UFC on Fuel TV 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC on Fuel TV 7: Barao vs. McDonald
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2013年2月16日
開催地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
会場 ウェンブリー・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 Fuel TV
入場者数 10,349人
入場収益 130万ドル[1]
イベント時系列
UFC 156: Aldo vs. Edgar UFC on Fuel TV 7: Barao vs. McDonald UFC 157: Rousey vs. Carmouche

UFC on Fuel TV 7: Barao vs. McDonald(ユーエフシー・オン・フューエル・ティービー・セブン:バラオン・バーサス・マクドナルド)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2013年2月16日イングランドロンドンウェンブリー・アリーナで開催された

大会概要[編集]

本大会ではヘナン・バラオンマイケル・マクドナルドによるUFC世界バンタム級暫定タイトルマッチが組まれた[2]

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 フィル・ハリス vs. アメリカ合衆国の旗 ユリシーズ・ゴメス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 ヴァウアン・リー vs. 日本の旗 手塚基伸 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第3試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 トム・ワトソン vs. ブルガリアの旗 スタニスラブ・ネドコフ ×
2R 4:42 TKO(スタンドパンチ連打)
第4試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 アンディ・オーグル vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・グリスピ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニー・カスティーリョ vs. イングランドの旗 ポール・サス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 レニー・フォート vs. イングランドの旗 テリー・エティム ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リドル vs. イングランドの旗 チェ・ミルズ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、30-27)
※リドルの薬物検査失格によりノーコンテスト[3]
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 ジェームス・テフナ vs. カナダの旗 ライアン・ジモー ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-28、29-28)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アイスランドの旗 グンナー・ネルソン vs. ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第10試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 ジミ・マヌワ vs. フランスの旗 シリル・ディアバテ ×
1R終了時 TKO(棄権)
第11試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カブ・スワンソン vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第12試合 UFC世界バンタム級暫定タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ヘナン・バラオン vs. アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド ×
4R 3:57 肩固め
※バラオンが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: トム・ワトソン vs. スタニスラブ・ネドコフ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: トム・ワトソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイトヘナン・バラオン
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]