マイケル・ビスピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・ビスピン
Michael Bisping.jpg
2013年
本名 マイケル・ギャヴィン・ジョセフ・ビスピン
(Michael Gavin Joseph Bisping)
生年月日 (1979-02-28) 1979年2月28日(41歳)
出身地 キプロスの旗 キプロス
ニコシア
通称 ザ・カウント (The Count)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アナハイム
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
身長 185 cm (6 ft 1 in)
体重 84 kg (185 lb)
階級 ライトヘビー級
ミドル級
リーチ 192 cm (76 in)
スタイル キックボクシング
ブラジリアン柔術
スタンス オーソドックス
拠点 マンチェスター
チーム ビスピン・トータルファイティング
→ウルフズレア・アカデミー
→HBアルティメット
レイン・トレーニングセンター/RVCAトレーニングセンター
トレーナー ジェイソン・パリロ
ランク ブラジリアン柔術 (茶帯)
現役期間 2004年 - 2018年
総合格闘技記録
試合数 39
勝利 30
ノックアウト 17
タップアウト 3
判定 10
敗戦 9
ノックアウト 3
タップアウト 2
判定 4
子供 3人
ウェブサイト https://sanabulsports.com/pages/team-sanabul
総合格闘技記録 - SHERDOG

マイケル・ビスピンMichael Bisping1979年2月28日 - )は、イギリスの元男性総合格闘家キプロスニコシア出身。アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム在住。レイン・トレーニングセンター/RVCAトレーニングセンター所属。元UFC世界ミドル級王者。元Cage Rage世界ライトヘビー級王者。TUF 3ライトヘビー級優勝。UFC殿堂入り。イギリス人史上初のUFC世界王者。マイケル・ビスピングとも表記される。

イギリスの総合格闘技界に大きく貢献した人物であり、総合格闘技のメジャー団体「UFC」の第一線で長きに渡って活躍した。2007年にUFCのメインイベントに出場した初めてのイギリス人となり、2016年にはイギリス人史上初となるUFC世界王座を獲得。引退後は、総合格闘技に大きく貢献した人物のみに贈られる「UFC殿堂入り」を果たした。トラッシュトーカーとしても知られ、イギリスのみならずアメリカでも大きな人気を博した。

2009年、UFC 105の前日計量にて、デニス・カーン(右)とステアダウンを行うビスピン(左)

来歴[編集]

父親が英軍人であったためキプロスニコシアにある英軍基地に生まれ、その後イギリスランカシャーへ移住[1]。母親はアイルランド人、父方の祖父はポーランド人であり、1939年のポーランド侵攻が勃発したことでポーランドからイギリスに亡命している。8歳から古流柔術のトレーニングを始める。1994年、15歳の時に英国初となる「禁止されていない」アマチュア総合格闘技に参戦した。

18歳の時にボクシングキックボクシング空手のトレーニングを開始し、キックボクシングでは5度イギリス王者となった[2]が、フルタイムの仕事に専念するためにトレーニングを断念することを強いられた。当時、ビスピンは工場、食肉処理場、解体会社で働くことに加えて、家具職人、郵便配達員、瓦職人、左官、販売員としても働いていた。

2003年にプロ総合格闘家となる事を決意し、2004年にプロ総合格闘技デビュー。

Cage Rage[編集]

2004年7月10日、Cage Rage 7でCage Rageライトヘビー級王者マーク・エプスタインに挑戦し、KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2004年11月27日、Cage Rage 9のCage Rageライトヘビー級タイトルマッチでマーク・エプスタインと再戦し、KO勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

2005年9月、マネージメント上の問題により世界ライトヘビー級王座を剥奪された。

TUF[編集]

2006年UFCの登竜門的番組「The Ultimate Fighter 3」にティト・オーティズ率いるチーム・オーティズのライトヘビー級選手として参加。6月24日のライトヘビー級トーナメント決勝でジョシュ・ヘインズを破り優勝を果たした。

UFC[編集]

