スマックガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スマックガール
設立 2000年
主催 株式会社スマックガール
本部 日本の旗 日本
東京都杉並区
代表者 篠泰樹
テンプレートを表示

スマックガールは、日本の女子総合格闘技団体

概要[編集]

ネオ・レディース代表であった篠泰樹が2000年12月5日に日本武道館でビッグマッチ「ReMix」を行ったあと、12月17日に後楽園ホールで「Smack Girl 〜Episode 0〜」として「SMACK GIRL」名義の第1回興行を行う。以後、ReMixの第2回大会を挟んで、2001年5月から渋谷CLUB ATOMを舞台に月に1度の定期興行を行うようになる。渋谷系女子格闘技として、星野育蒔などの人気選手を輩出していたが、ルール面を担当した木村浩一郎が星野らを引き連れて新イベント「AX」を旗揚げする形で分裂して2001年9月27日に活動を一時停止した[1]。その後、2002年2月になって、運営体制を新たにして再出発[2]ディファ有明六本木ヴェルファーレと主戦場を転々としながら大会を開催した[3]

前述の「AX」や「Love Impact」といった、スマックガールから派生したイベント、GCMコミュニケーションによる「CROSS SECTION」など、他の女子総合格闘技イベントが大会を継続できなくなった中で、世界で唯一定期的に開催され続けている女子総合格闘技興行であり、いわゆる「ジョシカク」のパイオニアの地位を確立したが、2008年7月24日ならびに9月21日に予定されていた大会が中止になり、事実上「スマックガール」としての興行を終わらせ、名称を「JEWELS」と変更して再出発する。

主催者がプロレス関係者だったことから、旗揚げ当初は女子プロレスラーの参戦も目立ったが、底辺拡大のため、2003年3月からプロ大会の他にアマチュアの「スマックガール-F」なども行われていた。

運営体制[編集]

旗揚げから渋谷で定期興行を打っていた時代は、当時NEO女子プロレスを運営していた有限会社ネオ・エンターテイメントが主催していた。

2002年2月から2006年9月までは、ネオ・エンターテイメントの前身たる株式会社新日本女子プロレス(ネオ・レディース)代表だった篠泰樹を代表とする実行委員会組織「スマックガール実行委員会」が主催にあたった[4]。2006年9月より実行委員の長尾メモ8を代表取締役とする株式会社キルゴアを設立して同社と実行委員会の共催になる[5]

さらに2007年12月の7周年記念大会からは、篠泰樹を代表取締役として新設された株式会社スマックガールが主催[6]。7周年記念大会が華々しく開催されたが、同年7月にスマックガールとしての大会開催は終了を迎える。

後継イベント[編集]

10月24日、株式会社マーヴェラスジャパン代表取締役の尾薗勇一が篠から運営権を譲渡されてスマックガールから名称を「JEWELS」に変更、スマックガール末期に提携していたDEEPの全面協力のもと再出発することが発表された。

一方でGCMも女子金網格闘技「VALKYRIE」をJEWELSに先立って旗揚げしており、スマックガールのレギュラー選手はJEWELSとVALKYRIEに分かれることになった。

テレビ放送[編集]

旗揚げ当初は、主にTBSの番組『ワンダフル』の番組内で不定期のダイジェスト放送がされていた。地上波では他にもテレビ東京の番組『肉力強女』で不定期放送された。スカイパーフェクTV!で、視聴料金600円のPPVによる録画中継を行っていたこともあった[7]

レギュラーの中継番組としては、スポーツ専門チャンネルであるJ SPORTSの番組『ワールドファイティング』の枠で90分の録画中継番組があった。実況は矢野武、解説はライターの松本(藤村)幸代、選手をゲスト解説に迎えていた。放送は試合の録画中継を主として、1人の女子格闘家にスポットを当てた特集コーナーもあった。この2004年に始まったJ SPORTSでの放送は2007年で終了し、同年5月から動画配信サイトの「J SPORTS STYLE Movie」で試合が有料配信されるようになったが現在では終了している。

