クレベル・コイケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレベル・コイケ
2015年
本名 クレベル・コイケ・エルベスト[1]
(Kleber Koike Erbst)
生年月日 (1989-10-16) 1989年10月16日(34歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州サンパウロ
通称 柔術大好きコイケさん
RIZINの鬼神
柔術界の鬼神
居住 日本の旗 日本
静岡県磐田市
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
身長 178 cm (5 ft 10 in)
体重 66 kg (146 lb)
階級 フェザー級
リーチ 183 cm (72 in)
スタイル 柔道
ブラジリアン柔術
グラップリング
シュートボクシング
スタンス オーソドックス
拠点 日本の旗 日本
静岡県浜松市
チーム ボンサイ柔術
師匠 マオリシオ・ダイ・ソウザ
トレーナー 鈴木博昭
ランク ブラジリアン柔術 (黒帯)
現役期間 2008年 -
総合格闘技記録
試合数41
勝利32
ノックアウト2
タップアウト28
判定2
敗戦7
タップアウト1
判定5
失格1
引き分け1
無効試合1
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
男子 ブラジリアン柔術
世界柔術選手権
2012 カリフォルニア
紫帯
76kg級
ヨーロッパ柔術選手権
2012 ポルトガル
紫帯
76kg級
ワールド・プロフェッショナル柔術選手権
2013 アブダビ
茶帯
76kg級
アジア柔術選手権
2017 東京
黒帯
76kg級
2019 東京
黒帯
76kg級
2019 東京
黒帯
無差別級
テンプレートを表示
Kleber Koikeクレベル コイケ
公式サイト
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
ジャンル スポーツ
登録者数 5.1万人
総再生回数 567万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年9月23日時点。
テンプレートを表示

クレベル・コイケ・エルベスト[1]Kleber Koike Erbst1989年10月16日 - )は、ブラジル男性柔術家プロ総合格闘家サンパウロ州サンパウロ出身。静岡県磐田市在住。ボンサイ柔術所属。第3代KSWフェザー級王者。元REBEL FCフェザー級王者[2]。第3代RIZINフェザー級王者[3]

来歴[編集]

日本人の祖父がブラジルで柔道をやっていた縁から、サンパウロで7歳から柔道を始める[4]

14歳で両親とともに出稼ぎのために来日。中学校で在日ブラジル人たちがいじめられている姿を見て学校には行かなくなり、工場の仕事、養鶏場ゴミ回収のアルバイトをして生計を立てた。 また、来日直後は柔術サークルに通っていたが、工場行きの送迎バスの中で、ボンサイ柔術ジャパンを立ち上げたマオリシオ・ダイ・ソウザに偶然出会ったことがきっかけで、ボンサイ柔術に入門した[5]。 2008年の秋、リーマンショックによる不況の影響で両親たちはブラジルへ帰ったが、クレベルは日本に残り、マルコス・ヨシオ、ホベルト・サトシ・ソウザ兄弟らとアパートで共同生活をしながら[4]共にボンサイ柔術で技を磨き上げて才能を開花させ、数々の柔術大会で入賞を果たした[2][6]

DEEP[編集]

2008年9月28日、Club DEEP浜松2008で総合格闘技デビュー。和田まさきと対戦し、1Rにリアネイキッドチョークで一本勝ち。

2008年8月30日、DEEP OSAKA IMPACTで前田吉朗と対戦し、ローブローによる反則負けを喫した。

2013年11月24日、 DEEP CAGE IMPACT 2013で門脇英基と対戦し、1Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた。

DEEPを離脱。その前後にDEEP代表の佐伯繁と口論になるなど話題となった[7]

KSW[編集]

2015年2月21日、KSW初参戦となったKSW 30でアンゾル・アジエフと対戦し、1Rに三角絞めで一本勝ちを収めた[8]

2015年6月27日、 Pebel FC 3のフェザー級GPに参戦。ワンデイトーナメントとなった初戦で芦田崇宏に1R三角絞めで一本勝ちを収めると、決勝で元WEC世界バンタム級王者のミゲール・トーレスに2Rブラボーチョークで一本勝ちを収め、フェザー級王者に輝いた。なお、この試合でMMA14連勝、13試合連続フィニッシュ勝利となった。

