UFC 64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 64: Unstoppable
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2006年10月14日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 10,173人[1]
入場収益 1,790,490USドル[1]
PPV購入数 300,000件[2]
報酬総額 209,000USドル[1]
イベント時系列
Ortiz vs. Shamrock 3: The Final Chapter UFC 64: Unstoppable The Ultimate Fighter 4 Finale

UFC 64: Unstoppable(ユーエフシー・シックスティフォー:アンストッパブル)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2006年10月14日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

本大会ではミドル級と、2003年のUFC 41以来行われていなかったライト級のダブルタイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ミドル級タイトルマッチでは、挑戦者アンデウソン・シウバが王者リッチ・フランクリンを首相撲からの膝蹴りの連打によるKOで破り、第5代UFC世界ミドル級王者となった。

ジェンス・パルヴァーのUFC離脱以来4年余りに渡って空位となっていた世界ライト級王座決定戦で、The Ultimate Fighter出身のケニー・フロリアンと、ウェルター級から階級を下げたベテラン選手ショーン・シャークが対戦。シャークがフロリアンを判定で破り、第2代UFC世界ライト級王者となった。

UFCデビューとなった弘中邦佳は、ジョン・フィッチに0-3の判定本負けを喫した。

プロデビュー以来8戦無敗であったカリブ・スターンズは、岡見勇信にTKO負けでキャリア初黒星を喫した。

キャリア5戦全勝のCFFCヘビー級王者カーメロ・マレロがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カート・ペレグリーノ vs. ブラジルの旗 ジュニオール・アスンソン ×
1R 2:04 チョークスリーパー
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クレイ・グイダ vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・ジェームス ×
2R 4:42 チョークスリーパー
第3試合 ミドル級 5分3R
日本の旗 岡見勇信 vs. カナダの旗 カリブ・スターンズ ×
3R 1:40 TKO(レフェリーストップ:パウンド

メインカード[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スペンサー・フィッシャー vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・ローゾン ×
1R 4:38 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第5試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カーメロ・マレロ vs. フランスの旗 シーク・コンゴ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・フィッチ vs. 日本の旗 弘中邦佳 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-25)
第7試合 UFC世界ライト級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ショーン・シャーク vs. アメリカ合衆国の旗 ケニー・フロリアン ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、50-45)
※シャークが王座獲得に成功。
第8試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 アンデウソン・シウバ vs. アメリカ合衆国の旗 リッチ・フランクリン ×
1R 2:59 KO(膝蹴り)
※シウバが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ショーン・シャーク vs. ケニー・フロリアン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: アンデウソン・シウバ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: クレイ・グイダ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mixed Martial Arts--- Pride, UFC, and Strikeforce Attendance Breakdown Ivan's Blog(MMA WEEKLYからのアーカイブ) 2006年10月24日
  2. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]

外部リンク[編集]