UFC 145

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 145: Jones vs. Evans
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2012年4月21日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州アトランタ
会場 フィリップス・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 WOWOW
入場者数 15,545人
入場収益 220万ドル[1]
PPV購入数 70万件[2]
イベント時系列
UFC on Fuel TV 2: Gustafsson vs. Silva UFC 145: Jones vs. Evans UFC on FOX 3: Diaz vs. Miller

UFC 145: Jones vs. Evans(ユーエフシー・ワンフォーティファイブ:ジョーンズ・バーサス・エヴァンス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2012年4月21日ジョージア州アトランタフィリップス・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではジョン・ジョーンズラシャド・エヴァンスによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが組まれた[3]

元ライト級キング・オブ・パンクラシストマキシモ・ブランコがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・ブリメージ vs. ベネズエラの旗 マキシモ・ブランコ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第2試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 クリス・クレメンツ vs. アメリカ合衆国の旗 キース・ウィスニエフスキー ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マック・ダンジグ vs. メキシコの旗 エフレイン・エスクデロ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

FX中継カード[編集]

第4試合 71.7kg契約ワンマッチ 5分3R
ナイジェリアの旗 アンソニー・ヌジョクアニ vs. カナダの旗 ジョン・マクデッシ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※マクデッシの体重超過によりライト級から変更。
第5試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブン・トンプソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-27)
第6試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ブラウン vs. アメリカ合衆国の旗 チャド・グリッグス ×
1R 2:29 肩固め

メインカード[編集]

第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. カナダの旗 ジョン・アレッシオ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エディ・ヤギン vs. カナダの旗 マーク・ホーミニック ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第9試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド vs. アメリカ合衆国の旗 ミゲール・トーレス ×
1R 3:18 KO(右アッパー→パウンド)
第10試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベン・ロズウェル vs. アメリカ合衆国の旗 ブレンダン・シャウブ ×
1R 1:10 KO(左フック→パウンド)
第11試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 ローリー・マクドナルド vs. イングランドの旗 チェ・ミルズ ×
2R 2:20 TKO(パウンド)
第12試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. アメリカ合衆国の旗 ラシャド・エヴァンス ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、50-45)
※ジョーンズが3度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: エディ・ヤギン vs. マーク・ホーミニック
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトベン・ロズウェル
サブミッション・オブ・ザ・ナイトトラヴィス・ブラウン
各選手にはボーナスとして65,000ドルが支給された[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]