Strikeforce

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Strikeforce
設立 1985年
主催 ズッファ
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
代表者 ピーター・ドロピック
サイト 公式サイト
テンプレートを表示
Strikeforce Challengers 13での試合の様子

Strikeforce(ストライクフォース)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。カリフォルニア州サンノゼを拠点として活動しており、HPパビリオンを所有するシリコンバレー・スポーツ&エンターテインメントが運営していた。2013年にズッファが運営するUFCに統合された。

SHOWTIMEによって全米に中継されていた。

歴史[編集]

1985年に格闘技の指導員であったスコット・コーカーがESPNの番組用にキックボクシング団体PKAの大会を開催した[1]。コーカーは1993年にPKAの放映が終了して以降もキックボクシングの大会運営に携わり、サンノゼの大会場HPパビリオンでハビアー・メンデス(現AKA会長)やカン・リーをメインに据えた大会を組んで人気を博していたほか[1]、2000年から2007年まではK-1のアメリカ大会のプロモートも手掛けていた[2]

総合格闘技への進出[編集]

2006年カリフォルニア州総合格闘技が認可・合法化されたことを契機としてHPパビリオンからの提案を受け総合格闘技に進出[1]。3月10日に開催された3年ぶりの復帰となったフランク・シャムロックと地元カリフォルニアにアカデミーを持つシーザー・グレイシーの対戦をメインイベントとする第1回大会「Shamrock vs. Gracie」はカリフォルニア州で認可された初のMMA大会であり、入場者数18,265人はUFC 57を凌ぎアメリカ合衆国における新記録となった[2]。この記録は2007年3月のUFC 68で破られたものの、有料入場者(チケットを購入した入場者)数17,465人は現在に至るまで破られていない[3]

2007年には提携したEliteXCと大会を共同開催したほか[4]、『PLAYBOY』誌の創刊者ヒュー・ヘフナーの私邸「プレイボーイマンション」で大会を開催した[5]

2008年4月12日より1年間、NBCの深夜時間帯で過去の大会のハイライト放送と選手紹介を行なう番組「Strikeforce on NBC」を放映した[6]

全米第二のプロモーションへ[編集]

2009年2月、Strikeforceは活動停止したEliteXCのオーナーであるProElite社よりビデオライブラリーや数選手の契約保有権を含んだ資産を買収したことを発表した[7]。また数日後にはアメリカ3大ネットワークテレビ局のひとつCBSとCBSの傘下のSHOWTIMEと3年間の契約を結んだことが発表された。5月からは人材育成を目的とした新シリーズShoMMA: Strikeforce Challengersが開催された[8]

2009年8月5日、日本の総合格闘技団体DREAMとの提携が発表され、以降は互いの団体に選手を派遣し合い、対抗戦を行っている。同月にはM-1 Globalと提携を結び、また総合格闘技のヘビー級世界最強と評価されているエメリヤーエンコ・ヒョードルとの契約を果たした[9]

2009年8月15日にはメジャーMMAプロモーションとして初めて、女子戦(ジーナ・カラーノ vs. クリスチャン・サイボーグ)をメインイベントに据えた「Carano vs. Cyborg」大会を開催した[10]

2011年2月12日、StrikeforceとM-1 Global共催による「ワールドグランプリ ヘビー級トーナメント」を開催した。

ズッファによる買収・UFCへの統合[編集]

2011年3月13日、UFCを運営するズッファに買収され、当面は以前のWEC同様別イベントとして運営していくことが発表された。

2011年5月、CEOであったスコット・コーカーは買収により取締役副社長兼GMに降格。マッチメイクもコーカーの手を離れ元WECマッチメイカーのショーン・シェルビーが就任。なお、コーカー以外の社員は全員解雇された。運営は元WEC副社長のピーター・ドロピックが行なっている。

2011年7月、ヘビー級王者であったアリスター・オーフレイムを、残り1試合の契約を残しながらリリースした。ウェルター級王者ニック・ディアスUFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール挑戦に伴う王座返上と重なり、ヘビー級、ウェルター級ともに空位となった。

