日沖発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日沖 発
Hioki.jpg
基本情報
本名 日沖 発
通称 修斗の子
アイアンブルーム (Iron Broom)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-18) 1983年7月18日(33歳)
出身地 愛知県名古屋市
所属 ALIVE
身長 180cm
体重 65kg
リーチ 185cm
階級 フェザー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 Moonlight Shadow
(Missing Heart)
テンプレートを表示

日沖 発(ひおき はつ、1983年7月18日 - )は、日本男性総合格闘家愛知県名古屋市出身。ALIVE所属。ブラジリアン柔術黒帯。元SRCフェザー級王者。元修斗世界ライト級王者。元TKO世界フェザー級王者。

ニックネームは「修斗の子」。由来は「修斗が誕生したのと同じ年に生まれたから」。「打・投・極」と、全てにおいて高いレベルを誇る。

来歴[編集]

中学時代にブラジリアン柔術を始め、15歳から修斗の練習を始めた。

2001年9月24日、第8回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級(16人参加)に出場し、3位となった[1]

2002年10月6日、プロ修斗デビュー。

2006年5月5日、カナダで開催されたTKO世界フェザー級タイトルマッチでマーク・ホーミニックに挑戦し、2Rに三角絞めで見込み一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年8月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の十二-ジェフ・カランと対戦し、3-0の判定勝ち。しかし、試合後には「修斗に戻りたい」と語った[2]

2007年2月9日、TKO 28の世界フェザー級タイトルマッチでマーク・ホーミニックと再戦し、2-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。試合後にはジョルジュ・サンピエールから祝福された。

2007年11月25日、地元・名古屋で開催されたHEAT5でブライアン・ゲラティーと対戦し、判定勝ち。

2008年10月3日、TKO 35の世界フェザー級タイトルマッチでティエリー・クイーンビルと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した。

2008年11月29日、修斗で佐藤ルミナと対戦し、マウントパンチでTKO勝ち。

戦極・SRC[編集]

2009年3月20日、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜の戦極フェザー級(-65kg)グランプリ1回戦でクリス・マニュエルと対戦し、腕ひしぎ三角固め(戦極の公式記録は腕ひしぎ十字固め)で一本勝ちを収めた。

2009年5月2日、戦極 〜第八陣〜の戦極フェザー級グランプリ2回戦でロニー・牛若と対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。

2009年8月2日、戦極 〜第九陣〜の戦極フェザー級グランプリ準決勝で金原正徳と対戦し、判定勝ちを収めた。しかし、頭部へのダメージなどによりドクターストップがかかり、決勝進出ならず。

2009年11月7日、戦極 〜第十一陣〜のフェザー級チャンピオンシップ挑戦者決定戦で幻の決勝戦の相手であった小見川道大と対戦し、ベストバウト賞を受賞する熱戦を繰り広げたが1-2の判定負け。

2010年5月30日、修斗世界ライト級(-65kg)チャンピオンシップで王者リオン武に挑戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年8月22日、SRC14でジェフ・ローソンと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた[3]

2010年12月30日、戦極 Soul of FightでSRCフェザー級王者マルロン・サンドロに挑戦し、3-0の判定勝ちを収め自身3つ目の王座獲得に成功した[4]

2011年4月29日、修斗伝承 2011でKOTC世界バンタム級(-66kg)王者のドナルド・サンチェスと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。

2011年5月31日、修斗世界ライト級王座を返上。6月25日、SRCフェザー級王座を返上。

UFC[編集]

2011年10月29日、UFC初参戦となったUFC 137でジョージ・ループと対戦し、2-1の判定勝ち[5]。UFC初戦を白星で飾った。

2012年2月26日、日本で開催されたUFC 144でバート・パラゼウスキーと対戦し、3-0の判定勝ち[6]。UFC2連勝となった。

2012年6月22日、UFC on FX 4リカルド・ラマスと対戦し、0-3の判定負け。UFC初の敗戦となった。

2013年1月26日、UFC on FOX 6クレイ・グイダと対戦し、1-2の判定負け。

2013年8月28日、UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2ダレン・エルキンスと対戦し、0-3の判定負け。3連敗となった。

2014年3月1日、UFC Fight Night: Kim vs. Hathawayアイヴァン・メンジバーと対戦し、3-0の判定勝ち。約2年振りの勝利を挙げた。

