UFC 106

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2009年11月21日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
放送局 Spike
入場者数 10,529人[1]
入場収益 3,000,000USドル[1]
PPV購入数 375,000件[2]
イベント時系列
UFC 105: Couture vs. Vera UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2 The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale

UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2(ユーエフシー・ワンオーシックス:オーティス・ヴァーサス・グリフィン・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2009年11月21日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

メインイベントではティト・オーティズフォレスト・グリフィンUFC 59以来3年半振りとなるライトヘビー級での再戦が行われた。

大会概要[編集]

メインイベントではグリフィンがティトを判定2-1で破り、リベンジを果たす形となった。当初はティト vs. マーク・コールマンの対戦が予定されていたものの、コールマンの膝の負傷によりグリフィンが出場した[3]

キャリア9戦全勝のジェイコブ・ヴォルクマンがUFCデビュー。

大会では当初、メインイベントとしてブロック・レスナーシェイン・カーウィンによるヘビー級タイトルマッチが予定されていたが、レスナーの疾病によって中止された[4]

また、カロ・パリジャン vs. ダスティン・ヘイズレットの試合も予定されていたが、パリジャンの欠場により試合が消滅した。試合の消滅は試合前日に発表された。

本大会ではPPVとは別に、第1、3、4、5試合の計4試合がSpikeによって無料放送された[5]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
オーストラリアの旗 ジョージ・ソテロポロス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・デント ×
2R 4:36 腕ひしぎ十字固め
第2試合 ライト級 5分3R
日本の旗 宇野薫 vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・カモエス △
3R終了 判定1-0(29-27、28-28、28-28)
第3試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・フォスター vs. アメリカ合衆国の旗 ブロック・ラーソン ×
2R 3:25 TKO(ギブアップ:パウンド

Spike中継カード[編集]

第4試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケンドール・グローブ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・ロショルト ×
1R 3:59 三角絞め
第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベン・ソーンダース vs. アメリカ合衆国の旗 マーカス・デイヴィス ×
1R 3:24 KO(膝蹴り)

メインカード[編集]

第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アミール・サダロー vs. アメリカ合衆国の旗 フィル・バローニ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs. ブラジルの旗 ルイス・カーニ ×
1R 1:58 TKO(レフェリーストップ:左フック→パウンド
第8試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 パウロ・チアゴ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイコブ・ヴォルクマン ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第9試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョンソン ×
2R 4:47 チョークスリーパー
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フォレスト・グリフィン vs. アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ ×
3R終了 判定2-1(28-29、30-27、29-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ジョシュ・コスチェック vs. アンソニー・ジョンソン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジョシュ・コスチェック
各選手にはボーナスとして70,000ドルが支給された[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]