金原正徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金原 正徳
基本情報
本名 金原 正徳
通称 金ちゃん
ゼストの金ちゃん
ZST最強の男
山本KIDを倒した男
日本格闘技界・影の王者
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-11-19) 1982年11月19日(39歳)
出身地 東京都武蔵村山市
所属 総合格闘技武蔵村山道場
パラエストラ八王子/チームZST
→リバーサルジム立川ALPHA
身長 173cm
体重 66.0kg
リーチ 173.5cm
階級 バンタム級
フェザー級
バックボーン ブラジリアン柔術 (黒帯)
テーマ曲 轟けDREAM
(Daito Music)
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年1月31日 -
ジャンル ブログ
登録者数 2.09万人
総再生回数 451万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年2月15日時点。
テンプレートを表示

金原 正徳(かねはら まさのり、1982年11月19日 - )は、日本男性総合格闘家東京都武蔵村山市出身。リバーサルジム立川ALPHA主宰。元SRCフェザー級王者。

来歴[編集]

小・中学校は野球をやっていた。東京都立田無工業高等学校に進学するも、中退。たまたま近所の道場へ見学に行った事を機に格闘技を始める[1]

2003年9月15日、DEEPでプロ総合格闘技デビュー。

2007年3月12日、HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜のオープニングファイトで徹肌ィ郎と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

2008年10月23日、DEEP 38 IMPACTで大塚隆史と対戦し、1-2の判定負けを喫した。

2009年3月20日、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜のフェザー級(-65kg)グランプリ1回戦でキム・ジョンマンに3-0の判定勝ちを収めた。5月2日、戦極 〜第八陣〜のフェザー級グランプリ2回戦でジョン・チャンソンに3-0の判定勝ちを収めた。8月2日、戦極 〜第九陣〜のフェザー級グランプリ準決勝で日沖発に0-3の判定負けを喫するも、日沖の負傷によるドクターストップで決勝に進出。決勝では小見川道大に2-1の判定勝ちを収めグランプリ優勝を果たし、初代戦極フェザー級王座に認定された。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で山本"KID"徳郁と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年6月20日、SRC13のSRCフェザー級タイトルマッチで挑戦者マルロン・サンドロと対戦し、開始38秒右アッパーでKO負けを喫し王座から陥落した[2]

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightで行なわれたSRC VS DREAM 交流戦で前田吉朗と対戦し、TKO負けを喫した[3]

2011年7月7日、ロシアで開催されたFight Nights 65kg級タイトルマッチでラスール・ミルザエフと対戦し、TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2012年4月8日、バンタム級転向初戦となったHEATでジェイク・ハッタンと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた。

2012年12月22日、DEEP HALEO IMPACTでトム・マッケンナにTKO勝ち。試合後、マイクを握ると客席にいた恋人にプロポーズをした[4]

2013年9月29日、PANCRASE 252のワールドスラム バンタム級1回戦でジョー・ピアソンと対戦し、左フックでKO勝ち。

2014年4月29日、DEEP 66 IMPACTで北田俊亮と対戦。ギロチンチョークを極められた状態で故意に場外に落ちたとして反則失格負け。

UFC[編集]

2014年9月20日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Hunt vs. Nelsonでバンタム級ランキング10位のアレックス・カサレスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2016年1月2日、UFC 195でバンタム級ランキング8位のマイケル・マクドナルドと対戦し、2Rリアネイキドチョークで一本負け。2連敗となりUFCからリリースされた。

RIZIN[編集]

2020年2月22日、RIZIN初出場となったRIZIN.21ビクター・ヘンリーと対戦。1Rをグラウンドで優位に試合を進めるも、2RにパウンドによるTKO負けを喫し[5]、試合後の会見にて引退を表明した[6]

2021年2月、階級をフェザー級に戻し復帰を表明[7]

2021年10月24日、RIZIN.31芦田崇宏と対戦。2Rに右ストレートでダウンさせたところに肘とパウンドをまとめてTKO勝ち[8]

2022年4月16日、RIZIN TRIGGER 3rd摩嶋一整と対戦し、3RにパウンドによるTKO勝ちを収めた[9]

人物[編集]

  • 前述した様に、山本KIDにMMAルールでの試合で唯一勝利した日本人選手。金原は「自分の中ではそれほど大きな試合ではなかった。戦極トーナメントの方がずっときつかった。この試合だけを取り上げられて嫌な時期もあったが、結果的に自分の肩書としてKID戦は大きかった」と語っている[10]