2006年12月30日、UFC本戦初出場となったUFC 66でエリック・シェイファーと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2007年4月21日、UFC 70エルヴィス・シノシックと対戦し、パウンドで2RTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。デビュー以来、13戦無敗で全試合KOまたは一本勝ちとなった。

2007年9月8日、UFC 75マット・ハミルと対戦。全体として劣勢に立たされながらも、2-1の判定勝ち。キャリア初の判定での決着となった。

2007年11月17日、UFC 78のメインイベントでラシャド・エヴァンスと対戦し、1-2で判定負け。キャリア初の敗北を喫し、無敗記録は14連勝で止まった。この試合に出場した事でUFCのメインイベントに初めて登場したイギリス人として記録された。

2008年4月19日、ミドル級転向初戦[3]となったUFC 83でチャールズ・マッカーシーと対戦し、1R終了時にマッカーシーの腕の負傷によるTKO勝ち。同年6月7日、UFC 85ジェイソン・デイにパウンドで1RTKO勝ち。同年10月18日、UFC 89クリス・リーベンに3-0の勝ちを収めた[4]

2009年にはThe Ultimate Fighter: United States vs. United KingdomでチームUKのヘッドコーチを務めた。7月11日のUFC 100ではチームUSのヘッドコーチであったダン・ヘンダーソンと対戦し、2Rに右フックでダウンを奪われたところに飛び込みながらのパウンドで追撃され、自身初のKO負けを喫した[5]

2009年11月14日、UFC 105デニス・カーンと対戦。1Rは劣勢となるも、2R終盤にパウンドでTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2010年2月20日、UFC 110ヴァンダレイ・シウバと対戦。テイクダウンを奪い、グラウンドで優勢となる場面があったものの、試合終了直前に右フックでダウンを奪われ、0-3の判定負けを喫した[7]

2010年10月16日、UFC 120のメインイベントで秋山成勲と対戦し、スタンドの攻防で上回り、3-0の判定勝ち[8]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年2月27日、UFC 127ホルヘ・リベラと対戦し、スタンドパンチ連打で2RTKO勝ち[9]。試合前、リベラ陣営から挑発を繰り返されていたため、試合後にリベラのセコンドに向かって唾を吐き中指を立て、リベラ本人には「負け犬は家に帰れ」と罵った。その後、ビスピンはオクタゴンの勝利者インタビューで直ちに謝罪するも、懲戒処分と罰金を科せられた[10]

2011年12月3日、The Ultimate Fighter 14 Finaleジェイソン・"メイヘム"・ミラーとコーチ対決を行い、3Rにボディへの膝蹴りでダウンを奪い、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2012年1月28日、UFC on FOX 2のミドル級王座挑戦者決定戦でチェール・ソネンと対戦し、善戦したものの、0-3の判定負けを喫した。同年9月22日、UFC 152ブライアン・スタンと対戦し、3-0の判定勝ち。

2013年1月19日、 UFC on FX 7ビクトー・ベウフォートと対戦し、2Rに左ハイキックでダウンを奪われ、パウンドでTKO負けを喫した。

2013年4月27日、UFC 159でミドル級ランキング10位のアラン・ベルチャーと対戦。終始打撃で圧倒するも、ビスピンの指が相手の眼に入り試合が続行できなくなったため、指が目に入った時点までの負傷判定での決着となり、3-0の判定勝ちを収めた。

2013年10月26日のUFC Fight Night 30マーク・ムニョスと対戦予定であったが、網膜剥離のため欠場した[11]

2014年4月16日、1年ぶりの復帰戦となったUFC Fight Night: Bisping vs. Kennedyでミドル級ランキング8位のティム・ケネディと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2014年8月23日、UFC Fight Night: Bisping vs. Leカン・リーと対戦し、パウンドで4RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年11月8日、UFC Fight Night: Rockhold vs. Bispingでミドル級ランキング5位のルーク・ロックホールドと対戦し、マウントからのギロチンチョークで2R一本負け。