2015年11月28日、KSW 33のKSW初代フェザー級王座決定戦でアルトゥル・ソウィンスキと対戦。ダースチョーク腕ひしぎ十字固めを極めかけるなどしたが、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[9]

2016年4月24日、PANCRASE 277で矢地祐介と対戦し、3Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた[10]

2017年5月27日、KSW 39のKSWフェザー級タイトルマッチで、王者マルチン・ロゼクに挑戦。グラウンドコントロールで試合をリードし3-0の判定勝ちを収め、第3代KSWフェザー級王者に輝いた[11]

2017年12月23日、KSW 41でアルトゥル・ソウィンスキとKSWフェザー級タイトルマッチとして再戦する予定であったが、ホテルに事前に用意されると聞いていたはずのバスタブが無かった事などが影響し[12][13]体重超過により計量に失敗。王座を剥奪されたためノンタイトルの5R戦として実施された。試合は、3Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めリベンジに成功した[14]

2018年12月1日、KSW 46のKSWフェザー級王座決定戦でKSWライト級王者マテウス・ガムロットと対戦するも、0-3の5R判定負けを喫し王座獲得に失敗した[15]

KSWでは3年勝ち続けて王者になっても条件が上がらなかったため、契約を更新せずKSWを離脱した。

RIZIN[編集]

2020年7月、自身のSNSに「私はRIZINの舞台で戦いたいと思っています。日本のファン達が私の試合を日本で見ることを熱望しているので、是非チャンスをください。契約書を待っています。準備万端です」という内容を投稿。

2020年8月9日、RIZIN.22で勝利した同門のホベルト・サトシ・ソウザに試合後のリングに迎え入れられ、改めてマイクでRIZINへの参戦アピールを行った。

2020年11月21日、RIZIN.25でサトシ等とともに柔術デモンストレーションに出場し、護身術や柔術のテクニック披露した[16]

2020年12月31日、RIZIN初参戦となったRIZIN.26カイル・アグォンと対戦し、1Rに右のオーバーハンドフックでダウンを奪った後 ダースチョークで一本勝ちを収めた[17][試合映像 1][補足映像 1]

2021年3月21日、RIZIN.27摩嶋一整と対戦し、2Rに三角絞めによる一本勝ちを収めた[18][試合映像 2][補足映像 2]

2021年6月13日、RIZIN.28朝倉未来と対戦。1Rにパンチを受ける場面はあったものの、2Rに肘打ちで朝倉の顔面を大きく腫らせた後グラウンドに引き込み、三角絞めで一本勝ちを収めた[19][20][試合映像 3][補足映像 3]

2021年10月24日開催のRIZIN.31でのRIZINフェザー級王者・斎藤裕とのタイトルマッチのオファーを大会3ヶ月以上前の時点で受けていたが、クレベルが怪我や体重が落ちないことなどを理由に試合を断った事をRIZIN榊原信行CEOが公の場で明かした[21]。後日、クレベルは声明において、試合を受けられなかったことへの謝罪と、怪我を完治させてRIZINに継続参戦したい意向を発表した[22]。その後、マネージメントサイドとRIZINの話し合いが平行線を辿っていたが[23]、RIZINサイドが代理人ではなくクレベルと直接話を出来る環境を作ったことで解決しRIZINと再契約。榊原信行CEOがRIZIN.33の大会終了後会見にクレベルを同席させ、RIZIN TRIGGER 2ndに出場予定であることを明かすと共に、お互いに握手を交わした[24][映像 1]

2022年2月23日、RIZIN TRIGGER 2nd佐々木憂流迦と対戦。1Rに佐々木の右フックを受けてダウンするも、2Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた[25][試合映像 4][補足映像 4]

2022年5月5日、RIZIN LANDMARK vol.3にて萩原京平と対戦し、1Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収めた[26][試合映像 5][補足映像 5]

RIZINフェザー級王座獲得[編集]

