高阪剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙阪剛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
高阪 剛
基本情報
本名 高阪 剛
通称 世界のTK
格闘技界の賢者
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-03-06) 1970年3月6日(47歳)
出身地 滋賀県草津市
所属 リングス・ジャパン
→チーム・アライアンス
ALLIANCE-SQUARE
身長 181cm
体重 99kg
階級 ヘビー級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

高阪 剛(こうさか つよし、1970年3月6日 - )は、日本男性総合格闘家プロレスラー滋賀県草津市出身。ALLIANCE-SQUARE主宰。柔道四段。元スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラシスト

マウントポジションを取られた状態から脱出する技「TKシザース」の開発者として知られる。

先祖は戦国武将の高坂昌信[1]。実兄はプロのジャズドラマー・テルシファー高阪(高阪照雄)。

来歴[編集]

幼い頃は兄弟でプロレスごっこをしてよく遊んでおり、常に兄達に勝つ事ばかり考えていた。そんな事がきっかけになり、中学生の頃に柔道を始める。正強高等学校(現・奈良大学附属高等学校)、専修大学全日本プロレス秋山準は同級生で友人)、東レと柔道部に所属。柔道をバックボーンにリングスに入団。同期には坂田亘がいる。

1994年8月20日、鶴巻伸洋戦でデビュー。

1995年10月13日、ザ・トーナメント・オブ・J '95に出場し、優勝を果たした。

1996年1月24日、リングスでモーリス・スミスにギブアップ勝ち。

1997年10月11日、アメリカ合衆国で開催されたグラップリング大会「The Contenders」でトム・エリクソンに判定負け。

1998年にはアメリカに拠点を移し、モーリス・スミスらとトレーニングを行う。同年3月13日、UFC 16キモに判定勝ち。同年10月16日、UFC Brazilピート・ウィリアムスに判定勝ち。

1999年1月9日、UFC 18バス・ルッテンと対戦。TKO負けしたものの「世界のTK」の名を世界の格闘技ファンに轟かせた。その後、リングスでギルバート・アイブルに2回に及ぶ敗退、11月のUFC-Jではペドロ・ヒーゾにTKO負けと精彩を欠いた。

2000年7月15日、アメリカで開催されたリングスUSA RISING STARS A Blockを勝ち抜き、決勝大会への切符を手に入れたが、9月30日の決勝大会は欠場した。

2000年12月22日、KING of KINGSの1回戦でイリューヒン・ミーシャにKO勝ち。2回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。高阪が放ったフックでカット・出血によりドクターストップ勝ち。ただし、ヒョードルは反則の肘打ちでのカットだと強く主張。

2001年2月24日、KING of KINGS決勝トーナメントの準々決勝では当時UFC世界ヘビー級王者だったランディ・クートゥアと対戦し、判定負け。

リングス活動停止後はUFC、アブダビコンバットDEEP、新日本プロレス(アルティメット・クラッシュ)などで活躍。リコ・ロドリゲスアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラファブリシオ・ヴェウドゥムなどの世界の強豪とも対戦をしている。2003年5月2日、新日本プロレスのリングでドルゴルスレン・スミヤバザル朝青龍の実兄)にTKO勝ち。

2004年2月4日、U-STYLE 1周年興行で田村潔司と対戦し、15分51秒腕ひしぎ十字固めで一本負け[2]

2004年11月7日、初代スーパーヘビー級(+100kg)キング・オブ・パンクラス決定戦でロン・ウォーターマンと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年4月3日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の六-でヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと再戦し、TKO負けを喫した。

新日本プロレスでは総合格闘技ルールの試合だけではなくプロレスも経験しており、2002年10月14日に新日本プロレス初参戦。NWFトーナメント1回戦で安田忠夫に勝利するも[3]2003年1月4日の決勝で高山善廣に敗れた[4]2005年3月26日の永田裕志戦では胴締めスリーパーで勝利するも、「試合に勝って勝負に負けた」と納得のいかない高阪が再戦を要求(高阪はこの試合で膝を壊され、PRIDEでのヒョードル戦に影響が出てしまった)[5]。5月14日の再戦では、永田にバックドロップホールドを決められ、リベンジを許してしまう[6]

2006年2月26日、PRIDE.31マリオ・スペーヒーと対戦し、パンチラッシュでKO勝ち。試合後のリング上で、同年5月開催の無差別級トーナメントを最後に引退することを宣言。この日は自身の子供の出産予定日でもあった[7]

2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦では、マーク・ハントと真っ向から殴り合った末にTKO負けを喫したが、ハントのパンチでフラフラになりながらも前に出続けた。敗北したことでこの試合が現役最後の試合となった。試合後に控え室を訪れたジョシュ・バーネットが、高阪の引退を想い号泣した。

指導者としても名高く、モーリス・スミス、フランク・シャムロック吉田秀彦(学生柔道時代からの友人、髙阪が早生まれのため、同級にあたる)などを指導した。また、実況者としても起用が多く、実況席における明晰な解説ぶりも高い評価を受けている。2015年ラグビーワールドカップでの日本代表の歴史的勝利に貢献したことでも知られている。

2015年12月29日、9年7か月ぶりの復帰戦となったRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSジェームス・トンプソンと対戦。1Rから圧倒し、2Rにラッシュを浴びせてTKO勝利。復帰戦を勝利で飾った。

A-SQUARE[編集]

