UFC 70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 70: Nations Collide
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2007年4月21日
開催地 イングランドの旗 イングランド
マンチェスター
会場 マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
開始時刻 午後9時(PT / ET
試合数 全10試合
放送局 Spike
入場者数 15,114人[1]
入場収益 2,628,472USドル
イベント時系列
UFC 69: Shootout UFC 70: Nations Collide UFC 71: Liddell vs. Jackson

UFC 70: Nations Collide(ユーエフシー・セブンティ:ネイションズ・コライド)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2007年4月21日イングランドマンチェスターマンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナで開催された。

大会は全世界にPPV配信され、Spikeによって6時間遅れで北米に無料放送された。

大会概要[編集]

サブタイトル「Nations Collide(国々の激突)」の通り、様々な国籍の選手が参加。なお、各階級いずれもタイトル戦は行われず。メインイベントではヘビー級王座挑戦者決定戦が行われ、ガブリエル・ゴンザーガミルコ・クロコップに勝利した。

なお、本大会ではPRIDEヘビー級の強豪ファブリシオ・ヴェウドゥムがUFCに初参戦したが、アンドレイ・アルロフスキーに判定負けを喫し、黒星デビューとなった。

キャリア9戦全勝のテリー・エティム、マット・グライス、9戦無敗のエジベルト・クロコタがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分5R
イングランドの旗 ポール・テイラー vs. ブラジルの旗 エジベルト・クロコタ ×
3R 0:37 TKO(レフェリーストップ:右ハイキック→パウンド
第2試合 ウェルター級 5分5R
フランスの旗 ジェス・リアウディン vs. ドイツの旗 デニス・シヴァー ×
1R 1:21 腕ひしぎ十字固め
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
イタリアの旗 アレッシオ・サカラ vs. カナダの旗 ビクター・ヴァリマキ ×
1R 1:44 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 ジュニオール・アスンソン vs. イングランドの旗 デビッド・リー ×
2R 1:55 チョークスリーパー
第5試合 ライト級 5分3R
イングランドの旗 テリー・エティム vs. アメリカ合衆国の旗 マット・グライス ×
1R 4:38 フロントチョーク

メインカード[編集]

第6試合 ヘビー級 5分3R
フランスの旗 シーク・コンゴ vs. ブラジルの旗 アスエリオ・シウバ ×
3R終了 判定2-0(29-28、29-28、28-28)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 リョート・マチダ vs. アメリカ合衆国の旗 デビッド・ヒース ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-26、30-27)
第8試合 ライトヘビー級 5分3R
イングランドの旗 マイケル・ビスピン vs. オーストラリアの旗 エルヴィス・シノシック ×
2R 1:40 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第9試合 ヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ヘビー級王座挑戦者決定戦 5分3R
ブラジルの旗 ガブリエル・ゴンザーガ vs. クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ ×
1R 4:51 KO(右ハイキック)
※ゴンザーガが挑戦権獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: マイケル・ビスピン vs. エルヴィス・シノシック
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ガブリエル・ゴンザーガ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: テリー・エティム
各選手にはボーナスとして30,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]