UFC 136

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 136: Edgar vs. Maynard 3
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2011年10月8日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ヒューストン
会場 トヨタセンター
試合数 全11試合
入場者数 16,164人
入場収益 223万ドル
PPV購入数 225,000件[1]
イベント時系列
UFC Live: Cruz vs. Johnson UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 UFC 137: Penn vs. Diaz

UFC 136: Edgar vs. Maynard 3(ユーエフシー・ワンサーティシックス:エドガー・バーサス・メイナード・スリー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年10月8日テキサス州ヒューストントヨタセンターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではUFC世界ライト級タイトルマッチとUFC世界フェザー級タイトルマッチが組まれた[2][3]

キャリア6戦全勝のスタイプ・ミオシッチがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・マッセンジオ vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・キャントウェル ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第2試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 エリック・シェイファー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダレン・エルキンス vs. 中華人民共和国の旗 ジャン・ティエカン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第4試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スタイプ・ミオシッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョーイ・ベルトラン ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)

Spike中継カード[編集]

第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・スティーブンス ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 デミアン・マイア vs. ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・ローゾン vs. アメリカ合衆国の旗 メルヴィン・ギラード ×
1R 0:47 リアネイキドチョーク
第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ナム・ファン vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第9試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チェール・ソネン vs. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・スタン ×
2R 3:51 肩固め
第10試合 UFC世界フェザー級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド vs. アメリカ合衆国の旗 ケニー・フロリアン ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、49-46)
※アルドが2度目の防衛に成功。
第11試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー vs. アメリカ合衆国の旗 グレイ・メイナード ×
4R 3:54 KO(右フック→パウンド)
※エドガーが3度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトナム・ファン vs. レオナルド・ガルシア
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトフランク・エドガー
サブミッション・オブ・ザ・ナイトジョー・ローゾン
各選手にはボーナスとして75,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]