2011年9月19日、UFC参戦のため、ダン・ヘンダーソンがライトヘビー級王座を返上。ヘビー級、ウェルター級に続きライトヘビー級も空位となった。

2011年12月16日、UFC代表のダナ・ホワイトより2012年1月の大会を持ってStrikeforceのヘビー級とChallengersシリーズの廃止が発表された。2012年は年最高8大会開かれることと、ダナ・ホワイトを中心とした運営に切り替わることも併せて発表された[11]

2012年12月6日、女子バンタム級が廃止されUFCに移管された[12]

2013年1月12日、Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedineを最後にStrikeforceとSHOWTIMEとの契約が終了したため、同じズッファが運営するUFCに統合された[13]

団体の特徴[編集]

選手とは基本的に専属契約を結ぶUFCとは対照的に、他団体からの参戦が多く、逆にStrikeforceをメインとする選手も他団体、海外で活躍することが多い。契約の自由度についてはWECも近かった。

また、女子選手の試合も多く、男女混合興行が多いのも特徴的である。

ルール[編集]

試合は正六角形のヘキサゴンケージ(金網)を使用して行なわれる。2011年、ズッファに買収されたことによりユニファイドルールが導入され、グラウンド状態での肘打ちが解禁された。女子の試合も同様。

階級・王座[編集]

階級 重量区分 王者 防衛回数
ライトヘビー級 -205lbs: -93.0kg 空位 -
ミドル級 -185lbs: -83.9kg アメリカ合衆国の旗 ルーク・ロックホールド 2
ウェルター級 -170lbs: -77.1kg ベルギーの旗 タレック・サフィジーヌ 0
ライト級 -155lbs: -70.3kg アメリカ合衆国の旗 ギルバート・メレンデス 4

開催履歴[編集]

試合結果[編集]

2009年[編集]

2008年[編集]

2007年[編集]

2006年[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「スコット・コーカー ストライクフォース代表」『Kamipro』No.110、2007年5月7日、エンターブレイン、pp.140-143
  2. ^ a b 「好敵手:スコット・コーカー」『ゴング格闘技』No.207、2009年9月号、イースト・プレス、pp.128-131
  3. ^ UFC 68 Breaks North American Attendance Record MMA Weekly 2007年3月15日
    Strikeforce a legit contender after EliteXC deal MMAJunkie 2009年2月16日
  4. ^ Strikeforce and EliteXC Announce Co-Promotion on Showtime SHERDOG 2007年2月7日
    Shamrock Chokes out Baroni SHERDOG 2007年6月23日
  5. ^ Strikeforce MMA Heads to Playboy Mansion SHERDOG 2007年8月3日
    Hand Injury Doesn't Faze Relentless Melendez SHERDOG 2007年9月30日
  6. ^ Strikeforce on NBC' to debut in April NBC Sports 2008年3月27日
  7. ^ 【Strikeforce】EXC戦士を獲得、SHOWTIMEとも契約 MMAPLANET 2009年2月6日
  8. ^ 【Strikeforce】人材育成大会スタート、鉄人夫人も出場へ MMAPLANET 2009年4月8日
  9. ^ 【Strikeforce】ヒョードル、秋にストライクフォース出場 MMAPLANET 2009年8月4日
  10. ^ 【Strikeforce】いよいよ明日、美女戦士×女改造人間 MMAPLANET 2009年8月15日
  11. ^ ストライクフォースからヘビー級、Challengersシリーズが消滅 MMA IRONMAN 2011年12月16日
  12. ^ Ronda Rousey Officially Moving to the UFC; Strikeforce Will Fold After January Event MMAWeekly 2012年11月9日
  13. ^ 【Strikeforce】SHOWTIMEと決別決定。ヒーリーの相手は? MMAPLANET 2012年12月21日

外部リンク[編集]