UFC 89

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 89: Bisping vs. Leben
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2008年10月18日
開催地 イングランドの旗 イングランド
バーミンガム
会場 ナショナル・インドア・アリーナ
開始時刻 午後9時(GMT
試合数 全11試合
放送局 Spike
入場者数 9,515人
入場収益 1,200,000USドル
イベント時系列
UFC Fight Night: Diaz vs. Neer UFC 89: Bisping vs. Leben UFC 90: Silva vs. Cote

UFC 89: Bisping vs. Leben(ユーエフシー・エイティナイン:ビスピン・ヴァーサス・リーベン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2008年10月18日イングランドバーミンガムナショナル・インドア・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

開催地のイギリスをはじめ、ヨーロッパの選手が数多く出場した。メインイベントではマイケル・ビスピンが登場し、クリス・リーベンを判定で下しミドル級転向後の連勝を3に伸ばした。

郷野聡寛UFC 78以来11か月振りに復帰し、CAGE FORCEウェルター級トーナメント準優勝者でUFC初参戦のダン・ハーディーと対戦、1-2の判定で敗北した。

なお、当初予定されていたライトヘビー級リョート・マチダチアゴ・シウバ戦は、シウバの怪我により中止となった[1]

本大会はナンバーシリーズであるがPPV放送は実施されず、メインカードがSpike TVで無料中継された。

CFFCROCライト級統一王者ジム・ミラー、キャリア5戦全勝のニール・ウェインがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
スウェーデンの旗 ペール・エクルンド vs. フランスの旗 サミー・スチアボ ×
3R 1:47 チョークスリーパー
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. フランスの旗 デビッド・バロン ×
3R 3:19 チョークスリーパー
第3試合 ライト級 5分3R
イングランドの旗 テリー・エティム vs. カナダの旗 サム・スタウト ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第4試合 ウェルター級 5分3R
スウェーデンの旗 デビッド・ベルクヘーデン vs. フランスの旗 ジェス・リアウディン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第5試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シェイン・カーウィン vs. イングランドの旗 ニール・ウェイン ×
3R 1:31 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第6試合 ウェルター級 5分3R
イングランドの旗 ダン・ハーディー vs. 日本の旗 郷野聡寛 ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・デイヴィス vs. イングランドの旗 ポール・ケリー ×
2R 2:16 フロントチョーク
第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・ライトル vs. イングランドの旗 ポール・テイラー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第9試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ルイス・カーニ vs. カメルーンの旗 ソクジュ ×
2R 4:15 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 キース・ジャーディン vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ヴェラ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第11試合 ミドル級 5分3R
イングランドの旗 マイケル・ビスピン vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・リーベン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: クリス・ライトル vs. ポール・テイラー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ルイス・カーニ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジム・ミラー
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された。

脚注[編集]

  1. ^ THIAGO SILVA OUT OF UFC 89 FIGHT WITH MACHIDA MMA WEEKLY 2008年9月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]