2007年12月にスマックガールが新体制に移行したことに伴い、2008年1月よりBSフジにて定期放送が開始。1回目はタレントの山崎まさや磯山さやかの進行で、岡田円石岡沙織長野美香の若手3選手の試合や私生活の模様をメインに2時間の放送。試合の実況は矢野武、解説は格闘家の宇野薫高阪剛が担当した。2月24日放送の2回目は試合をメインに1時間の放送となり、山崎と磯山は登場せず、実況の矢野と解説の高阪のみ登場した。定期放送は2回で終了している。

ルール・階級[編集]

階級は、フライ級(-48kg)・ライト級(-52kg)・ミドル級(-58kg)・無差別級の4階級。

試合は5分3Rまたは2R制。頭突きや肘攻撃、その他バスター(パワーボム)、顔面へのパウンドなどは禁止されている。また、グラウンドに30秒の時間制限があったが、2007年12月26日の後楽園大会から廃止された。2006年からは膝パッド・レガースの着用もOKとなった。通常の「SGSルール」のほか、グラップリング用の「SGGルール」もある。

歴代女王[編集]

無差別級[編集]

名前 在位期間 防衛回数
藪下めぐみ 2004年12月19日 - 2006年2月15日 0
2 アマンダ・ブキャナー 2006年2月15日 - 2007年5月15日(返上) 0
3 高橋洋子 2007年5月19日 - 2007年9月6日 0
4 HIROKO 2007年9月6日 - 0

ミドル級[編集]

名前 在位期間 防衛回数
ローラ・ディオーガスト 2005年8月17日 - 2006年9月1日(返上) 0
2 赤野仁美 2006年9月15日 - 2007年9月6日 0
3 端貴代 2007年9月6日 - 0

ライト級[編集]

名前 在位期間 防衛回数
辻結花 2005年6月28日 - 3

フライ級[編集]

名前 在位期間 防衛回数
しなしさとこ 2005年11月29日 - 1

大会一覧[編集]

SMACKGIRL[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝 2008年4月25日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 開幕戦 2008年2月14日
SMACKGIRL 7th ANNIVERSARY 〜Starting Over〜 2007年12月26日
SMACKGIRL 2007 〜女王たちの一番熱い夏〜 2007年9月6日
SMACKGIRL IN サマフェス!! 2007年7月26日 代々木公園 日本の旗東京都渋谷区
SMACKGIRL 2007 〜最強はUSAだと女王は言った〜 2007年5月19日 新宿FACE 日本の旗東京都新宿区
SMACKGIRL 2007 〜絶対女王は大正浪漫を舞ひ奏で〜 2007年4月28日 アゼリア大正 日本の旗大阪府大阪市
SMACKGIRL 2007 〜女王は新宿の夜を赤く染るか?〜 2007年3月11日 新宿FACE 日本の旗東京都新宿区
SMACKGIRL 2006 〜極女伝説〜 2006年11月29日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
SMACKGIRL 2006 〜群女割拠〜 2006年9月15日
SMACKGIRL 2006 〜頂女決戦〜 2006年6月30日
SMACKGIRL 2006 〜女王凱旋〜 2006年4月22日 アゼリア大正 日本の旗大阪府大阪市
SMACKGIRL 2006 〜女神降臨〜 2006年2月15日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
SMACKGIRL 2005 〜最軽量記念日〜 2005年11月29日
SMACKGIRL 2005 〜Dynamic!!〜 2005年8月17日 国立代々木第2体育館 日本の旗東京都渋谷区
SMACKGIRL 2005 〜Road to Dynamic!!〜 2005年6月28日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
韓日国交正常化40周年記念大会 SMACKGIRL 〜KOREA 2005〜 2005年5月21日 ドリームタワーナイトクラブ 韓国の旗富川市
SMACKGIRL 2005 〜COOL FIGHTER LAST STAND〜 2005年4月30日 キラメッセ沼津 日本の旗静岡県沼津市
SMACKGIRL 2004 〜WORLD ReMix〜 2004年12月19日 ツインメッセ静岡 日本の旗静岡県静岡市
SMACKGIRL 2004 〜近藤有希引退記念興行〜 2004年11月4日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
SMACKGIRL 2004 〜聖地凱旋〜 2004年8月5日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区
SMACKGIRL 2004 〜GO WEST〜 2004年6月19日 アゼリア大正 日本の旗大阪府大阪市
SMACKGIRL「Third Season-VII」 2003年11月10日 六本木ヴェルファーレ 日本の旗東京都港区
SMACKGIRL「Third Season-VI」 2003年8月6日
SMACKGIRL「Third Season-V」 2003年7月6日
SMACKGIRL「Third Season-IV」 2003年6月4日
SMACKGIRL「Third Season-III」 2003年5月7日
SMACKGIRL「Third Season-II」 2003年4月2日
SMACKGIRL「Third Season-I」 2003年3月3日
SMACKGIRL「JAPAN CUP 2002 GRAND FINAL」 2002年12月29日 TOKYO FMホール 日本の旗東京都千代田区
SMACKGIRL「JAPAN CUP 2002 エピソードII」 2002年11月9日 ディファ有明 日本の旗東京都江東区
SMACKGIRL「JAPAN CUP 2002 開幕戦」 2002年10月5日
SMACKGIRL 〜Dynamic! LAST SUMMER FOREVER in 有明〜 2002年9月1日
SMACKGIRL 〜Summer Gate 2002〜 2002年8月4日
SMACKGIRL 〜最強タッグトーナメント 2002〜 2002年7月6日
SMACKGIRL 〜SMACK LEGEND 2002〜 2002年6月1日
SMACKGIRL 〜GOLDEN GATE 2002〜 2002年5月6日
SMACKGIRL 〜ROYAL SMACK 2002〜 2002年4月7日
SMACKGIRL 〜God Bless You!〜 2002年3月2日
SMACKGIRL 〜Pioneering Spirit〜 2002年2月3日
SMACKGIRL 〜ALIVE!〜 2001年9月27日 渋谷CLUB ATOM 日本の旗東京都渋谷区
SMACKGIRL 〜Burning Night〜 2001年8月23日
SMACKGIRL 〜Indeed〜 2001年7月26日
SMACKGIRL 〜Fighting Chance〜 2001年6月28日
SMACKGIRL 〜Starting Over〜 2001年5月24日
Smack Girl 〜Episode 0〜 2000年12月17日 後楽園ホール 日本の旗東京都文京区

