グレイゾン・チバウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレイゾン・チバウ
基本情報
本名 ジャニグレイゾン・エルクラノ・アウヴェス
(Janigleison Herculano Alves)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-07-10) 1983年7月10日(35歳)
出身地 リオグランデ・ド・ノルテ州チバウ・ド・スウ
所属 ノヴァウニオン
アメリカン・トップチーム
身長 178cm
体重 70kg
リーチ 180cm
階級 ウェルター級
ライト級
バックボーン ブラジリアン柔術レスリング
テーマ曲 Iron Man
ブラック・サバス
テンプレートを表示

グレイゾン・チバウGleison Tibau1983年7月10日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオグランデ・ド・ノルテ州チバウ・ド・スウ出身。アメリカン・トップチーム所属。

大幅な増減量をすることで知られており、ライト級(70.3kg)の選手でありながら試合直前に体重が約84kgまで達する驚異的なリカバリーを行う。

来歴[編集]

15歳から格闘技を始め、ブラジリアン柔術レスリングでリオデジャネイロ州王者となった[1]

2002年11月28日、パウロ・ボイコ戦でプロ総合格闘技デビュー。翌年3月には柔術世界王者のフェルナンド・テレレに判定勝ちを収めた。

2003年7月13日、初参戦となったDEEP光岡映二と対戦。テイクダウンで優勢に立つも肩の脱臼によるアクシデントで2RTKO負け。

2005年7月9日、Meca World Vale Tudoでファブリシオ・カモエスに一本勝ちを収めた。

UFC[編集]

2006年11月18日、UFC初参戦となったUFC 65ニック・ディアスと対戦し、TKO負けを喫した。

2007年3月3日、UFC 68では階級をウェルター級からライト級に落とし、ジェイソン・デントと対戦し、判定勝ちでUFC初勝利を収めた。この年はその後アントニオ・モレノ、テリー・エティム、ジェフ・コックスに3連勝を収めた。

2008年2月2日、UFC 81タイソン・グリフィン相手に互角以上に闘うも0-3の判定負け。7月5日のUFC 86ではジョー・スティーブンソンを相手に優勢に試合を進めるが逆転一本負け。

2009年2月7日、UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephensにおいてリッチ・クレメンティフロントチョークで一本勝ちし、連敗から脱出した。4月1日、UFC Fight Night: Condit vs. Kampmannジェレミー・スティーブンスに判定勝ちを収めた。

2009年6月20日、The Ultimate Fighter: United States vs. United Kingdom Finaleにおいてメルヴィン・ギラードと対戦。幾度となくテイクダウンを奪い試合終了間際にはTKO寸前にまで追いこんだが1-2の判定負け。この不可解な判定は試合後物議を醸した。

2009年10月24日、UFC 104ジョシュ・ニアーと対戦。幾度となくテイクダウンに成功するもグラウンドでフィニッシュには至らず、判定勝ちとなった。この試合は当初ライト級契約であったが、チバウが2ポンド、ニアーが1.5ポンド、と両者が体重超過となり、157ポンドのキャッチウェイトバウトとなった[2]

2010年3月31日、UFC Fight Night: Florian vs. Gomi宇野薫と対戦し、パウンドでTKO勝ち[3]

2010年9月15日、UFC Fight Night: Marquardt vs. Palharesジム・ミラーと対戦し、一進一退の攻防を繰り広げたが0-3の判定負けを喫した[4]

2011年5月28日、UFC 130でハファエロ・オリヴェイラと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年7月7日、UFC 148ハビブ・ヌルマゴメドフと対戦し、ヌルマゴメドフの仕掛けたテイクダウンを全て防ぎ、数回のテイクダウンを奪うなど試合を優勢に進めるが、0-3の判定負け。

2014年9月13日、UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovskiでピオトル・ホールマンと対戦し、2-1の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年11月7日、UFC Fight Night: Belfort vs. Henderson 3でアベル・トルヒーヨと対戦し、リアネイキドチョークで見込み一本勝ち。試合後の薬物検査で禁止薬物に指定されているエリスロポエチンの陽性反応が検出されたため、失格となり裁定が反則負けに変更された。