 また、後にUFCで活躍し、タイトル戦にも2度挑んだコリアン・ゾンビことジョン・チャンソンにも、日本人選手として唯一勝利している[11]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
44 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
27 11 10 6 0 5 0
12 5 2 4 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
摩嶋一整 3R 3:37 TKO(グラウンドパンチ) RIZIN TRIGGER 3rd 2022年4月16日
芦田崇宏 2R 1:18 TKO(右ストレート→パウンド) RIZIN.31 2021年10月24日
× ビクター・ヘンリー 2R 0:45 TKO(右ストレート→パウンド) RIZIN.21 2020年2月22日
ジョムホット・チュワタナ 1R 1:55 肩固め DEEP八王子超人祭り! 2018 2018年4月1日
チャーリー・アランツ 1R 0:30 TKO(ドクターストップ) DEEP CAGE IMPACT 2016 〜DEEP VS WSOF-GC〜 2016年12月17日
× マイケル・マクドナルド 2R 2:09 リアネイキドチョーク UFC 195: Lawler vs. Condit 2016年1月2日
× ハニ・ヤヒーラ 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Mir vs. Duffee 2015年7月15日
アレックス・カサレス 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson 2014年9月20日
× 北田俊亮 1R 1:37 失格(場外に落ちたため) DEEP 66 IMPACT 2014年4月29日
ジョー・ピアソン 1R 0:21 KO(左フック) PANCRASE 252
【ワールドスラムトーナメント バンタム級 1回戦】
2013年9月29日
ウエイド・チョーテ 1R 4:14 肩固め DEEP 62 IMPACT 2013年4月26日
トム・マッケンナ 1R 2:45 TKO(左ボディブロー→パウンド) DEEP HALEO IMPACT 〜三崎和雄引退セレモニー〜 2012年12月22日
トニー・レイズ 1R 4:28 TKO(右フック→パウンド) DEEP TOKYO IMPACT 2012 in DIFFER ARIAKE 2012年7月21日
ジェイク・ハッタン 1R 3:16 チョークスリーパー HEAT 22 2012年4月8日
ブレディー・ハリソン 3R 4:59 チョークスリーパー Xplode Fight Series: Hillside Havoc 2011年11月19日
× ラスール・ミルザエフ 1R 1:47 TKO(パウンド) Fight Nights: Battle of Moscow 4
【Fight Nights 65kg級タイトルマッチ】
2011年7月7日
宮路智之 2R 0:09 TKO(左フック→パウンド) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年6月5日
× 前田吉朗 1R 1:27 TKO(スタンドパンチ連打) 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
× マルロン・サンドロ 1R 0:38 KO(右アッパー) SRC13
【SRCフェザー級チャンピオンシップ】
2010年6月20日
山本"KID"徳郁 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
小見川道大 5分3R終了 判定2-1 戦極 〜第九陣〜
【フェザー級グランプリ2009 決勝】
2009年8月2日
× 日沖発 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第九陣〜
【フェザー級グランプリ2009 準決勝】
2009年8月2日
ジョン・チャンソン 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第八陣〜
【フェザー級グランプリ2009 2回戦】
2009年5月2日
キム・ジョンマン 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第七陣〜
【フェザー級グランプリ2009 1回戦】
2009年3月20日
アライケンジ 1R 3:14 KO(右ストレート) PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年2月1日
× 大塚隆史 5分2R終了 判定1-2 DEEP 38 IMPACT 2008年10月23日
杉内勇 1R 0:47 KO(スタンドパンチ連打) ZST BATTLE HAZARD 03 2008年8月24日
× エリカス・ペトライティス 5分2R終了 判定0-3 Shooto Lithuania: Bushido 2008 2008年3月16日
清水俊一 2R 0:42 腕ひしぎ十字固め ZST.16 2008年2月24日
小谷直之 5分2R終了 時間切れ ZST.15 〜旗揚げ5周年記念大会〜 2007年11月23日
鳥山洋一郎 1R 3:45 チョークスリーパー ZST.14 2007年10月7日
× 西内太志朗 1R 3:59 KO(左ストレート) ZST.13 2007年6月10日
アルーナス・ユルゲルナス 1R 1:47 スピニングチョーク Shooto Estonia: Bushido 2007年4月14日
徹肌ィ郎 5分2R終了 判定2-0 HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜 2007年3月12日
佐東伸哉 1R 0:56 腕ひしぎ十字固め ZST.12 2007年2月12日
樋村太郎 1R 2:20 腕ひしぎ十字固め ZST SWAT! 08
【ジェネシスリーグ ライト級】
2006年12月17日
伊藤健一 2R 1:00 KO(膝蹴り) ZST SWAT! 07
【ジェネシスリーグ ライト級】
2006年10月1日
太田裕之 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 06
【ジェネシスリーグ ライト級】
2006年8月27日
樋山久 1R 0:56 腕ひしぎ十字固め ZST SWAT! 05
【ジェネシスリーグ ライト級】
2006年6月4日
斉藤利之 1R 1:37 TKO(膝蹴り) ZST SWAT! 04 〜ジェネシスリーグ開幕戦〜
【ジェネシスリーグ ライト級】
2006年4月23日
× 佐東伸哉 2R 2:47 チキンウィングアームロック ZST.8 2005年11月23日
磯崎則理 5分2R終了 時間切れ ZST BATTLE HAZARD 02 2005年9月10日
太田裕之 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 02 2005年7月24日
奥出雅之 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 01 2005年4月17日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
井田悟 5分1R終了 判定3-0 ZST-GP2 ファイナルステージ
【ジェネシス・フェザー級トーナメント リザーバーマッチ】
2005年1月23日
× 奥出雅之 1R 4:22 腕ひしぎ十字固め ZST-GP2 オープニングステージ
【ジェネシス・フェザー級トーナメント 1回戦】
2004年11月3日
高屋祐規 1R 2:35 腕ひしぎ十字固め ZST.6 2004年9月12日
× 杉内勇 2R 1:44 チョークスリーパー DEEP 12th IMPACT in OHTAKU 2003年9月15日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
岩崎正寛 8分1R終了 時間切れ QUINTET FIGHT NIGHT 5 in TOKYO 2020年10月27日
世羅智茂 8分一本勝負終了 QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO 2018年6月9日
× 中村大介 1R 2:33 腕ひしぎ十字固め QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO 2018年6月9日
ビクター・ヘンリー 1R 7:11 アキレス腱固め QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO 2018年6月9日
吾妻エメルソン 2R 4:47 アキレス腱固め ZST.25 〜小谷直之デビュー10周年記念大会〜 2010年9月26日
広瀬貴之 4分2R+2分1R終了 ポイント7-5 DEEP X 03 2008年7月5日
奥出雅之 1R 3:18 アームロック ZST SWAT!-GX 1 2007年8月12日

