UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2018年6月23日
開催地 シンガポールの旗 シンガポール
カラン
会場 シンガポール・インドア・スタジアム
試合数 全13試合
放送局 UFCファイトパス
日本の放送局 DAZN
入場者数 6,419人[1]
イベント時系列
UFC 225: Whittaker vs. Romero 2 UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards The Ultimate Fighter 27 Finale

UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards(ユーエフシー・ファイトナイト:カウボーイ・バーサス・エドワーズ、別名UFC Fight Night 132)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2018年6月23日シンガポールカランシンガポール・インドア・スタジアムで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではドナルド・セラーニレオン・エドワーズによるウェルター級戦が組まれた。


試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 女子フライ級 5分3R
大韓民国の旗 キム・ジヨン vs. ハンガリーの旗 メリンダ・ファビアン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第2試合 フライ級 5分3R
日本の旗 佐々木憂流迦 vs. フィリピンの旗 ジェネル・ラウザ ×
2R 4:04 リアネイキドチョーク
第3試合 フライ級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・シュネル vs. 日本の旗 井上直樹 ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第4試合 女子ストロー級 5分3R
中華人民共和国の旗 ヤン・シャオナン vs. ブラジルの旗 ビビアン・ペレイラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第5試合 ウェルター級 5分3R
オーストラリアの旗 ジェイク・マシューズ vs. 日本の旗 安西信昌 ×
1R 3:44 TKO(リアネイキドチョーク
第6試合 ウェルター級 5分3R
中華人民共和国の旗 ソン・ケナン vs. メキシコの旗 エクトル・アルダナ ×
2R 4:45 TKO(右ストレート→パウンド)
第7試合 フェザー級 5分3R
ニュージーランドの旗 シェーン・ヤング vs. フィリピンの旗 ロランド・ディ ×
2R 4:40 TKO(スタンドの右肘打ち→パンチ連打)
第8試合 バンタム級 5分3R
中華人民共和国の旗 ソン・ヤードン vs. ブラジルの旗 フェリペ・アランテス ×
2R 4:59 TKO(スタンドの右肘打ち→パウンド)
第9試合 バンタム級 5分3R
ロシアの旗 ピョートル・ヤン vs. 日本の旗 石原夜叉坊 ×
1R 3:28 TKO(右ストレート→パウンド)

メインカード[編集]

第10試合 ウェルター級 5分3R
中華人民共和国の旗 リー・ジンリャン vs. 日本の旗 阿部大治 ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、30-27)
第11試合 女子フライ級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェシカ・アイ vs. オーストラリアの旗 ジェシカ・ローズ・クラーク ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第112試合 ライトヘビー級 5分3R
ハイチの旗 オヴィンス・サンプルー vs. オーストラリアの旗 タイソン・ペドロ ×
1R 2:54 ストレートアームバー
第13試合 ウェルター級 5分5R
イングランドの旗 レオン・エドワーズ vs. アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ ×
5R終了 判定3-0(48-47、48-47、48-47)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: シェーン・ヤング vs. ロランド・ディ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトオヴィンス・サンプルー、ソン・ヤードン
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]