2005年のエメリヤーエンコ・ヒョードル戦後、東京都港区赤坂にオフィシャルジム『A-SQUARE』を開設。2009年4月には所属する菊野克紀DEEPライト級王者となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
41 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 9 5 8 1 1 0
17 7 2 6 2
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× バルト 5分2R終了 判定0-3 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND
【無差別級トーナメント 2回戦】
2016年12月29日
ジェームス・トンプソン 2R 1:58 TKO(スタンドパンチ連打) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
× マーク・ハント 2R 4:15 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦
【無差別級グランプリ 1回戦】
2006年5月5日
マリオ・スペーヒー 1R 1:20 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
× マイク・カイル 3R 1:17 負傷判定0-3 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年10月2日
ダビド・シェベリ 1R 腕ひしぎ十字固め Rings Russia: CIS vs. The World 2005年8月20日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R終了時 TKO(ドクターストップ) PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
ロン・ウォーターマン 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR
【スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2004年11月7日
ヒカルドン 5分3R終了 判定3-0 新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 2003年10月13日
ドルゴルスレン・スミヤバザル 1R 2:58 TKO(ドクターストップ) 新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 2003年5月2日
× アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 5分3R終了 判定0-3 DEEP2001 6th IMPACT in ARIAKE COLOSSEUM 2002年9月7日
× リコ・ロドリゲス 2R 3:25 TKO(マウントパンチ) UFC 37: High Impact 2002年5月10日
× ヴォルク・アターエフ 5分3R終了 判定0-2 リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
グロム・コバ 1R 2:17 KO(膝蹴り) リングス WORLD TITLE SERIES 〜旗揚げ10周年記念特別興行〜 2001年8月11日
× レナート・ババル 5分2R終了 判定0-2 リングス WORLD TITLE SERIES
【ワールドタイトル決定トーナメント ヘビー級 1回戦】
2001年6月15日
× ランディ・クートゥア 5分2R終了 判定0-3 リングス KING of KINGS GRAND-FINAL
【準々決勝】
2001年2月24日
エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 0:17 TKO(ドクターストップ) リングス KING of KINGS Bブロック
【2回戦】
2000年12月22日
イリューヒン・ミーシャ 2R 1:53 KO(パンチ) リングス KING of KINGS Bブロック
【1回戦】
2000年12月22日
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 5分2R終了 判定 リングス Millennium Combine III 2000年8月23日
グレッグ・ウィカン 1R 2:53 足首固め Rings USA: Rising Stars Block A
【RISING STARS ヘビー級 2回戦】
2000年7月15日
トラビス・フルトン 5分3R終了 判定3-0 Rings USA: Rising Stars Block A
【RISING STARS ヘビー級 1回戦】
2000年7月15日
× ギルバート・アイブル 1R 1:17 TKO(カット) リングス RISE 7th KING of KINGS Bブロック
【2回戦】
1999年12月22日
クリストファー・ヘイズマン 延長R終了 判定2-1 リングス RISE 7th KING of KINGS Bブロック
【1回戦】
1999年12月22日
× ペドロ・ヒーゾ 3R 1:12 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 23: Ultimate Japan 2 1999年11月14日
ギルバート・アイブル 8:17 負傷判定 リングス RISE 5th 1999年8月19日
ティム・レイシック 2R終了時 TKO(タオル投入) UFC 21: Return of the Champions 1999年7月16日
× 山本宜久 15:41 KO(掌底) リングス RISE 3rd 1999年5月22日
× ギルバート・アイブル 19:58 TKO(ドクターストップ) リングス RISE 2nd 1999年4月23日
田村潔司 9:22 腕ひしぎ十字固め リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT
第1回FNRカップ'98 GRAND FINAL
1999年1月23日
× バス・ルッテン 1R 14:15 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 18: The Road to the Heavyweight Title 1999年1月9日
ニコライ・ズーエフ 10分終了 判定 リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT
第1回FNRカップ'98 Bブロック 1st ROUND
1998年11月20日
ピート・ウィリアムス 15分1R終了 判定3-0 UFC Brazil: Ultimate Brazil 1998年10月16日
キモ 15分1R終了 判定3-0 UFC 16: Battle in the Bayou 1998年3月13日
イーゲン井上 再延長R終了 判定3-0 ザ・トーナメント・オブ・J '95
【決勝】
1995年10月13日
山崎進 1R 0:52 ヒールホールド ザ・トーナメント・オブ・J '95
【準決勝】
1995年10月13日
芳岡博之 1R 3:40 TKO(パンチ連打) ザ・トーナメント・オブ・J '95
【1回戦】
1995年10月13日

獲得タイトル[編集]

出版物[編集]

DVD[編集]

  • 高阪剛 寝技大全 トップポジション編 Vol.1(クエスト、2002年11月16日)
  • 高阪剛 寝技大全 トップポジション編 Vol.2(クエスト、2002年12月17日)
  • 高阪剛 寝技大全 ボトムポジション編(クエスト、2003年1月17日)
  • 高阪剛 寝技大全 連続技&カウンター編(クエスト、2003年2月19日)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高坂弾正の末裔登場!? 元格闘家の高阪剛、登場! 天地人公式サイト トピックス
    「戦友が語るTKと過ごした日々。」『ゴング格闘技』No.170、2006年7月号、日本スポーツ出版社、p.104
  2. ^ U-STYLE 一周年記念大会 スポーツナビ
  3. ^ 新日本プロレス30周年記念 THE SPIRAL 第4試合 スポーツナビ
  4. ^ WRESTLING WORLD 2003 第10試合 スポーツナビ
  5. ^ 新日本プロレス「NEXESS」 第8試合 スポーツナビ
  6. ^ 新日本プロレス「NEXESS」 第5試合 スポーツナビ
  7. ^ [PRIDE.31] 2.26 埼玉:ショーグン&ハリトーノフ敗れる BoutReview 2006年2月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代パンクラススーパーヘビー級王者

2004年11月7日 - 2006年1月20日

次王者
王座廃止