UFC 128

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 128: Shogun vs. Jones
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2011年3月19日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ニューアーク
会場 プルデンシャル・センター
試合数 全12試合
入場者数 12,619人
入場収益 2,140,000USドル
PPV購入数 490,000件[1]
イベント時系列
UFC Live: Sanchez vs. Kampmann UFC 128: Shogun vs. Jones UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis

UFC 128: Shogun vs. Jones(ユーエフシー・ワントゥエンティエイト:ショーグン・バーサス・ジョーンズ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年3月19日ニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではマウリシオ・ショーグンジョン・ジョーンズによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが組まれた。

WEC世界フェザー級王者ユライア・フェイバー、元WEC世界バンタム級王者エディ・ワインランド、キャリア9戦無敗のカマル・シャロルスがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • カーロス・ヴェモラ → エリオット・マーシャル(第7試合)

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エリック・コク vs. ブラジルの旗 ハファエル・アスンソン ×
1R 2:32 KO(右フック)
第2試合 88.5kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・カトーネ vs. キプロスの旗 コンスタンティノス・フィリッポウ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ベナビデス vs. アメリカ合衆国の旗 イアン・ラブランド ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)

Facebook中継カード[編集]

第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 グレイゾン・チバウ vs. アメリカ合衆国の旗 カート・ペレグリーノ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第5試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル vs. アメリカ合衆国の旗 ヒカルド・アルメイダ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

Spike中継カード[編集]

第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 エジソン・バルボーザ vs. ナイジェリアの旗 アンソニー・ヌジョクアニ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第7試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ルイス・カーニ vs. アメリカ合衆国の旗 エリオット・マーシャル ×
1R 2:15 TKO(パウンド)

メインカード[編集]

第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブレンダン・シャウブ vs. クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ ×
3R 3:44 KO(右フック)
第9試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイサン・マーコート vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・ミラー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. イランの旗 カマル・シャロルス ×
3R 2:15 TKO(膝蹴り→パウンド)
第11試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ユライア・フェイバー vs. アメリカ合衆国の旗 エディ・ワインランド ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第12試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン ×
3R 2:37 TKO(膝蹴り)
※ジョーンズが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトエジソン・バルボーザ vs. アンソニー・ジョクアーニ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトブレンダン・シャウブエリック・コク
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
各選手にはボーナスとして70,000ドルが支給された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]