デミアン・マイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はマイア第二姓(父方の)はバチスタです。
デミアン・マイア
Demian Maia.jpg
基本情報
本名 デミアン・アウグスト・マイア・バチスタ
(Demian Augusto Maia Baptista)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1977-11-06) 1977年11月6日(41歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
所属 アリアンシ柔術
→マスター柔術
→ブラザ柔術
ヴァンジ・ファイトチーム
身長 183cm
体重 77kg
リーチ 183cm
階級 ミドル級
ウェルター級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 Numb
リンキン・パーク
総合格闘技戦績
総試合数 35
勝ち 26
KO勝ち 3
一本勝ち 13
判定勝ち 10
敗け 9
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2005 ロングビーチ 88kg級
2007 トレントン 88kg級

デミアン・マイアDemian Maia1977年11月6日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家サンパウロ州サンパウロ出身。ヴァンジ・ファイトチーム所属。UFC世界ウェルター級ランキング12位。

ムンジアルコパドムンドアブダビコンバット等、権威あるグラップリングの大会で優勝経験を持つ。

来歴[編集]

幼少時の4歳から6歳の間に柔道を学び、その後は12歳から19歳まで空手カンフーなどを経験[1]。19歳の時、いとこの紹介でブラジリアン柔術を始めてからは柔術に熱中し、サンパウロの大学に通いながらトレーニングを続け、2001年12月には黒帯を授与された[1]

2003年の柔術オリンピック世界杯(コパドムンド)では、アブソルート(無差別)級でガブリエル・ゴンザーガに優勢勝ちし、優勝を果たした。

2003年11月1日、日本で開催されたブラジリアン柔術大会「DESAFIO(デサフィオ)」に出場し、馬場弘樹に膝十字固めで一本勝ちを収めた[2]

2007年5月に行われた第7回アブダビコンバットでは岡見勇信、フラビオ・アルメイダらを破り、88kg未満級で優勝を果たした。

UFC[編集]

2007年10月20日、UFC初参戦となったUFC 77でライアン・ジェンセンと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2008年4月19日、UFC 83エド・ハーマン三角絞めで一本勝ちし、2戦連続でサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。8月9日のUFC 87ジェイソン・マクドナルドにチョークスリーパーで一本勝ちし、3戦連続でサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年2月21日、UFC 95チェール・ソネンに三角絞めで一本勝ちし、4度目のサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。8月29日、UFC 102ネイサン・マーコートと対戦。開始直後のカウンターの右ストレートでKO負けを喫し、総合格闘技キャリアで初の黒星となった。

2010年4月10日のUFC 112では負傷欠場したビクトー・ベウフォートに替わってアンデウソン・シウバの持つ世界ミドル級王座に挑戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[3]

2012年7月7日、ウェルター級転向初戦となったUFC 148キム・ドンヒョンと対戦。1Rにドンヒョンを倒した際に脇腹を負傷させTKO勝ち。

2013年2月2日、UFC 156ジョン・フィッチと対戦。フィッチからバックを奪い続け3-0の判定勝ち。ウェルター級3連勝となった。

2013年10月9日、UFC Fight Night: Maia vs. Shieldsジェイク・シールズと対戦し、1-2の判定負け。

2014年2月22日、UFC 170でウェルター級ランキング4位のローリー・マクドナルドと対戦。1ラウンドは終始優勢だったものの、2ラウンド以降失速して判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年3月21日、UFC Fight Night: Maia vs. LaFlareでウェルター級ランキング14位のライアン・ラフレアーと対戦し、3-0の判定勝利。

2015年8月1日、UFC 190でウェルター級ランキング13位のニール・マグニーと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年12月12日、UFC 194でウェルター級ランキング12位のグンナー・ネルソンと対戦し、判定勝ち。

2016年5月14日、UFC 198でウェルター級ランキング8位のマット・ブラウンと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。

2016年8月27日、UFC on FOX 21でウェルター級ランキング4位のカーロス・コンディットと対戦。試合開始早々にテイクダウンを奪い、リアネイキッドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年5月13日、UFC 211でウェルター級ランキング5位のホルヘ・マスヴィダルと対戦。マスヴィダルの打撃に苦しむもテイクダウンからバックを何度か取り、ポジショニングで優位に立って2-1の判定勝ち。UFC7連勝となりタイトル挑戦をアピール、リングサイドのダナ・ホワイトも了承した。