グラップリングタッグマッチ[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
中村大介&太田忍
(パートナー:所英男
10分1R終了 時間切れ RIZIN LANDMARK vol.3 2022年5月5日

獲得タイトル[編集]

  • 第4回髙田道場サブミッションレスリングトーナメント 75kg級 優勝(2004年)
  • 戦極フェザー級グランプリ2009 優勝(2009年)
  • 初代SRCフェザー級王座(2009年)

表彰[編集]

  • 戦極 ベストバウト賞(1回)

脚注[編集]

  1. ^ ついに初登場!UFC JAPANで勝利!金原正徳選手ゲスト格闘技のチカラ☆TVライブオンライン Youtube 2015年1月12日
  2. ^ 【SRC戦極】最強チャンピオン誕生!サンドロが金原を僅か38秒でKO、王座を奪取 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月20日
  3. ^ 【SRC戦極】12・30日沖発がフェザー級王座獲得!交流戦はSRCが勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月30日
  4. ^ 三崎和雄、引退エキシの相手は郷野聡寛。長渕剛、秋山成勲も来場:12.22 後楽園 バウトレビュー 2012年12月22日
  5. ^ 【RIZIN】衝撃TKO勝利のビクター・ヘンリー「作戦は金原を惑わすことだった」”. ゴング格闘技 (2020年2月28日). 2020年11月2日閲覧。
  6. ^ 【RIZIN】金原正徳が突然の引退発表「負けたら決めていた」榊原代表「尊重し話し合う」 efight 2020年2月22日
  7. ^ 【RIZIN】金原正徳が復帰を表明「未来、未来、という声にうるせえよ、という気持ちもある。フェザー級で復帰します」ゴング格闘技 2021年2月25日
  8. ^ 【RIZIN】芦田崇宏にTKO勝ち、フェザー級トップ戦線に名乗りをあげた金原正徳「“若手の壁”とかは、もうちょっと上に挑戦してからにしたい」”. ゴング格闘技 - GONKAKU. 2022年1月11日閲覧。
  9. ^ 【RIZIN】グスタボが矢地を返り討ちTKO、関根“シュレック”が貴賢神にTKO勝ち、金原が摩嶋をTKO、征矢も復帰戦TKO勝ち、須藤が渡部との接戦制す、江藤が雑賀にTKO勝ち=TRIGGER3rd GONG格闘技 2022年4月16日
  10. ^ “不良の神様” 山本KIDに日本人で唯一勝利した男が語る
  11. ^ 朝倉未来がUFC挑戦したら戦う対戦相手? コリアンゾンビ vs メキシコ産最新型イケメン寝技師

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代SRCフェザー級王者

2009年8月2日 - 2010年6月20日

次王者
マルロン・サンドロ