2022年10月23日、RIZIN.39のRIZINフェザー級タイトルマッチで王者牛久絢太郎と対戦。1R序盤にタックルでテイクダウンしてグラウンドで主導権を握ると、2Rに払い腰を仕掛け相手が崩れた際に三角絞めをセットして一本勝ちを収め、王座獲得に成功した[27]。また、この試合でRIZIN参戦以降6試合連続一本勝利となった[28][試合映像 6][補足映像 6]

2022年12月31日、RIZIN.40のRIZIN×BELLATOR全面対抗戦・副将戦で現Bellator世界フェザー級王者のパトリシオ・ピットブルと対戦し、0-3の判定負けを喫した[29][試合映像 7][補足映像 7]

RIZINフェザー級王座剥奪[編集]

2023年6月24日、RIZIN.43鈴木千裕とRIZINフェザー級タイトルマッチとして対戦する予定であったが、クレベルが前日計量でフェザー級の規定体重を400g超過し、王座を剥奪された。そのため鈴木が勝った場合のみ王座獲得、クレベルが勝った場合はノーコンテスト、クレベルにイエローカード(減点20%)が課された条件で行われ、クレベルが1R2分59秒に腕ひしぎ逆十字固めによりタップを奪ったためノーコンテストとなり、王座は空位となった[30][試合映像 8][補足映像 8]

2023年9月24日、RIZIN.44で初代SRCフェザー級王者金原正徳と対戦するが、日本人選手からの14年ぶりの黒星となる0-3の判定負けを喫した[31][試合映像 9][補足映像 9]

2023年12月31日、RIZIN.45斎藤裕と対戦し、3Rにダースチョークで一本勝ちを収めた[32][補足映像 10]

人物・エピソード[編集]

