。試合は鈴木が勝利した場合のみ王座獲得となるフェザー級王座認定戦として行われ、クレベルが鈴木から一本勝ちしたことでノーコンテストとなり王座は空位となった。この大会は『RIZIN公式YouTube ch登録者数100万人突破記念』として、大会全編がYouTubeで無料生放送され、生中継中に200万人以上に視聴され、同時接続は33万6000人を超え、ランキングでもYouTubeライブ世界1位となった[21]。7月30日の超RIZIN.2は前半Bellatorパート、後半RIZINパートとして2部構成で行われ、Bellatorパートでは元RIZIN選手の渡辺華奈が日本凱旋試合で判定勝ち。初代フライ級王座決定戦は堀口恭司神龍誠が対戦するも、1Rに堀口の偶発的なアイポークでノーコンテスト。Bellatorライト級WGP1回戦のパトリッキー・ピットブルvs.AJ・マッキーはマッキーの直前の欠場により中止になりかけたが、オフで家族とバーベキューを楽しんでいたホベルト・サトシ・ソウザが試合の1週間前に急遽代役出場のオファーを受け、1週間で体重を9kg落としてパトリッキーと戦った。RIZINパートでは、RIZIN✕Belaltorの対抗戦として、RIZN代表の鈴木千裕がBellator PFP 1位・元Bellatorライト級王者・現Bellatorフェザー級王者のパトリシオ・ピットブルと対戦し、鈴木がBellatorの看板選手であるパトリシオを1RKOで下して会場の観客を総立ちにさせた。女子スーパーアトム級タイトルマッチでは伊澤星花がクレア・ロペスに一本勝ちしてタイトル初防衛に成功。バンタム級王座決定戦はフアン・アーチュレッタが、朝倉海の負傷を受けて急遽代役出場した扇久保博正に判定勝ちして第5代バンタム級王者となった。メインで行われた第4代フェザー級王座決定戦では、ヴガール・ケラモフ朝倉未来に1R一本勝ちを収め、第4代フェザー級王者に輝いた。9月24日のRIZIN.44では、クレベルが体重超過によるフェザー級王座剥奪からの再起戦として金原正徳と対戦し、金原が判定勝ち。一週間後の10月1日に開催されたRIZIN LANDMARK 6では、レスリング リオ五輪銀メダリストの太田忍井上直樹と対戦する予定だったが、井上が欠場したことで第10代修斗世界バンタム級王者の佐藤将光が代役出場して太田忍と対戦した。11月4日にはRIZIN初の海外興行としてアゼルバイジャンRIZIN LANDMARK 7が開催され、アゼルバイジャン代表選手とRIZIN世界選抜選手による対抗戦が行われ、大将戦となるRIZINフェザー級タイトルマッチでは、第4代フェザー級王者ヴガール・ケラモフ鈴木千裕が対戦し、1Rで鈴木がグラウンド状態でケラモフを蹴り上げ、グラウンド下からの打撃でKO勝ちを収めて第5代RIZINフェザー級王者に輝いた。また、12月4日には32人のRIZIN選手のカードが1袋に1枚入った『RIZINウエハース』がバンダイから発売。同商品は発売されると同時にAmazonホビーランキングで1位となり、多くのファンがSNS上で開封報告を行い、全国で品切れが相次いだ。その後、バンダイのウエハース史上歴代1位の売上という情報が出るとU-NEXTのRIZIN.45生特番で榊原CEOが「(発売開始から数週間で、)すでに100万個以上が市場に出ており、販売元のバンダイさんから連絡が来てすぐに第2弾の販売が決定しました」と報告した。大晦日のRIZIN.45では、メインで2階級のタイトルマッチが行われ、バンタム級タイトルマッチは王者フアン・アーチュレッタがウイルス性腸炎などによる体調不良から計量前に汗が出なくなり前日計量で規定体重を2.8kg超過して王座剥奪。協議の結果、挑戦者 朝倉海が勝利した場合のみ公式記録とする条件と、戻し体重の制限をすることで試合が行われ、朝倉がアーチュレッタをKOで下し王座返り咲きを果たした。新設されたRIZINフライ級の初代王座決定戦では、元RIZINバンタム級王者 堀口恭司と約6年負け無しのDEEPフライ級王者 神龍誠が対戦して堀口が一本勝ち。堀口が初代RIZINフライ級王者となり、RIZIN史上初の2階級制覇を成し遂げた。試合後には堀口が元RIZINガールの川村那月にリング上でプロポーズした。この大会は超RIZIN.1の持っていたRIZINの歴代PPV売上記録を更新し、RIZIN史上最大のPPV売上(販売数)を記録した[22]

