UFC 139

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 139: Shogun vs. Henderson
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2011年11月19日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
会場 HPパビリオン
試合数 全12試合
放送局 WOWOW
入場者数 13,832人
入場収益 1,268,000USドル
PPV購入数 290,000件[1]
イベント時系列
UFC on FOX 1: Velasquez vs. dos Santos UFC 139: Shogun vs. Henderson The Ultimate Fighter 14 Finale

UFC 139: Shogun vs. Henderson(ユーエフシー・ワンサーティナイン:ショーグン・バーサス・ヘンダーソン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年11月19日カリフォルニア州サンノゼHPパビリオンで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではマウリシオ・ショーグンStrikeforce世界ライトヘビー級王者ダン・ヘンダーソンによるライトヘビー級ワンマッチが組まれた[2]

Strikeforce世界ミドル級王者カン・リー、キャリア7戦無敗のアレックス・ソトがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 71.7kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニー・カスティーリョ vs. アメリカ合衆国の旗 シャマール・ベイリー ×
1R 4:52 TKO(パウンド)
※ベイリーの体重超過によりライト級から変更。
第2試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 セス・バジンスキー vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン ×
2R 0:42 ギロチンチョーク
第3試合 64kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ミゲール・トーレス vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・ペース ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※ペースの体重超過によりバンタム級から変更。
第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 グレイゾン・チバウ vs. ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、30-27)
第5試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・ウェイドマン vs. アメリカ合衆国の旗 トム・ローラー ×
1R 2:07 TKO(ダースチョーク

Spike中継カード[編集]

第6試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド vs. メキシコの旗 アレックス・ソト ×
1R 0:56 KO(スタンドパンチ連打)
第7試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ベイダー vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ブリルズ ×
1R 1:17 KO(右ストレート)

メインカード[編集]

第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ステファン・ボナー vs. アメリカ合衆国の旗 カイル・キングスベリー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-25、30-27)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
デンマークの旗 マルティン・カンプマン vs. アメリカ合衆国の旗 リック・ストーリー ×
3R終了 判定2-1(28-29、30-27、29-28)
第10試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ユライア・フェイバー vs. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ボウルズ ×
2R 1:27 ギロチンチョーク
第11試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. ベトナムの旗 カン・リー ×
2R 4:49 TKO(膝蹴り→パウンド)
第12試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン vs. ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン ×
5R終了 判定3-0(48-47、48-47、48-47)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトダン・ヘンダーソン vs. マウリシオ・ショーグンヴァンダレイ・シウバ vs. カン・リー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトマイケル・マクドナルド
サブミッション・オブ・ザ・ナイトユライア・フェイバー
各選手にはボーナスとして70,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]