密着動画など
  • RIZIN公式YouTubeチャンネルによる、クレベル・コイケの密着番組『RIZIN Preparation』(2022)[映像 2]
  • RIZIN公式YouTubeチャンネルによる、クレベル・コイケの特集『クレベル・コイケ ~“凡才”から“鬼才”へ~』(2023)[映像 3]
  • RIZIN公式YouTubeチャンネルによる、クレベル・コイケの一本勝ち全集『All Submissions of Kleber Koike』(2022)[映像 4]
人物・エピソード
  • 試合中、相手に極技が決まった際に「Vou pegar(極めるぞ)!」と、ポルトガル語で叫ぶことが恒例となっている[33]
  • 2022年以降のRIZINの試合では、勝利するとマイクパフォーマンスの最後に観客と共に、「1・2・3、ポペガー(ボペガー)!!」と叫んで締めるパフォーマンスが恒例となっている。
  • 家族がブラジルに帰った際は荒んだ時期を過ごし、ナイトクラブセキュリティとして働いていた際にはストリートファイトに明け暮れていた。数多くのもめ事を起こしていたクレベルを問題視したマルコス・ヨシオ・ソウザによってボンサイ柔術を破門されそうになったが、ホベルト・サトシ・ソウザが涙を流して「自分が一緒にいるからチャンスをあげてほしい」とヨシオを説得し、道場に留まらせた[34]
  • 日本とブラジルの国旗を掲げてKSWで王者になっても、帰国した際に日本の空港ではKSWを知らない職員から職務質問を受けた。その頃の自身を取り巻く状況について、クレベルは「今でも日系ブラジル人。日本人とも言い切れない。でも日本では自分に差別は無い。それに、日本人と同じじゃなくていい」と語っている[4]。その後、RIZINに出場し始めるとクレベルは「KSWで王者になっても何も変わらなかったが、RIZINに出て勝ったら何もかもが変わった」「今では『サトシやクレベルみたいになりたい』というメーセージが来る。彼らの目標になりたい」「私は本当に幸せです」と語り、行く先々でファンに囲まれるほどの人気と知名度を手に入れた[35][36][37]
  • クレベルのスポンサーであったTHE DICE TEAM(TDT)代表が架空投資詐欺の疑いで逮捕された際には、自身の格闘競技・柔術精神に反するとして、TDTより受け取ったスポンサー料と同額の金額をホベルト・サトシ・ソウザとともに日本赤十字社静岡支部に寄付している[38]
  • 既婚者であり、子供は現在3人居る。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
41 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 2 28 2 0 1 1
7 0 1 5 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
フアン・アーチュレッタ 試合前 RIZIN.47 2024年6月9日
斎藤裕 3R 1:22 ダースチョーク RIZIN.45 2023年12月31日
× 金原正徳 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.44 2023年9月24日
鈴木千裕 1R 2:59 無効試合(クレベルの体重超過 RIZIN.43
【RIZINフェザー級タイトルマッチ】
2023年6月24日
× パトリシオ・ピットブル 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.40
【RIZIN×BELLATOR全面対抗戦 副将戦】
2022年12月31日
牛久絢太郎 2R 1:29 三角絞め RIZIN.39
【RIZINフェザー級タイトルマッチ】
2022年10月23日
萩原京平 1R 1:37 リアネイキッドチョーク RIZIN LANDMARK vol.3 2022年5月5日
佐々木憂流迦 2R 3:22 リアネイキッドチョーク RIZIN TRIGGER 2nd 2022年2月23日
朝倉未来 2R 1:51 三角絞め RIZIN.28 2021年6月13日
摩嶋一整 2R 3:02 三角絞め RIZIN.27 2021年3月21日
カイル・アグォン 1R 4:22 ダースチョーク RIZIN.26 2020年12月31日
西浦"ウィッキー"聡生 1R 2:25 ダースチョーク ONE Japan Series: Road to Century 2019年9月1日
× マテウス・ガムロット 5分5R終了 判定0-3 KSW 46:Narkun vs. Khalidov 2
【KSWフェザー級王座決定戦】
2018年12月1日
マリアン・ジュコフスキ 1R 3:44 腕ひしぎ十字固め KSW 44:The Game 2018年6月9日
アルトゥル・ソウィンスキ 3R 3:56 リアネイキッドチョーク KSW 41:Mankowski vs. Soldic 2017年12月23日
マルチン・ロゼク 5分3R終了 判定3-0 KSW 39: Colosseum
【KSWフェザー級タイトルマッチ】
2017年5月27日
レシェク・クラコウスキ 1R 4:24 三角絞め KSW 36:Materla vs. Palhares 2016年10月1日
ジョージ・ヒックマン 3R 4:35 三角絞め Rebel FC 4:Battle Royale Ascension 2016年6月25日
矢地祐介 3R 0:37 リアネイキッドチョーク PANCRASE 277 2016年4月24日
× アルトゥル・ソウィンスキ 5分3R終了 判定0-3 KSW 33: Materla vs. Khalidov
【KSWフェザー級王座決定戦】
2015年11月28日
ミゲール・トーレス 2R 4:40 ダースチョーク Rebel FC 3:The Promised Ones
【Rebel FCフェザー級グランプリ 決勝戦】
2015年6月27日
芦田崇宏 1R 3:06 三角絞め Rebel FC 3:The Promised Ones
【Rebel FCフェザー級グランプリ 1回戦】
2015年6月27日
アンゾル・アジエフ 1R 3:16 三角絞め KSW 30: Genesis 2015年2月21日
別府セブン 3R 1:29 三角絞め DEEP HAMAMATSU IMPACT 2014年9月14日
門脇英基 1R 4:21 リアネイキッドチョーク DEEP CAGE IMPACT 2013 2013年11月24日
植田豊 2R 2:18 TKO(グラウンドパンチ DEEP CAGE IMPACT 2013 IN HAMAMATSU 2013年9月15日
リウ・シコン 1R 2:19 三角絞め REAL FIGHT MMA CHAMPIONSHIP 2 2013年5月11日
アルバート・チェン 1R 4:00 腕ひしぎ三角固め REAL FIGHT MMA CHAMPIONSHIP 1 2012年12月1日
堀鉄平 1R 2:40 三角絞め RINGS vol.2 2012年9月23日
上田厚志 3R 3:07 腕ひしぎ十字固め ZST BATTLE HAZARD 6 2012年7月16日
堂垣善史 1R 4:06 腕ひしぎ十字固め HEAT 23 2012年6月23日
小池秀信 1R 2:16 三角絞め DEEP CAGE IMPACT 2011 IN HAMAMATSU 2011年9月18日
田中慎一郎 1R 3:18 三角絞め DEEP SHIZUOKA IMPACT 2011年2月6日
星子祐介 5分3R終了 判定3-0 HEAT 16 2010年11月6日
梶田高裕 5分2R終了 判定0-0 DEEP CAGE IMPACT 2010 IN HAMAMATSU 2010年9月19日
× 北田俊亮 2R 0:59 腕ひしぎ十字固め DEEP 44 IMPACT 2009年10月10日
藤井嵩士 1R 2:40 KO(ハイキック DEEP HAMAMATSU IMPACT 2009年9月27日
× 前田吉朗 1R 4:00 反則負け(ローブロー) DEEP OSAKA IMPACT 2009年8月30日
× ISE 5分3R終了 判定0-3 DEEP 42 IMPACT 2009年6月5日
勝木康友 1R 3:28 リアネイキッドチョーク Heat – New Age Cup 1【決勝戦】 2009年2月8日
桜木敬三 2R 2:39 リアネイキッドチョーク Heat – New Age Cup 1【1回戦】 2009年2月8日
和田まさき 1R 1:11 リアネイキッドチョーク Club DEEP 浜松 2008年8月28日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 佐々木憂流迦 ポイント0-0 アドバンテージ0-3 DEEP X リアルキング&DEEP X アマチュア トーナメント
【リアルキングトーナメント ライト級 準決勝】
2011年1月16日

シュートボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
2 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マツシマタヨリ 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2017 act.4 2017年9月16日
喜入衆 2R 2:20 TKO(投げによる戦闘不能) SHOOT BOXING2015~SB30th Anniversary~act.2 2015年4月18日

獲得タイトル[編集]

ブラジリアン柔術[編集]

  • 全日本柔術選手権 紫帯 階級別・無差別級優勝(2010年)
  • アジアオープン 紫帯 階級別優勝(2010年)
  • ヒクソン・グレイシー杯国際柔術選手権 紫帯 階級別・無差別級優勝(2010年、2011年)
  • ヨーロッパ柔術選手権 紫帯ライト級 優勝(2012年)
  • 世界柔術選手権 紫帯ライト級 3位(2012年)
  • アジアオープン 茶帯ライト級 優勝/無差別級準優勝(2012年)
  • 全日本柔術選手権 茶帯ライト級 優勝・無差別級準優勝(2012年)
  • ワールド・プロフェッショナル柔術世界選手権 茶帯-76kg級 準優勝
  • アジアオープン 茶帯ライト級優勝・無差別級準優勝(2014年)
  • ヒクソン・グレイシー杯国際柔術選手権 黒帯ライト級 優勝(2014年)
  • アジア柔術選手権 アダルト黒帯ライト級3位(2017年)
  • 全日本マスター柔術選手権 黒帯ライト級優勝・無差別級優勝(2019年)
  • アジア柔術選手権 アダルト黒帯ライト級準優勝・無差別3位(2019年)

総合格闘技[編集]

入場曲[編集]

  • 「Já Posso Suportar (Ao Vivo)」(Pregador Luo)

脚注[編集]