2024年[編集]

2月24日に佐賀県で開催されたRIZIN LANDMARK 8では、怪我で欠場する選手が相次ぐも代役選手が奮闘する大会となり、メインで堀江圭功ルイス・グスタボが白熱した試合を繰り広げてグスタボが勝利した。3月23日に神戸で行われたRIZIN LANDMARK 9では、 井上直樹vs.佐藤将光などの好カードが組まれ、チケットも即完売。メインではホベルト・サトシ・ソウザがライト級に階級を落とした中村K太郎と対戦し、サトシがハイキックでダウンを奪うなどしてK太郎をKOした。

ルール[編集]

いずれのルールも試合時間内に決着がつかなかった場合は、3名のジャッジによる判定で勝敗がつけられる[注 3]が、延長戦は行われない[注 4]ため、一人のジャッジの判定がドローとなった場合など、選手の判定が1以下にしか達しなかった場合はその場でドロー(引き分け)となる。なお、判定の基準は各ルール毎に異なる。

RIZIN MMAルール[編集]

総合格闘技ルールであり、オープンフィンガーグローブ[注 5]着用の上でグラウンドポジションの相手への踏みつけ、サッカーボールキック、4点ポジションでの膝蹴りが認められる。また、頭部・顔面への肘による攻撃(肘ありルール)は旗揚げ当初から両者合意の際にのみ認められていたが、RIZIN.28からは全試合肘ありとなった(ユニファイド・ルールとは異なり、肘を垂直に打ち下ろすいわゆる縦肘も認められている)。

なお、ヘビー級マッチにおけるグラウンド状態での足による頭部・顔面への攻撃については、両選手の体重差が15kg以上ある場合、体重の軽い選手がその攻撃の有無を選択することが可能[注 6]。試合時間は、RIZIN.14まではPRIDEルールと同様1ラウンド10分、2・3ラウンド5分の変則3ラウンド制を採用した試合も行われたが、以降は男女共に1ラウンド5分の3ラウンド制で行われる。また、デビュー戦や出場回数が少ないなど選手のキャリアにあわせてルールの一部を禁止もしくは試合時間やラウンド数を短縮した特別ルールも行われる。

判定は試合終了後に試合全体を通したトータルの攻防を、相手に与えたダメージ、アグレッシブネス、ジェネラルシップの優先順に判断して下されるトータルマスト方式で行われる。

RIZIN キックボクシングルール[編集]

試合時間は3分3ラウンド制。こちらではボクシンググローブが着用されるが、RIZIN.45のようにオープンフィンガーグローブが着用される場合もある。肘による攻撃は両選手合意の際に特別ルールとして認められる。首相撲からの膝蹴りや蹴り足を掴んでの攻撃など、相手を掴んでの攻撃は1回のみ認められる。

判定は10点法による判定となり、両選手は10点満点の状態で、ダウンの場合は2点減点、優位に責められる場合は1点減点され、より点数が多い選手が勝利となる。

RIZIN MIXルール[編集]

2ラウンド制の混合ルールで、第1ラウンドでキックボクシングルール、第2ラウンドでMMAルールが交互に行われる。試合時間はRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 SARABAの宴およびRIZIN.26では各ラウンド3分、RIZIN.9では各ラウンド5分で行われたりするなど大会によって異なっている。

SARABAの宴やRIZIN.9では第1ラウンドでボクシンググローブ、第2ラウンドでオープンフィンガーグローブ着用というルールだったが、事実上最後に行われたRIZIN.26では全ラウンドでオープンフィンガーグローブ着用というルールに変更された。

RIZIN スタンディングバウトルール[編集]

試合時間は3分3ラウンドもしくは2ラウンド制であるが、キックボクシングルールにおける足による蹴りや打撃などといった足を用いた攻撃や掴み行為を禁止とした、いわゆる通常のボクシングルールに準拠したルールとなっている[注 7]

王者・階級[編集]

現王者[編集]

階級 重量区分 王者 防衛回数
ライトヘビー級 93.0 kg以下 空位 -
ライト級 71.0kg以下 ブラジルの旗ホベルト・サトシ・ソウザ 2
フェザー級 66.0kg以下 日本の旗鈴木千裕 0
バンタム級 61.0kg以下 日本の旗朝倉海 0
フライ級 57.0kg以下 日本の旗堀口恭司 0
女子スーパーアトム級 49.0 kg以下 日本の旗伊澤星花 1

