UFC Fight Night: McGregor vs. Brandao

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC Fight Night: McGregor vs. Brandao
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2014年7月19日
開催地 アイルランドの旗 アイルランド
ダブリン州ダブリン
会場 The O2
試合数 全10試合
放送局 UFCファイトパス
入場者数 9,500人
入場収益 140万ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Cowboy vs. Miller UFC Fight Night: McGregor vs. Brandao UFC on FOX 12: Lawler vs. Brown

UFC Fight Night: McGregor vs. Brandao(ユーエフシー・ファイトナイト:マクレガー・バーサス・ブランダオン、別名UFC Fight Night 46)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2014年7月19日アイルランドダブリン州ダブリンThe O2で開催された。

大会概要[編集]

5年6か月ぶりのアイルランド開催となった本大会ではコナー・マクレガーディエゴ・ブランダオンによるフェザー級ワンマッチが組まれた。

CWFCウェルター級王者キャサル・ペンドレッド、キャリア9戦全勝のパトリック・フロハン、5戦全勝のマイク・キングがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アイルランドの旗 パトリック・フロハン vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・サンポ ×
1R 3:06 リアネイキドチョーク
第2試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ウクライナの旗 ニキータ・クリーロフ vs. アメリカ合衆国の旗 コーディ・ドノヴァン ×
1R 4:57 TKO(パウンド)
第3試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トレバー・スミス vs. スウェーデンの旗 トル・トロエン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アイルランドの旗 キャサル・ペンドレッド vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・キング ×
2R 3:33 TKO(リアネイキドチョーク
第5試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アイルランドの旗 ニール・シーリー vs. イングランドの旗 フィル・ハリス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
スウェーデンの旗 イリル・ラティフィ vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・デンプシー ×
1R 2:07 KO(パウンド)

メインカード[編集]

第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
北アイルランドの旗 ノーマン・パーク vs. 日本の旗 小谷直之 ×
2R 3:41 TKO(グラウンドの肘打ち)
第8試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 イアン・マッコール vs. イングランドの旗 ブラッド・ピケット ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アイスランドの旗 グンナー・ネルソン vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・カミングス ×
2R 4:48 リアネイキドチョーク
第10試合 フェザー級ワンマッチ 5分5R
アイルランドの旗 コナー・マクレガー vs. ブラジルの旗 ディエゴ・ブランダオン ×
1R 4:05 TKO(左ストレート→パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: キャサル・ペンドレッド vs. マイク・キング
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトコナー・マクレガーグンナー・ネルソン
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。
※試合後の検査でキングから禁止薬物であるナンドロロンの陽性反応が出たため、キングへのボーナスは取り消しとなった[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]