2017年7月29日、UFC 214でUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者のタイロン・ウッドリーに挑戦。21度に渡って試みたテイクダウンを全て防がれ、ウッドリーの打撃に苦しみ、0-3の5R判定負けで王座獲得に失敗した。

2017年10月28日、UFC Fight Night: Brunson vs. Machidaでウェルター級ランキング7位のコルビー・コヴィントンと対戦し、0-3の判定負け。

2018年5月19日、UFC Fight Night: Maia vs. Usmanのメインイベントでウェルター級ランキング7位のカマル・ウスマンと対戦し、0-3の5R判定負け。

ファイトスタイル[編集]

現代MMAでは珍しい、スタンドの打撃戦にはほとんど付き合わず、テイクダウンや引き込みでグラウンドの攻防へ持ち込み、関節技や絞め技を極める柔術家としてのスタイルを確立している。寝技では、主に関節技ではなく絞め技を得意としており、中でもバックを奪ってからチョークを極めるまでの技術は、UFCでも随一である。しかし、レスラーなどテイクダウンディフェンスの技術が高い選手との勝負になると、テイクダウンを切られてグラウンドへ持ち込めずに、打撃戦で劣勢に立たされて負けてしまうことが多い。最近はタイロン・ウッドリーコルビー・コヴィントンカマル・ウスマンとトップクラスのレスラーとの連戦が続き、いずれもテイクダウンを防がれ続けて敗北を喫している。