グランプリ王者[編集]

RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX[編集]

大会 階級 優勝 開催年月日
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2022 女子スーパーアトム級 日本の旗 伊澤星花 2022年12月31日
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2019 ライト級 アゼルバイジャンの旗 トフィック・ムサエフ 2019年12月31日
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級 日本の旗 堀口恭司 2017年12月31日
女子スーパーアトム級 日本の旗 浅倉カンナ 2017年12月31日
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級 クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ 2016年12月31日
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 ヘビー級 アメリカ合衆国の旗 キング・モー 2015年12月31日

RIZIN FIGHTING JAPAN GRAND-PRIX[編集]

大会 階級 優勝 開催年月日
RIZIN FIGHTING JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級 日本の旗 扇久保博正 2021年12月31日

RIZIN KICK ワンナイトトーナメント[編集]

大会 階級 優勝 開催年月日
RIZIN KICK ワンナイトトーナメント 57.0kg契約 日本の旗 那須川天心 2017年12月31日
61.0kg契約 日本の旗 白鳥大珠 2021年6月27日

大会一覧[編集]

RIZINナンバーシリーズ[編集]

さいたまスーパーアリーナ埼玉県)をはじめとした主要都市で開催されるRIZINのメインとも言えるシリーズで、PRIDEやDREAMと同じく大会名のナンバーの前にドット (.) が入る(例 RIZIN.40)。なお、ナンバーシリーズの大会名について、RIZIN.1以降で大会名にナンバーが付くようになったのは2018年のRIZIN.10からで、それに合わせて以前の大会もナンバーシリーズへ大会名が修正された[23]

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
RIZIN.47 2024年6月9日 国立代々木競技場第一体育館 日本の旗東京都渋谷区
RIZIN.46 2024年4月29日 有明アリーナ 日本の旗東京都江東区
RIZIN.45 2023年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 23,013人
RIZIN.44 2023年9月24日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 11,681人
RIZIN.43 2023年6月24日 真駒内屋内競技場
(真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)
日本の旗北海道札幌市 8,510人
RIZIN.42 2023年5月6日 有明アリーナ 日本の旗東京都江東区 14,930人
RIZIN.41 2023年4月1日 大阪市中央体育館
(丸善インテックアリーナ大阪)
日本の旗大阪府大阪市 9,987人
RIZIN.40 2022年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 23,661人
RIZIN.39 2022年10月23日 マリンメッセ福岡A館 日本の旗福岡県福岡市 未公表
RIZIN.38 2022年9月25日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 23,105人
RIZIN.37 2022年7月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 11,166人
RIZIN.36 2022年7月2日 沖縄アリーナ 日本の旗沖縄県沖縄市 7,264人
RIZIN.35 2022年4月17日 武蔵野の森総合スポーツプラザ 日本の旗東京都調布市 8,935人
RIZIN.34 2022年3月20日 大阪市中央体育館
(丸善インテックアリーナ大阪)
日本の旗大阪府大阪市 8,002人
RIZIN.33 2021年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 22,499人
RIZIN.32 2021年11月20日 沖縄アリーナ 日本の旗沖縄県沖縄市 4,771人
RIZIN.31 2021年10月24日 ぴあアリーナMM 日本の旗神奈川県横浜市 4,866人
RIZIN.30 2021年9月19日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 7,580人
RIZIN.29 2021年6月27日 大阪市中央体育館
(丸善インテックアリーナ大阪)
日本の旗大阪府大阪市 4,796人
RIZIN.28 2021年6月13日 東京ドーム 日本の旗東京都文京区 9,731人
RIZIN.27 2021年3月21日 名古屋市総合体育館
(日本ガイシホール)
日本の旗愛知県名古屋市 4,558人
RIZIN.26 2020年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 9,978人
RIZIN.25 2020年11月21日 大阪城ホール 日本の旗大阪府大阪市 5,487人
RIZIN.24 2020年9月27日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 5,000人
RIZIN.23 - CALLING OVER - 2020年8月10日 ぴあアリーナMM 日本の旗神奈川県横浜市 4,410人
RIZIN.22 - STARTING OVER - 2020年8月9日 2,805人
RIZIN.21 2020年2月22日 浜松アリーナ 日本の旗静岡県浜松市 6,832人
RIZIN.20 2019年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 29,315人
BELLATOR JAPAN 2019年12月29日 15,160人
RIZIN.19 2019年10月12日 大阪府立体育会館
(エディオンアリーナ大阪)
日本の旗大阪府大阪市 5,098人
RIZIN.18 2019年8月18日 愛知県体育館
(ドルフィンズアリーナ)
日本の旗愛知県名古屋市 6,281人
RIZIN.17 2019年7月28日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 16,930人
RIZIN.16 2019年6月2日 神戸ワールド記念ホール 日本の旗兵庫県神戸市 8,107人
RIZIN.15 2019年4月21日 横浜アリーナ 日本の旗神奈川県横浜市 12,914人
RIZIN.14 2018年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 29,105人
RIZIN 平成最後のやれんのか! 7,498人
RIZIN.13 2018年9月30日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 27,208人
RIZIN.12 2018年8月12日 愛知県体育館 日本の旗愛知県名古屋市 5,567人
RIZIN.11 2018年7月29日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 17,912人
RIZIN.10 2018年5月6日 マリンメッセ福岡 日本の旗福岡県福岡市 7,910人
RIZIN.9 2017年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 18,316人
RIZIN.8 2017年12月29日 15,539人
RIZIN.7 2017年10月15日 マリンメッセ福岡 日本の旗福岡県福岡市 7,732人
RIZIN.6 2017年7月30日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 17,730人
RIZIN.5 2017年4月16日 横浜アリーナ 日本の旗神奈川県横浜市 12,729人
RIZIN.4 2016年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 19,357人
RIZIN.3 2016年12月29日 16,642人
RIZIN.2 2016年9月25日 15,011人
RIZIN.1 2016年4月17日 名古屋市総合体育館
(日本ガイシホール)
日本の旗愛知県名古屋市 7,291人
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 IZAの舞 2015年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市 18,365人
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 SARABAの宴 2015年12月29日 12,214人