  1. ^ a b ブルテリア格闘技ジム インストラクター、スタッフの紹介 ボンサイ柔術
  2. ^ a b クレベル・コイケ RIZIN公式サイト
  3. ^ 格闘技情報を毎日配信!, eFight 【イーファイト】. “【RIZIN】王者クレベルが400g計量オーバーで王座剥奪、鈴木千裕、木村ミノルら前日計量パス=6.24”. eFight【イーファイト】格闘技情報を毎日配信!. 2023年6月23日閲覧。
  4. ^ a b c デカセギからRIZINへ~サトシとクレベル、日系ブラジル人とボンサイ柔術と日本の絆 ゴング格闘技 2021年6月12日
  5. ^ 【JBJJF】第1回東海柔術選手権を前に、ブルテリア坂本健代表に訊く浜松&磐田の柔術&ボンサイの歴史─02─MMAPLANET 2018年10月2日
  6. ^ クレベル・コイケ・エルベストブルテリアジム 2020年12月
  7. ^ DEEP代表・佐伯繁「勘・違・い・す・る・な!!」:Dropkick (※この記事以外にも、RIZIN公式YouTubeの動画『【RIZIN.45】テッペンまで生テレビ』や、神宮寺しし丸チャンネルの佐伯繁登場回でも、佐伯とクレベルの過去のケンカ及びに2023年時点で関係が完全修復されていない事が触れられている)”. Dropkick. 2024年1月26日閲覧。
  8. ^ 【KSW30】クレベル・コイケ、右ストレートでダウン奪い、最後は三角絞めで一本勝ち!!MMAPLANET 2015年2月22日
  9. ^ 【KSW33】試合結果 クレベル・コイケ、フェザー級王座決定戦で無念の判定負けMMAPLANET 2015年2月22日
  10. ^ 【Pancrase277】気持ちのテイクダウンからバック奪取、RNCでクレベルが矢地から一本勝ちMMAPLANET 2016年4月24日
  11. ^ 【KSW39】クレベル・コイケ、初回と最終回にバックマウント奪い新KSWフェザー級王者に!!!!MMAPLANET 2017年5月28日
  12. ^ 【KSW44】ベルト奪回へ、ジュコフスキと戦うクレベル・コイケ「格闘家人生はボンサイ柔術と共にある」MMAPLANET 2018年4月24日
  13. ^ 【RIZIN】クレベル・コイケが「体重落とせない」「怪我で試合キャンセル」発言の真相、斎藤裕と朝倉未来、日本マットへの想い、そして世界について語るゴング格闘技 2021年10月19日
  14. ^ 【KSW41】計量失敗でベルトを失ったクレベルが、ノンタイトル戦でソウィンスキにリベンジMMAPLANET 2017年12月24日
  15. ^ 【KSW46】マテウス・ガムロ、寝技に付き合わない北米MMAファイトでクレベル下し二冠王にMMAPLANET 2018年12月2日
  16. ^ 柔術デモンストレーション/ホベルト・サトシ・ソウザ、クレベル・コイケ、坂本ハリ、秋田美咲RIZIN公式ウェブサイト 2020年11月21日
  17. ^ 【RIZIN】堀口恭司がKOで王座奪還! 那須川勝利で武尊に「一緒に盛り上げよう」、朝倉未来が弥益をKO、五味は皇治と激闘、女王は浜崎に、クレベル鮮烈失神チョーク葬勝利、元谷が井上に一本勝ち、萩原が平本をTKO、所が太田に一本勝ち、シバター「勝利」に変更 ゴング格闘技 2020年12月31日
  18. ^ 【RIZIN】女子王座戦がメイン! 王者・浜崎朱加vs.挑戦者・浅倉カンナ、サトシvs.徳留、武田vs.久米、クレベルが摩嶋に一本勝ち!=速報中 ゴング格闘技 2021年3月21日
  19. ^ 【RIZIN】朝倉未来が失神一本負け! クレベルが三角絞め極める。那須川vs.3人、ライト級王座戦サトシがムサエフを極めて王者に! バンタム級GP朝倉海、井上直樹らが勝利 ゴング格闘技 2021年6月13日
  20. ^ 朝倉未来を失神させたクレベルは“ヒクソンと違いすぎる境遇”にいた 日系ブラジル人の格闘家が日本人に対戦を嫌がられた理由 Number Web 2021年6月23日
  21. ^ 【RIZIN】斎藤チャンプの相手は誰に!?「クレベルは体重が落ちず、怪我と言われた。やる気のないやつを待つ気もない」、2連勝の堀江圭功も候補に=10.24 横浜 ゴング格闘技 2021年9月20日
  22. ^ 【RIZIN】クレベル・コイケが声明、RIZIN継続参戦を希望「試合キャンセルは苦渋の決断」、朝倉未来とのリマッチも「受けたい」 ゴング格闘技 2021年10月8日