2015年4月25日、UFC 186でミドル級ランキング11位のCB・ダラウェイと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年7月18日、UFC Fight Night: Bisping vs. Leitesでミドル級ランキング10位のターレス・レイチと対戦し、2-1の判定勝ち。

2016年2月27日、UFC Fight Night: Silva vs. Bispingでミドル級ランキング5位のアンデウソン・シウバと対戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

UFC世界王座獲得[編集]

2016年6月4日、UFC 199のUFC世界ミドル級タイトルマッチを負傷欠場したクリス・ワイドマンの代役として、大会17日前の試合オファーを受けて王者ルーク・ロックホールドに挑戦。試合前の予想では圧倒的不利と見られていたが、1R中盤に左フックでダウンを奪い、立ち上がったロックホールドに追い討ちの左フックで再びダウンを奪って、追撃のパウンドで1RKO勝ちを収め、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞。約1年半越しのリベンジを果たし、王座獲得に成功した。UFC参戦10年目にして、イギリス人初のUFC世界王者となった。

2016年10月8日、地元マンチェスターで開催されたUFC 204のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング13位のダン・ヘンダーソンと再戦。1R、2Rに右フックでダウンを奪われ、ストップ寸前まで追い詰められるものの、その後は手数と有効打で盛り返し、3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞。約7年越しのリベンジを果たした。

世界王座陥落[編集]

2017年11月4日、UFC 217のUFC世界ミドル級タイトルマッチで挑戦者のジョルジュ・サンピエールと対戦。グラウンドでの下からのエルボーでサンピエールの額をカットさせるものの、3Rに左フックでダウンを奪われ、リアネイキドチョークで見込み一本負けを喫し王座陥落した。

2017年11月25日、王座陥落から僅か21日後の再起戦となったUFC Fight Night: Bisping vs. Gastelumで同大会を欠場したアンデウソン・シウバの代役としてミドル級ランキング9位のケルヴィン・ガステラムと対戦し、1R中盤に左フックでダウンを奪われ、パウンドでKO負け。

2018年5月28日、現役引退を表明[12]

ファイトスタイル[編集]

古流柔術キックボクシングをベースに持ち、打撃とテイクダウンを組み合わせた攻防を得意としていたが[13]、キャリア晩年はスタンドに偏ったスタイルにシフトチェンジしている。中でも、スタンドでの左のパンチが大きな武器であり、ルーク・ロックホールドアンデウソン・シウバからも左のパンチでダウンを奪っている。スタミナも豊富であり、5Rマッチでも手数を休めることなく闘い抜くことができる。

人物・エピソード[編集]