RIZIN LANDMARK[編集]

2021年より開始されたシリーズ。vol.3までは観客を少人数に限定し、有料ライブ配信に特化した大会であったが、RIZIN LANDMARK 4よりRIZIN TRIGGERを統合させる形でケージを用いた有観客の大会となった[24]。RIZIN LANDMARK 7はRIZIN初の海外大会として開催された。

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
RIZIN LANDMARK 9 2024年3月23日 神戸ワールド記念ホール 日本の旗兵庫県神戸市 8,498人
RIZIN LANDMARK 8 2024年2月24日 SAGAアリーナ 日本の旗佐賀県佐賀市 7,758人
RIZIN LANDMARK 7 2023年11月4日 ナショナルジムナスティックアリーナ英語版 アゼルバイジャンの旗バクー 未公表
RIZIN LANDMARK 6 2023年10月1日 愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) 日本の旗愛知県名古屋市 7,017人
RIZIN LANDMARK 5 2023年4月29日 国立代々木競技場第一体育館 日本の旗東京都渋谷区 13,837人
RIZIN LANDMARK 4 2022年11月6日 愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) 日本の旗愛知県名古屋市 未公表
RIZIN LANDMARK vol.3 2022年5月5日 未公表 日本の旗東京都 未公表
RIZIN LANDMARK vol.2 2022年3月6日 未公表 日本の旗東京都 約170~180人
RIZIN LANDMARK vol.1 2021年10月2日 未公表 日本の旗東京都 約90人

RIZIN TRIGGER[編集]

2021年から2022年までPotential社との共催で計3回開催されたシリーズ。『再生・回帰、発掘・育成、地域活性』をテーマに、主要都市で開催されるナンバーシリーズとは異なり、国内のあらゆる場所で開催。また、試合はナンバーシリーズ等で用いられるリングではなく六角形のケージ(金網)で実施された。しかし、Potential社CEOの逮捕を受けて2022年9月に休止が発表され[25]、9月25日に有観客大会としてリニューアルしたRIZIN LANDMARKに吸収される形で廃止となった。

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
RIZIN TRIGGER 3rd 2022年4月16日 武蔵野の森総合スポーツプラザ 日本の旗東京都調布市 6,515人
RIZIN TRIGGER 2nd 2022年2月23日 エコパアリーナ(静岡アリーナ) 日本の旗静岡県袋井市 6,025人
RIZIN TRIGGER 1st 2021年11月28日 神戸ワールド記念ホール 日本の旗兵庫県神戸市 4,025人

超RIZIN[編集]

北米のファンに向けた時間設定となっており、第1回大会はRIZIN.38との二部構成で、メインイベントとして朝倉未来フロイド・メイウェザー・ジュニア戦が行われた。第2回大会はRIZIN.40の「RIZIN vs. BELLATOR 全面対抗戦」以来のBellatorとの合同開催となり、BELLATOR JAPAN以来となるBellatorパートとRIZINパートの二部構成として開催された。