  23. ^ 「朝倉未来と私のレベルはちょっと違う」RIZIN新王者クレベル・コイケが継承した“猪木イズム”とは〈Bellator王者と年末決戦〉 Number Web 2022年10月28日
  24. ^ 【RIZIN】クレベル・コイケが2月23日「TRIGGER」静岡大会に出場、「GP1回戦でいきなり朝倉未来戦の可能性も」(榊原CEO) ゴング格闘技 2022年1月1日
  25. ^ 【RIZIN】クレベルがダウン喫するも佐々木憂流迦に一本勝ち、倉本一真が衝撃1R TKO勝ち! アキラが鈴木を完封もダッシュ退場、山本空良が35秒TKO勝ち! 渡慶次が死闘制し「ミャンマーのために頑張る」 ゴング格闘技 2022年2月23日
  26. ^ 【RIZIN】クレベルが萩原を宣言通りのチョーク葬、倉本が“投神”発揮も「出し切れなかった」、所&金原vs.中村&太田はドロー、関が接戦制す、YUSHIがTKOで初勝利=『LANDMARK vol.3』 ゴング格闘技 2022年5月5日
  27. ^ 【RIZIN】クレベル・コイケが予告通りの三角絞めでフェザー級王者に! スダリオが国際戦でTKO勝ち、矢地が連敗脱出、武田が横綱相撲で一本勝ち、宇佐美が佐々木をTKO、阿部が判定勝ち、梅野が秒殺KOでタイトル新設アピール、中原が初回TKO勝ち=速報中 ゴング格闘技 2022年10月23日
  28. ^ 【試合結果】湘南美容クリニック presents RIZIN.39 第12試合/牛久絢太郎 vs. クレベル・コイケ RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト 2022年10月23日
  29. ^ 【RIZIN】サトシもAJに判定負け、クレベル連勝が「7」でストップ、パトリシオ、堀口、アーチュレッタ、ラバダノフが判定勝ちでBellatorが5連勝! 女子GP決勝・伊澤がパク・シウとの接戦制しGP優勝、井上が瀧澤に完勝、平本は梅野からダウン奪うドロー ゴング格闘技 2022年12月31日
  30. ^ 【RIZIN】王座剥奪のクレベルが鈴木千裕を腕十字葬で「次タイトルマッチを」、矢地がゼインに完勝、上田が関根をMMA空手でKO、“怪物くん”鈴木が西谷を失神TKO、ヒジ打ち狙う梅野に鈴木が跳びヒザKO勝ち、木村がダリを衝撃KO! 久保が木下に競り勝ち「見返してやる!」 ゴング格闘技 2023年6月24日
  31. ^ 【RIZIN】クレベル・コイケ14年ぶりに日本人に敗戦「超、寂しい。負けたので本当寂しい」 日刊スポーツ 2023年9月24日
  32. ^ 【RIZIN】堀口恭司が神龍誠に一本勝ちでフライ級王座戴冠! 朝倉海がアーチュレッタを2R TKOで戴冠! クレベルが斎藤裕を絞め落として逆転勝ち、平本蓮がYA-MANに競り勝つ、山本美憂が伊澤に一本負けで引退。上田がスダリオを一撃TKO! 皇治が三浦孝太をサッカーキック葬、ヒロヤが新井をTKO。新居が弥益をTKO ゴング格闘技 2023年12月31日
  33. ^ 【RIZIN】クレベルに“ボペガー”は言わせない! 佐々木憂流迦「勝てば扉は開く」=2月23日(水・祝)「TRIGGER 2nd」 ゴング格闘技 2022年2月21日
  34. ^ クレベル・コイケのことが大好きになれる記事■Dropkick柔術部・橋本欽也 Dropkick 2021年1月25日
  35. ^ https://twitter.com/KoikeKleber/status/1421763720665997312、(他、雑誌など)”. Twitter. 2022年10月7日閲覧。
  36. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #74』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=hnczL1Qunew 
  37. ^ 【密着】Preparation | クレベル・コイケ / Kleber Koike - RIZIN TRIGGER 2nd』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=j5kbwY8nVTo 
  38. ^ 【RIZIN】サトシとクレベルが、TDT代表の逮捕報道でスポンサー料と同額を日本赤十字社に寄付 ゴング格闘技 2021年8月31日

