中村大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 大介
基本情報
本名 中村 大介
通称 雑草魂腕十字
腕十字の天才
Uの後継者
頑固者の遺伝子
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年6月10日(36歳)
出身地 東京都足立区
所属 夕月堂本舗
身長 176cm
体重 70kg
階級 ライト級
バックボーン プロレス
テーマ曲 ワンダフル・ガイズ
西部警察 PART-II
テンプレートを表示

中村 大介(なかむら だいすけ、1980年6月10日 - )は、日本男性プロレスラー総合格闘家東京都足立区出身。U-FILE CAMP/夕月堂本舗所属。元DEEPライト級王者。

UWFのスタイルをこよなく愛し、プロレスリングU-STYLEを中心に活躍する選手であるが、総合格闘技にも参戦している。総合格闘技のリングにも黒のショートパンツとレガースで上がることを信条としている。

得意技は腕ひしぎ十字固め。腕ひしぎ十字固めでの一本勝ちが極めて多い選手である。

来歴[編集]

2002年7月20日、総合格闘技初試合となったTHE BEST Vol.2シャノン・"ザ・キャノン"・リッチと対戦。1R腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2002年12月8日、DEEP 7th IMPACTで行われたフューチャーキングトーナメント82kg以下級に参戦。1回戦で木村仁要に1R腕ひしぎ十字固めで勝利するも、2回戦で森山大に0-3の判定負け。

2004年7月3日、DEEP 15th IMPACTで行われたDEEPウェルター級トーナメントに参戦。1回戦で小野瀬哲也に1RTKOで勝利。続く10月30日に行われた準決勝では星野勇二に1RKOで勝利するも、決勝戦で中尾受太郎に3RTKO負け。

2005年4月3日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の六-マーカス・アウレリオに0-3の判定負け。

2005年11月23日、U-STYLE Axisフランク・シャムロックアンクルホールドで一本負け。

2006年3月11日、U-Zeal旗揚げ戦で小田貴久にKO勝利。以降、11月までの間にU-Zeal7連勝。

2006年4月22日、Cage Rage初参戦となったCage Rage 16でマイケル・ジョンソンに1Rチキンウィングアームロックで一本勝ち。

2006年8月26日、PRIDE 武士道 -其の十二-で行われた武士道挑戦試合で、池本誠知に1R腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2006年12月9日、Cage Rage 19で行われたCage Rage世界ライト級タイトルマッチでビトー・"シャオリン"・ヒベイロに、1Rストレートアームバーで一本負け。この試合で左腕の骨にヒビが入る怪我を負った。

2007年9月8日、IGF「GENOME」で行われたU-STYLE披露試合で、大久保一樹にアームロックで一本勝ち。

2007年10月28日、HERO'S初参戦となったHERO'S KOREA 2007でクォン・アソルに3R腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2008年4月3日、ロシアで行われたM-1 CHALLENGEの国別対抗戦に70kg以下代表として出場。ユーリ・イブレフに判定3-0で勝利。

2008年5月11日、DREAM初参戦となったDREAM.3チョン・ブギョンと対戦。2Rにスタンドでの右ストレートでTKO勝ち。

2008年7月17日、M-1 Challenge 国別対抗戦の第2戦に70kg以下代表で出場。ボグダン・クリステアに判定3-0で勝利。この試合ではレガースの着用が禁止となったため、Cage Rage 19以来の約1年7か月ぶりに素足で試合を行った。

2008年7月21日、M-1 Challengeから4日後のDREAM.5に緊急参戦し、アンディ・オロゴンと対戦。腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2008年8月と10月にもM-1 Challenge 国別対抗戦に出場し、それぞれ一本勝ちを収めた。これで対抗戦では4連勝となった。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜所英男と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2009年3月8日、DREAM.7石田光洋と対戦し、判定負けを喫した。

2009年10月6日のDREAM.11J.Z.カルバンと対戦予定であったが[1]、カルバンが右膝負傷により欠場となり対戦相手は調整中と発表された[2]。10月3日には「ふさわしい相手が見つからなかった」としてDREAM.12へのスライドが発表されるも[3]、最終的にDREAM.12への出場は消滅した。

2009年11月23日、ZST.22で小谷直之と対戦し、横洗濯ばさみで一本負けを喫した。

2009年12月19日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Evolutionでジャスティン・ウィルコックスと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年4月25日、吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜天突頑丈と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年12月11日、DEEP 51 IMPACTでISEと対戦し、跳びつき腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた[4]

2012年2月18日、DEEP 57 IMPACTで郷野聡寛と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2012年6月15日、DEEP 58 IMPACTのDEEPライト級王者決定戦で岸本泰昭と対戦し、5-0の判定勝ち。プロ10年目で初のタイトル獲得となった。