2015年5月10日、UFC Fight Night: Miocic vs. Huntでダニエル・フッカーと対戦し、2RKO負け。2連敗となり、UFCから契約解除された。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
40 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
29 5 12 12 0 2 0
9 1 1 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
内村洋次郎 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 278 2016年6月12日
横山恭典 1R 1:35 チョークスリーパー PANCRASE 275 2016年1月31日
× ダニエル・フッカー 2R 4:13 KO(左ハイキック→パウンド) UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt 2015年5月10日
× チャールズ・オリベイラ 2R 4:32 モディファイド・アナコンダ UFC Fight Night: Te Huna vs. Marquardt 2014年6月28日
アイヴァン・メンジバー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Kim vs. Hathaway 2014年3月1日
× ダレン・エルキンス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2 2013年8月28日
× クレイ・グイダ 5分3R終了 判定1-2 UFC on FOX 6: Johnson vs. Dodson 2013年1月26日
× リカルド・ラマス 5分3R終了 判定0-3 UFC on FX 4: Maynard vs. Guida 2012年6月22日
バート・パラゼウスキー 5分3R終了 判定3-0 UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
ジョージ・ループ 5分3R終了 判定2-1 UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
ドナルド・サンチェス 2R 1:36 三角絞め 修斗伝承 2011 2011年4月29日
マルロン・サンドロ 5分5R終了 判定3-0 戦極 Soul of Fight
【SRCフェザー級チャンピオンシップ】
2010年12月30日
ジェフ・ローソン 1R 2:09 三角絞め SRC14 2010年8月22日
リオン武 5分3R終了 判定2-1 修斗 The Way of SHOOTO 03 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗世界ライト級チャンピオンシップ】
2010年5月30日
× 小見川道大 5分3R終了 判定1-2 戦極 〜第十一陣〜
【フェザー級チャンピオンシップ挑戦者決定戦】
2009年11月7日
金原正徳 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第九陣〜
【フェザー級グランプリ2009 準決勝】
2009年8月2日
ロニー・牛若 1R 3:09 三角絞め 戦極 〜第八陣〜
【フェザー級グランプリ2009 2回戦】
2009年5月2日
クリス・マニュエル 1R 4:12 腕ひしぎ三角固め 戦極 〜第七陣〜
【フェザー級グランプリ2009 1回戦】
2009年3月20日
佐藤ルミナ 1R 3:32 TKO(マウントパンチ) "修斗伝承 04" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年11月29日
ティエリー・クイーンビル 1R 4:14 三角絞め TKO 35: Quenneville vs. Hioki
【TKO世界フェザー級タイトルマッチ】
2008年10月3日
中村"アイアン"浩士 5分3R終了 判定0-1 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.15 2008年8月3日
バレット・ヨシダ 1R 4:51 TKO(マウントパンチ) 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08 2008年3月28日
戸井田カツヤ 2R 4:30 腕ひしぎ十字固め 修斗 BACK TO OUR ROOTS 07 2008年1月26日
ブライアン・ゲラティー 5分3R終了 判定3-0 HEAT5 〜MEGA BATTLE HEAT from NAGOYA〜 2007年11月25日
× キム・ジョンマン 5分3R終了 判定1-2 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.13 2007年10月8日
× アントニオ・カルバーリョ 5分3R終了 判定1-2 修斗 BACK TO OUR ROOTS 03 2007年5月18日
マーク・ホーミニック 5分5R終了 判定2-0 TKO 28: Inevitable
【TKO世界フェザー級タイトルマッチ】
2007年2月9日
キム・ビョンジョ 1R 1:32 TKO(ドクターストップ) 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.11 2006年11月26日
ジェフ・カラン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
マーク・ホーミニック 2R 5:00 三角絞め TKO 25: Confrontation
【TKO世界フェザー級タイトルマッチ】
2006年5月5日
バオ・クァーチ 5分3R終了 判定1-1 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.9 2006年2月26日
トム・ニーニマキ 1R 3:03 腕ひしぎ十字固め 修斗 2005年11月6日
門脇英基 2R 3:34 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.8 2005年7月3日
ジョー・ピアソン 1R 1:35 TKO(マウントパンチ) 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.7 2005年3月27日
椎木努 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.6 2004年9月12日
南部陽平 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.5 2004年3月28日
× 高谷裕之 5分2R終了 判定0-3 修斗
【新人王トーナメント ライト級 2回戦】
2003年7月13日
甘利芳紀 2R 2:38 腕ひしぎ三角固め 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.3 2003年3月30日
エドワード・バトン 1R 4:11 TKO(バックマウントパンチ) 修斗 TREASURE HUNT 11 2002年11月15日
菅谷Gatch正徳 1R 2:29 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.2 2002年10月6日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 風田陣 4分1R終了 判定20-21 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ライト級 準決勝】
2001年9月24日
石澤大介 4分1R終了 判定25-22 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ライト級 2回戦】
2001年9月24日
久保田俊宏 4分1R終了 旗判定2-1 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ライト級 1回戦】
2001年9月24日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 戦極 ベストバウト賞(2回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
リオン武
第9代修斗世界ライト級王者

2010年5月30日 - 2011年5月31日

空位
次タイトル獲得者
斎藤裕
前王者
マルロン・サンドロ
第3代SRCフェザー級王者

2010年12月30日 - 2011年6月25日

空位
次タイトル獲得者
N/A