SMACKGIRL GRAPPRING[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
SMACKGIRL GRAPPRING QUEEN TOURNAMENT 2007 2007年9月24日 北沢タウンホール 日本の旗東京都世田谷区
SMACKGIRL GRAPPRING QUEEN TOURNAMENT 2006 2006年7月23日 ゴールドジムサウス東京アネックス 日本の旗東京都大田区

SMACKGIRL-F[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
SMACKGIRL-F 2007 〜The Next Cinderella Tournament 2007 2nd Stage〜 2007年5月19日 新宿FACE 日本の旗東京都新宿区
SMACKGIRL-F 2007 〜The Next Cinderella Tournament 2007 開幕戦〜 2007年3月11日
SMACKGIRL-F 2006 〜西調布女子格ロードvol.1〜 2006年10月21日 西調布格闘技アリーナ 日本の旗東京都調布市
FF2 Gi-Feminino2006 × SMACKGIRL-F 2006 2006年2月3日 北沢タウンホール 日本の旗東京都世田谷区
SMACKGIRL-F 2005 〜下北実験リーグ Round1〜 2005年10月15日
SMACKGIRL-F 2005 〜Next Cinderella Tournament 2005 2nd stage〜 2005年7月10日 ゴールドジムサウス東京アネックス 日本の旗東京都大田区
SMACKGIRL-F 2005 〜今年もやるぞ! スマックF祭り〜 2005年4月29日 北沢タウンホール 日本の旗東京都世田谷区
SMACKGIRL-F 〜ReFresh 2005〜 2005年1月8日
SMACKGIRL-F 〜5月病をブッ飛ばせ! 夏も近いぞスマックF祭〜 2004年5月16日 ゴールドジムサウス東京アネックス 日本の旗東京都大田区
SMACKGIRL 〜Next Cinderella Tournament 2nd stage & SG-F7〜 2004年3月20日
SMACKGIRL 〜Next Cinderella Tournament & SG-F6〜 2004年2月1日

脚注[編集]

外部リンク[編集]