ジョルジ・サンチアゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジ・サンチアゴ
JorgeSantiago.png
基本情報
本名 ジョルジ・サンチアゴ・ホドリゲス
(Jorge Santiago Rodrigues)
通称 ザ・サンドマン (The Sandman)
GOLDEN ヒザボンバー
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1980-10-09) 1980年10月9日(38歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 アメリカン・トップチーム
→インペリアル・アスレチックス
ブラックジリアンズ
身長 185cm
体重 84kg
リーチ 190cm
階級 ミドル級
ウェルター級
バックボーン ブラジリアン柔術柔道
テーマ曲 Lord Give Me a Sign
(DMX)
テンプレートを表示

ジョルジ・サンチアゴJorge Santiago1980年10月9日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオデジャネイロ州出身。ブラックジリアンズ所属。ブラジリアン柔術黒帯。元SRCミドル級王者。

来歴[編集]

2002年11月2日、アメリカ合衆国でプロ総合格闘技デビュー。

2004年2月27日、Absolute Fighting Championships 7で和田拓也と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2004年6月12日、KOTC世界ウェルター級王座決定戦でディエゴ・サンチェスと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2006年6月26日、UFC初参戦となったUltimate Fight Night 5ジャスティン・レヴェンスと対戦し、膝蹴りでKO勝ちを収めた。

2007年11月16日、Strikeforceで行われたミドル級トーナメントに出場。ショーン・サーモン、トレヴァー・プラングリーをいずれも膝蹴りによるKOで下し、優勝を果たした。

戦極・SRC[編集]

2008年5月18日、戦極初参戦となった戦極 〜第二陣〜佐々木有生と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2008年9月28日、戦極 〜第五陣〜のミドル級(-83kg)グランプリシリーズ1回戦でローガン・クラークと対戦し、肩固めで一本勝ち。

2008年11月1日、戦極 〜第六陣〜のミドル級グランプリシリーズ準決勝でシアー・バハドゥルザダと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。決勝で中村和裕と対戦し、パウンドでKO勝ちを収め優勝を果たした。

2009年1月4日、戦極の乱2009の戦極ミドル級チャンピオンシップで三崎和雄と対戦し、チョークスリーパーで見込み一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年8月1日、Affliction: Trilogyビクトー・ベウフォートと対戦予定であったが、大会開催が中止された[1]

2009年11月7日、10か月ぶりの試合となった戦極 〜第十一陣〜マメッド・ハリドヴと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2010年3月7日、SRC12のSRCミドル級チャンピオンシップでマメッド・ハリドヴと再戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2010年8月22日、SRC14のSRCミドル級チャンピオンシップで三崎和雄と対戦し、パウンドによるタオル投入によりTKO勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した[2]

2011年3月4日、J.Z.カルバン、ダニーロ・ビルフォート、ユーリ・ビルフォートらと共にATTを離脱した[3]

UFC復帰[編集]

2011年5月28日、4年半ぶりのUFC参戦となったUFC 130ブライアン・スタンと対戦し、パウンドでTKO負け[4]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月8日、UFC 136デミアン・マイアと対戦し、0-3の判定負け[5]。2連敗となりUFCからリリースされた。

WSOF[編集]