  • 2013年頃から右目の視力がかなり落ちていたことを明かしている。現在、右目は義眼であるが、手術を受けた時期については「(いつ手術を受けたかは)心配しないでくれ。UFC世界王座を獲得したことが重要なんだ。」と語り、実際に検査したコミッションドクターがビスピンの目は大丈夫だったと証言し、ビスピンも義眼の選手にアスレチックコミッションがライセンスを許可する事はありえないと語っているため、引退後に手術を受けたものとみられている[14]
  • 祖父がポーランドの貴族であったことから「ザ・カウント」というニックネームを持つが[15]、ビスピン自体は毒舌家でマナーが悪く、アメリカではヒール的なキャラで知られる[16]
  • オーストラリア人の女性と結婚しており、彼女との間に3人の子供がいる。
  • UFCミドル級最多出場記録「24」を保持し、これは全階級においても歴代4位の記録である。また、UFCミドル級最多勝利記録「16」も保持する。
  • 引退後は、UFCの解説やコメンテーターとして活動している。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
39 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
30 16 4 10 0 0 0
9 3 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ケルヴィン・ガステラム 1R 2:30 KO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Bisping vs. Gastelum 2017年11月25日
× ジョルジュ・サンピエール 3R 4:23 リアネイキドチョーク UFC 217: Bisping vs. St-Pierre
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2017年11月4日
ダン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定3-0 UFC 204: Bisping vs. Henderson 2
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2016年10月8日
ルーク・ロックホールド 1R 3:36 KO(左フック→パウンド) UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2016年6月4日
アンデウソン・シウバ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Silva vs. Bisping 2016年2月27日
ターレス・レイチ 5分5R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Bisping vs. Leites 2015年7月18日
CB・ダラウェイ 5分3R終了 判定3-0 UFC 186: Johnson vs. Horiguchi 2015年4月25日
× ルーク・ロックホールド 2R 0:57 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping 2014年11月8日
カン・リー 4R 0:57 TKO(膝蹴り→パウンド) UFC Fight Night: Bisping vs. Le 2014年8月23日
× ティム・ケネディ 5分5R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Bisping vs. Kennedy 2014年4月16日
アラン・ベルチャー 3R 4:31 負傷判定3-0 UFC 159: Jones vs. Sonnen 2013年4月27日
× ビクトー・ベウフォート 2R 1:27 TKO(左ハイキック→パウンド) UFC on FX 7: Belfort vs. Bisping 2013年1月19日
ブライアン・スタン 5分3R終了 判定3-0 UFC 152: Jones vs. Belfort 2012年9月22日
× チェール・ソネン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 2: Evans vs. Davis 2012年1月28日
ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 3R 3:34 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 14 Finale 2011年12月3日
ホルヘ・リベラ 2R 1:54 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 127: Penn vs. Fitch 2011年2月27日
秋山成勲 5分3R終了 判定3-0 UFC 120: Bisping vs. Akiyama 2010年10月16日
ダン・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC 114: Rampage vs. Evans 2010年5月29日
× ヴァンダレイ・シウバ 5分3R終了 判定0-3 UFC 110: Nogueira vs. Velasquez 2010年2月20日
デニス・カーン 2R 4:24 TKO(パウンド) UFC 105: Couture vs. Vera 2009年11月14日
× ダン・ヘンダーソン 2R 3:20 KO(右フック) UFC 100 2009年7月11日
クリス・リーベン 5分3R終了 判定3-0 UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
ジェイソン・デイ 1R 3:42 TKO(パウンド) UFC 85: Bedlam 2008年6月7日
チャールズ・マッカーシー 1R終了時 TKO(腕の負傷) UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2 2008年4月19日
× ラシャド・エヴァンス 5分3R終了 判定1-2 UFC 78: Validation 2007年11月17日
マット・ハミル 5分3R終了 判定2-1 UFC 75: Champion vs. Champion 2007年9月8日
エルヴィス・シノシック 2R 1:40 TKO(パウンド) UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
エリック・シェイファー 1R 4:24 TKO(パウンド) UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
ジョシュ・ヘインズ 2R 4:14 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 3 Finale
【ライトヘビー級トーナメント 決勝】
2006年6月24日
ロス・ポイントン 1R 2:00 腕ひしぎ十字固め Cage Warriors: Strike Force 4
【CWFCライトヘビー級タイトルマッチ】
2005年11月26日
ジェイコブ・ロブスタッド 1R 1:10 ギブアップ(パウンド) Cage Warriors: Strike Force 3
【CWFCライトヘビー級タイトルマッチ】
2005年10月1日
ミーカ・メメット 1R 3:01 TKO(タオル投入) Cage Warriors: Strike Force 2
【CWFCライトヘビー級タイトルマッチ】
2005年7月16日
アレックス・クック 1R 3:21 チョークスリーパー FX3: Xplosion
【FX3ライトヘビー級王座決定戦】
2005年6月18日
デイブ・ラドフォード 1R 2:46 TKO Cage Warriors: Ultimate Force
【CWFCライトヘビー級王座決定戦】
2005年4月30日
マーク・エプスタイン 3R 4:43 KO(パンチ) Cage Rage 9: No Mercy
【Cage Rage世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2004年11月27日
アンディ・ブリッジ 1R 0:45 KO Pride & Glory 3: Glory Days 2004年8月7日
マーク・エプスタイン 2R 1:27 TKO(パンチ連打) Cage Rage 7: Battle of Britain
【Cage Rage世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2004年7月10日
ジョン・ウィアー 1R 0:50 TKO(パンチ連打) UKMMAC 7: Rage & Fury 2004年5月30日
スティーブ・マシューズ 1R 0:38 腕ひしぎ十字固め Pride & Glory 2: Battle of the Ages 2004年4月10日