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
超RIZIN.3 2024年7月28日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗埼玉県さいたま市
超RIZIN.2 2023年7月30日 24,264人
超RIZIN 2022年9月25日 23,105人

THE MATCH[編集]

榊原信行株式会社ドリームファクトリーワールドワイド(RIZIN運営会社)代表、中村拓己K-1プロデューサー、伊藤隆RISE代表の3名を大会実行委員会のメンバーとする那須川天心 対 武尊戦メインによる中立のキックボクシング大会。

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
THE MATCH 2022 2022年6月19日 東京ドーム 日本の旗東京都文京区 56,399人

RIZIN記録[編集]

記録 選手 記録数
最年少王者 伊澤星花 24歳 + 167日
最年長王者 浜崎朱加 40歳 + 17日
最長王座在位 ホベルト・サトシ・ソウザ 1040日
最多試合 RENA 19試合
最多勝利 RENA 14回
最多フィニッシュ勝利 イリー・プロハースカ
堀口恭司
10回[注 9]
最多KO勝利 イリー・プロハースカ 10回
最多一本勝利 クレベル・コイケ 7回
最多判定勝利 浅倉カンナ
扇久保博正
8回
最多王座戦勝利 浜崎朱加 4回
最多王座戦 浜崎朱加 6回
最多連続王座防衛 ホベルト・サトシ・ソウザ 2回
最多階級制覇王者 堀口恭司 2階級制覇
最多連勝 イリー・プロハースカ
堀口恭司
9試合
最速KO勝利 チャールズ・ベネット 7秒
最速一本勝利 シビサイ頌真 49秒
王座戦最速KO勝利 鈴木千裕 78秒
王座戦最速一本勝利 伊澤星花 64秒

提携団体[編集]

以下は提携している一部の団体[26]

冠協賛[編集]

大会に冠協賛が付いている場合は大会名の前に『〇〇 presents』と表記されるが1と12では『p』の部分が大文字になっていた[注 10]。なお、数字のみが表記されている場合はナンバーシリーズとして表記。

  • 株式会社トップ(1)
  • Cygames(無差別級グランプリ、平成最後のやれんのか!、14)
  • RWEDDINGS(12)
  • GOOD SPEED(18)
  • Yogibo(24 - 33、THE MATCH)
  • +WEED(LANDMARK vol.1 - vol.3)
  • 湘南美容クリニック(34 - 40)
  • SPASHAN(TRIGGER 2nd - 3rd)
  • The Battle Cats(超RIZIN)
  • ANGEL CHAMPAGNE(LANDMARK 4)
  • FEDELTA(LANDMARK 5)
  • のむシリカ(超RIZIN.2)
  • For Japan(LANDMARK 6)
  • にゃんこ大戦争(45)

大会中継[編集]

テレビ中継[編集]

地上波では旗揚げ後RIZIN.33まで(一部除くナンバーシリーズ)はフジテレビが地上波での中継を担当していたが、THE MATCH 2022の中継取りやめ以降は撤退。

フジテレビ撤退後は、超RIZINがTOKYO MXテレビ神奈川など全国13局[27]、RIZIN.40が三重テレビとちぎテレビ[28]というようにネットワークに属さない独立放送局でダイジェストという形の録画中継番組が後日放送されるケースがある。2023年については開催された全大会を三重テレビが録画放送している。

スカチャンではノーカット完全生中継がPPVで視聴可能。視聴料金は旗揚げ時から3,240円であったが、2020年の新型コロナウイルス感染防止の為の観客入場制限開始時から5,500円に値上げされている。

インターネット中継[編集]

旗揚げ時から国内ではGYAO!PPVで2,000円)、日本以外の全世界に向けてはFite TVが配信していた。RIZIN.22からは、独自の配信サービス「RIZIN LIVE」、RIZIN.26からは英語解説付きストリーミングサービス「LIVENow」、RIZIN.28からは「Exciting RIZIN」、超RIZINおよびRIZIN.38からはABEMARIZIN.39からはParaviなど様々な媒体で前売りチケット5,000円という価格で配信を行っている。

また、2022年6月17日からRIZINの試合などの関連動画を配信する定額制動画配信サービス「RIZIN 100 CLUB[注 11]」がオープンし、月額880円(税込)+別途PPV料金で独占配信を行っている[29]

実況・解説[編集]