試合映像[編集]

  1. ^ 【試合映像】カイル・アグォン vs. クレベル・コイケ / Kyle Aguon vs. Kleber Koike - RIZIN.26』2020、RIZIN公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/watch?v=dusq9YMiDp8 
  2. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. 摩嶋一整 / Kleber Koike vs. Kazumasa Majima - RIZIN.27』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=JKbXpsCVrxk 
  3. ^ 【試合映像】朝倉未来 vs. クレベル・コイケ / Mikuru Asakura vs. Kleber Koike - RIZIN.28. RIZIN公式YouTubeチャンネル. 2021年.
  4. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. 佐々木憂流迦 / Kleber Koike vs. Ulka Sasaki - RIZIN TRIGGER 2nd』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=bomLfT5W1d8 
  5. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. 萩原京平 / Kleber Koike vs. Kyohei Hagiwara - RIZIN LANDMARK vol.3』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=Lx5Tk5IAmN0 
  6. ^ 【試合映像】牛久絢太郎 vs. クレベル・コイケ / Juntaro Ushiku vs. Kleber Koike - RIZIN.39』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=n3k36kVidTI 
  7. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. パトリシオ・ピットブル / Kleber Koike vs. Patricio Pitbull - RIZIN.40』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=GqNo0ZS1PYg 
  8. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. 鈴木千裕 / Kleber Koike vs. Chihiro Suzuki - RIZIN.43』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=VnzIJOuUjt4 
  9. ^ 【試合映像】クレベル・コイケ vs. 金原正徳 / Kleber Koike vs. Masanori Kanehara - RIZIN.44』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=I-V7V0BL1t8 

補足映像[編集]

  1. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #62(※番組内で試合映像&クレベル・コイケとカイル・アグォンによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=SGzdYBQC7ps 
  2. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #69(※番組内で試合映像&クレベル・コイケと摩島一整による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=Oaqx3PHucMY 
  3. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #74(※番組内で試合映像&朝倉未来とクレベル・コイケによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=hnczL1Qunew 
  4. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #92(※番組内で試合映像&クレベル・コイケと佐々木憂流迦による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=Y8FYeE_GDd4 
  5. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #100(※番組内で試合映像&萩原恭平とクレベル・コイケによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=OfFogyHGs1k 
  6. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #109(※番組内で試合映像&牛久絢太郎とクレベル・コイケによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=V5Avdu6Cy1k 
  7. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #133(※番組内で試合映像&クレベル・コイケとパトリッキー・ピットブルによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=tf1qs3vtqkM 
  8. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #127(※番組内で試合映像&クレベル・コイケと鈴木千裕による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=JtkTTuV7OV8 
  9. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #133(※番組内で試合映像&クレベル・コイケと金原正徳による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=tf1qs3vtqkM 
  10. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #142(※番組内で試合映像&クレベル・コイケと斎藤裕による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=j3tr_YeNaMg 

映像資料[編集]

  1. ^ 榊󠄀原信行CEO 総括 試合後インタビュー / Yogibo presents RIZIN.33』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=glYGGk2tUXU 
  2. ^ 【密着】Preparation | クレベル・コイケ / Kleber Koike - RIZIN TRIGGER 2nd』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=j5kbwY8nVTo 
  3. ^ 【特集】クレベル・コイケ ~“凡才”から“鬼才”へ~ (※生い立ち・過去・人物像など)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=TPMZlHO4hDo 
  4. ^ 【クレベル・コイケ 一本全集】All Submissions of Kleber Koike』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=VHAieYQKQ60 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
牛久絢太郎
第3代RIZINフェザー級王者

2022年10月23日 - 2023年6月23日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ヴガール・ケラモフ