UFC 132

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 132: Cruz vs. Faber
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2011年7月2日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全11試合
入場者数 13,109人
入場収益 2,304,500USドル
PPV購入数 320,000件[1]
イベント時系列
UFC Live: Kongo vs. Barry UFC 132: Cruz vs. Faber UFC 133: Evans vs. Ortiz

UFC 132: Cruz vs. Faber(ユーエフシー・ワンサーティツー:クルーズ・バーサス・フェイバー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年7月2日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではドミニク・クルーズユライア・フェイバーによるUFC世界バンタム級タイトルマッチが組まれた[2]

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・ホウグランド vs. アメリカ合衆国の旗 ドニ―・ウォーカー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ナイジェリアの旗 アンソニー・ヌジョクアニ vs. グレナダの旗 アンドレ・ウィナー ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)
第3試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 ブラッド・タヴァレス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ボウルズ vs. 日本の旗 水垣偉弥 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

Spike中継カード[編集]

第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス vs. オーストラリアの旗 ジョージ・ソテロポロス ×
1R 0:59 KO(右フック)
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 メルヴィン・ギラード vs. アメリカ合衆国の旗 シェーン・ローラー ×
1R 2:12 KO(スタンドパンチ連打)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カーロス・コンディット vs. 大韓民国の旗 キム・ドンヒョン ×
1R 2:58 TKO(跳び膝蹴り→パウンド)
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. アメリカ合衆国の旗 ライアン・ベイダー ×
1R 1:56 ギロチンチョーク
第9試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ドイツの旗 デニス・シヴァー vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ワイマン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・リーベン vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
1R 0:27 KO(左アッパー→パウンド)
第11試合 UFC世界バンタム級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ドミニク・クルーズ vs. アメリカ合衆国の旗 ユライア・フェイバー ×
5R終了 判定3-0(50-45、49-46、48-47)
※クルーズが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトドミニク・クルーズ vs. ユライア・フェイバー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトカーロス・コンディット
サブミッション・オブ・ザ・ナイトティト・オーティズ
各選手にはボーナスとして75,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]