高田延彦がメインキャスター兼解説者を担当、ケンドーコバヤシや、2019RIZINガールでグラビアアイドルの川村那月、RIZINアンバサダーでモデルのくるみもゲストを務めている。

解説者は、高田以外にも高阪剛中井祐樹川尻達也佐藤ルミナ藤井惠杉山しずか石渡伸太郎が務めている。

実況は、フリーアナウンサーの鈴木芳彦[注 12]長坂哲夫矢野武市川勝也髙橋大輔が担当している。

旗揚げ時から2016年までは、メインキャスターに小池栄子、2020年まではおのののか朝比奈彩を起用し、フジテレビの中継撤退までは実況陣に同局のアナウンサーも名を連ねていた。

スタッフ[編集]

  • 実行委員長:榊原信行[30]
  • 広報:笹原圭一[31]
  • 海外事業担当/マッチメイカー:柏木信吾(チャーリー柏木)[32][33]

音楽[編集]

レフェリー[編集]

  • 福田正人
  • 豊永稔
  • 長瀬達郎
  • 田澤康宏
  • 松宮智生
  • 内田龍介
  • 柴田旭

ジャッジ[編集]

  • 豊島孝尚
  • 片岡誠人

なお、レフェリー・ジャッジの一部は一般社団法人日本MMA審判機構(JMOC)から派遣されている[36]

リングアナウンサー[編集]

ラウンドガール[編集]

RIZINのラウンドガールは「RIZINガール」と呼ばれている。

現在のRIZINガール[編集]

2023年12月時点でのメンバーは以下の通り。

RIZINガール2023[編集]

活動期間:2023年9月24日~[38]

  • COCO(2022-)
  • 西井綾音
  • 秋澤うらら
  • 菅田れもん
  • 平野由佳
  • 倉智天彩
  • 宮瀬なこ
  • 石鳥まい
  • 田丸りさ
  • 菅原早記
  • 森香穂
  • 大鷹りか
  • KOU

過去のRIZINガール[編集]

RIZINガール2017[編集]

活動期間:2016年12月31日~[41]

RIZINガール2018[編集]

活動期間:2018年7月29日~[42]

RIZINガール2019[編集]

2019年7月12日、メンバー発表[43]

RIZINガール2020[編集]

活動期間:2020年8月9日~2021年8月30日[44]

RIZINガール2021[編集]

活動期間:2021年9月19日~2022年7月31日[46]

RZINガール2022[編集]

活動期間:2022年9月23日~2023年7月30日[47]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ フジテレビでの放送時間が『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)と重なった場合、立木については同番組のレギュラー担当が優先され、本番組側のナレーションに代役が立てられる。
  2. ^ ※その後、コロナの規制緩和により、LANDMARKシリーズは観客数を絞らない方向に切り替え、RIZIN TRIGGERシリーズと結合され、2022年5月のLANDMARK 3からU-NEXT以外でも配信開始となった
  3. ^ エキシビション(非公式戦)などの場合は判定は行われない。
  4. ^ 延長戦が適用される特別ルールの場合を除く。
  5. ^ イサミ製であり、通常は深緑色のオープンフィンガーグローブが着用されるが、旗揚げ大会のSARABAの宴では旧PRIDEと同じく青色、RIZIN FIGHTING JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメントでは赤色のオープンフィンガーグローブが着用された。なお、手首部分にはグロービングテープの上に赤・青コーナーのテープが貼られており、これはキックボクシングルール用のグローブも同様。
  6. ^ これはPRIDEルールと同様。
  7. ^ 採用された試合はRIZIN.26五味隆典 vs. 皇治戦、RIZIN.33那須川天心 vs. 五味隆典戦、超RIZINのジジ vs. 皇治戦とフロイド・メイウェザー・ジュニア vs. 朝倉未来戦、RIZIN.40平本蓮 vs. 梅野源治戦(ただしRIZIN.33や超RIZIN、RIZIN.40の計4試合はどちらもエキシビション(非公式戦)として行われたため、判定は無し)。RIZIN.14でエキシビションとして行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア vs. 那須川天心戦はスタンディングバウトルールの名称は用いられていないものの基本的なルールは同じであるため、便宜上スタンディングバウトルールとする。
  8. ^ BELLATOR JAPANの記録を含む。
  9. ^ 那須川天心はキックボクシングルールで6回、MMAルールで3回、ミックスルールで1回、計10回のフィニッシュ勝利を挙げている。
  10. ^ 例:『トップ Presents RIZIN.1』
  11. ^ 2022年12月26日までのサービス名は「RIZIN STREAM PASS」。
  12. ^ フリーアナウンサー就任以前はフジテレビに所属していたが、2022年9月14日付で退職。
  13. ^ RIZINテーマ曲「Theme of RIZIN」、インターバル曲、勝利テーマ、退場曲を作曲した他、旗揚げ当初は音楽監督として音響の演出を担当した[34]
  14. ^ 2020年大晦日のRIZIN.26のテレビ放送から使用されているテーマ曲「D.O.F. (Death or fight)」を作成[35]。また本曲はRIZIN.28以降は開幕直前のスタッフ紹介のBGMとしても使用されている。
  15. ^ 2000年からPRIDE、DREAMのリングアナウンサーを務めた。RIZIN旗揚げ大会であるRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 SARABAの宴のみ担当[37]

