UFC 58

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 58: USA vs. Canada
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2006年3月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 9,569人[1]
入場収益 1,758,450USドル[1]
PPV購入数 300,000件[2]
報酬総額 207,000USドル
イベント時系列
UFC 57: Liddell vs. Couture 3 UFC 58: USA vs. Canada Ultimate Fight Night 4

UFC 58: USA vs. Canada(ユーエフシー・フィフティエイト:ユーエスエー・バーサス・カナダ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2006年3月4日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

サブタイトル「USA vs. Canada」の通り、アメリカ対カナダをテーマに全8試合がアメリカ人とカナダ人によるマッチメイクで構成され、メインイベントではUFC世界ミドル級王者リッチ・フランクリンと挑戦者デビッド・ロワゾーによるUFC世界ミドル級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ミドル級タイトルマッチではリッチ・フランクリンデビッド・ロワゾーの挑戦を退け、2度目の王座防衛に成功した。なお、予定されていたディエゴ・サンチェス対ジョン・アレッシオのウェルター級マッチは、サンチェスの欠場により中止された。

TKO世界ヘビー級王者イチョー・ラレナス、WEC世界ライトヘビー級王者ジェイソン・ランバート、TKO世界ライト級王者サム・スタウト、TKO世界フェザー級王者マーク・ホーミニックがUFCデビュー。

なお、プレリミナリィの3試合はいずれもペイ・パー・ビューでの放送はなかった。

UFC 49以来休止していた、ライト級が再開された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トム・マーフィー vs. アルゼンチンの旗 イチョー・ラレナス ×
3R 1:59 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ランバート vs. カナダの旗 ロブ・マクドナルド ×
1R 1:54 チキンウィングアームロック
第3試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 サム・スタウト vs. アメリカ合衆国の旗 スペンサー・フィッシャー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)

メインカード[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 マーク・ホーミニック vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
2R 1:52 腕ひしぎ三角固め
第5試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイサン・マーコート vs. カナダの旗 ジョー・ドークセン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 ウェルター級王座挑戦者決定戦 5分3R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール vs. アメリカ合衆国の旗 BJ・ペン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
※サンピエールが挑戦権獲得に成功。
第7試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・スウィック vs. カナダの旗 スティーブ・ヴィニョー ×
1R 2:09 フロントチョーク
第8試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・フランクリン vs. カナダの旗 デビッド・ロワゾー ×
5R終了 判定3-0(50-42、50-42、50-43)
※フランクリンが2度目の王座防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ a b NEVADA'S TOP MMA GATES ネバダ州アスレチック・コミッション公式サイト 2008年5月13日閲覧
  2. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]

外部リンク[編集]