UFC 37

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 37: High Impact
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2002年5月10日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ボージャーシティ
会場 センチュリーテル・センター
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 7,200人
PPV購入数 50,000件[1]
イベント時系列
UFC 36: Worlds Collide UFC 37: High Impact UFC 37.5: As Real As It Gets

UFC 37: High Impact(ユーエフシー・サーティセブン:ハイ・インパクト)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年5月10日ルイジアナ州ボージャーシティのセンチュリーテル・センターで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ミドル級タイトルマッチでは、1Rに王者ムリーロ・ブスタマンチがキャリア7戦全勝の挑戦者マット・リンドランド腕ひしぎ十字固めに捕らえ、リンドランドがタップしたように見えたためブスタマンチが腕ひしぎ十字固めを解いてしまったが、レフェリーが見逃したため試合は続行され、3Rに改めてフロントチョークによる決着となった。

なお、出場予定であったジョン・ピエリーニが欠場のため、替わってスティーブ・バーガーが出場した[2]

また、出場が予定されていたビクトー・ベウフォートは伝染病の投薬治療の副作用のため体調が悪化し、欠場となった。

HOOKnSHOOT世界ミドル級王者アイヴァン・サラベリー、キャリア10戦全勝のベンジー・ラダックがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロビー・ローラー vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・ライリー ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-26、29-27)
第2試合 ウェルター級 5分3R
- アメリカ合衆国の旗 ベンジー・ラダック vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・バーガー -
1R 0:27 無効試合(反則)
※当初はラダックのパウンドによるTKO勝ちとされたが、反則のパンチを使用していたとして、同年6月13日にルイジアナ州アスレチック・コミッションの裁定により無効試合となった。
第3試合 ミドル級 5分3R
カナダの旗 アイヴァン・サラベリー vs. ロシアの旗 アンドレイ・シモノフ ×
3R 2:27 TKO(レフェリーストップ:パウンド

メインカード[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
日本の旗 宇野薫 vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-29、29-28)
第5試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・バローニ vs. アルメニアの旗 アマール・スロエフ ×
1R 2:55 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 BJ・ペン vs. アメリカ合衆国の旗 ポール・クレイトン ×
2R 3:23 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第7試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リコ・ロドリゲス vs. 日本の旗 高阪剛 ×
2R 3:25 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第8試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ムリーロ・ブスタマンチ vs. アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド ×
3R 1:33 フロントチョーク
※ブスタマンチが王座の初防衛に成功。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]