2013年4月26日、初防衛戦となったDEEP 62 IMPACTで北岡悟と対戦し、5-0の判定負け。王座陥落となった。

2014年6月16日、東京都足立区に道場「総合格闘技 夕月堂本舗」を本格オープンした。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
44 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 6 15 7 0 1 0
15 1 2 12 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
福本よう一 3R 0:11 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP 70 IMPACT 〜中村和裕引退興行〜 2014年12月21日
佐々木信治 5分3R終了 判定1-1 DEEP 69 IMPACT 2014年10月26日
× 廣田瑞人 5分3R終了 判定0-3 DEEP 66 IMPACT 2014年4月29日
× 北岡悟 5分3R終了 判定0-5 DEEP 62 IMPACT
【DEEPライト級タイトルマッチ】
2013年4月26日
伊藤崇文 2R 0:35 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP 60 IMPACT 2012年10月19日
岸本泰昭 5分3R終了 判定5-0 DEEP 58 IMPACT
【DEEPライト級王者決定戦】
2012年6月15日
郷野聡寛 5分2R終了 判定3-0 DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
アームバー・キム 3R 3:12 腕十字固め DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOKYO 2011年10月29日
× 菊野克紀 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント- 2011年5月29日
ISE 2R 1:54 跳びつき腕ひしぎ十字固め DEEP 51 IMPACT 2010年12月11日
ジャイ・ブラッドニー 1R 3:40 腕ひしぎ十字固め Nitro MMA: Nitro 1 2010年8月27日
天突頑丈 5分3R終了 判定3-0 吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜 2010年4月25日
× ジャスティン・ウィルコックス 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Evolution 2009年12月19日
× 小谷直之 1R 1:37 横洗濯ばさみ ZST.22 〜旗揚げ7周年記念大会〜 2009年11月23日
フェリッド・ケダー 5分3R終了 判定3-0 M-1: Breakthrough 2009年8月28日
× 石田光洋 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦 2009年3月8日
所英男 1R 2:43 腕ひしぎ十字固め Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
カルロス・ヴァレリー 1R 0:26 跳びつき腕ひしぎ十字固め M-1 Challenge in USA
【チーム・スペイン vs. チーム・ジャパン -70kg級戦】
2008年10月29日
ヴィム・デピューター 5分2R終了 判定3-0 M-1 Challenge in KOREA
【世界選抜 vs. チーム・ジャパン -70kg級戦】
2008年8月29日
アンディ・オロゴン 1R 3:41 腕ひしぎ十字固め DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
ボグダン・クリステア 5分2R終了 判定3-0 DEEP M-1 チャレンジ 5 in JAPAN
【チーム・オランダ vs. チーム・ジャパン -70kg級戦】
2008年7月17日
チョン・ブギョン 2R 1:05 TKO(右ストレート) DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年5月11日
ユーリ・イブレフ 5分2R終了 判定3-0 M-1 Team Challenge
【チーム・ロシア・レギオン vs. チーム・ジャパン -70kg級戦】
2008年4月3日
クォン・アソル 3R 3:09 腕ひしぎ十字固め HERO'S KOREA 2007 2007年10月28日
× ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ 1R 3:55 ストレートアームバー Cage Rage 19: Fearless
【Cage Rage世界ライト級タイトルマッチ】
2006年12月9日
池本誠知 1R 3:12 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十二-
【武士道挑戦試合】
2006年8月26日
マイケル・ジョンソン 1R 1:54 チキンウィングアームロック Cage Rage 16: Critical Condition 2006年4月22日
藤沼弘秀 1R 0:52 腕ひしぎ十字固め DEEP 23 IMPACT 5周年大会 2006年2月5日
× 長谷川秀彦 5分2R終了 判定0-3 DEEP 22nd IMPACT 2005年12月2日
× マーカス・アウレリオ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
× 中尾受太郎 3R 3:16 TKO(タオル投入) DEEP 16th IMPACT
【ウェルター級トーナメント 決勝】
2004年10月30日
星野勇二 1R 4:33 KO(右ストレート) DEEP 16th IMPACT
【ウェルター級トーナメント 準決勝】
2004年10月30日
小野瀬哲也 1R 0:50 TKO(バックマウントパンチ) DEEP 15th IMPACT
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2004年7月3日
× 中村圭太 5分2R終了 判定0-3 DEMOLITION 040408 2004年4月8日
× 佐藤光留 5分2R終了 判定0-3 DEMOLITION 040118
【MIDDLE WEIGHT 4MEN TOURNAMENT 決勝】
2004年1月18日
花田和弘 1R 4:21 腕ひしぎ十字固め DEMOLITION 03923
【MIDDLE WEIGHT 4MEN TOURNAMENT 1回戦】
2003年9月23日
宮本優太朗 2R 0:38 TKO(膝蹴り) DEMOLITION 030629 2003年6月29日
× 長谷川秀彦 2R終了 判定0-3 DEMOLITION 030323 2003年3月23日
中台宣 1R 2:54 腕ひしぎ十字固め DEMOLITION 030223 2003年2月23日
鶴巻伸洋 1R 2:06 腕ひしぎ十字固め DEMOLITION 030126 2003年1月26日
× 森山大 5分2R終了 判定0-3 DEEP2001 〜7th IMPACT in DIFFER ARIAKE〜
【フューチャーキングトーナメント82kg以下級 2回戦】
2002年12月8日
木村仁要 2R 0:50 腕ひしぎ十字固め DEEP2001 7th IMPACT in DIFFER ARIAKE
【フューチャーキングトーナメント82kg以下級 1回戦】
2002年12月8日
× 久松勇二 5分2R終了 判定0-3 DEMOLITION 021013 2002年10月13日
シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ 1R 4:28 腕ひしぎ十字固め THE BEST Vol.2 2002年7月20日