出典[編集]

  1. ^ https://jp.rizinff.com/about
  2. ^ ヴァンダレイ・シウバ、総合格闘技「公式引退」もボクシングでの復帰と息子のRIZIN参戦示唆”. 日刊スポーツ (2022年9月1日). 2022年9月1日閲覧。
  3. ^ 【RIZIN】吉田沙保里&伊調馨にラブコール「五輪後、挑戦してきてくれれば」 2015年10月8日
  4. ^ 榊原氏を直撃 新格闘イベント「RIZIN」に朝青龍、篠原の参戦あるのか? - 東京スポーツ・2015年10月10日
  5. ^ a b c 大みそか格闘技イベント復活 ヒョードル、桜庭、青木ら参戦 - 東京スポーツ・2015年10月8日
  6. ^ PRIDEの熱を再び作り出す「RIZIN」が始動ヒョードル参戦!桜庭vs.青木が決定 2015年10月8日
  7. ^ 榊原信行氏の新大会をフジテレビが放送。桜庭和志×青木真也決定:12.29・31 埼玉 - Boutreview・2015年10月9日
  8. ^ FEDOR RETURNS ON SPECIAL SPIKE TV EARLY MORNING BROADCAST OF NEW YEAR’S EVE FIGHT CARD - MMAWeekly・2015年11月7日
  9. ^ 石井慧RIZIN出陣公式発表!優勝賞金4000万円!追加選手ともどもトーナメント組み合わせ決定”. 週刊ファイト (2015年11月30日). 2024年2月18日閲覧。
  10. ^ IZAの舞 メインイベント キング・モー VS イリー・プロハースカ トーナメント決勝 試合結果 - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年2月18日閲覧。
  11. ^ 第11試合 ミルコ・クロコップ vs. アミール・アリアックバリ(試合結果詳細)Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント Final ROUND - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年2月18日閲覧。
  12. ^ GYAO Awards 2018「GYAO!ストア ライブ部門賞」受賞!! - RIZINオフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2024年2月17日閲覧。
  13. ^ フジテレビ 「RIZIN」中継で那須川戦ダウンシーン中継できず謝罪「打ち合わせがうまくいかず…」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年2月18日閲覧。
  14. ^ 【RIZIN】榊原CEO「高田延彦さんに“統括本部長”はしっくり来てなかった。これからは『キャプテン!』と声をかけてください」」『ゴング格闘技』、2020年7月28日。2021年1月14日閲覧。
  15. ^ 【RIZIN】高田延彦・統括本部長が“ご意見番”に”. eFight 【イーファイト】. ヨシクラデザイン (2019年2月1日). 2020年6月24日閲覧。
  16. ^ 髙田延彦ロングインタビュー「統括本部長から素顔の髙田延彦へ。その理由と思い」”. TOKYO HEADLINE. ヘッドライン. p. 3 (2019年3月31日). 2020年6月24日閲覧。
  17. ^ 【RIZIN】サザンオールスターズを超えた「過去最高アクセス」も配信トラブルで1時間遅延を榊原CEOが謝罪”. ゴング格闘技 - GONKAKU. 2024年2月18日閲覧。
  18. ^ 2日のRIZIN配信トラブル、サザンやB’z超えアクセスが原因 - 格闘技 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年2月18日閲覧。
  19. ^ 『RIZIN 100 CLUB』”. RIZIN 100 CLUB 公式サイト. 2024年2月17日閲覧。
  20. ^ 朝倉未来VSメイウェザー、PPV売上は天心VS武尊級!/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2024年2月16日). 2024年2月16日閲覧。
  21. ^ 榊原信行 Twitter「本日は #RIZIN43 北海道大会をLIVE観戦頂きまして、誠にありがとうございました。無料視聴も同時接続33万件を超え、200万人以上の方々にリーチして頂けました」”. Twitter. 2024年2月17日閲覧。
  22. ^ 【RIZIN】大みそか大会はPPV売上が過去最高”. ORICON NEWS (2024年1月18日). 2024年2月17日閲覧。
  23. ^ RIZIN ナンバー大会に変更 今季日程発表 日刊スポーツ 2018年2月14日
