The Ultimate Fighter 19 Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Ultimate Fighter 19 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2014年7月6日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
試合数 全11試合
放送局 FOXスポーツ1
入場者数 6,500人
入場収益 83万5,000ドル[1]
イベント時系列
UFC 175: Weidman vs. Machida The Ultimate Fighter 19 Finale UFC Fight Night: Cerrone vs. Miller

The Ultimate Fighter 19 Finale(ジ・アルティメット・ファイター・ナインティーン・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter: Team Edgar vs. Team Penn Finale )は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン19のフィナーレとして、2014年7月6日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

大会概要[編集]

「UFCインターナショナル・ファイトウィーク」の2日目として開催された本大会ではThe Ultimate Fighter 19トーナメント決勝戦が行われ、ライトヘビー級はコーリー・アンダーソン、ミドル級はエディ・ゴードンがそれぞれ優勝を果たした。メインイベントではフランク・エドガーBJ・ペンによるコーチ対決が組まれた[2]

キャリア6戦全勝のロバート・ドリスデール、5戦全勝のROCミドル級王者キース・ベリシュ、5戦全勝のアレクシス・デュフレンがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロバート・ドリスデール vs. アメリカ合衆国の旗 キース・ベリシュ ×
1R 2:03 リアネイキドチョーク
※ドリスデールの薬物検査失格によりノーコンテスト[3]
第2試合 64.9kg契約ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 サラ・モーラス vs. アメリカ合衆国の旗 アレクシス・デュフレン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ウォルシュ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・スポーン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 アドリアーノ・マルチンス vs. メキシコの旗 ジュアン・マニュエル・プイグ ×
1R 2:21 KO(右フック)
第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 レアンドロ・イッサ vs. 中華人民共和国の旗 ジュマビエク・トゥアスン ×
3R 3:49 腕ひしぎ十字固め
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケビン・リー vs. カナダの旗 ジェシー・ロンソン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、30-27)

メインカード[編集]

第7試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・オーティス vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・スコッギンズ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デリック・ルイス vs. ブラジルの旗 グトー・イノセンチ ×
1R 3:30 KO(パウンド)
第9試合 TUF 19ミドル級トーナメント 決勝 5分3R
ジャマイカの旗 エディ・ゴードン vs. ブラジルの旗 ディエゴ・リマ ×
1R 1:11 KO(パウンド)
※ゴードンがトーナメント優勝。
第10試合 TUF 19ライトヘビー級トーナメント 決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コーリー・アンダーソン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ヴァン・バーレン ×
1R 1:01 TKO(パウンド)
※アンダーソンがトーナメント優勝。
第11試合 フェザー級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー vs. アメリカ合衆国の旗 BJ・ペン ×
3R 4:16 TKO(パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:レアンドロ・イッサ vs. ジュマビエク・トゥアスン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト: レアンドロ・イッサ、アドリアーノ・マルチンス
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]