U-STYLE[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
林田優人 4:06 腕ひしぎ十字固め U-STYLE
【RS3】
2008年7月6日
× 小武悠希 判定0-2 U-FILE36
【Style-S エキシビション オモローマッチ】
2008年6月28日
吉田智彦 11:00 腕ひしぎ十字固め U-STYLE
【RS2】
2008年4月20日
竹田誠志 9:24 TKO(ポイントアウト) U-STYLE
【DO IT!】
2008年3月8日
松田英久 9:01 跳びつき腕ひしぎ十字固め U-FILE CAMP 10周年記念興行 2007年9月17日
大久保一樹 9:46 アームロック IGF「GENOME」
【U-STYLE披露試合】
2007年9月8日
小田貴久 12:37 アームバー U-Zeal
【第2シリーズ第3戦】
2006年11月11日
佐藤豪則 8:08 KO(右ミドルキック) U-Zeal
【第2シリーズ第2戦】
2006年10月14日
吉田智彦 6:22 腕ひしぎ十字固め U-Zeal
【第2シリーズ第1戦】
2006年9月13日
松田英久 7:57 腕ひしぎ十字固め U-Zeal
【第1シリーズ最終戦】
2006年6月10日
磯崎則理 7:23 跳びつき腕ひしぎ十字固め U-Zeal
【第1シリーズ第3戦】
2006年5月13日
松田真吾 7:58 膝十字固め U-Zeal
【第1シリーズ第2戦】
2006年4月8日
小田貴久 1:14 KO(右ハイキック) U-Zeal
【第1シリーズ第1戦】
2006年3月11日
有村修也 3:28 腕ひしぎ十字固め U-FILE21 2006年2月26日
岩浅晶士 - U-FILE20
【エキシビションマッチ】
2005年12月23日
× フランク・シャムロック 12:56 アンクルホールド U-STYLE Axis 2005年11月23日
磯崎則理 8:22 腕ひしぎ十字固め U-FILE18 & U-STYLE13 2005年7月17日
大久保一樹 3R終了 ドロー U-FILE16
【Style-S 重量級タイトルマッチ】
2005年4月29日
佐々木恭介 - U-FILE13
【エキシビションマッチ】
2004年12月26日
大久保一樹 10:12 腕ひしぎ十字固め U-STYLE12 2004年12月7日
大久保一樹 4:28 腕ひしぎ十字固め U-FILE12 2004年10月17日
小野達也 2:20 KO U-FILE11
【Style-S 重量級トーナメント 決勝】
2004年8月29日
藤山浩隆 判定3-0 U-FILE11
【Style-S 重量級トーナメント 1回戦】
2004年8月29日
× 大久保一樹 判定 U-FILE8 2004年2月28日
上山龍紀
小林悟朗
(P:西内太志朗
- U-FILEオールスター戦
【エキシビションタッグマッチ】
2003年12月27日
松井崇 2R 1:01 腕ひしぎ十字固め U-FILE7
【U-FILE VS B-CLUB対抗戦】
2003年11月30日
高野圓真 3R終了 判定3-0 U-FILE5
【U-FILE CAMP選抜 VS キングダムエルガイツ選抜対抗戦】
2003年8月30日
× 細野岐夫 2:09 KO U-FILE4
【Style-S 重量級トーナメント 決勝】
2003年6月1日
清原智之 1:17 TKO(レフェリーストップ) U-FILE4
【Style-S 重量級トーナメント 準決勝】
2003年6月1日
山田護之 2R 2:51 膝十字固め U-FILE3 2003年2月2日
× 上山龍紀 3R終了 判定 U-FILE2 2002年11月9日
× 三輪俊介 判定1-2 U-FILE1
【Style-S 重量級トーナメント 1回戦】
2002年4月28日
× 長南亮 判定3-6 U-FILE1
【Style-G 重量級トーナメント 1回戦】
2002年3月16日

獲得タイトル[編集]

  • U-FILE Style-S 重量級トーナメント 準優勝
  • JTC全国大会 -82kg級 優勝(2002年)
  • 第7代DEEPライト級王座(2012年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]