  24. ^ RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA 大会情報/チケット - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2022年9月25日閲覧。
  25. ^ RIZIN TRIGGERは休止へ、共同主催CEO逮捕で「ストップせざるをえない」(榊原CEO) eFight 2022年9月6日
  26. ^ http://jp.rizinff.com/_ct/16978341
  27. ^ メイウェザー-朝倉未来など「超RIZIN」地上波放送決定 10・7テレビ神奈川ほか全13局 日刊スポーツ(2022年9月28日) 2023年3月8日閲覧
  28. ^ 『湘南美容クリニック presents RIZIN.40 RIZIN vs. BELLATOR 全面対抗戦 -完全版-』放送決定!1/22(日)より各局にて放送開始! RIZIN公式サイト(2023年1月12日) 2023年3月8日閲覧
  29. ^ 6/17(金)18時からオープン!RIZIN定額制動画配信サービス「RIZIN STREAM PASS」 RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト 2022年6月17日
  30. ^ 「RIZIN」榊原実行委員長 今後もサプライズなマッチメークを予告 スポーツニッポン(2019年1月31日)2023年6月25日閲覧
  31. ^ 平本蓮がゲストで登場!RIZIN RADIO GOLD 超RIZIN&RIZIN.38 事前特番 生配信! RIZIN公式サイト(2022年9月19日)2023年6月25日閲覧
  32. ^ 【Bellator】“決戦”直前・緊急インタビュー! RIZIN海外事業担当・柏木信吾氏が語る「堀口恭司vsコールドウェルは『真の世界一』を決める戦いの始まりに──」 ゴング格闘技(2019年6月14日)2023年6月25日閲覧
  33. ^ 12月10日(日) 19:35~FM NACK5「FIGHTING RADIO RIZIN!!」 RIZIN公式サイト(2017年12月10日)2023年6月25日閲覧
  34. ^ クレオフーガラジ 6/8 OA Guest:佐伯栄一 ヤマハ公式サイト内 2023年6月25日閲覧
  35. ^ 布袋寅泰、格闘技イベント「RIZIN」に新曲書き下ろし「戦う魂に栄光あれ!」 音楽ナタリー(2020年12月29日) 2023年6月25日閲覧
  36. ^ 日本MMA審判機構(JMOC)が記者会見。MMA審判員の養成・ノウハウ共有を促進。賛助会員を募集 BOUT REVIEW(2018年7月21日) 2023年6月25日閲覧
  37. ^ ガンバレRIZIN WORLD GP 2015 ケイ グラントオフィシャルブログ 2015年12月30日
  38. ^ RIZINガール2023決定!9/24(日)RIZIN.44より活動スタート! - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2023年12月25日閲覧。
  39. ^ a b 【RIZIN】ミスFLASHグランプリらラウンドガール決定 イーファイト(2015年12月8日) 2023年6月25日閲覧
  40. ^ a b 【RIZIN】ラウンドガールが新加入、サンタになってプレゼントも イーファイト(2015年12月16日) 2023年6月27日閲覧
  41. ^ RIZINガール 7人の新メンバー! 無差別級トーナメントのトロフィー&ベルトお披露目!! RIZIN公式サイト(2016年12月14日) 2023年6月25日閲覧
  42. ^ 新RIZINガール 『RIZIN.11』に登場!! RIZIN公式サイト(2018年7月25日) 2023年6月25日閲覧
  43. ^ RIZINガール2019決定!さらに、ファイナルオーディション開催! - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2023年12月25日閲覧。
  44. ^ RIZINガール2020決定! RIZIN公式サイト(2020年8月4日)2023年6月25日閲覧
  45. ^ [https://twitter.com/a_____sa80/status/1705576159168360631 山口梓 2023年9月23日 ]
  46. ^ RIZINガール2021が決定!総勢12名の新メンバーを発表! - RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト”. jp.rizinff.com. 2023年12月25日閲覧。
  47. ^ RIZINガール2022が決定!総勢13名の新メンバーを発表! RIZIN公式サイト(2022年7月12日)2023年6月25日閲覧

外部リンク[編集]