総合格闘技エキシビション[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ロス・ポイントン 1R 2:12 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 3 2006年2月24日
クリスチャン・ロザーメル 1R 4:02 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 3 2006年2月2日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
チェール・ソネン 5分3R終了 時間切れ UR Fight 2016年3月20日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

ペイ・パー・ビュー販売件数[編集]

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2017年11/4_11月4日 UFC 217: マイケル・ビスピン vs. ジョルジュ・サンピエール 087_87万5000件
2016年10/8_10月8日 UFC 204: マイケル・ビスピン vs. ダン・ヘンダーソン 2 029_29万件
2016年6/4_6月4日 UFC 199: ルーク・ロックホールド vs. マイケル・ビスピン 2 032_32万件
2015年11/17_11月17日 UFC 78: ラシャド・エヴァンス vs. マイケル・ビスピン 040_40万件

出演[編集]

映画[編集]

  • プラスチック(2014年)
  • アノマリイ(2014年)
  • トリプルX:再起動(2017年)
  • マイ・ネーム・イズ・レニー(2017年)
  • ザ・アウトロー(2018年)
  • トリプル・スレット(2019年)

ドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Count on warrior bisping DAILY STAR
  2. ^ コーチ&ファイター UFC登竜門TUF 二階級トーナメント WOWOWオンライン
  3. ^ Count’s move gives middleweights new blood Archived 2008年10月30日, at the Wayback Machine. Ant Evans, UFC公式サイト 2007年12月14日
  4. ^ 【UFC89】郷野が11ヵ月ぶり復帰戦で惜敗 MMAPLANET 2008年10月19日
  5. ^ 【UFC100】ダン・ヘン大勝、ビスピンを完全KO MMAPLANET 2009年7月12日
  6. ^ UFC105】壮絶KO負けから復活、ビスピン逆転勝利 MMAPLANET 2009年11月15日
  7. ^ 【UFC110】ミドル級のヴァンダレイ、ビスピンに涙の勝利 MMAPLANET 2010年2月21日
  8. ^ 【UFC120】秋山、果敢な打ち合い見せるも判定に散る MMAPLANET 2010年10月17日
  9. ^ 【UFC127】ビスピン、後味悪い勝利 MMAPLANET 2011年2月27日
  10. ^ Michael Bisping to Be Disciplined for UFC 127 Spitting IncidentMMA Fighting 2011年2月28日
  11. ^ Michael Bisping out at UFC Fight Night 30, Lyoto Machida now faces Mark Munoz MMAjunkie 2013年9月27日
  12. ^ Former UFC champion, 'TUF' winner Michael Bisping announces retirementMMA Junkie 2018年5月28日
  13. ^ 【UFC110】初豪州大会、セミは日本上陸に大きく関係? MMAPLANET 2010年2月16日
  14. ^ MICHAEL BISPING SUGGESTS HE FOUGHT WITH FAKE EYE ...'I Won The Belt Didn't I???'TMZ.Sports 2019年10月12日
  15. ^ Michael Bisping on the origin of 'The Count' nicknameBloody Elbow 2013年12月22日
  16. ^ 【UFC152】ミドル級挑戦権獲得へ、一方も譲れないビスピン×スタン MMAPLANET 2012年9月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マーク・エプスタイン
第2代Cage Rage世界ライトヘビー級王者

2004年7月10日 - 2005年9月

空位
次タイトル獲得者
メルヴィン・マヌーフ
前王者
ルーク・ロックホールド
第8代UFC世界ミドル級王者

2016年6月4日 - 2017年11月4日

次王者
ジョルジュ・サンピエール