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
27 3 13 11 0 0 0
9 1 0 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アンソニー・ロッコ・マーティン 5分3R終了 判定2-0 UFC on ESPN 3: Ngannou vs. dos Santos 2019年6月29日
ライマン・グッド 1R 2:38 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Assunção vs. Moraes 2 2019年2月2日
× カマル・ウスマン 5分5R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Maia vs. Usman 2018年5月19日
× コルビー・コヴィントン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Brunson vs. Machida 2017年10月28日
× タイロン・ウッドリー 5分5R終了 判定0-3 UFC 214: Cormier vs. Jones 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2017年7月29日
ホルヘ・マスヴィダル 5分3R終了 判定2-1 UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2 2017年5月13日
カーロス・コンディット 1R 1:52 リアネイキドチョーク UFC on FOX 21: Maia vs. Condit 2016年8月27日
マット・ブラウン 3R 4:31 リアネイキドチョーク UFC 198: Werdum vs. Miocic 2016年5月14日
グンナー・ネルソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 194: Aldo vs. McGregor 2015年12月12日
ニール・マグニー 2R 2:52 リアネイキドチョーク UFC 190: Rousey vs. Correia 2015年8月1日
ライアン・ラフレアー 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Maia vs. LaFlare 2015年3月21日
アレクサンドル・ヤコヴレフ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonado 2014年5月31日
× ローリー・マクドナルド 5分3R終了 判定0-3 UFC 170: Rousey vs. McMann 2014年2月22日
× ジェイク・シールズ 5分5R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Maia vs. Shields 2013年10月9日
ジョン・フィッチ 5分3R終了 判定3-0 UFC 156: Aldo vs. Edgar 2013年2月2日
リック・ストーリー 1R 2:30 ネッククランク UFC 153: Silva vs. Bonnar 2012年10月13日
キム・ドンヒョン 1R 0:47 TKO(肋骨の負傷) UFC 148: Silva vs. Sonnen 2 2012年7月7日
× クリス・ワイドマン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 2: Evans vs. Davis 2012年1月28日
ジョルジ・サンチアゴ 5分3R終了 判定3-0 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
× マーク・ムニョス 5分3R終了 判定0-3 UFC 131: dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
ケンドール・グローブ 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Team GSP vs. Team Koscheck Finale 2010年12月4日
マリオ・ミランダ 5分3R終了 判定3-0 UFC 118: Edgar vs. Penn 2 2010年8月28日
× アンデウソン・シウバ 5分5R終了 判定0-3 UFC 112: Invincible
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2010年4月10日
ダン・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC 109: Relentless 2010年2月6日
× ネイサン・マーコート 1R 0:21 KO(右ストレート) UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
チェール・ソネン 1R 2:37 三角絞め UFC 95: Sanchez vs. Stevenson 2009年2月21日
ネイサン・クォーリー 1R 2:13 チョークスリーパー UFC 91: Couture vs. Lesnar 2008年11月15日
ジェイソン・マクドナルド 3R 2:44 チョークスリーパー UFC 87: Seek and Destroy 2008年8月9日
エド・ハーマン 2R 2:27 三角絞め UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2 2008年4月19日
ライアン・ジェンセン 1R 2:40 チョークスリーパー UFC 77: Hostile Territory 2007年10月20日
ライアン・スタウト 1R 1:54 TKO(肩の負傷) Gracie Fighting Championships: Evolution 2007年5月19日
ファビオ・"ネガォン"・ナシメント 1R ギロチンチョーク Super Challenge 1
【83kg級トーナメント 決勝】
2006年10月7日
グスタボ・シム 5分2R終了 判定3-0 Super Challenge 1
【83kg級トーナメント 準決勝】
2006年10月7日
カテウ・キビス 1R チョークスリーパー Super Challenge 1
【83kg級トーナメント 1回戦】
2006年10月7日
ウカシュ・チレヴィツキ 1R 4:22 腕ひしぎ十字固め The Cage Vol.4: Redemption 2005年12月3日
ラウル・ソーサ 1R 0:48 TKO(パンチ連打) Tormenta en el Ring 2001年9月21日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ルイス・ビッグマック レフェリー判定 スーパーチャレンジ・グラップリング
【2回戦】
2007年12月8日
ブルーノ・バストス ポイント3-0 スーパーチャレンジ・グラップリング
【1回戦】
2007年12月8日
フラビオ・アルメイダ 腕ひしぎ十字固め ADCC 2007
【88kg未満級 決勝】
2007年5月6日
Tarsis Humphres ポイント ADCC 2007
【88kg未満級 準決勝】
2007年5月6日
ハファエル・ロバト・ジュニア ポイント ADCC 2007
【88kg未満級 2回戦】
2007年5月5日
岡見勇信 ポイント0-(-1) ADCC 2007
【88kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
× ホナウド・ジャカレイ ポイント(-1)-0 ADCC 2005
【88kg未満級 決勝】
2005年5月29日
サウロ・ヒベイロ ポイント0-(-1) ADCC 2005
【88kg未満級 準決勝】
2005年5月29日
デイビッド・アヴェラン ポイント3-0 ADCC 2005
【88kg未満級 2回戦】
2005年5月28日
マルコ・ヘレン ポイント3-0 ADCC 2005
【88kg未満級 1回戦】
2005年5月28日

獲得タイトル[編集]

  • 世界柔術選手権 紫帯メイオペサード(-85kg)級 優勝(2000年)
  • 柔術オリンピック世界杯 黒帯 優勝(2002年)
  • 柔術オリンピック世界杯 黒帯アブソルート級 優勝(2003年)
  • ADCC 2005ブラジル予選 88kg未満級 優勝(2004年)
  • 柔術オリンピック世界杯 黒帯メイオペサード級 優勝(2005年)
  • ADCC 2005 88kg未満級 準優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 3位(2005年)
  • パンアメリカン柔術選手権 黒帯 優勝(2006年)
  • Super Challenge 1 83kg級トーナメント 優勝(2006年)
  • ADCC 2007 88kg未満級 優勝(2007年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯四段
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(4回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回)

脚注[編集]

  1. ^ a b Biography デミアン・マイア公式サイト 2010年8月30日閲覧
  2. ^ [柔術DESAFIO] 11.1 六本木:ブラジル強豪が日本勢に圧勝 バウトレビュー 2003年11月1日
  3. ^ 【UFC112】アンデウソンに不満爆発、ブーイング鳴りやまず MMAPLANET 2010年4月11日
  4. ^ デミアン・マイア UFC公式サイト
  5. ^ Maia remains a well-known mystery ヤフースポーツ 2009年2月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]