2016年2月18日、全米アンチドーピング機構(USADA)が実施した抜き打ち検査でヒトエリスロポエチンの陽性反応が検出されたため、2年間の出場停止処分を受けた[5]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
45 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
33 4 13 16 0 0 0
12 3 2 6 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× デスモンド・グリーン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Rivera vs. Moraes 2018年6月1日
× イスラン・マカチェフ 1R 0:57 KO(左フック) UFC 220: Miocic vs. Ngannou 2018年1月20日
× アベル・トルヒーヨ 1R 1:45 反則(薬物検査失格) UFC Fight Night: Belfort vs. Henderson 3 2015年11月7日
× トニー・ファーガソン 1R 2:37 リアネイキドチョーク UFC 184: Rousey vs. Zingano 2015年2月28日
ノーマン・パーク 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: McGregor vs. Siver 2015年1月18日
ピオトル・ホールマン 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovski 2014年9月13日
パット・ヒーリー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Cerrone vs. Miller 2014年7月16日
× マイケル・ジョンソン 2R 1:32 KO(左ストレート→パウンド) UFC 168: Weidman vs. Silva 2 2013年12月28日
ジェイミー・ヴァーナー 5分3R終了 判定2-1 UFC 164: Henderson vs. Pettis 2013年8月31日
ジョン・チョリッシュ 2R 2:34 ギロチンチョーク UFC on FX 8: Belfort vs. Rockhold 2013年5月18日
× エヴァン・ダナム 5分3R終了 判定1-2 UFC 156: Aldo vs. Edgar 2013年2月2日
フランシスコ・トリナウド 5分3R終了 判定3-0 UFC 153: Silva vs. Bonnar 2012年10月13日
× ハビブ・ヌルマゴメドフ 5分3R終了 判定0-3 UFC 148: Silva vs. Sonnen 2 2012年7月7日
ハファエル・ドス・アンジョス 5分3R終了 判定2-1 UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月19日
ハファエロ・オリヴェイラ 2R 3:28 リアネイキドチョーク UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月28日
カート・ペレグリーノ 5分3R終了 判定2-1 UFC 128: Shogun vs. Jones 2011年3月19日
× ジム・ミラー 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Marquardt vs. Palhares 2010年9月15日
宇野薫 1R 4:13 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Florian vs. Gomi 2010年3月31日
ジョシュ・ニアー 5分3R終了 判定3-0 UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
× メルヴィン・ギラード 5分3R終了 判定1-2 The Ultimate Fighter: United States vs. United Kingdom Finale 2009年6月20日
ジェレミー・スティーブンス 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2009年4月1日
リッチ・クレメンティ 1R 4:35 フロントチョーク UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens 2009年2月7日
× ジョー・スティーブンソン 2R 2:57 フロントチョーク UFC 86: Jackson vs. Griffin 2008年7月5日
× タイソン・グリフィン 5分3R終了 判定0-3 UFC 81: Breaking Point 2008年2月2日
テリー・エティム 5分3R終了 判定3-0 UFC 75: Champion vs. Champion 2007年9月8日
ジェフ・コックス 1R 1:52 肩固め UFC Fight Night: Stout vs. Fisher 2007年6月12日
アントニオ・モレノ 1R 0:55 TKO(パンチ連打) Nordest Combat Championship 2007年5月9日
ジェイソン・デント 5分3R終了 判定3-0 UFC 68: Uprising 2007年3月3日
× ニック・ディアス 2R 2:27 TKO(パウンド) UFC 65: Bad Intentions 2006年11月18日
イェンジェイ・クビスキ 1R 1:03 チョークスリーパー KO Arena 4 2006年3月11日
ファブリシオ・カモエス 1R 2:15 チョークスリーパー Meca World Vale Tudo 12 2005年7月9日
× マルセロ・ブリトー 5分3R終了 判定0-3 Storm Samurai 7 2005年6月11日
ジョゼニウド・ホドリゲス 5分3R終了 判定3-0 Ceara Open 2 2005年3月10日
アンデルソン・クルーズ 1R KO(パンチ連打) Octagon Fight 2005年2月24日
× ホドリゴ・アナコンダ 3R 2:32 TKO Mix Fight 3 2004年10月27日
ジョゼニウド・ハマーリョ 1R 腕ひしぎ十字固め Brazilian Challenger 2 2004年10月21日
カルロス・インジオ 1R 1:16 チョークスリーパー Champions Night 11 2004年10月7日
アドリアーノ・マルチンス 5分3R終了 判定3-0 Amazon Fight 2004年6月20日
ダニエウ・ムラーニャ 1R 腕ひしぎ十字固め Champions Night 10 2004年5月21日
エマニュエウ・シウバ 1R 2:30 チョークスリーパー Desafio: Natal vs Nordeste 2004年3月9日
× 光岡映二 2R 3:41 TKO(タオル投入) DEEP 11th IMPACT in OSAKA 2003年7月13日
フェルナンド・テレレ 5分3R終了 判定2-1 Bitetti Combat Nordeste 2 2003年3月20日
パウロ・ボイコ 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat Nordeste 1 2002年11月28日
チアゴ・アウベス 2R 3:31 腕ひしぎ十字固め Champions Night 2 2001年6月30日
ヒヴァニオ・アランニャ 5分3R終了 判定3-0 Currais Novos Vale Tudo Open 1999年5月18日

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]