2013年8月11日、WSOF初参戦となったWSOF 4でジェラルド・ハリスと対戦し、0-3の判定負け。

2013年12月14日、ブラックジリアンズのヘッドコーチに専念するため引退を表明した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
37 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 10 13 2 0 0 0
12 6 0 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジェラルド・ハリス 5分3R終了 判定0-3 WSOF 4: Spong vs. DeAnda 2013年8月11日
× グンナー・ネルソン 5分3R終了 判定0-3 UFC on Fuel TV 7: Barao vs. McDonald 2013年2月16日
ジャステン・ガスリー 1R 1:34 ヒールフック Titan FC 23: Fight for the Troops 2012年6月15日
レオナルド・ペサーニャ 1R 1:48 KO(パンチ連打) Titan FC 21 2012年3月2日
× デミアン・マイア 5分3R終了 判定0-3 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
× ブライアン・スタン 2R 4:29 TKO(右フック→パウンド) UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月28日
三崎和雄 5R 4:31 TKO(タオル投入) SRC14
【SRCミドル級チャンピオンシップ】
2010年8月22日
マメッド・ハリドヴ 5分5R終了 判定3-0 SRC12
【SRCミドル級チャンピオンシップ】
2010年3月7日
× マメッド・ハリドヴ 1R 1:45 TKO(パウンド) 戦極 〜第十一陣〜 2009年11月7日
三崎和雄 5R 3:26 チョークスリーパー 戦極の乱2009
【戦極ミドル級チャンピオンシップ】
2009年1月4日
中村和裕 3R 0:49 KO(右ストレート→パウンド) 戦極 〜第六陣〜
【ミドル級グランプリシリーズ2008 決勝】
2008年11月1日
シアー・バハドゥルザダ 1R 1:10 ヒールホールド 戦極 〜第六陣〜
【ミドル級グランプリシリーズ2008 準決勝】
2008年11月1日
ローガン・クラーク 2R 3:35 肩固め 戦極 〜第五陣〜
【ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦】
2008年9月28日
佐々木有生 3R 2:10 腕ひしぎ十字固め 戦極 〜第二陣〜 2008年5月18日
トレヴァー・プラングリー 1R 2:31 KO(ボディへの膝蹴り) Strikeforce: Four Men Enter, One Man Survives
【ミドル級トーナメント 決勝】
2007年11月16日
ショーン・サーモン 1R 0:24 KO(跳び膝蹴り) Strikeforce: Four Men Enter, One Man Survives
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2007年11月16日
ジェレミー・ホーン 1R 3:02 三角絞め Art of War 3 2007年9月1日
アンドレイ・シモノフ 2R 4:48 TKO(パウンド) BodogFight: Clash of the Nations 2007年4月14日
× アラン・ベルチャー 3R 2:45 KO(右ハイキック) UFC Fight Night: Sanchez vs. Riggs 2006年12月13日
× クリス・リーベン 2R 0:35 KO(左フック) UFC Fight Night 6 2006年8月17日
ジャスティン・レヴェンス 1R 2:13 KO(膝蹴り) Ultimate Fight Night 5 2006年6月28日
トーマス・ラッセル 1R 1:59 腕ひしぎ十字固め Fightfest 3 2006年5月6日
シドニー・マチャド 2R 0:49 TKO(パンチ連打) Costa Rica: Fights 3 2005年12月2日
レオポルド・セラオン 1R 0:43 TKO(パンチ連打) Full Throttle 5 2005年11月4日
× ジョーイ・ヴィラセニョール 5分3R終了 判定0-3 KOTC 58: Prime Time
【KOTC世界ミドル級タイトルマッチ】
2005年8月5日
× ヨルダン・ラデフ 5分2R終了 判定0-3 IT'S SHOWTIME: Amsterdam Arena 2005年6月12日
クリス・リゴーリ 1R 3:27 チョークスリーパー Euphoria: USA vs. World 2005年2月26日
× ディエゴ・サンチェス 5分3R終了 判定0-3 KOTC 36: Unfinished Business
【KOTC世界ウェルター級王座決定戦】
2004年6月12日
和田拓也 1R 1:52 腕ひしぎ十字固め Absolute Fighting Championships 7 2004年2月27日
ジョン・クロンク 2R 0:54 腕ひしぎ十字固め KOTC 32: Bringing Heat 2004年1月24日
× キース・ウィスニエフスキー 3R 2:14 TKO(パンチ連打) Absolute Fighting Championships 6 2003年12月6日
ラバーン・クラーク 1R 2:17 三角絞め Hardcore Fighting Championships 2 2003年10月18日
デリック・ノーブル 5分2R終了 判定3-0 Absolute Fighting Championships 5 2003年9月5日
× マニー・ガンブリャン 1R 0:21 KO(パンチ) KOTC 27: Aftermath 2003年8月10日
ジャスティン・ワイマン 1R 4:11 三角絞め Absolute Fighting Championships 4 2003年7月19日
ジェイ・マーティン 1R 0:14 KO(パンチ連打) HOOKnSHOOT: Boot Camp 1.1 2003年3月8日
ホセ・ロドリゲス 1R 1:16 ギブアップ(膝蹴り) Reality Fighting 2 2002年11月2日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ブルーノ・バストス ポイント ADCC 2009
【88kg未満級 1回戦】
2009年9月26日

獲得タイトル[編集]

  • Strikeforceミドル級トーナメント 優勝(2007年)
  • 戦極ミドル級グランプリシリーズ2008 優勝(2008年)
  • 初代SRCミドル級王座(2009年)

表彰[編集]

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • SHERDOG ファイト・オブ・ザ・イヤー(2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代SRCミドル級王者

2009年1月4日 - 2011年2月8日

次王者
N/A