UFC 241

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 241: Cormier vs. Miocic 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2019年8月17日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アナハイム
会場 ホンダセンター
試合数 全12試合
放送局 PPV
ESPN
日本の放送局 WOWOW
入場者数 17,304人[1]
入場収益 323万7,032ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Shevchenko vs. Carmouche 2 UFC 241: Cormier vs. Miocic 2 UFC Fight Night: Andrade vs. Zhang

UFC 241: Cormier vs. Miocic 2(ユーエフシー・ツーフォーティワン:コーミエ・バーサス・ミオシッチ・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2019年8月17日カリフォルニア州アナハイムホンダセンターで開催された。

大会概要[編集]

本大会のメインイベントでは、UFC世界ヘビー級タイトルマッチとして王者ダニエル・コーミエと挑戦者スティーペ・ミオシッチによる対戦が組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 女子フライ級 5分3R
コロンビアの旗 サビーナ・マゾ vs. アメリカ合衆国の旗 シャナ・ドブソン ×
3R終了 判定3-0(30–24、30–25、30–25)
第2試合 バンタム級 5分3R
大韓民国の旗 カン・ギョンホ vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・デイビス ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第3試合 女子ストロー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ハンナ・シファーズ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョディ・エスキベル ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-27)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 63.5kg契約 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケイシー・ケニー vs. アメリカ合衆国の旗 マニー・バーミュデス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドラッカー・クロース vs. アメリカ合衆国の旗 クリストス・ジアゴス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第6試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コーリー・サンドヘイゲン vs. ブラジルの旗 ハファエル・アスンソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カーマ・ワーシー vs. アメリカ合衆国の旗 デボンテ・スミス ×
1R 4:15 TKO(左フック→パウンド)

メインカード[編集]

第8試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デレク・ブランソン vs. アメリカ合衆国の旗 イアン・ハイニッシュ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第9試合 フェザー級 5分3R
ナイジェリアの旗 ソディック・ユーサフ vs. メキシコの旗 ガブリエル・ベニテス ×
1R 4:14 TKO(右フック→パウンド)
第10試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 パウロ・コスタ vs. キューバの旗 ヨエル・ロメロ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第11試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイト・ディアス vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第12試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 スティーペ・ミオシッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ ×
4R 4:09 TKO(右ストレート→パウンド)
※ミオシッチが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトパウロ・コスタ vs. ヨエル・ロメロ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトスティーペ・ミオシッチ、カーマ・ワーシー
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

  1. ^ a b Stephie Haynes (2019年8月18日). “UFC 241 post-fight bonuses: Romero-Costa war nabs FOTN honors”. bloodyelbow.com. 2019年8月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]